2018年05月22日

【不連続シリーズ】うんめもん探訪

IMG_5162.JPG

糖質制限ダイエットを経験してから、以前ほど毎日のようにラーメンを食べることもなくなったのですが、そんな中噂を聞きつけお邪魔したのがこちら“麺処清水”さんです。

六日町にある本店にはお邪魔したことがあり、“こんなお店が三条にもあったらなぁ…”と思っていたところ、家内が“清水さんが保内に出店したらしい”との情報をゲットしてくれたのでありますっ!

ただっ!

喜び勇んで家族でお邪魔したところ、見込みが甘かった…

ものすごい行列で、泣く泣く断念したのでありました…

それから暫くして、間隙を縫って、ようやくありつけたのがこちら。

ビジュアルと味が比例する見事ならーめん。

本当に美味しかったです。

ちなみに、これはワンタン入りの中華そばなのですが、シンプルな中華そばに至っては、なんと500円!

ちゃんと原価率を計算しているのかしら…と余計なお世話をしたくなってしまうほどの良心的な価格なのであります。

ということで、道の駅“庭園の郷保内”と同時に訪れてみてはいかがでしょうか?
posted by 国定勇人 at 10:06| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

二元代表制の一翼、再始動。

IMG_5286.JPG

先週は県外出張が続いており、久々のブログ更新です。

本日、4月下旬の市議会議員選挙後初めてとなる市議会臨時会が開かれ、議会の新体制が定まりました。

阿部議長、岡田副議長を始めとする議会の要職を務められる皆様、宜しくお願い申し上げます。

もとより、26名の定数から22名へと定数削減された新議会であります。

その分、1人ひとりの重責が増しているものと拝察致しますが、三条市発展のために、共に力を尽くしてまいりましょう!

posted by 国定勇人 at 12:54| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

デートっ!

IMG_4949.JPG

GWの最後の話題。

GWでは、娘とズーラシアと東京タワーに遊びに行きました。

もしかしたら、娘と二人きりで、一日中遊んだのは初めてかもしれません。

で…

率直な感想ですが…

デートしている感じ♪

やっぱり親バカだったみたいです…

(写真は東京タワーの展望台。躊躇いもなく、ガラス面に上がれる娘を尊敬しちゃいます!)
posted by 国定勇人 at 17:06| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

ズーラシアに学ぶ

IMG_4986.JPG

GW後半に鎌倉にある実家に行っていたある日、娘とズーラシアに行ってきました。

この動物園、一般的な動物園とは趣きを異にしておりまして、強いて説明すれば、歩いて巡るサファリパークといった作りをしております。

IMG_4975.JPG

で…

それだけであれば、単なる休日の過ごし方ですので、わざわざブログに書くまでもないことなのですが、少し気付くことがあったので、徒然なるままに書き綴ってみたいと思います。

IMG_4959.JPG

ズーラシアにお邪魔するのはかれこれ5回くらいになるのですが、先ほど申し上げたように、ズーラシアが他の動物園と異なる趣きを来園者に与える仕掛けが今回何となく分かったような気がするのです。

それは樹木の使い方。

つまり、造園技術です。

IMG_4966.JPG

例えば…

それぞれの動物の展示スペースの間は相当混んだ樹木で覆うことにより、動物以外に関心を向けさせないどころか、(次の展示動物がギリギリまで見えないため)次の展示動物への期待を否が応にも高めることに成功しています。

IMG_4972.JPG

また、ズーラシアは大陸ごとにゾーニングしているのですが、何となくそれぞれの大陸を惹起させるような樹木の配置を施すことにより、動物だけではない雰囲気づくりに貢献しております。

それ以外にも、休憩スペースには、それに相応しい樹木を配置したり、季節ごとの草花を散りばめることで、アクセントを与えたりと、造園技術がズーラシアの魅力向上に相当貢献している印象を受けました(考えてみれば、ディズニーランドのジャングルクルーズの世界作りにも造園技術が相当程度貢献していますよね)。

この気付きは、造園業の集積地、保内を持つ私たちにとっては、新たな扉を開く鍵を与えてくれたようなものっ!

造園技術が持つ力の見える化を展開することにより、保内の魅力に多くの方々が気付いていただけるようになるのかもしれません。

というわけで…

保内に力を注いでいきたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 15:16| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

GWの思ひ出

IMG_5037.JPG

鎌倉にある私の実家は、私が大学に進学して家を出てから引っ越してきたところなので、全くと言っていいほど愛着はありませんが(厳密には、中国留学から帰国後、国家公務員試験を受けるまでの数ヶ月間、生活したくらい)、それでも、学生時代よく遊びに来たところなので、懐かしさはあります(上の写真は実家とは関係ありません。先日触れたトリプルお祝い会の会場です)。

IMG_5031.JPG

ただ、鎌倉大仏とか、ベタなところには殆ど来たことがなかったので、逆に新鮮な気分…

IMG_5011.JPG

路線バスを除けば、湘南モノレールが実家から一番近い公共交通なのですが、それでも徒歩15分くらいでしょうか…

それでも、普段は大船駅から15分くらいで実家の最寄のバス停に到着する路線バスも、夏のシーズンとなれば2時間以上かかってしまうので、定時定路線のモノレールは本当に重宝なのです(この前も書きましたが、GWも鎌倉大仏前の道路は全くクルマが動いていませんでした…)。

と、少し時間ができたので、備忘録的にGWの行動を記録しておりますが、とにもかくにも、鎌倉は、実際に生活してみると、結構不便なのです…

これ、本当の話…(まぁ、源頼朝公は攻め込みにくいお碗型の地形に着目して、この地に幕府を開いたわけですから、構造的に不便にならざるを得ないのですよね…)
posted by 国定勇人 at 17:13| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

百見は一聞に如かず

IMG_5080.JPG

皆さんは、ハンドパンという楽器を知っていますか?

2001年、スイスで開発された出来立てホヤホヤの楽器です。

と説明すると、何となく電磁的方法を用いた(法律用語的!)楽器に感じるかもしれませんが、上の写真でご覧のとおりの極めてシンプルな楽器なのです。

でも…ですね。

この形状に騙されてはいけませんっ!

この形状から察すると、インド音楽の楽器や中国の銅鑼のようないわゆる打楽器を音色を想像するかと思いますが、その見た目から想像してしまうであろう先入観を根本から覆すのが、このハンドパンの魅力なのですっ!

実際に、この澄んだ美しい音色を聞いていただかないと、言葉では説明ができないのですが、この楽器は打楽器ではなく、ピアノやギターのようなメロディ楽器だということは断言できますっ!

と、何で突然、ハンドパン推しを始めたのかというとですね…

ハンドパンの数少ない奏者である久保田リョウヘイさんを地域起こし協力隊として採用することとなったからですっ!(リンクを張った彼のHPで音色を聴けますね。是非どうぞ!)(関連記事はこちら。こちらのドットコムさんのページでは演奏の様子も楽しめます)

ん?

話の展開が早すぎて、意味不明ですって?

その気持ち、分かります…

だって、私にも、彼を地域起こし協力隊として採用するだなんて、想像だにしていなかったのですからっ!(ちょっと真面目な話をすれば、私は地域起こし協力隊には人選も含めて一切タッチしないようにしています。何故ならば、地域起こし協力隊は、特定の人(例えば市長)のリーダーシップを適用すべき分野ではなく、多種多様な隊員(或いはその関係者)による自発的な化学反応を起こさせる場であるべきだと考えているからです)

で…

彼に期待されているタスクですが、@三条製のハンドパンを製作し、世界的ブランドに高めていくこと、Aハンドパン音楽の魅力を市内で高めること、B国内外のハンドパン奏者にとって三条が憧れの地になるようにすること、を通じて、ハンドパンの聖地を目指す!っということのようです。

頑張れっ、久保田隊員っ!
posted by 国定勇人 at 12:21| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

極めて個人的な慶事

IMG_5041.JPG


GW後半は、久々に鎌倉の実家へ里帰り。

滞在中のメインイベントは、父の喜寿&子供の頃からお世話になり心底姉と思っている方の還暦&息子の高校合格のトリプルお祝い会っ!

こんな私を育ててくれた父親とN子お姉ちゃんには、本当に感謝しております。

本当にありがとう。

お父さんも、お姉ちゃんも(特にお姉ちゃんは)人生まだまだこれからっ!

健康に気を付けながら、新たな人生を切り拓いていっていただきたいなぁと、心から願っております。

IMG_5021.JPG

それにしても、GWの鎌倉は人出が多かった…

お祝い会の会場となったお店でお話を伺うと、あまりの混雑渋滞によりお店に辿り着くことができず、キャンセルせざるを得なかったお客さんもいたとか…

IMG_5026.JPG

私は散歩がてら、湘南モノレール、江ノ電と、完全定時定路線型の公共交通機関を使って現地合流したのですが、江ノ電に至っては、私が中学高校で使っていた山手線の朝のラッシュ時か、それ以上の込み具合っ!

多くの外国人観光客は、本当に驚かれたことと思います。

IMG_5017.JPG

幸いだったのは、そうした混雑によるストレスも吹き飛ぶような快晴に恵まれたことっ!

湘南の心地良い風のお蔭で、リフレッシュすることができましたっ!
posted by 国定勇人 at 17:31| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【不連続シリーズ】うんめもん探訪

IMG_5067.JPG

GWも終わってしまいましたね。

皆さんは、GWをいかが過ごされましたでしょうか?

私はといえば…

十分満喫させていただきましたっ!

その満喫っぷりを改めて書き綴ってみたいと思いますので、うんざりすることなく、お付き合いいただければと思いますっ!

閑話休題。

本日ご紹介したいのは、こちらっ!

“立ち食い塩ラーメンかん哲”さんですっ!(関連記事はこちら

こちらのラーメンは、そもそもありつけるハードルが極めて高いことで有名で、私も初めて食することができたのですっ!

というのも…

営業日が僅かに週3回っ!しかも、平日の夜のみなのですからっ!

ラーメンコレクターとしては(!?)、味云々以前の問題として、まずはこの一杯のラーメンにありつくことが密かな目標となっていたのですが、ついに、長年の念願が叶い、味わうことができましたっ!

しかも、三条マルシェへの特別出店という絶好の機会を捕まえるという形でっ!

もう、これだけでも感激ひとしおなのですが、肝心のお味も最高っす…

塩ラーメンで美味しく味わえるところはなかなかないのですが、スープはどこまでも慈味深く、かといって今流行の清湯系よりも塩をきちんと立たせている夜鳴き系らしさが前面に出ていて、本当に美味しい。

そして何よりも、屋台営業を考慮した細麺、でも決してだれることのない細麺がこのスープにバッチリ合うっ!

う〜ん…

生きていて良かったな。

営業時間は敷居の高いお店ですが、本当におススメのお店です。〆のラーメンに是非どうぞっ!

IMG_5065.JPG

それにしても、三条マルシェは大盛況でしたっ!(関連記事はこちら

こちらの様子についても、また後日、書き綴ってみたいと思います。
posted by 国定勇人 at 12:50| 新潟 🌁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

敵情視察!?

IMG_4911.JPG

GW前半が終わりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

私はと言えば…

ロビーコンサートで昨年同様、緊張のあまり、全く指が動かず、お客様のお耳を汚すという大失態を再び犯し(関連記事はこちら)、その傷ついた心を癒せないまま、日帰りであちらこちらに傷心旅行に出かけておりました。

さて、そんな中、参考になったのが、南魚沼市にある八海醸造さんの運営されている“魚沼の里”。

醸造工場と食と雑貨と花を一度に楽しむことができるハイブリッド型の施設となっており、大変多くのお客さんで賑わっております。

実際に足を運んでみて実感したのは、滞留時間が長くできる工夫ができていること。

食べて、買い物して、散策するだけで、3時間はあっという間に過ぎてしまいます。

ここに、食と雑貨(商品)と花とが季節季節で全く装いも一変するのであれば、リピータが生まれることも必至!

これは参考になったなぁ…

例えば、道の駅“漢学の里しただ”と日帰り温泉施設“いい湯らてい”を運営している下田郷開発株式会社。

皆様のお蔭様で、平成29年度期も何とか黒字決算で閉めることができたのですが、持続可能性のことを考えれば、そして何よりもお客様のお気持ちを考えればまだまだ、挑戦し続けなければならないことがたくさんありますっ!

でも、ここに大きなヒントを見ることができました。

私たちには、ここに温泉というキラーコンテンツがあるのですから、私たちにできないことはない!

社長として決意を新たにした次第です。

ということで、GW後半は、是非とも、下田郷にも足をお運び下さいませっ!(なんのこっちゃ…)
posted by 国定勇人 at 13:04| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月24日

ニッチトップを目指せっ!

IMG_4898.JPG

唐突ですが、今、読んでいる本が大変示唆に富む内容で、かつ共感を覚える内容なのです!

ちなみに、この本を通じてのテーマが“地域活性化の成功確率を高める企業とは、ニッチトップ企業、つまり規模(企業規模だけでなく市場規模も)は相対的に小さいが創意と工夫により当該市場の中で圧倒的な地位を占める企業である”というもの。

でも、これって企業だけの話ではないというのが私の持論(これまで言語化できていませんでしたが…)。

地方都市が持続可能性を手に入れるためには、ニッチトップ型を目指すことが必要なのではないかと…

例えば、下田郷。

本年度の施政方針では、“下田郷に代表される「豊かな自然」に、洗練されたライフスタイルといった付加価値を持たせ、他地域との差別化を図り、知名度を高めていくための取組を展開してまいります。具体的には、粟ヶ岳を舞台に開催される「スカイレース」の全国大会など、ニッチでディープなスポーツイベント等の誘致や、アウトドア企業との連携によるアクティビティの創出に取り組み、アウトドアとスポーツの聖地となることを目指し、このまちの魅力を更に高めてまいります”と謳い上げたのですが、このエッセンスはまさに、この本でいうところのニッチトップを狙いにいくというものです。

IMG_4900.JPG

ということで、スカイレースのバーティカルキロメーター日本選手権が先日、粟ヶ岳で開催されました(関連記事はこちら)。

山を駆け上るというまさにニッチなスポーツなのですが、世界で活躍するトップの選手を迎え入れ、開催された本大会。ですからまさにニッチトップ!

晴天にも恵まれ、また地元の皆様の熱烈なサポートと声援を頂きながら、本当に素晴らしい大会となりました。

選手の皆さんも大変満足していただけたようですし、それを私たちも十二分に感じ取ることができたのが何よりも嬉しかったです。

こうなると、更なる磨き上げをしないといけません…

実は、先ほど紹介した本では、真に地域に貢献できる企業はグローバル・ニッチ・トップ企業であると主張されているのですが、私たちもこの分野で世界一を目指したいと思います。

というわけで…

来年からは、粟ヶ岳で毎年ワールドサーキットを行いたいと思います!

夢はCS放送で私たちの大会が放映されることっ!本スポーツの発祥地であるヨーロッパと同水準を狙いに行きますっ!
posted by 国定勇人 at 11:45| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする