2015年10月26日

2年連続受賞っ!

IMG_4922.jpg

さて、今月初旬のことになりますが、“全国産業観光フォーラム”が燕三条地域で開催されました。

しかも、全国各地から700名もの関係者の参加をいただく形でっ!(関連記事はこちら

IMG_5028.jpg

恥ずかしながら、ほんの数年前まで、私たちは“観光”とは無縁の地域だと思っておりました。

でも、自分たちの地域ならではの資源を見出し、磨き上げ、この地域を知らない方々にも分かるようにデザインすれば、それが即ち観光になるのだっ!ということに気付き、ここ数年間、この点を意識した取組を展開してまいりました。

その姿が関係者の目に留まり、こんなに早い段階で、全国規模のフォーラムを開催することができるなんてっ!

今でもなお、驚きを禁じえません。

IMG_5072.jpg

私たちの地域ならではの資源とは、改めて申し上げるまでもなく、“ものづくり”です。

ですから、括りでいえば、なるほど“産業観光”に該当することとなるのですが、私たちは、これまでイメージされてきた“産業観光”とは一線を画してきたつもりです。

例えば、“工場(こうじょう)”ではなく“工場(こうば)”で(重厚長大な産業の施設規模ではなく、町工場の施設規模で)。

例えば、“過去”ではなく“現在”で(産業遺産ではなく、生産現場で)。

といった風に…

IMG_4987.jpg

こうした我々の取組を、“これこそ、(他地域に容易に援用可能な)真の意味での産業観光”だと評価いただき、産業観光フォーラムの開催を強く薦めてくださったのが、日本観光振興協会のCさんでした。

Cさんの期待に応えるためにも、我々の地域で開催する意義を追及する必要がありました。

その思考過程を経て出された結論が“燕三条工場の祭典”との同時開催。

お蔭様で、多くの来場者に、私たちの目指す“産業観光”とは何か!?を体感していただき、共感していただけたような気がしております。

ちなみに…

昨年の“全国産業観光フォーラム”で、この“燕三条工場の祭典”が経済産業大臣賞を受賞いたしましたが、今年のフォーラムでは、私どもの“秘境八十里越体感バス”が観光庁長官賞に選ばれましたっ!

開催地(の片割れ)でありながら、2年連続の受賞だなんて…

恐縮に思いつつも…

嬉しくて堪らないっ!

もはや、産業観光の先進地ですなっ!(言い過ぎかっ!)

でも、他人様から評価されることはやっぱり嬉しいっ!

見ている人は見ているのですねっ!

これを機に、益々、燕三条地域の発信に磨きをかけていきたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 14:00| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする