2016年09月30日

審査の着眼点が嬉しい

14752067086543.jpg

今年オープンした全天候型広場“ステージえんがわ”がグッドデザイン賞を受賞しました(関連記事はこちら)。

受賞いただいたこと、それ自体がありがたいことでありますが、それを上回る喜びはその受賞対象にあります。

今回の私どもの受賞は、“ステージえんがわ”という箱モノに対してではなく、ステージえんがわの“取組”というソフト事業に対して送られました。

14752067367314.jpg

これは、ハードよりもソフトを先行させてきた、より意識してきた私たちにとっては、本当に意義深いこと。

この点に着目いただき、評価いただいたことが何よりも嬉しいっ!

オープン以来半年にして、平日の午前、午後それぞれ何かしらのイベントが行われるようになりました。

人の好みは十人十色。

だから、イベントの種類を千差万別に繰り出す必要があります。

この動きがきっかけとなり、どの方々にも1つくらいは琴線に触れるイベントがある、それをきっかけにステージえんがわに足を運んでいただく、その積み重ねがその人のライフスタイルを変える、その動きが社会化することで、街全体の流れが変わるという広がりに繋がれば…と夢想しながら、敢えて無目的に活動を展開しております。

14752067562775.jpg

こうした私たちの心の動きを見透かしたかのような今回の受賞。

本当に嬉しいですっ!

では、どんなイベントが繰り出されているのか…

来週以降、私の触れたイベントについて、紹介していきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 12:38| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

次の語り部探しを…

14751415202830.jpg

一昨日、BS11の“報道ライブINsideOUT”に出演し、石井国土交通大臣、毎日新聞の松田さんとともに、水害対応について論じてまいりました。

このテーマで私がどれだけ貢献できたのかどうかは視聴者の皆様のご判断に委ねるほかないのですが、自分の能力はさておき、番組終了後、毎日新聞の松田さんとひとしきり話題となったのは、“次の語り部をどうするのか?”というもの…

お蔭さまで、水害サミットをベースに我々サミット参加市町村は毎年毎年知見を積み重ねてきております。

また、この積み重ねてきた知見を多くの市町村に啓蒙するため、豊岡市の中貝市長さん、見附市の久住市長さん、そして不肖私の代表発起人メンバーが全国各地に足を運ばさせていただいております。

お蔭で、私たち3人は、数多くの防災関係者と出会うことができ、或いは全国各地の仲間を得ることができました。

そして、中貝市長さん、久住市長さん、毎日新聞の松田さんのお導きにより、水害サミットも充実の一途を辿っております。

でも…

この順風満帆な体制が未来永劫続くわけではありません。

私たちもいつまでも市長を務めるわけではありません。また、最後の被災から、ある程度の年月が経過して、水害サミットで研鑽を積んでいるとはいえ、近年の災害対応に実体験を持って語り続けることができるのかどうか一抹の不安を抱くことを禁じ得ません。

水害サミットを永続的に存続させ、全国の市町村に情報発信し続けていくためには、次の語り部探しに、そろそろ本腰を入れていかなければなりません。

少なくとも、“そういうことを意識して水害サミットを運営していきましょう”というのが松田さんとの話し合いで得られた共通認識でした。

不幸にも、今年もまた全国各地で水害が多発しました。

被災市町村長は、それぞれの被災地の復旧に責務を有することはもちろんのこと、図らずも得ることとなったその経験を他の市町村や次の世代に語り継ぐ責務をも有していると私は考えます。

どうかどうか、まずは水害サミットに参加いただき、願わくば、私たちの次の水害の語り部になっていただきたい…これが今の率直な想いです。

市町村長様方の勇気ある踏み出しを心から祈念いたします。
posted by 国定勇人 at 21:00| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

我らが風景、リオデビュー!

niigata_1.jpg

オリパラ首長連合の動きも多重化、重層化してきております。

昨日の打合せでのこと…

リオデジャネイロのオリパラに合わせ、ジャパンハウスの一部を間借りして、首長連合会員市町村から提供いただいた“我が街、我が郷の誇れる風景”をショーアップした様子の報告を受けました。

自分達のまちの風景をリオデジャネイロの街でPRすることができたというだけで、実に感慨深いものがあります。

でも…

それ以上に、これら写真の数々をキュレーションしたサイトそのものの仕上がりにもうっとりします…

絶対に期待を裏切りませんから、是非とも、こちらをご覧くださいっ!

ちなみに、上の写真は、しらさぎ森林公園のホタルの舞う様子ですっ!

信じられないっ!
posted by 国定勇人 at 16:33| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二元代表制は機能しているのか?

14750408901511.jpg

昨日の某研究会で、我が国の地方自治の根幹を成す二元代表制が機能しているのかどうかについて、厳しいご指摘をいただきました。

この点については、どのレベルに到達すれば二元代表制が機能していると評価するのか、それによって相当印象が変わると思っているのですが、こればかりは当事者以外の方の評価に委ねるほかないと思っております。

ただ、その上で、当事者として敢えて申し上げれば、マスコミで話題となっているような他の地方議会と比べれば、私は、三条市と三条市議会からなる二元代表制は一定の機能を果たしているのではないかと思っております。

例えば、写真のこれ。

今回の定例会では、平成27年度決算の審議をいただいたわけですが、審議を重ねていく中で、“三条市の介護保険運営が健全以上の実績を上げている中、介護保険料率についてはもっと柔軟に運用することで、少しでも早く被保険者に還元することが可能ではないか”との機運が議会の中で高まり、その結果、今回の決算認定に際し、全会一致で、次期介護保険計画の策定時期を待たず、来年度予算からでも介護保険料率の是正を検討すべき旨の附帯決議をいただくこととなりました。

これはもちろん、出来レースでも何でもなく、まさに議会審議を通じて浮かび上がった事柄なのです。

私は、こうしたことの積み重ねが二元代表制を深化させていくものと確信をしているのですが、当事者以外の見方からすると甘いのでしょうか…

正直、図りかねるところであります…
posted by 国定勇人 at 14:34| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

生放送告知

securedownload2.jpg

今日もまた、東京出張。

既に関東平野を東京に向け驀進中です。

そして今回もまた、オリパラ首長連合の打合せ、霞が関関係者、しかもお歴々の集う某研究会でのプレゼン、関係国会議員への三条案件の説明など、公務がてんこ盛りなわけですが、それに加え、生放送出演が2本っ!

折角なので、正々堂々の告知を行いたいと思いますっ!

まずは、県内向け地上放送。

本日、18時15分過ぎからのBSN県内ニュースで、燕市長さんと一緒に生放送します。お題は、燕三条イタリアンレストランbitさんの銀座初上陸に合わせ、同店内で燕三条の世界観をお伝えするコラボ企画を取り上げていただくもの(これについては改めて、ご報告申し上げたいと思います)。

続いては、BS放送。

本日、21時からのBS11さんの報道番組“報道ライブ21INsideOUT”に、石井国土交通大臣と一緒に、近年度重なる水害についての特集番組に出演します。

ご関心のある方は是非どうぞっ!

securedownload.jpg

燕三条駅も“燕三条工場の祭典”に向け、お迎えの準備が始まったようです(関連記事はこちら)。

こちらも楽しみですねっ!

では、頑張って行ってきます!
posted by 国定勇人 at 10:03| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

「旅する」がいいねっ!

160921_0026.jpg

先週の2日間だけ開催された“旅する新虎マーケット”プレイベントが、雨降りにも関わらず大盛況のうちに終わりました。

どれくらい大盛況だったかというと、今回のテーマが“ドラフトビール”だったのですが、初日にして2日目までのストックが全て完売してしまったほどっ!

2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合”のリーディングプロジェクトであっただけに、まずはホッとしているところであります…

160921_0007.jpg

でも、何よりも良かったのが、他の類似イベントと目されるものとの差別化に自信が付いたこと。

“僕達のプロジェクトは単なる地方物産市に終わらせないっ!”というのが密かに決めていた最低合格ラインだったのですが、これがなかなか難しい…

そんな中、度重なる議論を経て、コンセプトが収斂化され、最終的に“旅する新虎マーケット”という言葉に凝縮されるに至ったのですが、この“旅する”という差別化するべきキーワードがここまで広がりのあるものになるとは、当事者自身気付きませんでしたっ!

160921_0038.jpg

このプレイベントを開くまでは、この新虎通りを舞台に、地方に散りばめられている日本の良さを“旅する”感覚で体感していただいて、できれば実際にそれぞれの地方に“旅する”ところまで辿り着けばハッピーだねっ!と始めたわけですが、旅したのはそれだけではありませんでした。

160921_0089.jpg

まず、主催者側である出店都市同士が旅し合いました。

今回のテーマは“クラフトビール”だったのですが、通常のイベントでは、各地のクラフトビールを並べて、はい終わりっ!だったはず…

でも、ここに各地の誇るビールを飲む陶器やタンブラーという横串しが差されることによって、深みが一層増しました。

つまり、どのクラフトビールと酒器がお互い旅し合うことによって、縦割りだけでは想像もできなかった新たな視点が生まれる可能性が芽生えたのです。

160922_0016.jpg

ビールのおつまみにも広がりが出ました。つまり、会員市町村同士のそれぞれの自慢の農産物がマリアージュし、新たなオードブルが提供できる可能性も広がりが出てきたのですね。

僕達の知らないところで、食材自身も旅していたのです。

160922_0035.jpg

旅は、主催者同士に留まりません。

今回提供した酒器は販売することとしたのですが、これが2日間で2桁単位でお客様の元へと旅立っていきました。

きっと、各ご家庭のテーブルでビールとともに佇んでいることでしょう。

160922_0059.jpg

とにかく、自信が付きましたっ!

これで、来年2月から東京オリパラまでのぶっ通しイベント“旅する新虎マーケット”は間違いなく成功することが約束されましたっ!

テーマも3ヶ月毎に目くるめく変わっていく予定っ!

160922_0054.jpg

この2日間を見逃した方も、大丈夫っ!

来年2月からはぶっ通しですからっ!

乞う、ご期待っ!
posted by 国定勇人 at 13:45| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

麺を成仏させたい…

securedownload.jpg

たぶん、お蔵入りしそうなので…

こちらは、この前の上京の折に立ち寄った九段下の“八咫烏”。

鶏油以外は動物系を全く使っていないので、スッキリした味わいです。

securedownload2.jpg

こちらは、我が市の誇る日帰り温泉施設“いい湯らてい”の地産地消型イタリアンレストラン“GozzoLatte”の新メニュー、三条産鶏卵を使ったカルボナーラ。

マジで絶品です。

特に、こちらは、これから温泉も下田郷もシーズンを迎えますので、是非是非ご賞味あれっ!
posted by 国定勇人 at 16:58| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

このつけまつげ、チョモランマ級!?

securedownload3.jpg

今日から2日間、燕三条地場産業振興センターで“燕三条食の陣・カレー博”が開催されております。

お蔭さまで、オープン直後から大入り満員っ!

食欲の秋に相応しい料理の数々や食に関するワークショップの数々が貴方をお待ちしております。

そして、この方も貴方を…

securedownload2.jpg

それが、この方。さとちんさんですっ!

かねてから気になっているつけまつげの長さですが…

流石に気合が入っているらしく、世界最高峰を誇っているのではないかと思うほどにそびえ立っております。

さとちんさんの登板は今日限りっ!

是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 11:40| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

幸先の良いスタート

14745990142510.jpg

“旅する新虎マーケット”プロジェクトですが、お蔭様で幸先の良いスタートを切ることができました。

詳細は改めてっ!
posted by 国定勇人 at 11:54| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

新虎通りに急げっ!

securedownload.jpg

連チャンの日帰り上京です。

昨日、今日と、東京オリパラ首長連合のリーディングプロジェクト“旅する新虎マーケット”の2日間限定プレイベントが開催されております(関連記事はこちらなど)。

今回のテーマは“クラフトビール”。

天候、気温とも、ビールに最適とは言い難い天気予報ですが、そんなことは構わないっ!

善は急げっ!

虎ノ門ヒルズのある新虎通りへ急げっ!

詳細は後日っ!
posted by 国定勇人 at 09:53| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

もはや神技

14744321575852.jpg

今日は、“燕三条工場の祭典”実行委員長と一緒に社会科見学。

世界で認められている道心斎正行の玄翁鍛冶工房です。

14744322037473.jpg

まぁ、とにかく圧倒されます。

ものを生み出すエネルギーとはこれほどまでに神々しいものなのかと…

古来日本人の技への追求心はかくも神懸かっていたものかと…

それを今日見ることのできる奇跡がいかに貴重で荘厳なものであるのかと…

具体的に説明することの陳腐さをこれほどまでに感じることはありません。

14744319500340.jpg

日本の技の極致は“神業”と表現されますが、この何世代にも亘る日本人のたゆまぬ努力と探究心の結晶を体得した神のような領域は言葉では決して伝わらない…五感で感じるしかないのです。

ありがたいことに、神の手、神の感覚を持つ正行さんから、“燕三条工場の祭典”への参加を受諾いただきました。

今年は間に合わないかもしれませんが、来年には必ず…

この神々しい世界を是非体感してみてくださいませ。

14744321050251.jpg

もちろん、“燕三条工場の祭典”は今年も開催いたしますっ!

今年の“燕三条工場の祭典”は、“耕場の祭典”“購場の祭典”という2大スピンオフ企画付きっ!

これまでご覧になった方も、まだ足を踏み入れたことのない方も、是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 13:52| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

100歳パワー

IMG_8736.JPG

ところで、敬老の日の本題を…

毎年100歳を迎えられた方々のお宅に訪問をさせていただき、お祝いをお渡しさせていただいております。

というのは表向き任務にありまして、100歳を迎えられた方々に1日で一度にお会いできる得難い機会を捉えて、長寿の秘訣を探る密かなミッション(!?)を嬉々として果たしているのでありますっ!

さて…

今年、三条市内で100歳を迎えられた方は26人。

そのうちお邪魔することのできた方は20人でありました。

今年の顕著な傾向は…

まずは、男性が多くいらっしゃったことっ!

訪問した20名中4名でありました。一見少なく感じるこの数値でありますが、これまで男性が皆無だった年が多かったことを思い返すと、この数値は驚異的であり、我々男性陣には希望の光なのでありますっ!

次に、健康な100歳が非常に多かったことっ!

今日の三條新聞にも書かれておりました写真の高橋さん以外のお宅でも、応対に出ていたご主人と延々話し込んでいても一向に100歳の主役が現れず、10分程度の時間が経過して、“よっぽど具合が悪いのかな?”と心配していると、そのご主人が“自分は昭和17年に工兵部隊に配属されまして、ペリリュー島の戦線へ向かい…”と昔のことを語り始め、それでようやく目の前のご主人が100歳のご本人だったことが判明するなど、“そろそろ「本人です」とか分かりやすい目印を掲げてほしい”と冗談を言いたくなるほど、80歳前後の方々と見分けの付かない方々が本当に数多くいらっしゃいました。

しかも嬉しいのが、そのうちの何人かは“さんちゃん健康体操を楽しみにしている”とおっしゃっていただいたことっ!

さんちゃん健康体操”は100歳を迎える方にまでその存在が知られ、取り組まれているのですねっ!市長でいながら、知らなかったことがお恥ずかしい…

それにしても、いつも100歳の方々にお会いすると感じることがあります。

それは、100歳の方とそのご家族がまずは明るい穏やかな雰囲気を持っているということと、100歳を迎えられた方は特に独自のルーティンを持っているということ。

特に前者はつくづく感じます。

この世知辛い世の中、特に政治、行政に身を置くからでしょうか…批判的な風潮、余裕のない風潮が渦巻いている中、この明るい穏やかな雰囲気を醸し出すまでに日々を積み重ねるのは並大抵のことではない気が致します。

何かこう…自分が小学生のとき、田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家に行ったときのような感覚を覚えるのですよね。そして、ふんわりと、でもしっかりとした元気の源を与えてくれるのです。

これは、100歳という特別な境地に至った方のみぞ持つオーラであり、それをサポートし続けたご家族、ご親族に共通する必須能力なのかもしれません。

そんなこんなで、今年もまた、秘密のミッションを成し遂げることができましたっ!

今は100歳以上の方が49名、三条市内で住んでいらっしゃいます。最高齢が105歳ですから、5年後以降は毎年110歳訪問ができるように、私達もスマートウェルネスシティ政策を始め、福祉政策にまい進していきたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 15:43| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泉田知事とのラストショット!?

IMG_8736.JPG

また改めて書き込みますが、昨日の敬老の日の100歳のお宅訪問はとってもエキサイティングでしたっ!

写真は、泉田知事と一緒に訪問した高橋ハナエさんでのもの。

これまでの数ヶ月間、県知事選を巡って様々なことがありましたが、こうして100歳もの長寿を迎えられた方の前では、そんなことはとっても小さく感じてしまいます。

もちろん、知事も私も、一緒の気持ちで高橋さんの長寿をお祝いすることができました。もちろん、心からの敬意を込めてっ!

繰り返しになりますが、私が市長に就任してから10年近く、これまで知事との間では様々なことがありましたが、こうしたハレの場で、しかも100歳の長寿を迎えられた方を前にしては後進を歩む者全てがただひたすらその方を敬うほかのない心穏やかな場で、二人での最後の公務を終えることができたことに、ただひたすら感謝申し上げたいと思います。

高橋さんと神さまに感謝申し上げますっ!
posted by 国定勇人 at 10:09| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

選挙は民主主義の根源

14738390715070.jpg

今日開催された臨時市長会。

僅か15分で終了っ!

ですが、この15分が市長会にとっては千金に値する貴重な時間であったことは言うまでもありません。

何故ならば、ここ数ヶ月、様々なことが起こったわけですが、それを乗り越え、再び一枚岩で踏み出す時間となったのですからっ!

IMG_8726.JPG

さて、ここ数日、公務の合間を縫って、森たみお候補予定者或いは候補夫人をお連れして、はたまた完全に格落ちでありますが私自身が候補予定者の代役となって、市内企業を中心に市内各所にお邪魔して、森候補の人柄はもちろん、彼の掲げるビジョンや政策に触れていただきました。

今回、同行させていただき、つくづく感じるのは、“選挙こそ、民主主義の根源であるっ!”ということ。

選挙戦を睨みつつ、改めて現場を巡ってみると、普段の市長としての仕事だけでは得ることのできない様々な気付きの場面に遭遇します。

これは恥ずかしいことではあるのですが、意識すれども、日常の公務の連続の中では、こうした現場に漂う本音を全て感じ取ることはできないのです…(少なくとも、私の能力では…)

ですから、選挙という新たな目線で現場に再び入り込むことはとても重要っ!

この数日は、森たみお候補予定者はもちろんのこと、私にとっても、黄金の数日となりました。

そうそう。

来る県知事選挙には、森たみおを宜しくお願い申し上げます。

(今回の現場廻りで気付いた幾つかについては、後日改めてご紹介したいと思います)
posted by 国定勇人 at 15:33| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【読書感想文】左遷論

102364.jpg

何となく手にした本がこちら、楠木新氏の著書“左遷論”。

市長になってから、直接人事に携わるようになりましたが、俗に言われる“左遷”というのは、この本の副題にあるように“組織の論理、個人の心理”の一言に尽きます。

大事なことは、“左遷”意識は個人の心理から生まれる以上、直接発令(厳密には内示)する者が発令(内示)される側に、“何故そうするのか?”ということをしっかりと伝え、できれば納得できるレベルにまで持っていくことだと思います。

私の場合、課長以上の異動内示と課長補佐への昇格とポスト内示は、私自身が直接行いますが、ここに留意する必要があるのだと改めて感じたところです。

ちなみに…

今ほども書いたとおり、左遷意識は、組織の論理と個人の心理のギャップから生ずるものであり、世に言う左遷というものは基本的には存在しないのではないかと思っています。

少なくとも、自分の経験上は…

本書でも基本的には同様の見解を貫いており、例えば、明治時代の文豪、森鴎外は、軍医監(少将相当)に昇任した上で、第12師団軍医部長として小倉赴任をしているのですが、このことを森鴎外本人は“左遷された”と思っているのですが、その後、陸軍軍医総監(中将相当)に昇進して軍医トップである医務局長に就任しているところからみても、小倉左遷は本人の思い込みにしか過ぎないのですよね…

でも、ここに人事の難しさを感じます。

なかなか面白い本ですので、是非どうぞっ!



こんな読書感想文を書いていたら、大学時代の友人で同じ日に中国留学に旅立ち、その後16年間も北京に滞在し続けた泉京鹿さんから、彼女自身が翻訳された“紫禁城の月”という本が届きました。

プロフィールを見ると、母校フェリス女学院大学の非常勤講師をされているのですねっ!

みんな立派な大人になっているなぁ…

自分も頑張らねばっ!
posted by 国定勇人 at 11:23| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

県知事候補予定者

14738390715070.jpg

三条をより知っていただくため、有意義な時間を過ごしました。

詳細は後日改めて…
posted by 国定勇人 at 16:48| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

強迫観念に駆られるいつもの件

14737562759570.jpg

今日は、記者会見があったり、あんなことやこんなことがあったりで、なかなか忙しい一日を過ごしました。

でも、ブログは更新しなければという強迫観念に駆られ、無理矢理書き込んでおります…

写真は、いつものラーメンネタ。

東京出張の時にお邪魔した新橋の“麺屋7.5Hz”さん。

大阪高井田系の名店です。

随分前に食べたものですが、美味しかった!
posted by 国定勇人 at 17:53| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

潜入取材

14736505097710.jpg

拙ブログで度々登場している“ステージえんがわ”。

今日の一般質問でも取り上げていただきましたが、毎日毎日何かしらの企画モノが行われております。

でも、具体的には一体全体何をしているのか?

そんな皆さんの疑問(!?)にお応えするため、不詳私、潜入取材してきました。

取材してきたのは、三条ものづくり学校でのワークショップと組み合わせた“えんがわワインパーティ×ものづくり”イベント。

私は、諸般の事情のため、ワークショップは遠慮させていただき、ワインパーティからの参加です(「こいつ、ワインを飲みたいだけだろ?」という核心を突いた疑問を持たれた皆様、それ以上突っ込まないでください…)。

14736505770521.jpg

ワインの講師をしていただいたのは、パリでミシュラン1つ星を獲得している日本料理店“あい田”のオーナーシェフ相田さんです。

以前、拙ブログでもご紹介したとおり、相田さんは三条出身で、元いいとも青年隊っ!

そんな不思議な経歴の持ち主ですが(!?)、今ではパリで大活躍をしており、TBS系の人気番組“情熱大陸”にも出演されたことがあります。

で、このイベント第二部“ワインパーティ”の進め方なのですが…

14736506062623.jpg

相田さんがワインの選び方などを解説してくださり…

そのワインに合うおつまみを料理教室“ラ・キュイエール・トモ”を主宰する高橋さんが参加者と一緒につくり…

14736506319134.jpg

あとはひたすら…

14736506528145.jpg

飲む…

14736507164797.jpg

食べる…

14736506744196.jpg

飲む…

飲む…

でも、とても贅沢な時間を過ごすことができました。

あまりに気持ちが良くなって、参加者の何人かを我が家に連れ込み、2次会をしちゃった…

う〜ん…

全く参考にならなかったと思いますが、こんな雰囲気で“ステージえんがわ”の毎日が展開されておりますっ!
posted by 国定勇人 at 12:45| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

昭和47年生まれはチェック柄がお好き!?

securedownload.jpg

ステージえんがわ”を舞台にした地方都市だけが持ちうる贅沢な時間の過ごし方を週明けにでも紹介しようと思っているのですが、写真を整理していると、ノリで撮った写真が出てきたので、折角なのでご紹介を…

追って紹介する予定の“ステージえんがわ”で行われたイベントで偶然同じテーブルとなった写真の3人…

みんな昭和47年生まれです(このうち1人は全国デビューしたことがありますね(ヒントはナイナイ&お見合いっ!))。

で、ですね…

何で一緒に撮ったのかというと…

みんなチェック柄だったのですっ!

偶然にも、昭和47年生まれのオジサンはみんなチェック柄…

果たして、昭和47年生まれはチェック柄好き説は成立するのでしょうか!?



そうそう。

どういうわけか、自分の公務に入っておらず(別公務との兼ね合いで顔を出すのが難しいと判断したのかもしれませんが…)、参加できないのが残念なのですが、地方都市だけが持ちうる贅沢な時間を過ごすことができるイベント“三条楽音祭”が明日開催されます。

自然豊かな環境の中で、しかも手作り感満載の空間の中で、音楽に浸りながら、そして好きなものを食べ、愛するものを飲みながら、ゆったりとした贅沢な時間を過ごす…

そんな素敵なイベントです。

是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 15:38| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

さとちんと始めるぜぃ!

IMG_8114.JPG

ちょっと地元コミュニティFMの話題をば…

燕三条エフエムさんの番組の中に、三条市の行政情報番組“ピックアップさんじょう”というのがあります。

そして、さらにその中に、私が一方的に話し続けるコーナーがあります(というか、ありました…)。

で…

更に申し上げれば、このコーナーが至上稀に見る酷い出来映えでございまして…

言い訳をすれば、ド素人の私に、映像の助けもない音声のみのラジオ番組を託すというのが無理筋なわけでございまして…

ということで、この度、大英断をすることとしましたっ!

助けを求めた相手は、“あの”さとちんさんっ!

そうです。我らが誇る天才パーソナリティでありますっ!

で、どんな番組にリニューアルしたのかということですが…

まぁ、写真から想像してみてくださいませ。

というわけで、新たなコーナー“さとちん参上(三条)!”を宜しくお願い申し上げます。
posted by 国定勇人 at 18:13| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方都市だけが持ちうる贅沢な時間A

IMG_8691.JPG

昨日は、まちの真ん中での地方都市だけが持ちうる贅沢な時間について触れましたが、今度はもっと直球ド真ん中です。

舞台は、下田郷の中でも荘厳な雰囲気に包まれた八木神社。

ここを起点に練り歩く“雨生の大蛇祭”です。

IMG_8709.JPG

毎年参加するたびに、圧倒されるのがこの圧倒的な荘厳さ。

神々はこうしたところに宿るのか(実際に神社なのですが…)と思える神秘に満ちた世界。

自然と神、そして人間との関係をそれこそ自然体で感じさせる、ある意味で贅沢な時間を過ごすことができます。

まぁとにかく、三条に移住して良かった…

そう思える場面が至るところに散りばめられている…それが今の三条です。
posted by 国定勇人 at 12:42| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

依然として好きではありませんが…

14733041356765.jpg

お蔭様で、三条市のふるさと納税が順調です。

これまでも何度か言及したような気がするのですが、私は、税金を弄ぶかのようなふるさと納税制度には反対なのですが、同制度を所管している総務省が止めるそぶりをみせないので…

いかに悪制度なのか範を示すため(!?)、方針を一転し、返礼品たっぷりに舵を切ることとしました。

爾来2年近く…

冒頭にも申し上げたとおり、皮肉にも、お蔭様で順調に推移しております。

さて、写真は、お昼にもご紹介した“三条マルシェ”での1コマ。

このフルーツカービングを三条果樹専門家集団がふるさと納税として出品いただいております。

是非ご覧いただき、お申し込みくださいませっ!
posted by 国定勇人 at 17:01| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方都市だけが持ちうる贅沢な時間

14733039261650.jpg

先日の“三条マルシェ”。

9月とは思えない猛暑の中ではありましたが、冷房がバッチリ効いている“ステージえんがわ”と“三条鍛冶道場”が会場の中核に位置していたので、随分と助かりました…

14733039862921.jpg

それにしても…

このエリアを会場にした“三条マルシェ”をブラブラしながら、つくづくと“三条市に移住してよかったなぁ…”と思います。

14733040273642.jpg

何というか…

身構える必要がないのですよね…

それでいて、ダサいわけでもない。

身構えない程度のスタイリッシュさに包まれている…

14733040631743.jpg

規模も、自分の存在が存在として認知される程度の絶妙なもので、自分自身が単なる他人に留まらず、何となく、自分も“三条マルシェ”に貢献した感覚を覚える…

それが、出展者側にも、来場者側にも、等しく漂っている…

14733040848894.jpg

これが都会だと、一人の人間では何も貢献できないと端から諦めてしまう規模感とプロ感が支配してしまい、楽しみの余韻が長続きしないし、喜びの深みが増しません…

表現しにくいのですが、都会ならではの疎外感から逃れることができず、少なくとも贅沢な時間を過ごしている感覚に包まれないのですよね…

14733041356765.jpg

“三条マルシェ”には、都会では持ち得ない要素、地方都市だからこそ手にすることのできる要素をことごとく持ち合わせています。

特に、“ステージえんがわ”を中心とする今回の会場では…

これは数値とかで計ることのできないものなのですが、それは直ちに気持ちに直接働きかけていることの証…

だから、しみじみ、“贅沢だなぁ…”と感じることができるのでしょうね。

そんな“三条マルシェ”ですが、次回は10月2日。是非足をお運びくださいませっ!
posted by 国定勇人 at 12:48| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

ついに山が動く。

14732332985611.jpg

たしかに実感はありました。

燕三条工場の祭典”が僅か4年目にして加速度的に知名度を上げてきていることを…

たしかに予兆はありました。

私たちがお願いしなくても、“燕三条工場の祭典”に協力してくれる方々が爆発的に増えていることを…

14732332613360.jpg

でも、JR東日本さんまでがその輪に加わってくれるところまでは想像が付きませんでした。

しかも、その協力の度合いがハンパないっ!

この“大人の休日倶楽部”で特集してくれるだけも大変ありがたいのですが、何と“燕三条工場の祭典”期間中に弥彦線の臨時列車まで運行していただけるのですっ!

その名も“工場の祭典1号”“工場の祭典2号”“工場の祭典4号”

これって凄くないですか?

さらに驚くべきことに、この臨時列車運行のお願いを私どもの方からお願いしている形跡が見当たらないのです…

恥ずかしながら、私などは、この“大人の休日倶楽部”9月号を見て初めて知ったくらいなのですから…

担当職員にも関係方面を当たってもらいましたが、皆さん首を傾げているようで…

ということは…

JR東日本さんが自らの意思で決断をいただいたということではありませんかっ!

これほど、嬉しいことはありませんっ!

JR東日本さんの心を動かすほど、“燕三条工場の祭典”が光る存在となったということなのですからっ!

こうした多くの皆様のご厚意を裏切らないためにも、今までよりももっと楽しめる4日間にしなければなりませんねっ!

さぁ皆さん、10月6日から9日の4日間は、燕三条へレッツゴー!
posted by 国定勇人 at 16:49| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

実学系ものづくり大学実現への第一歩

14731437322570.jpg

奇しくも私の誕生日だった8月30日、三条市実学系ものづくり大学開設検討委員会の第1回会合を開催させていただきました(関連記事はこちらこちら)。

こうした委員会が開催できるということは、少なくとも事務局を預かる私どもの覚悟が固まり、委員の皆様にご審議いただくための構想がある程度固まったということでもあります。

で、その基本的な構想ですが…

まず、誘致ではなく、三条市自らが設置を致します。つまり公立大学法人による運営を志向したいと思います。

この理由は単純。私どもが目指す実学系ものづくり大学は、今の日本に存在する工学系の大学とは一線を画す新しいコンセプトを持った大学(敢えてイメージを申し上げれば、カリキュラムや教える内容は工業高等専門学校に近く、それでも最大の相違は長期のインターン制度など徹底的な実践教育を主眼とする、そんな大学像です)なので、誘致しようにも実績のある大学が存在しないからです。

次に、設置場所ですが、燕三条駅近くに開院が予定されている県央基幹病院の近接地、そして同じく三条市が公設民営での設置を進めている看護系高等教育機関の隣接地です。

この理由は、学生はやはり広域エリアから通学が想定されるため、新幹線と弥彦線が通り、高速のインターがあるという広域的な交通結節点だからです。

最後に、開学スケジュールですが、平成32年4月の開学を目指します。

本当はもっと早いに越したことはないのですが、どうしても農振除外等の手続き、その後の土地区画整理事業に一定の時間がかかってしまうからです。こうした制約下での最短スケジュールで、看護系高等教育機関とともに臨みたいと思います。

さぁ、基本的方向性が固まりましたっ!

でも、ここからが本番。

何故ならば、これまでにない大学を志向するのですからっ!

尤も、あまり心配はしておりません。

それだけの素晴らしい委員さんに就任いただいたのですからっ!

平成32年度まで一気呵成に進めていきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 15:55| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

名誉市民ジャイアント馬場さん、誕生。

14730482270341.jpg

本日の三条市議会において、ジャイアント馬場さんが三条市の名誉市民となることが全会一致で決せられました。

ジャイアント馬場さんの生前の歩み、功績について改めて解説することが憚られるほど、その名前は、三条市民はもちろんのこと、日本国民に、そして国内外のプロレスファン全てに轟いております。

ジャイアント馬場さんが亡くなられてから17年…

昨年には十七回忌を終えているこのタイミングでの名誉市民決定に対して、様々な声があるかもしれません。

でも、今年春以来、ジャイアント馬場さんをこよなく愛するファン有志の皆さんが署名活動を始めてから僅か半年にして1万筆を上回るという事実を私たちは真摯に受け止めなければなりません。

没後18年を経過しても、これだけの数の市民、ファンの熱き声がある。

この事実ほど、ジャイアント馬場さんの功績の大きさを表すものはありません。

私ども三条市としても、今回の名誉市民決定を受け、ジャイアント馬場さんの生前の功績を次世代に伝えていくための検討を具体的に進めていかなければなりません。

それが、ジャイアント馬場さんに名誉市民を授ける原動力そのものとなった市民の皆様、ファンの皆様に対する最高のご恩返しであることを信じて…



先日、新潟日報の日報抄で、“「昭和が終わった」。その時代を彩った著名人の死を悼んで、そんな言葉が使われるようになって久しい。最近では、草創期から放送界を支えた大橋巨泉さんらの訃報が続き、女優の中村メイコさんが「これで本当に昭和が終わった」と嘆じていた。1999年、61歳で逝ったこの人の死も、昭和の終焉(しゅうえん)を強く印象づけたのではなかったか。プロレスラーのジャイアント馬場さんを名誉市民に推す議案が5日、出身地の三条市議会に提案される。市民団体が半年ほどかけて集めた約1万人分の署名が市を動かした。挫折を乗り越え、不屈の闘志で大輪を咲かせた。高校を中退してプロ野球巨人に入団。2年目には2軍ながらシーズン2桁勝利をマークし頭角を現す。が、病やけがが重なり、投手を断念。舞台をマウンドからリングへと転じ、どん底からはい上がった。生涯現役を通した。つらいときには、歯を食いしばって闘う自分の姿をよりどころにしてほしい−体力の衰えた晩年に語っている。馬場さんのそんな思いに、ファンも「リングに立ってくれるだけでいい」と惜しみない声援で応えた。国内通算5758試合。「氏の活躍は、昭和40年代から高度経済成長とともに世界の一流国の仲間入りを果たす日本の姿と照らし合わされ」「国民に夢と希望を与え続けた」。市議会に提案される議案に付された事績は、そうたたえる。どれほど昭和が遠くなろうと、その名を決して忘れない。署名に込められた市民の思いがかなうことを祈る”と触れていただきましたが、同様のコラム欄(!?)でも、日本経済新聞の春秋欄では相前後して“マスコミでは、亡くなって久しい作家などに敬称はつけない。歴史的人物の枠に入るわけである。どれくらい過ぎたら「さん」が取れるか微妙だが、せいぜい十数年だろう”との記載がありました。

これは、私だけかもしれませんが、敬称を付けないのは、こうした歴史的人物に加え、自分たちは遠く及ばない英雄的人物にも当てはまるのではないかと内心思っております。しかも、このカテゴリーは現役であっても当てはまるのではないかと思うのです。

例えば、プロ野球で言えば、子どものときから“王っ!王っ!”って叫んでましたけれども、それは心底尊敬の念を持ってのことでしたから…

実は、私にとって、ジャイアント馬場さんも同様です。

私個人にとっては、尊敬の念を込めて、馬場っ!、ジャイアント馬場っ!なのです…

立場柄、これまで同様、今後とも敬称を付けていきますが、本当は心では叫びたいっ!

“馬場っ!名誉市民になったよ!やっぱり凄い人だったんだねっ!”ってね!
posted by 国定勇人 at 13:06| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

We did it !!!

securedownload.jpg

今日の三条マルシェは、本当に暑かったですねっ!

それにも関わらず、足をお運び下さった皆様、そして出店者の皆様、ありがとうございましたっ!

不肖私も、エアギタリスト(!?)として、三条マルシェを満喫してきました。

この大変な日差しと気温の中、私どものステージを見に来てくださった皆さん、本当に本当に感謝ですっ!

中には、私のツイッターを見て、わざわざ見に来てくださった方もいて…

少し恥ずかしくて、遠慮気味に話してしまったのですが、本当は、とても嬉しかったです…

何はともあれ、We got it !!! or...目的達到了!!!

メンバーに最大の愛を送りますっ!(セカンドライフ応援ステーション経由での初ボランティア仕事が、私たちのバンドのビラ配りだったナイスミドルの三条への移住僅か1年余りの方にもっ!)
posted by 国定勇人 at 14:59| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

宇部の思ひ出…

14729051612310.jpg

仕事の話をする前にどうかと思ったのですが…

忘却の彼方へと追いやられるような気がして…

宇部ラーメンです。

これは食べねばっ!と思って、一番人気と思しき店に向かったら、何と解体工事の真っ最中…

しかも、火事が起こったような形跡が…(後で、市長さんに聞いてみると、やはりお盆にボヤが発生したみたいですね…残念…)

というわけで、気を取り直して向かったお店がこちら。“味の三平”さんです。

茶濁濃豚骨こそ、宇部ラーメンの特徴っ!

おにぎりとの組合せも最高っ!

美味しくいただきましたっ!

posted by 国定勇人 at 21:26| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

我がソウルフード、上陸っ!

14728207950590.jpg

僕は、ラーメンが大好きです。

そして、少なからずの方がそのことを認知されております。

でも、そんな方々をしても、僕がラーメンを上回る…例えば、長期の海外滞在を終えて帰国したときに、食べたい!と思うラーメン以外の…食べ物があることをご存知の方は少ないはずです。

そのトップシークレット(!?)ともいうべきラーメンを上回るソウルフードが、中学高校時代の駒場東大前にあった三島のたこ焼きと、大学時代の国立と国分寺にあったスタ丼の店のスタ丼であります(僕たちの大学時代のスタ丼の店はもっとディープでもっと入りにくかったのですが…そういう意味で、当時の流れを汲んでいるのは本当はこちら。でも、広義のスタ丼ということで、従来のスタ丼ファンの皆さま、どうかご理解ください…)。



前置きが長くなりました…

このうちの1つ、スタ丼の店がついに新潟に進出したのですっ!

これは、本当に嬉しい!

何せ、ラーメンには代替のお店があっても、スタ丼にはそれに代わるそれがないのですからっ!

さて、今晩、漸く食べることができました。

うん…

うまいなあ…

僕の青春の味だなぁ…

というわけで、抜群に上手いスタ丼を皆さまも、ご賞味あれっ!



ちなみに、小学校のときの思い出の食べ物は…と思っていたのですが、こちらの大丸焼きしか浮かばない…

大人になってからの僕しか知らない人には信じられないかもしれませんが、昔は甘いものが好きだったのです。

でも、餡子は子供のころから苦手だったから、大丸焼きの皮だけを食べるという…下品な食べ方をしていたのです…

ごめんなさない…
posted by 国定勇人 at 21:51| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ride On TIME

14727918374740.jpg

なかなか忙しいので小ネタを…

僕は飛行機が大好きっ!

あの究極の非日常感と洗練されたカッチョイイ空間が大好きっ!

でも…

最近は、それ以上に心地良さや快適さが勝ってしまうようで、離陸する前に夢の中に入り、着陸の衝撃で現実に戻るという残念なルーティンを繰り返しております…

14727917765100.jpg

そんな中、昨日、一昨日の羽田−山口宇部便は、珍しくフライト時間の半分だけを爆睡タイムに当てるという理想的な時間配分(!?)を実現できました。

で…

飛行中に撮った行き(朝)と帰り(夕)の外の景色がこちらっ!

本当に素晴らしいですっ!

と同時に…

頭の中は、山下達郎さんの“ride On TIME”のヘビーローテーション。

いつから、フライト中の頭の中を彼の歌が支配するようになったのかな!?

キムタクのドラマを見たわけではないのに…

その前は、ずっとスチュワーデス物語の主題歌がお決まりのヘビーローテーションだったのですが…

皆さんは如何ですか?
posted by 国定勇人 at 13:59| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

帰ります!

14727183729200.jpg

宇部市での公務を終え、山口宇部空港から一路羽田へっ!

役員会では、新たな展望が見えてきました!

詳細は改めて!
posted by 国定勇人 at 17:24| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする