2010年03月18日

やっていてよかった!!!

画像 092.jpg

自己啓発としての自分に対しても、市長をやっていて良かった!!≠ニい感じる場面はたくさんあります。

その多くは、市民の皆さまを始めとする人との出会い≠ノよるものです。

今日も、ここ数ヶ月と言っても決して大袈裟ではない市長をやっていて良かった!!≠ニ思える人との出会い≠ェありました。

その人≠ニは、四日町小学校6年1組の子どもたち、とりわけ、その縁を作ってくれたM君です。

そして、その縁とは、市長と話そう≠テーマにしたふれあいトークです。

そこでは、市長の仕事、今までで何が難しかったか、子どものとき1日何時間勉強したか、中1にあがるのに不安があるがどうやって克服すればいいか、などなど…

本当に色々な意見交換ができたのですが、とにかく良かった!!!です。

画像 046.jpg

何が良かったって、具体的に言い始めればキリがないのですが、あの子たちの真直ぐな目線、真剣な表情、真面目な応対に、三条の無限の可能性を担う人材の芽がここにいるんだ≠ニいう希望の光、安堵感を逆にいただきました(もちろん、彼らに引き継いでいくためにも、しっかりとやっていかなかきゃっていう気持ちにもさせてもらいました!!)。

と書いても、何のことか分からないかもしれませんね。

そんな殆どの方に1つエピソードを。

ふれあいトークは、リンク先に記載のとおり、申込み制です。そこで、今回のふれあいトーク、発案から申込み、段取りの設定まで、M君が中心となって子どもたちだけでやったそうです!!!(まさか申込みまで!?と思って、担当の広報広聴係に聞いたら、本当にM君からの連絡があったそうです!!!)

6年生だった自分と比較すると…

M君をはじめ6年1組の子どもたちの爪の垢を煎じて飲みたい気分です…

今のような、真直ぐな生き方をしてくださいね!!!

10年、20年先が楽しみです!!!

そして、子どもたちに全てを任せてくれた、そんな素晴らしい環境を作ってくださった教頭先生、担任の先生に感謝感謝ですっ!!!



先日書き込んだことに、遠く話された三木市のどうぶつのつぶや記≠ウんから感想をいただきました。

これもICTの為せる技ですね。
posted by 国定勇人 at 13:04| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする