2015年09月11日

自分たちにできること。(再追記)

14419539755110.jpg

先ほど、災害時応援協定を結んでいる南会津町さんに向け、三条市のミネラルウォーター“千年悠水”を最大積載量ギリギリまで積み込んだ先遣隊を出発させました。

南会津町さんからの打診を受けての、やや見切り発車的な措置です。

救援物資については、被災地域のニーズと支援しようとする我々とのミスマッチが往々にして起こりやすい分野で、被災経験のある私たちとしては、被災地からの具体的要請がない限り、“だろう”的発想での救援物資支援は控えるようにしております(ニーズのない救援物資を送っても、ただでさえ災害従事でオーバーフローしている被災市町村職員の負担を徒に増やすという皮肉な結果(しかも笑えない事態)に陥るだけですから…)。

14419540090491.jpg

それにしても、こういうときに、未だ国道289号線八十里越が開通していないのは、本当に歯痒いっ!

南会津町さんは福島県に所在するとはいえ、国道289号線八十里越が開通すれば、三条市のお隣である只見町さんの東隣にしか過ぎない、まさに“隣近所”の間柄なのです。

実際、南会津町さんとは、国道289号線全線の道路建設促進期成同盟会の副会長同士の間柄でもあり、町長さんとも何度もお会いしている、まさに“ご近所さんのお付合い”を既にしているのですから…

でも、こういう一大事にあっても、エッチラオッチラと、六十里越を迂回して向かわなければならない…

国土交通省長岡国道事務所さんには最大限(以上に)取り組んでいただいているので、これ以上どうすることもできないことは頭では理解できるのですが、気持ち、感情の上では、心底、一日も早く開通してほしいと願うばかりです。
posted by 国定勇人 at 16:08| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする