2018年11月27日

自画自賛が自画他賛にっ!

IMG_8007.JPG

先日、政策自慢合戦の話題に触れましたが、あの究極の内輪だけの自画自賛合戦で披露していた“思い込みを振り払え!〜「高齢者」概念の転換〜”が、この度晴れて、厚生労働省の「第7回健康寿命をのばそう!アワード」において、県内初となる自治体部門の厚生労働大臣優秀賞を頂いてしまいましたっ!(関連記事はこちら

気が付くと、様々な賞を受賞するようになり、賞をいただくことに対して若干慣れが出始めていたのですが、自分達が新たな価値観に基づいて信念を持って取り組み始めた施策がこんなにも早期に外部から認められる形となったこの度の受賞には、実に感慨深いものがあります。

正直申し上げると、こうした新たな価値観(高齢者というマス全体に対するアプローチから個々の嗜好に寄り添う新たなアプローチへの転換)を厚生労働省が理解して頂けるだなんて、全く想像だにしていなかったので、より正確に言及すれば、受賞したことが嬉しいというよりも、こうした取組を評価してくれる国の柔軟な咀嚼能力に安堵したという方が近いかもしれませんね。

いずれにしても、関係部局の職員の皆さん、栄えある受賞おめでとうっ!
posted by 国定勇人 at 14:43| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

驚天動地の度肝を抜くコスパっ!

IMG_7969.JPG

“天麩羅割烹みや嶋”

この名店の存在をかなり前から存じ上げておりました。

いつか行きたいっ!と、ずっと思っておりました。

でも、こんな思いが募れば募るほど、自分の中での初入店のハードルが勝手に上がってしまい、お邪魔するタイミングをずっと逃し続けておりました。

そんな中、意を決し、みや嶋さんにお邪魔したことのある職員に道案内をしていただき(どこまで弱腰なのでしょう…)、先日、念願のみや嶋さんの天麩羅を食すことができました。

カウンターの前でご主人が生み出していく極上の天麩羅の数々…

どれも絶品ばかりなのですが、これ以上、私が解説すると、全てが嘘っぽく聞こえてしまうので、お任せコースをお願いして出てきたラインアップをご覧下さい。

IMG_7971.JPG

圧倒的な美味しさの海老からショーが始まります。

IMG_7973.JPG

茄子。

IMG_7974.JPG

鱚。

IMG_7975.JPG

椎茸。

IMG_7976.JPG

白魚。

IMG_7978.JPG

蓮根。

IMG_7980.JPG

稚鮎。

IMG_7981.JPG

南瓜。

IMG_7982.JPG

穴子。

IMG_7983.JPG

ショーのエンディングを飾るのはもちろん、掻き揚げ。

IMG_7984.JPG

あまりにも美味しかったので、アンコールとして鱚を追加注文。

IMG_7986.JPG

私は幼いときから牡蠣が苦手。でも、焼き牡蠣と生牡蠣だけは何とか克服し、今では大好物の1つになったのですが、幼少期のトラウマになったカキフライとか牡蠣鍋とか中途半端に火が入るものが本当に苦手なのです。でも、このお店の天麩羅の味の確かさに我が身を委ねてみようと、お任せコースのときに私だけ外してもらった牡蠣に初挑戦っ!

これがもう、美味しいのなんのっ!

これまでの人生を後悔してしまうほど、印象に残りました。

でも…

でもですね、私にとってのみや嶋さんの驚愕体験は、ここから始まるのですっ!

お酒も程よく飲み、お会計をお願いして、お値段を告げられたときの衝撃ときたらっ!

“ここは日本ですよね…”

思わず呟いてしまいました。ほろ酔い加減もぶっ飛ぶほどの値段なのですっ!

カウンター形式の天麩羅屋さんはカウンター寿司と並ぶほど値段も敷居も高いのが通り相場で、その敷居の高さゆえに私自身の経験値も貧弱なのですが、東京でこれを食せば、どんなに少なく見積もっても、お酒抜きで8000円、下手したら数万円レベルなのに、この破壊的な価格と来たらっ!

昭和30年代くらいまでタイムスリップしても味わえない価格だと思います。

“で、実際幾らだったんだ?”と思われる皆さん、今でも信じられない価格をここで告白する勇気を私は持ち合わせておりません。

食べログなどで脅威の価格(食べログのメニュー写真に驚愕の答えが赤裸々に公開されております…)を確認の上、その目とその舌でみや嶋さんに走ってくださいませ。

“三条に生まれて良かった”“三条に移り住んで良かった”と、しみじみ味わえること必至ですよっ!

私個人的には、この破壊的な価格で、経営の方を心配してしまうのですが…(この倍以上の価格を設定しても絶対に文句は出ないと思いますよ!)
posted by 国定勇人 at 10:37| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

ボヘミアン・ラプソディ

nhfigbohemian1122-1.jpg

タイトルそのままの内容ですので、あしからず…

今回の3連休ですが、久々の2連休を頂きました。

初日は群馬サファリパークに行ったのですが、その道中、テレビで映画“ボヘミアン・ラプソディ”が特集されていて、それを観ていた家内が“この映画、行きたい”と呟いたことがきっかけで、善は急げとばかりに、その翌日、早速観て来ました。

で、思ったのです…

この映画、本当に面白いっ!

映画を観ることに殆ど興味がなく、もちろんその習慣もなく、また、中学生の頃から洋楽よりは邦楽の方が好きで、QUEENなどテレビで流れる程度にしか知らないくらいの、経験値の低さがそうさせているのかもしれませんが、本当に面白かったです。

その日より私は俄かQUEENファンとなり、YOUTUBEを観漁っております…

そして、今も頭の中では“ママ〜”というフレディの声がリフレインしてますもの…

すっかり、ハマってしまいました!

おススメです!

それにしても…

私たちが観に行った日がフレディ・マーキュリーの27回目の命日だっただなんて…

何か運命を感じてしまいます。
posted by 国定勇人 at 12:22| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

みや嶋あるある早く言いたい〜♪

IMG_7971.JPG

三条市内の天麩羅割烹“みや嶋”あるある早く言いたい〜♪

三条市内の天麩羅割烹“みや嶋”あるある早く言いたい〜♪

三条市内の天麩羅割烹“みや嶋”あるある早く言いたい〜♪

三条市内の天麩羅割烹“みや嶋”あるある早く言いたい〜♪

三条市内の天麩羅割烹“みや嶋”あるある早く言いたい〜♪

三条市内の天麩羅割烹“みや嶋”あるある早く言いたい〜♪

三条市内の天麩羅割烹“みや嶋”あるある早く言いたい〜♪

けど、時間がないので、来週言います!
posted by 国定勇人 at 12:30| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

下田郷は名水の郷でもある。

IMG_8242.JPG

今朝の三條新聞にも取り上げられましたが、今年、下田郷が“新潟の名水”として一挙に3箇所の認定を受けるという快挙を手にしました。

今年認定されたのが県内全体で5箇所ということですから、このことが地域バランスを超えるほどに実力を伴ったものであるかを感じ取っていただけるものと思います。

IMG_8243.JPG

でも、この快挙には伏線がありました。

今から遡ること2年ほど前、全国レベルで活躍されているイラストレータの遠藤ケイさんと話をしていたときに、“自分は全国各地を歩いてきたが、下田郷ほど上質な湧水が集中している場所はないかもしれない。一度、本腰を入れて調査をした方がいいかもしれない”との助言をいただき、同氏と地元協議会とにお願いし、調査を続けてきたのです。

IMG_8244.JPG

その結果、今回の認定にも繋がったのですが、下田郷にはまだまだ名水が滾滾と湧き出る湧水スポットがまだまだあります。

今回、そのスポットを紹介したエリアマップを遠藤ケイさん自ら編纂していただきました。

現時点では、ウェブ上で見ていただくことができないことが残念ですが、是非、名水の郷としての目線で下田郷を巡ってみてくださいませ!
posted by 国定勇人 at 12:39| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

コメリさんのお気持ちに感謝

DSC02722.jpg

全国津々浦々でみかけるホームセンター“コメリ”の創業の地が三条だったことをご存知の方は少ないかもしれません。

でも、三条なのですっ!

全国的な知名度を誇るコメリさんのこの事実だけでも私たちに大いなる誇りを与え、それだけでも感謝しなければなりませんが、この度、創業者でいらっしゃる捧賢一さんの遺志、またそのご遺志を尊重されたご遺族の皆様の強い思いにより、三条市の子供たちのため、2億円ものご寄付をいただくこととなりました(関連記事はこちら)。

“スポーツが大好きだった創業者の思いを、そして「育成」に力を注ぎ続けた創業者の精神を形にしてほしい”

こうしたご遺族の皆様のお気持ちを第一義に、大切に使っていきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 11:54| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

地道な活動も続けております。

IMG_8124.JPG

今日も時間がなさそうなので、短めな話題を…

継続的な話題なので、敢えて拙ブログでは触れることもなくなりましたが、俗にいう“要望・陳情活動”は今もなおしっかりと続けております。

IMG_8120.JPG

先日も、全国の道路整備関連の大会に合わせる形で、県内市町村長さん方とともに、麻生財務大臣、塚田国土交通副大臣を始めとする要所要路の皆様方に対し、陳情を行ってまいりました。

IMG_8128.JPG

もちろん、地域固有の要望は、それぞれこうした形で地道に行っております。

この一見“カタチ”だけに思われるかもしれない活動ですが、全国の市町村長さん方が同様の活動を展開している中、いわば最低限行わなければならない必須条件というべき重要な活動であります。

とりわけ、国土交通副大臣、農林水産副大臣がともに新潟県選出の国会議員さんであるという良縁をいただいている今、しっかりとこの地道な活動を継続していきたいと考えております。
posted by 国定勇人 at 11:22| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

君は、土佐っ子を覚えているか?

IMG_8114.jpg

本格的な来年度の政策の玉磨き時期に突入し、あまり時間が取れないので、お手軽お気楽な話題を…

私の学生時代、“環七ラーメン戦争”といわれる一大ムーブメントが沸き起こりました。

読んで字の如く、東京の環状七号線沿いの有名ラーメン店に大行列をなしその数を競い合った、今に繋がるラーメンブームです。

そのときのけん引役だったのが“なんでんかんでん”と“土佐っ子”(このうち、“なんでんかんでん”は一時期新潟にも出店されていましたね。その後全店閉鎖しましたが、最近高円寺で復活した様子)。

私ももちろん両店に何度も足を運びましたが、個人的には圧倒的に“土佐っ子”が好きでした。

が…

“驕る平家は久しからず”ではありませんが、その後、味の問題ではない理由で、“土佐っ子”は閉店…

私の好きだった味は記憶の彼方に葬り去られました…

がっ!

“土佐っ子”のDNAは今に受け継がれていたのですっ!

そのうちの1つがこの“平太周”さん。

先日、食べに行きましたよ、“土佐っ子”時代と同様、深夜に!

いや〜、懐かしかったな〜。

少なくとも、私が知っている“土佐っ子”の味、そのものです。

郷愁も含め、大満足の味でした。

本当はこの際、同じく“土佐っ子”の味を守り続けているとされている“下頭橋らーめん”を食べに行きたいのですが、東京出張組には立地条件があまり良くなく、実現にはまだまだ時間がかかりそうです…(土佐っ子のイメージを掴むことのできる同店の関連記事はこちら
posted by 国定勇人 at 10:46| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

石井国土交通大臣、ご来条っ!

IMG_8142.JPG

先週末、石井国土交通大臣が三条市を訪問されました。

私がご案内申し上げたのは、燕三条地場産業振興センター

これまで何度か石井大臣とご一緒させていただいたことがあるのですが、これほどリラックスされた様子で、目を輝かせながら感嘆いただく姿を拝見するのは初めてで、本当に嬉しく思いました。

ついには、お買い求めまでいただいて…

本当にありがとうございましたっ!

石井大臣には、道の駅の持つブランド力の大きさ、更なる発展の可能性について、ご理解いただけたものと感じております。

またのお越しを心からお待ち申し上げております。
posted by 国定勇人 at 12:57| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

感慨深い…

IMG_8214.JPG

4年ぶりの所信表明の草案協議です。

(三条市では、任期最初の議会で任期全体を見通して考えを表明するのが“所信表明”、来年度予算案を審議いただく3月議会で当該年度に取り組む諸施策を大綱的に述べるのが“施政方針”となっております。

1期目の所信表明と比較すると、ガラポン度が殆ど見受けられず、12年間をかけて築き上げてきた職員との同期化が進んできたのだな…とふと感慨深く感じてしまいます…
posted by 国定勇人 at 16:30| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

期待の星、現る!

IMG_8211.JPG

昨日、横浜DeNAベイスターズからドラフト6位の指名を受けた知野直人選手の表敬訪問を受けました(関連記事はこちら)。

三条出身のプロ野球選手といえば、古くは掛布選手、最近では金子千尋選手が有名ですが、いずれも、“生まれた場所が…”とか“小学校低学年まで…”とかといった状況なので、義務教育課程を三条で全うした知野選手のプロ入り(今も独立リーグの新潟アルビレックス所属の現役プロ選手でありますが、セ・パ両リーグという意味で…)はまた一段と感慨深いものがあります。

これまでも様々な苦労を重ねてきた知野選手。

この間で鍛えられたであろう強靭な精神力を武器に、さらに技術に磨きをかけ、大スターに成長していただきたいと思います。

ちなみに…

横浜DeNAベイスターズの社長は、私の郵政省・総務省時代の先輩(我々新人の内定時代の新人指導担当だったり、私の前任者であったりと、一般的な先輩後輩以上の関係を省内で持たせて頂きました!)で、尊敬している岡村さんです。

岡村社長、知野選手を宜しくお願い申し上げますっ!

今度、表敬訪問しようかな…
posted by 国定勇人 at 12:44| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

今年は紅葉の当たり年!

IMG_8152.JPG

今年の秋は、本当に気持ちがいいっ!

何といっても紅葉が素晴らしい。

例えば、下田郷のシンボル“八木ヶ鼻”。

この写真は昨日撮ったものですが、燃えるような紅葉に八木ヶ鼻が包まれております。

個人的には、8年前のあの圧倒的な紅葉以来の当たり年だと思います。

是非とも、下田郷の紅葉をその目に留めてくださいませっ!

IMG_8098.JPG

もちろん、稲刈り後の落ち着いた越後平野も最高です。

とにかく、このシーズンの三条を見ずして、いつを見るっ!

皆様のご来訪を心よりお待ち申し上げております。
posted by 国定勇人 at 13:00| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご挨拶

IMG_8209.JPG

選挙からも日が経ち、幾分間延びした感がありますが、一応の節目ですので、改めてご挨拶を…

昨日(何の因果か11月11日!)、3期目の任期を全うし、本日より4期目という新たな任期に入ることとなりました。

再び市民の皆様からいただいた負託に応えられるよう、浅学菲才ながらも全身全霊を捧げて市政運営に当たりたいと思いますので、引き続き宜しくお願い申し上げます。

(今日は節目の職員向け訓示、部課長会議、庁議があり、副市長、教育長ともども理事者3役で記念撮影する絶好のチャンスだったのですが、撮り忘れてしまったので、市旗の写真としました)
posted by 国定勇人 at 11:15| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

世界で活躍する友人を誇りに思う。

IMG_8094.JPG

先日、東京での公務を終えた後、久しぶりに大学時代の友人かつ留学仲間と飲みました。

大学時代の殆どの時間を共に過ごしたと言っても過言ではない男4人組のうち、2人は上海駐在と上海出張ということで、スペシャルゲストということで呼んだのが(正確には“呼び出したのが”)、泉京鹿さん。

大学時代に北京に留学した際、同じ飛行機(パキスタン航空だったかな?)で北京に向かったものの、1年弱で予定通り帰国した軟弱な私とは異なり、その後16年間も北京に滞在し続けたつわものです。

この泉京鹿さん、今では日本でも有数の翻訳家として活躍していて、例えば、最近映画化もされた“あの頃、君を追いかけた”を翻訳したのも彼女。

一時同じ道を歩み、その後同じ時間だけ人生を積み重ねたのに、こんなに違う人生を歩むことになるだなんて、本当に不思議ですよね。

この仲間からは某超有名女性ファッション雑誌の編集長を輩出したり、それぞれの世界で活躍している人たちばかりっ!(この方も女性です。頑張ろう、我々男性陣!)

いやぁ、いい刺激を受けました。

こうした仲間を誇りに思います。
posted by 国定勇人 at 10:52| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

【読書感想文】こどもを育む環境蝕む環境

51Y+FKO61iL__SY346_.jpg

公務のエアポケットに入りましたので、もう1つだけ話題を…

今回ご紹介する本は、現在建設が進んでいるスポーツ・文化・交流複合施設を設計いただいた仙田満さんが書いた“こどもを育む環境蝕む環境”というものなのですが、結論を急ぐと、少なくとも行政関係者は必読の書ですっ!

大変失礼ながら、一建築者というフィルターでしか仙田さんを見ていなかった自分の不明を恥じるばかりです…

建築をデザインするために、ここまで深く洞察し、研究を深めていたとは…

衝撃の深さ、共鳴度合いの激しさは、私が筑波大学の久野教授が唱えるスマートウェルネスシティ構想に初めて接したときと同じくらいっ!

というよりも、“子ども”という目線で社会のあらゆるものを紐付けて、しかもただ単に紐付けるだけでなく、エビデンスに裏付けされる形で、それらを(ハード、ソフトを問わず)有機的に、総合的に、編み上げていく思考形態は、スマートウェルネスシティ構想そのものといっていいほどの同様のアプローチであります。

私たちの思い込みを振り払うには、最高の著作だと思います。

この本の思考形態の昇華レベルは、“子ども”という目線を、“ひと”という目線に拡大しても通ずるものばかりと言っても過言ではありません。

今、私たちは、まちなかのにぎわい創出円卓会議という新たな中心市街地の在り方を考えるプラットフォームの会場を敢えて一見行政とは無縁に感じる真宗大谷派三条別院とし、“にぎわいの場所として、宗教施設は視野に入れないもの”とする“思い込み”を振り払うことを委員の皆様に暗に示唆する形でスタートを切ったばかりですが、そうした思考路線をより深くより広く編み込まれたのが本書といっていいでしょう(もちろん、同氏の主張に全て共感したわけではありませんが、編み上げていく思考形態が抜きん出ています!)。

まぁ、とにかくおススメです!
posted by 国定勇人 at 15:20| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【不連続シリーズ】うんめもん探訪

IMG_7988.JPG

公務がギッシリ詰まっているため、簡潔かつストレートに伝えられる食べ物の話題を…

相変わらず市内のラーメン屋さんを定点観測!?しているのですが、そんな中から珠玉の2杯を!

まずは、坦々麺。

かつて、本寺小路に餃子一番というお店があって、そこの坦々麺が我々酔っ払いを虜にしていました。

この坦々麺の特徴は、一見するだけでは醤油らーめんにしか見えないということ。

でも、それビジュアルとは裏腹に、辛く、そして美味いっ!

そんな名物坦々麺を出していた餃子一番が閉店して、餃子一番ロスを長らく引きずっていたある日、“”さんでこの坦々麺をオマージュした一杯を提供していることを知ってしまいました。

それがこちらの逸品。

再現率が高いどころか、もはや餃子一超えっ!

本当に旨いっす。

ここの坦々麺は日本一っ!

と、書き綴っているだけで、頬に汗が滲んできてしまいました…

IMG_8077.JPG

次にご紹介する珠玉の一杯は“いこい食堂”さんのタンメン。

大油や中油といった背脂らーめんが有名な同店ですが、私のおススメは圧倒的にタンメンですっ!

ここのタンメンは、世界一美味しいと思いますっ!

東京には“トナリ”とか“しゃきしゃき”とかの行列店がありますが、そうした有名店など足元にも及ばない圧倒的な旨さっ!(あくまで個人的見解です…)

これを食べるためだけに三条を訪れても十分に価値があると言っても過言ではないっ!

この両店、ホントにおススメですっ!
posted by 国定勇人 at 12:53| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

【不連続シリーズ】うんめもん探訪

IMG_7960.JPG

今回のうんめもん探訪はプチ贅沢編。

三条市内には美味しいものが食べられる飲食店は数多あれど、“専門店”と呼ばれる飲食店になると、そのジャンルによっては殆ど存在しないというのが実情です。

そうした三条未進出ジャンルの1つが“うなぎ専門店”でした(少なくとも私が知り得ている情報によればということですが…)。

ところが…

そんな“うなぎ”ジャンルに朗報がっ!

燕三条駅付近に“うなぎ専門店が開店した”との情報を聞きつけ、家族と意を決して出撃してまいりました。

IMG_7962.JPG

その名は“鈴の音”さん(関連記事はこちら)。

清潔感溢れる店内です。

入店前は“うなぎ一択!”で決めていたのですが、メニューを眺めると鯉の洗いがあったので、贅沢ついでにこちらも注文。

全く臭みもなく、本当に美味しく仕上がっています。

IMG_7964.JPG

そして、当初の目的である“うなぎの蒲焼”。

私自身は“うなぎ専門店”の経験値が皆無に近いですが、美味しいものは美味しいっ!

大満足のひとときとなりました。

値段も値段なので(いわゆる“うなぎ専門店”の相場価格だと思います。東京とかに比べるとかなりリーズナブルだと思いますが…)、頻度高く行くことは叶わないと思いますが、それでもジャンルが1つ増えたことで選択肢が豊富になったことは嬉しいことっ!

こうした専門店の新規出店は大歓迎ですっ!
posted by 国定勇人 at 12:40| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

陰に陽に…

IMG_7995.JPG

もはや何も特別な出来事でもなくなっているので、拙ブログでもあまり書かなくなっておりますが、かなりの頻度で上京しております。

では、上京して何をしているのか?と言えば…

例えば、先週の上京では、午前中に国会議員会館の各関係国会議員を回り、午後は、経済産業省、外務省、国土交通省を訪問して諸々の仕事をこなす、という感じです。

IMG_7994.jpg

ただ、自画自賛と自己反省の双方の気持ちを込めて申し上げれば、この“諸々の仕事”をどのように組み込んでいくのかが大事であります。

例えば、今回の経済産業省の訪問では、表向きの仕事は“2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合”のセミナーにおける主催者挨拶だったのですが(このセミナーは、インバウンド、五輪への地元農産物の活用に向けたノウハウ、ホストタウンの始め方など、内容そのものは充実していて、本当に勉強になるものばかり。地方ブロック単位で開催しますので、会員市町村の皆様は是非ともご参加下さいませ。絶対に損はさせません!)、同省内で同時にこなしてきた、私でなければ果たすことのできない三条市に旨味をもたらす仕込みの(ここでは書けない)仕事をいかにしてくるのかというのが大切であり、私を頻度高く東京に出張させる意義なのだろうと思っております。

IMG_7996.JPG

そういう意味では、ここでは書けないことをこなせばこなすほど、組み込めば組み込むほど、出張の成果があったというべきでありまして、それ故に、あまり東京出張のことを書けないのかもしれません…

こうした目線に立てば、経済産業省の表向きの仕事を除けば全て、ここでは書けない内容のことばかりだったので、このときの東京出張の収穫は大きかったのかもしれませんね!

ということで、今日も午後、東京出張に行ってきます。
posted by 国定勇人 at 10:00| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

我らの味方は三条発祥

IMG_8065.JPG

全国で働くお父さん、お母さん(どちらかといえば、お父さんですかね…)の胃袋を支えていると言っても過言ではない(いや、やはり過言ですね…)とんかつチェーン“かつや”。

本当に全国を席巻しておりますね!(関連記事はこちら

そんな我ら庶民の味方“かつや”のルーツが三条市にあることは皆さんご存知ですか?(以前、拙ブログでも少し触れたような気がしますが…)

そのルーツとは…

ホームセンター大手の上場企業の“アークランドサカモト”さん。

本日ちょうど本社にお邪魔したので、その後に敬意を表して訪問してきましたよっ!“かつや三条店”にっ!

まぁ、安定の味と価格であります。

これは同業他社は脅威でしょうな…

必ず、次回来店時の100円割引券も貰えますし…(個人的には、この割引券とは別に、来来亭のポイントがついにあと1ポイントで1ヶ月間並ラーメン無料パスをゲットするところまで到達したので、それをいつ行使すべきなのか迷いに迷っているところでありますが…)

これからもお世話になりますっ!
posted by 国定勇人 at 17:13| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創業の壁を乗り越えろっ!

IMG_8044.JPG

文化の日に開催された今年最後の“三条マルシェ”。

晴天にも恵まれ、本当に大勢のお客様に足をお運びいただきましたっ!(関連記事はこちら

IMG_8040.JPG

これだけでもありがたいことですが、三条マルシェの持つ力はこれだけに留まるものではありませんっ!

何といっても、化学反応の触媒たる役割が“三条マルシェ”の真骨頂っ!

この触媒としての役割を最大化するため、企画制作会社などには一切関与させず、全てを有志の皆さんとゼロから作り上げております。

出店するハードルも、他地域のどのイベントよりも圧倒的に低いっ!

実際、たまたま来場者○○万人目となった三条マルシェの来場者が、数年後の三条マルシェには出展者側に回っているほどっ!(これ実話です!)

更には出展者が実際の恒久店舗を開店し、創業者になるケースも片手では収まらないっ!

こんな好循環を更に高めていくため、私たち行政も指を咥えているだけではありません。

例えば、創業塾ポンテキア

高い創業率はおろか、圧倒的に低い廃業率で全国水準を遥かに抜きん出ているこの創業塾も、三条マルシェでのチャレンジ出店が相当程度このパフォーマンスを生み出すことに貢献しているのかもしれません。

実際、今年の塾生も確かな手応えを感じている様子でしたしっ!

そんなこんなで、究極の三方良し路線をひた走る“三条マルシェ”ですっ!

来年も引き続きご愛顧いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。
posted by 国定勇人 at 12:47| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

政策自慢合戦

IMG_8007.JPG

十日町市さん、見附市さん、そして当市の3市対抗?の政策自慢合戦。

合戦と言っても順位を決めるのではなく、お互いの政策を知り合って、自らの施策反映へのヒントにしたり、普段はなかなか褒められる機会のない我々がせめて内輪では正々堂々と褒めあおうという趣旨で始めたのがこの取組。

今年ではや8年となります。

しかし、つくづく勉強になりますし、良い刺激を受けます。

こうしたプレゼンを国はもとより(コーディネータとして内閣官房まち・ひと・しごと創生本部からご出席いただいておりますが、それ以外にもという意味です)、県の職員には特に見ていただくべきだと思います。

もちろん、県がやっている政策の自慢が聞ける場があれば、私たちも馳せ参じますので…

何はともあれ、今回の政策自慢合戦に参画された職員の皆様、お疲れ様でした!そして、ありがとうございました!

また、会場準備等ご尽力を頂きました十日町市の皆様に心より感謝を申し上げます。
posted by 国定勇人 at 12:44| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする