2011年11月10日

TPP賛成?反対?

1110夕焼け.JPG

今日は定例記者会見。幾つかの話題を提供しましたが、その後の質疑は、世間を賑わせているTPP協議への参加の是非について、集中することに…

基本は国政レベルで取り組む課題なので、コメントする立場にもないのですが、乏しい情報と貧しい知識の範疇での個人的見解を申し上げました。そんなこんなで、拙ブログでも、書き込みたくなった次第です…

私は、一言で立場を明らかにすれば、TPP参加については、“条件付き賛成”です。

現時点でのTPP参加表明国だけを考えれば、事実上の日米間のEPAにもなぞらえる指摘のとおりの状況だと思いますが、環太平洋を視野に入れているTPPの本来持っている将来性を考えれば、貿易によってようやく安定的経済成長を確保している我が国としては、次世代の国際市場の枠組みづくり・ルール作りに、初期段階から参画している方が得策ですし、極言すれば、国際市場を無視しての我が国の経済運営など、我が国の持っているあらゆる資源を鑑みても、成り立ちえないわけですから、そこから逃れる道を画策すること自体が不思議です。

こんな書き方をすれば、最近のマスコミ論調からすると、“だったら、お前は日本の農業が壊滅状態に陥ってもいいのか!?”とのご指摘をいただくこと必至なわけです。

もちろん、私は、日本の農業が壊滅状態に陥ることを望んではいませんし、今回の水害を経験して、いかに中山間地域の小規模農家によって、我が国の保全が保たれているのかを痛いほど味わいましたし、だからこそ、農業の大規模化一辺倒の議論には、懐疑的ですし、国土保全のためにも、中小農家の存続が死活問題であることに何ら疑いを持たない人間の1人であります。

こんな書き方をすると、益々多くの方から、“詭弁を弄すなっ!!!TPP参加=農業基盤の崩壊じゃないかっ!!!論理矛盾なことを言うなっ!!!立場をはっきりしろ、立場をっ!!!”との厳しい叱責が飛んできそうです…

でも、そうではないのです。私が考えるに、TPP参加と農業基盤の維持存続はトレードオフ、二律背反の関係ではないと思うのです。

我が国における農業基盤の維持存続は、TPP参加の是非の議論とは関係なく、取り組まなければならない喫緊の課題です。

我が国のような物価水準において、農業基盤の維持存続を、農家に対する更なる財政支援措置なくして実現するのは不可能な状況に陥っていることは、自明の理といっていいでしょう。TPP参加は、そうした傾向をより鮮明にすることを後押しするに過ぎないと言ってもいいと思います。

これが、冒頭申し上げた“条件”です。

考えてみれば、欧米は、現行の国際市場のスキームを作り上げるに当たり、とりわけ農業分野については、我が国とは比較にならない規模での農家に対する所得政策を既に揃えているのです。

我が国も、そもそも不十分であった農家に対する大胆な所得政策、それでも不十分であれば価格政策と組み合わせた農業基盤の確保のための農業政策を、TPP参加を機会として、実行に移すべきです。

これは、くどいようですが、TPP参加の是非論とは関係なく、実行に移さなければならないことは、現在の農業従事者の高齢化、後継者不足を鑑みれば、云わずもがなの理屈だと思います。

そして、これもくどいようですが、この農業政策を実行すべきかどうかは、TPP参加の議論とは必ずしもリンクしない中立的なものです。何故ならば、これらの政策は外交政策ではなく、純粋な国内政策であるからです。

つまり、TPP参加の是非論と農業基盤の確保のための農業政策の実行如何はトレードオフの関係になく、両者は共存できる関係なのです。

農業生産者だって、やみくもに反対しているわけではないと思っています。TPP加盟後に当然のことながら起こるであろう農業基盤崩壊の危機を、いかに政府が“あらかじめ”手当をするのかを明らかにしないために、不安に感じていることなのだと思っています。

子ども手当を増額する財源があるのであれば、その是非論の検討をするだけの財政的体力があるのであれば、これらの農業政策を実行するべきですし、少なくとも、現段階においては、その青写真を明らかにすべきです。

報道を見ると、4次補正の中で、農業への配慮をするような政府関係者の発言もあるようですが、本末転倒。財務省が笑うだけです。

しっかりと来年度当初予算に、しっかりと位置付け、恒常的な政策とするべきです。

今回は、農業分野についてに特化しましたが、医療分野などなど懸念される分野についても、然りです。TPPとそれらがトレードオフの関係にあるかのような論調から、そろそろ脱却し、マイナス面を払拭し、プラス面を大きく伸ばしていく(そんな提案をしているつもりですが…)、そんな“まっとうな”議論が国政レベルにおいて進むことを強く期待しております。
posted by 国定勇人 at 19:23| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする