2009年11月24日

天地人(その2)

1124小松シェフと.jpg

三連休の話題の続きを…

新潟館ネスパスで行われたイベント越後三条食と技展≠覗いた後向かったのは、目黒区大橋にあるイタリアンレストランRESTAURANT GUSTO=B

1124厨房.jpg

三条市出身の新進気鋭のオーナーシェフ小松岳史さんのお店です(個人的には、私の通った駒場東邦中学・高校の近くなので、最寄り駅駒場東大前からの道中、不思議な親近感を感じておりました…)。

イタリアンとは殆ど無縁!?の私が何故このお店に向かったのか…

それは、当日、RESTAURANT GUSTO≠ウんを会場にBUONA ESPERIENZA DI SANJO 豊穣の三条−晩秋2009−≠開催したからであります。

1124メイン.jpg

このイベントは、野菜・米・三条縄文どじょうなどの食材はもちろんのこと、牛肉や豚肉に至るまで、ほぼ全ての食材を三条産で取り揃え(あっ、もちろんお酒も…)、それを、三条市出身の新進気鋭のオーナーシェフ小松岳史さんの技によって、食を通じた素晴らしい三条の空間を味わっていただこうというものです

いえ、間違えてしまいました。現実には、素晴らしい燕三条の空間≠ェ正解です。

なぜなら、キッチンツールは三条産品を、カトラリーは燕産品を使っているからです。

つまり、燕三条の食材を、燕三条の道具で、燕三条のシェフによって創られた料理を、燕三条の食器で満喫する≠ニいう切り取られた贅沢な生活空間がオールmade in 燕三条、という企画です。

1124模様.jpg1124模様2.jpg

今回のイベントにご招待させていただいたのは、日本でも有数の料理関係雑誌のライターさんや編集者さん。

既に、小松シェフのお蔭で料理王国≠ナ取り上げられたり、早速当日の様子のご紹介もされております。

1124パスタ.jpg

肝心のイベントの感触ですが…

大変いい評価をいただいたと思っております!!何と言っても、皆さん、最後まで、にこやかに、本当にリラックスして、楽しんでいらっしゃるように感じましたから!!

1124スウィーツ.jpg

これも、ひとえに、小松シェフの圧倒的な実力と信頼、そして、実行委員、生産者、そして営業戦略室職員の情熱のおかげであります。

天地人≠フ原意は天の時は地の利に如かず、地の利は人の和に如かず≠セそうです。

そう意味では、まさに人の情熱の結束が、今回のイベントを実現させ、一定の成功にいざなったのだと思います。

1124花.jpg1124酒.jpg

このイベントに主催者側、招待者側問わず様々な形で携わっていただいた方々、本当にありがとうございました。

そして、何よりも、小松シェフを始めとするグーストスタッフの皆さまに感謝申し上げます。

また、一緒に、やらせてくださいませ!!

(写真がブレていてすいません…)
posted by 国定勇人 at 17:13| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする