2009年06月26日

地方主権

0626愛.jpg

最近、マスコミでは、東国原知事や橋下知事の次期衆議院選挙を巡る動きが取りざたされております。

これについて、今日、記者の方から取材も受けましたので、こちらでも一言書き込みたいと思います。

東国原知事の動きはともかく、橋下知事の首長連合の件ですが、私も、間接的にお誘いをいただきました。

お誘いいただくこと自体、身に余る光栄なのですが、お誘いそのものはお断りを申し上げました。

その理由は2つあります。

1つ目は、広域行政を担う都道府県はともかく、市民に一番身近な存在である市町村の首長は、ある特定の国政レベルの政党に偏るということを避けるべきだと思っているからです。

市民の皆さまには様々な考えがあります。それが市政そのものに直結する話であれば、首長も大いに意見を表明して、議論をすべきと考えますが、イデオロギーをも内包する政党の一つを強く支持することは、住民に身近な行政サービスを公平に提供する立場として、望ましいことではないと考えます。

2つ目は、衆議院選挙を契機に地方主権を実現していこうという首長連合の活動は、首長の枠組みを超えて、既に活動しているからです。

私も参加させていただ入るせんたく≠ェ、まさにこれです。このせんたく≠ヘ議員連合も組織をされていて、自民党・民主党を問わず、超党派の国会議員さんを巻き込んで、地方主権の実現に向けた議論が進んでおります。

市町村長が市政運営を担いつつ、地方主権の実現に向けた活動も行っていくには、絶妙な活動舞台だと感じるのは、私だけでしょうか。

0626研修1.jpg

ただ、衆議院選挙を契機に地方主権を実現していこうという動きが加速していることは、本当に嬉しい限りです。

そうなると、大事になるのは、市役所職員の一層の人材育成。

0626研修2.jpg

一昨日だったでしょうか!?、今年入庁した職員の研修の1つ市政提言≠フプレゼンが行われました。

これは昨年から始めたもので、三条市の具体的な現実的な課題を取り上げ、自分たちだったらどうやって解決するのか≠グループで検討してもらい、発表していただくというもの。

0626研修3.jpg

今年は、市民運動会の提案、よってげ邸の有効活用の提案、が発表されました。

あの場では言いませんでしたが、1年生なのに、よく考えたなぁというのが素直な気持ち(自分はできなかったな…)。

彼らも、何らかの達成感があったはずです。

その気持ちを大事に、三条市発展のため、一緒にがんばっていきましょう!!
posted by 国定勇人 at 17:18| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする