2017年05月25日

これを見て安心してはいけません。

IMG_1011.JPG

今年もまた、胸騒ぎのする季節が近付いてまいりました。

そうです、出水期です…

出水期に先立ち、私たちの気持ちの切替えの意味も含め、昨日、例年実施している災害危険箇所巡視を行ってまいりました。

今年の災害危険箇所巡視の特徴は、7.29水害後進んでいる工事の進捗状況を確認するとともに、新しいハード基盤の下での既存の避難勧告発令基準との整合性の確認(肌感覚のすり合わせ)にあります。

平成23年に発生した7.29水害を受け、国、県からご尽力をいただき、更なるハード整備を進めていただき、今年の出水期までには、信濃川本川の河道掘削、笠堀ダムの堰堤嵩上げを除く事業については、概ね予定していた機能強化が図られたということもあり、各種避難情報の発令基準に達したときに機能強化後のハード基盤がどのような状態となっているのかを確認するのが主眼であったわけです。

IMG_0997.JPG

まずは、こちら新通川。

橋梁部の狭隘箇所を除けば、最下流の五十嵐川合流点から急カーブの直上流の橋(橋の名前がないため“無名橋”と呼んでおります)までの区間において、概ね河道拡幅が終わっております。

今までとは川幅も広がり、治水安全度が向上したことは事実なのですが、だからといって“絶対に”安全になったというわけではありません。

今回の河川改修は、過去の降水傾向から算出した、いわゆる“10年確率(概ね10年に一度発生する程度の強降雨)”への対処を目標に掲げているため、例えば、100年に一度あるかないかというような猛烈な降雨に長時間襲われた場合には、やはり避難していただかなければなりません(“治水安全度が飛躍的に向上した!”というところで発言を留め、実績を強調する方が政治の世界では一般的なのかもしれませんが、災害発生時に責任を負わなければならない市長としては、それよりも、“それでも「絶対安全」はないのだ”ということに遥かに力点を置いて語り続けなければなりません)。

IMG_1016.JPG

こちらは、月岡地内で整備が進められている遊水地。

あまりにも規模が大きすぎて、空中から撮影しない限り、人間の目線の高さでは全体像を把握することはできません。

この人の目線では把握しきれないくらいの規模の巨大な“空堀”に、五十嵐川増水時にその水が優先的に流れ込み、最悪の状態である堤防決壊を未然に防ぐこととなります。

そして、この機能は、今年の出水期から効力を発揮します。

ですが…

こちらも、“だから絶対に安全”というわけではありません。これだけ巨大な遊水地でも、あくまで、7.29水害と同程度の降雨量(凄まじい降雨量でしたが…)に対応するのが精一杯で、それを上回る降雨があれば、最悪の事態を想定した避難行動を取っていただかなければなりません。

私たちも全力で避難情報の適時適切な提供等その公助の実施に向け、全力で取り組んでまいりますが、皆様方におかれましても“自分の身は自分で守る”“地域の命は地域で守る”の基本原則を改めて確認していただき、正常性バイアス(こちらのサイトが用語説明として分かりやすかったので、よろしかったらどうぞ)に陥らない行動を心がけていただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

IMG_1007.JPG

ちなみに、こちらは新通川に注ぎ込む排水路の1つ。

三条市が新通川の河川改修に合わせ、年次的に改修工事を実施している排水路の1つであります。

この状態を見て、“今年の出水期は大丈夫?”と思われるかもしれません。

でもこう見えて、既に最終工程段階に入っております。

数週間後には、きれいに敷設され、道路も再び繋がることとなります。
posted by 国定勇人 at 11:09| 新潟 🌁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

撮影技術の限界…

IMG_1016.JPG

私の撮影技術が拙いもので、この迫力が伝わらないと思いますが…

この場所、どこだと思います?

三条市内のとある場所なのですが、ヴェールに包まれている間に、こんなになっていただなんて…

ということで、詳細はまた後日改めて…
posted by 国定勇人 at 16:37| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タンポポオムライス、三条へ。

IMG_0928.JPG

皆さんは故伊丹十三監督の“タンポポ”という映画をご存知でしょうか?

売れないラーメン屋を立て直すストーリーなのですが、そのメインストーリーに様々な食を巡るサブストーリーが無秩序に(!?)入り込んでいる不思議な、でもとっても印象に残る私の大好きな映画の1つです。

このサブストーリーの1つとして登場するのが鮮やかな黄色がとっても印象的なオムライス。

どういうわけか、このオムライスの映像が深く記憶に刻まれるほど、不思議なインパクトがありました。

他方、東京の老舗洋食屋といえば“たいめいけん”さん。

“資生堂パーラー”“精養軒”と並んで、子供の頃からの憧れの存在でありました。

IMG_0871.JPG

そして、この両者、つまり映画“タンポポ”と老舗洋食屋“たいめいけん”に接点があったと知ったのは、もう少し大人になってからのことでした。

撮影場所として使われただけでなく、あの鮮やかなオムライスを指導、監修されたのが“たいめいけん”さんだったと聞いて、私の中では、“たいめいけん”という存在は、あっという間に雲の上のものとなっていきました…

それから、20年近く…

IMG_0922.JPG

三条市長として、“たいめいけん”のオーナーとお会いするチャンスが訪れるとは思いませんでした。

日本凧の会会長も務められているオーナーが“全国凧揚げ大会を三条で開催しよう!”と企画され、訪問されたのが最初の出会いでした。

この“全国凧揚げ大会”は全国から大勢の揚げ師に参集いただいたものの、生憎の雨で中止になってしまったのですが、そのときお願いした“今度はたいめいけんオーナーとして三条にお越しいただけませんか?”との約束をこのGWにしっかりと果たしていただきました(関連記事はこちら)。



会場となったのは“ステージえんがわ”。

定員いっぱいの参加者が見守る中、実に手際よく、伝説のオムライスを作り上げるオーナー(3代目の顔黒がテレビでは有名ですが、お父さんの2代目も筋金入りでした…)。

感涙ものですっ!

そして、あんなことやこんなことといったオムライスを作る上での幾つかの貴重なアドバイスも伝授していていただきました。

いやぁ、まさか“ステージえんがわ”で“たいめいけん”さんのオムライス作りを見聞きし、試食することができる日が来るなんてっ!

実に素晴らしい充実したひとときを過ごすことができました。

また、機会を作りましょうね!



出会いのきっかけとなった“三条凧(いか)合戦”が6月3,4日に開催されます。

皆様、是非足をお運びくださいませっ!
posted by 国定勇人 at 12:31| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

これも技術っ!

IMG_0993.JPG

公務の隙間ができたので、昨日のシンポジウムのこぼれ話を…

安倍首相のスピーチが堂々としていて、日本人として実に頼もしく誇らしく感じることができたのですが、その堂々とした雰囲気づくりに一役買っていると思われるのがプロンプターでした。

あれがあるおかげで、目線を下に向けることなく、スピーチを行うことができるのでありますが、あのプロンプターを使いこなすのもまた、一定の技術を必要とするのだそうであります。

安倍首相の場合、原稿を読んでいるのか、アドリブで話し続けているのか分からないほどで(比較的長時間の演説の中、結構多岐に亘る数値を淀みなく話していたので、おそらく前者でしょうが…)、それ自体に相当のテクニックを要するのだと思いますが、もう1つは、原稿を動かすスピードと実際の演説のスピードを合わせるのにも技量が必要なようでありまして…

ともにシンポジウムに参加した岡山県知事の伊原木さんが“自分も昔あれを使って記者会見をしたことがあったのだけど、タイミングを合わせるのが本当に難しくて諦めてしまった。だから、あそこまで原稿なのかアドリブなのか分からないようなレベルにするのは相当なテクニックですよ”と隣で囁いてくれたので間違いないでしょう(笑)

それも含めて、実に良い経験でしたっ!
posted by 国定勇人 at 16:25| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小路の魅力

IMG_0829.JPG

ドキドキの英語プレゼンを終えて、三条に戻ってまいりました。

このときの様子は改めてご報告することとして、ギター披露&英語プレゼンという今年上半期最大の“できることならば避けて通りたい”苦行(!?)をその成否は別として終えることができました…

さて…

そんな脱力感満載の今日(もちろん仕事はしっかりとしております…)、撮り貯めた写真を眺めていると、GW前後から全くと言っていいほど、その関係のブログを更新していないことに気づきました…

ということで、遅ればせながらの更新をし始めたいと思います…

まずは、GW最終日に開催された三条マルシェ

IMG_0836.JPG

天候にも恵まれ、これまで同様、大勢のお客様から足をお運びいただきました(関連記事はこちら)。

県央工業高校からの参加も含め、これまで同様、関係者の熱意と努力による手作り感が共感を呼び続けているのだなぁと改めて感じたところでありますが、でも三条マルシェは“これまで同様、何も変わらず”継続しているのではないということを強調しなければなりません。

IMG_0843.JPG

今回、一見何も変わらないように思われがちな三条マルシェなのですが、実はこれまでにない大きなチャレンジがあります。

それは、“商店街だけでなく小路を含めた「面」に会場を広げた”ということ。

これまでも何度か申し上げてきているとおり、三条のまんなかの際立った特徴の1つに“小路”があります。

網の目のように張り巡らされた小路の数々…

これこそが私たちの都市空間のアイデンティティと言っても過言ではありません。

今回、刷新された実行委員会のメンバーは、このまちが持つ圧倒的な強みともいうべき“小路”に着目し、これを自然な形で回遊していただくような仕掛けを随所に用意してくださいました。

このさりげなさはさすがですね。

先回の市長選の初日に触れさせていただいた“春木屋理論(変わらぬために変わるという荻窪の老舗ラーメン店のモットー)”を地で行く姿なだけに、余計共感を覚えました。

次回の三条マルシェは、今年最大級のマルシェだそうですっ!

こちらも、ご期待くださいませ。
posted by 国定勇人 at 11:17| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

中国デビュー!?

IMG_0942.JPG

三条市長としてではなく、“2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合”の会長としてなのですが…

中国国内向けのメディアに掲載されました。

尤も、日本に関心があって、日本への旅行を計画している方々向けへの専門誌なのですがねっ!

それでも、まさか海を越えて、海外の雑誌に掲載されるなんて…

嬉しい限りでございます…

さてさて、こうした海外と接する機会が増えてきた(意識的に増やす戦略に転じているのですが…)宿命として、英語プレゼンデビューの日がとうとうやってきてしまいました…

後ほど振り返ることができればいいと思っているのですが、国内最強のVIPも臨席される中、海外投資家の皆さん相手に精一杯、燕三条を、そして我が国の地方創生のポテンシャルを語ってきたいと思います。

ギターのようにグダグダになりませんように…
posted by 国定勇人 at 10:26| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

日本の比較優位性

IMG_0940.JPG

昨日、私の大切な仕事のパートナーと日本鍛冶学会の今後について相談していたところ、私にとっては完全に雲の上の高貴な方から聞いた話として、“全国各地に点在している鍛冶産地は徳川家康公の政策転換(戦時から平時へのソフトランディング)のお蔭なのだ”という興味深い説を披露して下さいました。

なるほど…

これはかなり理に適った話だし、この種のルーツを深掘りしていくテーマは日本鍛冶学会には相応しいのかもしれません。

その上で、このパートナーは続けて次のように指摘します。“その方は「こうした過去の紐解きは海外の皆さん向けを意識した方がいい」とも指摘していました。私もそう思います”と…

なるほど…

考えてみれば、海外の方々が我が国に魅力を感じているものがあるとすれば、それはその国にはない(或いは優れた)“何か”なわけで、日本が外国に対して比較優位に立つものを探していけば、それは直ちにその“何か”に辿り着くことを意味し、それを磨けば、より海外からも注目を集めることができるということですし、その“何か”の最たるものは、(証明可能な)日本の歴史の長さですものね。

そういう意味では、我が国の縄文文化は、時代の遡り方といい、同年代における質の高さといい、独自性といい、世界に類を見ない誇るべき文化であります。

先日開催された“信濃川火焔街道連携協議会”で小林達雄先生から改めて火焔型土器の先進性、独自性、優れたデザイン性の講義を受け、再度確信しました(それにしても、小林先生の火焔型土器の話は面白い!リンクを張った協議会のホームページにその概要が記載されておりますので、是非ともご覧下さいませ)。

この稀有なテーマを東京五輪の開会式に取り入れないと!

これぞ、日本の比較優位性のシンボルそのもの!

火焔型土器をモチーフにした聖火台の採用も含めて、残された限られた時間、関係者の共感を得るべく、運動を展開していきたいと思います。

posted by 国定勇人 at 11:41| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

燕三条工場の祭典、台湾へ。

IMG_0970.JPG

燕三条工場の祭典の武田実行委員長から、台湾からの招聘で繰り出した“燕三条工場の祭典@台北”の様子を伺いました。

見学と体験の組合せに王道を見出すことができたようで、何よりでした!

あとは、黄金比率を探ることですね!

IMG_0971.JPG

ところで、私たちが売り込んだわけではありませんが、台湾の雑誌に“燕三条工場の祭典”がデカデカと掲載されていたとの報告を受けました。

私たちの取組に魅力を感じて、自らも“燕三条工場の祭典”に足を運んでいただいたようです。

IMG_0972.JPG

ちなみに、台湾でのイベントはお洒落な空間全体で繰り広げられていたイベントの1つとして出展したのですが、当該イベントへの来場者がいわゆる“意識高い”系の人達が多いらしく、実行委員長が言うには、“燕三条”という地域名はもちろん、燕三条で繰り広げられている私たちの様々な試みも十分リサーチしている割合が高かったとのこと…

燕三条って凄いな…

益々自信が付いてきました!
posted by 国定勇人 at 16:30| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

パンパン

肩がパンパンで、なかなかの辛さ…

これが中年というものなのか…

一度、徹底的にオーバーホールしたいですな…
posted by 国定勇人 at 14:28| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

燕三条ブランドは海外にも強いのだっ!

IMG_0969.JPG

先日、人気バラエティー番組“マツコの知らない世界”で紹介され、再び予約が殺到し、あっという間に2年待ち…という状況に陥った包丁工房タダフサさんの事例を待つまでもなく、今や燕三条ブランドは国内を席巻しております。

でも、燕三条ブランドは国内向けのみを意識したものではありません。

実際、本年度の施政方針においても、燕三条ブランドの中核を為す最終製品系について、“人口減少が進むことによる国内市場の縮小が想定される中、ものづくりの基盤を維持していくためには、国外に新たな販路を求めていく必要があります。昨年11月、市場視察で訪れた中国内陸部の都市では、単に価格が安い商品ではなく、高付加価値商品の需要が高まっており、高級品を扱う店舗では日本製品の特設ブースが設置され、その中で燕三条製品が紹介されているなど、正に、「燕三条」がブランドとしてのポジションを獲得しつつあると実感したところであります。こうした国外における需要喚起の可能性を踏まえ、引き続き、ロシア、ベトナム等への販路開拓を進めるとともに、新たに、インターネット販売への参画等により、中国内陸部での販路拡大を図ってまいります。また、輸出時に発生する輸送コストや事務的な負担を最大限削減するため、燕三条地域の各社の製品を取りまとめて輸出できる体制の整備に取り組むことで、市内企業の海外展開を促進し、国外における燕三条ブランドの確実な定着を図ってまいります。”と申し述べたとおり、着々と手を打ちつつあります。

そんな中、蒔いてきた種の萌芽がちらほらと目に付くようになってきました。

写真は、燕三条地場産業振興センターでショッピング中のシンガポールのお客様。

今年の2月、燕市長さんとともに赴いた“燕三条ナイト@シンガポール”に参加されたお客様が“燕三条に来たい!”と実際にお越しいただいた次第であります(そのときのブログでも触れさせていただきましたが、皆さんとてもラフな格好をしているように見受けられますが、とんでもないステータスの皆様なんですよっ!)。

何よりも嬉しかったのは、燕三条ナイトで実際に体験したカトラリーや日本酒がどうしても欲しいっ!と言ってくださったこと。実際に写真のように皆さんが集まっているのは、燕三条ナイトで使っていただいたカチカチのアイスが適度に溶けていくスプーンの売り場なのです。燕三条ナイトを企画した成果をこうして現実のものとして目の当たりにできると実に感慨深いものがあります。

その他、ベトナムでもイオンでの取組が同店における類似のイベントの10倍近い売上げがあったなどなど、燕三条ブランドの評価は確実に広がりつつあることを実感しております。

さて…

これもまた、私自身が開拓に携わってきたものである中国の成都イトーヨーカドーさんでの販路開拓事業がいよいよスタートします。

成都イトーヨーカドーさんの格別のお取り計らいで、信じられないくらいの優遇された条件で(あまりにも破格の優遇された条件のため、ここでは書けません。燕三条地場産業振興センターにお問合せのほどを…と思っていたのですが、下のリンク先から覗けますね。ご覧のとおりの破格の条件です!)燕三条ブランドの売込みが8月上旬に実現しますっ!

燕三条地域の企業の皆様っ!

本件に関する説明会を来週開催いたします。

是非、前向きなご検討をっ!詳しくはこちらをどうぞっ!

ちなみに、来週、外国の投資家などが対象のシンポジウムで、燕三条について英語でスピーチします(というか、スピーチさせられます…)…

気が重い…

他の講演者は英語に堪能な大臣や知事、市長ばかりなので、余計に…
posted by 国定勇人 at 12:44| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする