2015年09月10日

今見ているソレからできますよっ!

ブログ用画像国勢調査.jpg

今日の定例記者会見(関連記事はこちら)。

全てが皆さんに伝えたいことばかりなのですが、その中でも最も知っていただきたいことがあるとすれば、それは…

ズバリ、国勢調査っ!

今朝、全ての皆さまのお手元に、統計調査員の方々が“平成27年国勢調査インターネット回答の利用案内”という封書をお届けさせていただいたかと思いますが、それを面倒臭がらずに、どうか封を切ってくださいませっ!(ここを面倒臭がったら、後々もっと面倒なことになりますっ!)

中を開けると、IDとパスワードが記載されている紙が出てくると思います。

その紙を手にして、今ご覧頂いている、その携帯端末から国勢調査のホームページに直ちにアクセスしてくださいませ(私は、当該ホームページに、検索エンジンから“国勢調査”のキーワードで辿り着きました)。

その後は、案内に従い、操作・記入をすれば、ものの5分で終了っ!…のはずでございます(少なくとも私はそうでした)。

でも、何故、私が国勢調査のことを熱心に掻き口説いているか!?ですって?

それは…

国勢調査は国民を始め日本に住んでいる全ての人が回答しなければならない悉皆調査であって、これをご覧頂いている人の何人たりとも逃れられないからです。

そして、このインターネット回答の方が圧倒的に楽チンだからです。

このインターネット回答による方法は今日から10日間、今月20日までが期限なのですが、この期限を過ぎてしまいますと、統計調査員の方々が少なくとも2度、お宅にお邪魔することとなります。そして、その間に、パソコンや携帯生活で慣れなくなったペンを持ち出し、ひたすら記入しなければなくなるのです。

ね!?ゾッとするでしょ!?

そして…三条市長としては、ここからが本音なのですが…

皆さんのご協力が統計調査員の皆さまの負担を少しでも軽くすることに繋がるからなのです。

私たち1人ひとりの生活スタイル、価値観が多様化する中、年々、統計調査員の皆さまの調査事務が難航を極めるようになっております。そんな中、善意のお気持ちでご協力いただいている統計調査員のご苦労を少しでも和らげたい…それが私のたっての願いなのです。

でも、よくよく考えれば、インターネット回答をすれば、記入する我々も助かる、そして、調査事務に従事されている統計調査員も助かる。みんなうまく纏まるというわけです。

ということで…

このたびの国勢調査、インターネットによる回答に是非ともご協力を!
posted by 国定勇人 at 15:02| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする