2018年08月08日

あ〜、夏休みっ!

photo1.jpg

明日から夏休みに入ります。

恐らく、そのしわ寄せもあったのでしょう、東京出張も重なったからでしょう、拙ブログを更新することも儘ならぬまま、今日に至ってしまいました…

職員にも申し上げているところでありますが、今回の夏休みも、今まで経験したことのない経験をたくさん積み重ねて、仕事に還元していきたいと思います。

三条市内でも、この間、たくさんの経験ができます。

例えば、こちら“大学野球サマーリーグ”(関連記事はこちら)。

神宮球場以外では初となる早慶戦も楽しめますよっ!

それでは、皆さんも、良き夏休みをっ!



posted by 国定勇人 at 12:47| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

あ〜、夏休みっ!

IMG_6056.JPG

先日、今後9年に及ぶ三条地域水道用水供給企業団の第二系列増設事業の起工式が下田郷の同地で行われました。

炎天下の中での起工式だったわけですが、正直な感想は“思ったほど暑くない!”というもの。

やっぱり市役所が位置するまちなかとは気温そのものが違います(風も程よく吹いていましたし…)。

となると…

夏を満喫するには、下田郷を選ばない手はないのではないかっ!

というわけで、キャンプやフィッシングを始めとしたアウトドアバカンスに下田郷を訪れては如何でしょうか?

皆様のご来訪を心よりお待ち申し上げます。
posted by 国定勇人 at 17:16| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

よく遊び、よく学べ

IMG_5760.JPG

“よく遊び、よく学べ”

子供の頃からさんざん聞かされてきたこの言葉。

最近、本当によくできた言葉だと感じるようになりました。

子供向けではなく、我々大人向けという意味においても…

IMG_5838.JPG

創造的政策形成はもちろん、日々の判断も、その精度を上げていくためには、経験値の積み上げが不可欠だと本当に思っております。

どれだけ引き出しを持ち、どれだけ“何かを知っていそうな誰か”を知っているか…

社会人の能力って、これに尽きるのではないかとすら思うのです。

というわけで、私は暇さえあれば遊んでいますっ!(キッパリ!)

この写真はほんの一例に過ぎません。

家族サービスも兼ねられると思えば、一石二鳥っ!

三条市は職員挙げて“よく遊び、よく学ぶ”ことで、組織全体の政策立案能力を高めていきたいと思っています。
posted by 国定勇人 at 13:14| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

君たちが未来を切り拓くのだっ!

IMG_5993.JPG

国道289号線八十里越の早期開通を祈念して、7年前から実施している只見高校生による自転車での全線(新潟市〜いわき市)走破ツアー。

今年も猛暑の中、ママチャリで(!!!)三条に来てくれました。

今回のお出迎えで最も印象に残ったのが、私の挨拶での一コマ。

“三条市民10万人を代表して、皆さんのご来訪を心から…”と挨拶し始めた途端、最前列でダルそうにいた女の子が目を丸くして、“じゅ、じゅうまん!?”と呟いたのです。

その反応、最高ですっ!

あの表情から、驚きと憧れと好奇心が交錯して一気に溢れかえった様子が窺えます。

若いときには、こうした鮮烈な覚醒が大切なんですよっ!

人口4千人の、そしてクルマで行くことのできる周囲の町の全てが同程度の只見町に住んでいる彼女が“10万”という単位に驚きを覚えるのはごくごく自然なことですし、八十里越の開通後に一変するであろう自分の生活に想いを馳せ、夢を思い描く…何と、素晴らしいことではありませんかっ!

あと数年で、あなたの夢は叶いますっ!

というか、あなたの夢が叶うように、私たち大人が全力を尽くします。

今日は、只見町さんと合同の期成同盟会総会。

彼女の表情の変化に感化されて、新鮮な気持ちで臨みたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 11:16| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

五十嵐の由来、確定!?

yjimage2.jpg

三条市を流れる五十嵐川。

全国の“五十嵐”姓の発祥とも言われております。

が…

なんで、“五十嵐”を“いからし”と発音するのだろう…と疑問に思ったことはありませんか?

三条に移住以来、この難題(!?)を解決すべく、何人もの知見を有する方々のご意見を拝聴してまいりましたが、それを踏まえた上での私の採用する有力説は“アイヌ語”説です。

曰く、“見晴台を意味するアイヌ語の「インカルシ」に由来するのではないか…”との説であります(話を端折りすぎました。五十嵐川上流域に“八木ヶ鼻”という巨岩があり、まるで見晴台(見張り台)のようなのです。そして、その近くに、五十嵐神社が存在し、ここが“五十嵐”の発祥とされております)。

で、ですね。

今日、営業戦略室長からと話をしていたら、先日、北海道の大空町長さんとの会話で、この話を持ち出したときに、町長さんの方から“北海道にも似たような話があります”と指摘を受けていたことを地道に調査していたらしく、その調査結果を頂いたのです。

yjimage.jpg

場所は“遠軽(えんがる)町”。

その由来ともなった“インカルシ”が下田郷の名勝“八木ヶ鼻”とそっくりではありませんか!(上の写真が八木ヶ鼻、下の写真が遠軽町の瞰望岩です)

これで、個人的には勝負が付いたと思っておりますが、皆さんは如何でしょうか?
posted by 国定勇人 at 14:01| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全市規模での打ち水っ!

IMG_6001.JPG

私たちのまちを7年前豪雨災害が襲った昨日、今度は一転して、観測史上最高かつ日本一の暑さ39.5℃を記録しました(関連記事はこちら)。

いやはやもう、うだるような暑さで…

でも、どうせ暑くなるのであれば、日本一を記録した方がいいっ!と開く直りたくなるくらいの暑さでした…

IMG_6004.JPG

ちょうどそのタイミングとなりましたが、何とか暑さを和らげないものかと思案していたところ…

建設課が素晴らしい発案をしてくれました。

それは…

普段は冬にしか役立たない消雪パイプで打ち水ができるのではないか?ということっ!(関連記事はこちら

これはもう、殊勲賞ものですよ。

提案を聞いた1秒後には、ゴーサインを出してしまいましたよ。

というわけで、意思決定した翌日、早速そのとき、暑さ指数が31度を超える日が訪れてしまいました…

実際に見に行きましたが、少なくとも清涼感はあるっ!(打ち水効果の科学的根拠はこちらこちらには打ち水を含めた暑さを和らげる方策が記載されております)

総延長13.2キロに及ぶ全市的規模での打ち水ですっ!

一部ドライバーの方からは不評を買っているようですが、夏休みに入った子供たちは歩いたり、自転車に乗ったりして、外を出歩くほかありません。クルマを持っていない方も同様です。車内と違い、冷房の効かない炎天下の中を歩かなければならない方々のためにも、どうかご理解下さいませ…

(暑さ指数と連動した市主催(又は共催)イベントの中止を含めた運用につきましては、本日中に策定、公表致しますので、もう暫くお待ち下さいませ…)
posted by 国定勇人 at 12:07| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月27日

理想と現実との狭間…

IMG_5975.JPG

先ほどの“名代富士そば”の続きのような話を…

今読んでいる本は、“自分たちの地域の「漏れバケツ」の「漏れ穴」を塞いでいこう!”というもの。

三条市でも、“Bon Appetit! SANJO”など、まだまだ不完全ではありますが、こうした取組は進めているところです。

でも、大切なのは、私たち一人ひとりが日々の生活の中で、それ(例えば、地産地消)を実践できているのか?ということです。

もちろん私はできています!と言いたいところですが、やはりそこまで聖人君子になりきれず、地元の蕎麦屋ではなく“名代富士そば”を(蕎麦に限っては、市内では、地元資本のところでしか頂かない!と“ほぼ”断言できますけどね。ただし、それらとて、必ずしも全てが三条産蕎麦粉ではないですが…)、ウナギに至っては地元の割烹などの敷居がどうしても高いため、“すき家”の“うな牛”に逃げてしまいます…

この逃げたくなる気持ちから、進んで選びたくなるように、行動変容を起こせるのか…

すき家のうな牛を食べながら考えましたが、残念ながら、今のところ、名案が浮かびません…

今度は真面目に、地元資本で地産地消モノをいただきながら、考えてみたいと思います。

反省…
posted by 国定勇人 at 15:58| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プチ・マイブーム

IMG_5973.JPG

昨日今日と、来年4月採用予定の職員採用面接を実施することとしております。

この面接を通じて認識したのですが、近隣市町村で、市町村長が最終面接に臨んでいるのは、三条市だけみたいですね…

知らなかったし、意外っ!

市町村長の二大権能は、予算編成権と人事権だと思うのですが、そのうちの1つである人事権の中でも大きな部分を占める新規採用をどうして自ら責任を持ってやらないのでしょうね…

う〜ん…

よく分かりませんな…

閑話休題。

糖質制限ダイエットを緩やかに続けている今日この頃ですが、東京出張の際に、大好きならーめんよりも足を運ぶようになったのが、何故か“名代富士そば”。

昔はオヤジ臭くて敬遠していたのですが、“最近はアジアからの観光客からも一定の支持を受けている”という情報を聞きつけ、食わず嫌いはいけないな…と足を運んだわけであります。

で、実際足を運んでみると…

都内中心部の立地条件で、24時間営業で、値段が安い!そして、これだけの条件の下で、十分理解できる味っ!

“折角の糖質摂取機会を立ち食いそばに割くなんて…”という理性的な心の叫びがないわけではないのですが、ついつい足を運んでしまうのですよね…

こんな中年男によって、“名代富士そば”は支えられているのかもしれませんね。
posted by 国定勇人 at 12:07| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月26日

まちの印象を変える施設

IMG_5684.JPG

先日、息子と2人で金沢市にある“金沢21世紀美術館”に行ってまいりました(厳密に言えば、あまりの人出で館内に入ることは諦め、無料観覧ゾーンだけとなりましたが…)。

この“金沢21世紀美術館”ですが、息子が中学校入学直後くらいからずっと、“行きたい!”と言っていた施設で、それ以来3年目にしてようやくの夢の実現でありました。

私はこうした分野の良さがイマイチ分からない審美眼の欠如した人間なのですが、それでも、まちづくりを仕事としている立場として、この“金沢21世紀美術館”という箱モノは、その箱モノが目的とする分野への貢献に止まらず、金沢全体に対するイメージに深みを加え、伝統に加えた“洗練さ”というブランドイメージを新たに付与したと分析しております。

構想当時は相当な論争が繰り広げられたと仄聞しておりますが、そんな中でも、先を見据え、事業化に着手された当時の市長さんには、本当に敬服いたしますし、そうした将来をイメージする力を私も見習いたいとつくづく思いました。

燕三条地域の誇る企業の1つ“玉川堂”の玉川社長さんは常に、“伝統は革新の連続である”と語られておりますが、この“金沢21世紀美術館”はまさにこの言葉を体言化していると思いますし、そうした過去を振り返ってみれば“当然の帰結”のように見えることであっても、その第一歩を踏み出す過程においては(連続していかなければならない“革新”の1つひとるを実行する過程においては)、やはり相当の摩擦と、それを乗り越える非常なる覚悟が求められるということもまた、このこの“金沢21世紀美術館”はまさにこの言葉を体言化していると思います。

IMG_5686.JPG

そういう意味でも、今回の日帰り弾丸デートは、公私両面にとって、良い旅となりました!

(下の写真は、スニーカではありません。柱部分に遊び心を施したアート作品です。これだけは、共感できました!)
posted by 国定勇人 at 12:41| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月25日

新潟県民への道のり険し!?

IMG_5753.JPG

先日、とある部長さんと飲んでいたときのこと。

“「サラダホープ」が美味しい!”という話に付いていけず、思わず“「サラダホープ」って何ですか?”と聞いたら、凍りつかれました…

どうやら、新潟県民のソウルフードだそうです…

まだまだ知らないことが多すぎるな…

県外の皆さんに説明すると、“亀田製菓といえば柿の種!”というのは県外の人だけのイメージらしく、新潟県内では“亀田製菓といえばサラダホープ”なのだそうです。

翌日、ご丁寧にも、“サラダホープ”を持ってきてくれたので、今日の家内の誕生日プレゼントにします…

(調べてみると、ほぼ新潟県内のみの販売みたいですね。詳しくはこちらをどうぞ)
posted by 国定勇人 at 15:24| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする