2015年09月18日

若い力の持つチカラ

14425373318766.jpg

昨日の国体壮行会で、“若い力”を歌いながら、“やっぱり若い力が必要だよな〜、まちの活性化のためにもっ!”としみじみ感じておりました。

なんで、そんなことに想いを馳せていたのか…

原因はハッキリしているのです。

それは、先週末に開催された三条マルシェ

午後は雨に祟られてしまったので、全体としての来場者数はあまり伸びなかったようですが、私がお邪魔した午前中は、相も変わらずの大盛況っ!(関連記事はこちら

14425371482710.jpg

でも、“若い力”の強みを感じたのは、その全体的な盛況感ではなく…

高校生の新たな展開が陸続と始まっていることっ!

これまでも、三条商業高校商業クラブの皆さんや新潟県央工業高校の皆さんがブースを構え、活動を展開されておりますが、今回はそれに加え、三条商業高校さんから新たに2つのグループが新規参入っ!

14425372182082.jpg

これは本当に嬉しい限りですよね。

当日の予報は雨ということもあり、老舗株の商業クラブのいかパンも、そして新規参入組のFullty(ケーキ店「ビアンポポロ」さんとのコラボ商品を引っ提げて新規参入していただきました)も、午前中には完売という、高校生らしからぬ、石橋を叩いて渡る、まさに商業の王道を歩む優等生っぷりを発揮(!?)しておりましたが、それでも、若い高校生がブースを構え、必死になって、しかも楽しみながら売り込みをしている、その姿を見るだけで、華やかさ、賑やかさを感じてしまうのですから、不思議なものであります。

14425371795161.jpg

これまでも何度か紹介したとおり、まちの活性化、再生などのイノベーションを図るためには、“若者”“バカ者”“よそ者”の力が必要であると、再三再四言われているところでありますが、彼ら彼女らの頑張る姿を見て、それを見た私の心にじんわりと気持ちのいい感情が広がる実感を得て、益々それが真理であることの確信を覚えます。

そして、それらの力を大事にしつつ進めてきたこれまでのやり方に間違いはなかったのだと、気持ちを再整理することもできました。

14425372639494.jpg

でも、まだまだ、やらなければならないことが山ほどあります。

例えば…

私たちのまちの最高学府は、今のところ、彼ら彼女らの通う高等学校です。

ですから、高校卒業後の進学先をこの地で見出すことのできない彼ら彼女らは、市外に、県外に、出て行くほかありません。

たとえ、彼ら彼女らが“この地に留まろうっ!”と決意しても…

14425372485213.jpg

若い力をこのまちのエネルギーに転換していくためには、今の、最高学府が高等学校のままという環境では不十分です。

この地を愛し、この地に根を下ろし、この地で積極的に生きていきたいと願っているためにも、彼ら彼女らの高校卒業後の選択肢をこの地にも設ける必要があるのだと思うのです。

そういう観点からも、看護系高等教育機関と実学系ものづくり大学の実現はやはり必要っ!

14425372959465.jpg

いつの日か、三条商業高校や新潟県央工業高校のブースの隣に、これらの大学(や専門学校)のブースが並び、三条マルシェが、そして街そのものが賑わいをより進化させ、その賑わいの中を少し覗くと、ブース出展した高校生が隣の大学生(や専門学校生)に憧れを持ち、“自分も先輩のところに進学して、この地に根を張って生きていこう”と心に想いを定め、この地を選択していく…

そんなプラスの相互作用を生み出していきたいと思いますし、生み出していきます。
posted by 国定勇人 at 10:46| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする