2015年09月11日

自分たちにできること。(追記)

14419461680000.jpg

午前11時50分、緊急消防援助隊として、消防隊員5名を茨城県常総市に派遣しました(関連記事はこちら)。

新潟県で三条市が唯一所有している後方支援車で現地に入ります。

ちなみに、7.13水害の陣頭指揮を執っていた方(ここまで迂遠な言い方をしなくてもいいか…前市長のことです)から伺ったことなのですが、この緊急消防援助隊制度が発足して最初の適用災害が三条市を始めとする7.13水害だったそうです。

訓示の際、派遣される消防隊員に、“およそ10年で2度の水害を経験した三条市の消防隊員として、被災された方々の気持ちに寄り添って災害対応に当たってほしい”と申し上げたのですが、併せて、“緊急消防援助隊として最初にお世話になった三条市としてご恩返しするつもりで”ということも申し添えたいと思います。

14419461885191.jpg

三条市では、にいがた災害ボランティアネットワークの皆さんからも既に災害対応支援に当たっていただいているようです(関連記事はこちら)。

的確かつ迅速な対応に、心から感謝申し上げます。

私たち自身は、災害時相互応援協定のお付合いの中で要請を受けた給水車の派遣、それに先立っての当市のミネラルウォーター“千年悠水”の提供を新たに行うこととなりました。

引き続き、“困ったときはお互いさま”の精神で、今回の広域災害対応に臨んでいきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 13:53| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする