2017年06月26日

coffee break!?

IMG_1460.JPG

いよいよ竜王戦決勝トーナメントが始まりましたね。

藤井四段の勝敗の行く末は!?

と、にわか将棋ファンの如き話題を出すには理由があります。

今年、三条市で竜王戦第四局が行われることが正式決定したからですっ!(関連記事はこちら

この絶妙なタイミングで誘致できたのも、三条市経済活性アドバイザーを務めていただいている朝比奈さんのおかげです。本当にありがとうっ!

三条市では、この突如沸き起こったブームに便乗しようとあやかろうと、7月30日に“将棋の祭典in三条”を開催するなど、様々な連携イベントを打ち上げますのでお楽しみにっ!

閑話休題。

先日、三条市における障がい者政策を説明する機会を頂戴しましたので、三条ものづくり学校に足を運びました。

普段であれば、会場に直接入ってそのまま出て行くことが多いのですが、シンポジウム前に若干の時間があったので、1階に常設されているカフェテリア“THE COFFEE TABLE”さんにお邪魔しました。

IMG_1465.JPG

恥ずかしながら、パーティ以外の通常の営業時間で、しかも“売り”のコーヒーを注文したのは初めてなのですが、この店を誘致するに当たって、担当職員が“ここのコーヒーは本当に美味しいです”と力説していた意味がようやく分かりました。

美味しいっ!

しかも、空間デザインも自分好みで、ゆったりとした時間も過ごせるし、何故今まで来なかったのだろう…と少し後悔…

本当にお勧めですっ!

是非どうぞっ!

(個人的には、これに軽食メニューがあると、パーフェクトっ!)
posted by 国定勇人 at 12:44| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

不気味な静けさ

IMG_1491.jpg

本日、出水期に備えた水害対応防災訓練を実施致しました。

今年は、見附市さんに見習い、新たに180名を超える中学生ボランティアに参加していただくという、より長期的な防災対応基盤の確立にも貢献できる仕組みを取り入れました。この中学生ボランティアが、見附市さん同様、限りなく100%に近い参加率にまで浸透していくことを願ってやみません。

さて、公助ど真ん中の取組としては、昨年度の信濃川下流河川事務所さんとの訓練が非常に役に立ったので、今回からシナリオライターを完全に第三者に託すことといたしました。

と申しますのも、これまでもブラインド型訓練を実施していたのですが、シナリオライターが市職員だったため、“何となく先が分かってしまっていた”のですが、信濃川下流河川事務所さんと昨年度初めて実施した合同訓練ではシナリオが完全に同事務所さんによるものだったため、私たち災害対策本部体制全体に想定外の負荷が至るところでランダムにかかり続け、本番さながらの緊迫感に包まれながら、訓練を進行することができたからです。

で、今年の感想ですが…

やっぱり、シナリオを完全に第三者に委ねてよかったです。

何故よかったのかというと、皮肉なことに災害対策本部が機能不全に陥る兆候が随所に訓練を通じて確認することができ、(これが災害本番でなかったため、)今一度改善し直し、検証することができたからです。

ちなみに、他市町村の皆さんのお役に立てばと思い、敢えて恥ずかしい部分(災害対策本部が機能不全に陥る兆候が見られた部分)を紹介したいと思います。

それは、(気象状況などから察するに)災害が逼迫しているはずにも関わらず、災害対策本部に、被災状況、そして水防活動状況の情報更新がまばらで、目の前の白地図へ書き込む職員の手が休む場面が例年より多かったこと…(昨年度の事務所さんとの訓練では、災害対策本部が面白いように翻弄されていく様子が自分たち自身でも手に取るように分かったのに、今年はそうした感触自体得られないどころか、例年よりも妙に静かな場面が多かったのです…)

こうした現象は深刻な事態の兆候なのではないか…

こんなことを、これまで何度か訓練を重ねた“動物の勘”で何となく感じてしまったのだと思います…

判断するのに必要となる重大情報が入ってきていないような気がして、念のため確認したところ、災害対策本部体制の至るところに情報閉塞が生じていることが判明したのです(でも、“情報が入ってこない”、しかも“情報が完全に入ってこない”のではなく、“(心なしか)情報の更新頻度が滞っている(ように感じる)”レベルのため、それが致命的な情報閉塞を引き起こしていると気付くのは非常に困難です。この状態の危険性を知っていただきたくて、今回、このように敢えて恥部をお見せすることとしました)。

というわけで、只今、本日2回目の訓練を実施中です(内部向けのみ)…

ただ、これが本番でなくて、訓練で、本当に良かった…

やっぱり油断大敵ですし、訓練がいかに大事かということを肝の冷える思いで実感しております。
posted by 国定勇人 at 12:11| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

ものづくりのまちの“もう1つの顔”

IMG_1401.JPG

先週末、“三条クラフトフェアin槻の森”が開催されました(関連記事はこちら)。

今年で10回目の節目を迎える本イベントですが、毎年、写真のとおり、大勢の方々に足をお運びいただいている、三条市でも有数の規模を誇るものとなっております。

こうした来場者数もさることながら、何よりも嬉しいのが全国から集う出展者、つまりクラフトマン達の声であります。

今年は、厳選された188ブースの約3倍ものクラフトマン達からの応募をいただくほどの人気ぶりなのですが、その声を拾ってみると、その多くが“全国各地でクラフトフェアが開催されているけれども、三条のクラフトフェアが一番お客さんの目が肥えていて、お客さんが「これはいい!」と気に入ってくれれば、値段の多寡に関わらず、必ず買ってくれる”“良いものを出品すれば必ず売れるので、予め売上げ予想が立てられる(但し、自信がないものは全く売れない)”というものなのです。

これって、本当に嬉しいではないですか!

とどのつまり、来場者は“ものづくりのまち”の住民なので、知らず知らずのうちに、全国の他地域に比べて突出して“ものの見定め方”を身に付け、それに長けているということなのですからっ!

IMG_1406.JPG

それにしても、10年もの長きにわたって続けてくることができたのは、偏に実行委員会の皆様のお蔭です。

他のイベントとは異なり、このイベントの大きな特徴は、市行政と完全に独立した形で運営されているということ。

独立した専従の事務局を持たずに、様々な関係機関、関係者との調整役も一手に引き受けているのですから、本当に頭が下がります。

これぞ、職人(クラフトマン)の意地、或いは心意気といったところでしょうか。

私たち行政も、こうした心意気に共感しておりますし、今後とも支援を惜しみなく続けていくつもりです。

来年以降も変わらず頑張っていただきたいですね。

IMG_1392.JPG

ちなみに、このイベントには、毎年我が“いい湯らてい”部隊もお世話になっております。

IMG_1396.JPG

少し味見(つまみ食い!?)をさせていただきましたが、味もバッチリでしたし、そのお蔭か、ずっと長蛇の列でした。

そういう意味も含めて(!?)、様々な関係者がそして来場者が皆等しくハッピーになれる企画っ!

ものづくりのまちとしての意地も感じることができました。
posted by 国定勇人 at 15:33| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工場の祭典!?

IMG_1483.JPG

時間がないので、短めのネタを…

東京ビッグサイトで開催されている機械要素技術展(後日、改めて書き綴ってみようかと思いますが…)に向かうため最寄り駅に降り立つと、どこか見慣れたデザインが…

燕三条工場の祭典”ではないですかっ!

つ、ついに、工場の祭典も、東京に上陸か…

と感涙に咽びたくなるほど、類似したデザインっ!

この柔らかめの色合いが注意喚起を促す色合いとして適切なのかは別にして(“燕三条工場の祭典”のカラーリングコンセプトは、鍛冶(BlackSmith)の象徴色である黒と赤がユーザに与えてしまう強烈なインパクトを緩和して敷居が低いことをそれによってアピールするため、敢えて、黒よりも柔らかいグレーに、赤よりも柔らかいピンクを…ということで採用された経緯があります)、妙に親近感を感じました。

以上、小ネタ終了!
posted by 国定勇人 at 10:35| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月22日

苦行A

IMG_1471.JPG

思い出すと、今でも心が痛む、ロビーコンサートでの無惨なギター演奏(偏に私個人の練習不足に尽きるのですが…)から、早2ヶ月…

このまま何もせずに徒に時が流れると、心に刺さった傷(!?)が癒えないまま放置され続け、本当にトラウマになってしまうっ!

ということが本当かどうかは分かりませんが、我が師匠のお取り計らいで、リベンジの場を設けていただきました。

それが下田ライオンズクラブさんのチャーターナイト。

30名近くの皆さんを前にしての余興だったのですが、やはり緊張したなぁ…

それでも、禁じられた遊びを含めた2曲とも、何とか曲として受け止めていただけるギリギリのレベルで終えることができ、少なくとも負け癖からは解放されたような気がしております…

でも、まだまだ場数が必要な気がしておりまして…

耳障りな演奏を寛容なお気持ちで受け止めていただける仏様のような団体、イベントをお待ちしたいと思います(本気か、自分!?)。
posted by 国定勇人 at 17:21| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

苦行@

IMG_1469.JPG

英語でのスピーチを余儀なくされた際、ものづくりのまちとしての今後の生き残り策として、より一層海外販路開拓にまちぐるみで取り組まなければならない中、そのまちの首長として、自分の能力の限りを尽くして、せめてプレゼンくらいは相手国の言語(そうは言っても、私の能力では英語と中国語が関の山ではありますが…)に合わせようと心に決めた訳でありますが、図らずも早々にその機会が訪れてしまいました。

中国国内ではステンレス加工の産業集積地として有名な江蘇省興化市から、私たちの地域との連携を模索するため、市長さんを始めとする訪日代表団が燕三条地域を訪れることとなったのです。

これは、やるしかないでしょう!

IMG_1470.JPG

とはいえ、資料作成をほぼ一から始めるといった状況だったため、プレゼン資料と中国語の読み原稿が仕上がったのが本番の3時間前っ!

しかも、プレゼンの内容が内容なだけに、経済用語や金属加工に関連する用語ばかりで、発音記号を振りつつ、練習できたのは僅か1回きり…

こうした状態では、もはや開き直るほかないですよね。

でも、この開き直りが結果としては良かったようです。

予定時間を少しオーバーする30分近くの中国語でのプレゼンになりましたが、何とか訪日団の皆様には、伝えたい意図が伝わったようでした。

次は、8月1日。

成都と重慶でプレゼンするぞっ!

それにしても、エコール国際ネットワークの梅田さん、突然の無理難題にも関わらず、的確に対応していただき、ありがとうございました!

おかげで、私好みの中国語に仕上げていただいたと感じております。

本当にありがとうございました。
posted by 国定勇人 at 13:13| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

縁の下の力持ちA

我が国の憲法では、国民の義務の1つとして、納税の義務を課しております。
また、世界的にも優れた国民皆保険制度もまた、保険料の確実な納付が制度維持のために不可欠なことから、納税に準拠したことが被保険者に求められております。

でも、実際には、残念ながら、100%の対象者が納税(納付)していただいているわけではなく、滞納者がいることも否めない現実であります。

ただ、こうした滞納者を放置してしまえば、憲法の、関係法令の規定に従い、しっかりと納めて下さっている方々が“馬鹿を見る”こととなってしまうため、私たちとしては、そうした圧倒的大多数の方々のためにも、また法令を遵守するためにも、しっかりと徴収する必要があります。

こうした現場の最前線に立つのが収納課の職員であります。

彼らは、例えば経済部のような陽の当たる仕事ではなく、むしろ、滞納者からの厳しい言動を受けながらも、時には厳しい対応をせざるを得ないという、決して応対する直接の相手からは感謝されることのない地道な仕事であります。

でも、彼らの存在なくしては、誰もが嫌がる納税(納付)制度は維持できないのです。

そんな裏方的仕事を担う彼らですが、今回、新市発足以来、最高の収納率を上げてくれました。

全ては、彼らの地道で確実な仕事の積み重ねのお蔭です。

本当に、よく頑張りました。

皆さんは、三条市職員の誇りです。

嬉しくて、皆さんの仕事の一端でも、少しでも多くの方に知っていただければと、拙ブログに書き綴ってみました。
posted by 国定勇人 at 17:10| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

縁の下の力持ち@

securedownload3.jpg

先日、7月下旬に開催される新潟県消防大会小型ポンプ操法競技会に出場する三条市消防団下田方面隊第二分団の結団式に出席してまいりました。

どうですか、この面構えっ!

流石選ばれし精鋭部隊でありますっ!

でも、本業がある中、日夜練習に励むだなんて、正直辛くないのかな!?と思い、率直に伺ってみると、皆さん口々に“滅多にない幸運です。折角の機会なので、少しでも精度を上げて本番に臨みたいです”と力強い言葉ばかりっ!(壮行会での談笑(お酒!?)も進んだ中での気持ちなので、間違いなく本物ですっ!)

ネガティブな考えが脳裏をよぎった自分が恥ずかしくなりました…

さて、私たちのまちの安全は、こうした方々の献身的な活動によって守られております。

生業がありながらも、いざとなったら駆け付け、水防活動など防災活動に参画していただく消防団員がいるお蔭で私たちのまちの安全が成り立っている…

このことを私たちは畏敬の念を込めて、この方々に陽に陽に(陰に陽にではなく)感謝しなければなりません。

私たち市民にとって、彼らは間違いなくスーパーマン!

私たちの努力不足で、どちらかと言えば、現在のところ消防団員は縁の下の力持ちという役回りですが、何とか陽の目を存在にしていければと思います。

とにかく…

下田方面隊第二分団、頑張って!
posted by 国定勇人 at 07:37| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月20日

ホタル舞う花菖蒲まつり開幕っ!

ホタル舞う花菖蒲.jpg

うひょ〜っ!

昨日も今日もスケジュールがタイト過ぎて、書き込む時間がまったくなしっ!

でも、これを嬉しいとおもうばかりが既にワーカーホリックの典型的症状っ!

というわけで、世の中のお父さん、お母さん!仕事で、家庭で、社会で、私同様、疲れが溜まったその体をその心をホタルで癒しませんか!?

IMG_1450.JPG

というわけで、しらさぎ森林公園の“ホタル舞う花菖蒲まつり”が始まりました。

今年は、人間にとっては過ごしやすい気候が続いておりますが、花やホタルにとっては残念ながら初夏を感じることができない天候でもあって、花はまだ全体の1割ほど、ホタルも出始めといったところですが、逆に言えば、これからが本番っ!

先週末、二日連続足を運びましたが、それでも数十匹のホタルが舞っていて、来訪者に癒しを与えていました。

IMG_1454.JPG

今週末には、様々なイベントも用意されておりますので、是非どうぞっ!

ちなみに、最初の写真は、リオ五輪に合わせて開設された日本コーナーで展示された、この地でのホタルが舞う写真です。
posted by 国定勇人 at 12:45| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月16日

気象情報の紐解き方

photo1.jpg

先日、長らく新潟気象台に勤務し、天気予報、注意報や警報発令に携わり続け、この4月に気象台を退職されたばかりの長峰さんを防災気象アドバイザーとしてお迎えいたしました(関連記事はこちら)。

任期は、今年の出水期が終わる9月末までとなっております。

三条市では、昨年、気象庁の“気象予報士等を活用した地方公共団体における気象情報活用支援モデル事業”のモデル市町村の1つに選定いただき、同じく気象台勤務経験者を1名お迎えしたのですが、これがまさにビンゴっ!

記憶の薄れた方も多くいらっしゃるかもしれませんが、昨年も三条市は(土砂災害由来の)避難準備情報(名称は変更しましたが一応昨年までの呼称ということで、ご勘弁を…)を発令する事態に陥ったのですが、そのとき、この方のアドバイスが災害対策本部の意思決定に当たり、大変役に立ったからであります。

で、どこが“大変役に立った”のかということでありますが…

ずばり、気象情報の紐解き方を熟知しているところっ!

敢えて言葉を継げば、この方のアドバイスの1つひとつは、我々の判断に大きく貢献し、我々を落ち着かせるのに大きく寄与したのであります。

考えてみれば、気象庁発表の注意報、警報というのは、分かりやすさも考慮して、僅か数行に集約されております。

でも、気象庁はその組織の総力を挙げてその僅か数行に集約させているのですから、その数行の裏には、明治以来の知見を始めとする、スペシャリストの集合体である組織としての膨大な様々なノウハウに裏打ちされた分析、判断が凝縮されているはずで、その一次情報作成経験者による紐解き方を解説していただければ、僅か数行の表層部だけでは分かりえない様々な予測を知ることができるわけです。

ということで、今年は自主財源で、長峰さんのお世話になることとなりました。

本取組については、先に紹介した“水害サミット”においても、また私が委員として参画させていただいている気象庁さんの“地域における気象防災業務のあり方検討会”でも、その有効性について訴えさせていただきました。

市町村長の皆さん。これ、本当にスゴイですから、是非お試しくださいませ。

でも、ポイントは、一次情報作成経験者、つまり気象台勤務経験者でなければいけないということっ!

この点については、“民業圧迫だ”という意見もあろうかと思いますが(実際、そういうご指摘もいただきましたが…)、災害対応の最前線に立ち、責任を持たなければならない私たちにとっては、二次情報ではなく、一次情報の紐解き方が重要だと考えておりますので、ご理解いただければと存じます。

(写真は、ケンオードットコムさんの写真をお借りいたしました。いつも申し訳ございません。宜しくお願い申し上げます)
posted by 国定勇人 at 17:01| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする