2015年12月07日

香港小景@

14494714798780.jpg

香港出張で折角撮り溜めたものを、公務に直結するものでなければ使わないということでは、いかにもモッタイナイ…というわけで、香港小景シリーズを暫くの間立ち上げ、公務報告の合間に埋めていきたいと思います。

まずは、“香港に行くとなれば、国定はここだけは万難を排して行くに違いない”と私を知る全ての皆さんが思ったであろうアノ場所のことを…

そうです。

飲茶です。

14494753717440.jpg

こちら蓮香楼は、昔ながらのワゴン式飲茶で有名な場所。

朝10時過ぎというのに、これだけの混雑っぷり。

死なない程度に中国語を話せる私は何とかなりましたが、新たな蒸篭が詰まれたワゴンが現れる度に、黒山の人だかりになるのですから、中国語の話せない観光客は大変だろうな…

とか、

何度か香港に訪れたことのある私は何とかなりましたが、飲茶の基本的な注文ルールを知らない人は、これだけ多くの地元客を前にして、何一つ食べられずに撤退を余儀なくされるのだろうな…

とか、

やや上から目線で、勝手に心配をしておりましたが…

14494805233440.jpg

実際見回してみると、かなりのお客さんが中国語を使わずに、ジェスチャーだけで次々に欲しいものを手にしておりました。

そして、何よりも驚いたのが…

中国語を駆使している地元らしき方々も、実は観光客(恐らく中国本土からの観光客…)で、手前勝手な行動を極少数の地元客と店員さんに手厳しく正されるという現実…

というわけで、見た感じは地元のお客さんで賑わっているかのような風景となっておりますが、それは正確な情報ではありませんっ!

というわけで、香港に旅行される皆さん。

どうか安心して足をお運び下さいませ。

中国語を話しているお客さんも、話せないお客さんも、このお店からしてみれば、(私と同じように)等しく基本的な注文ルールを知らない一元さんであることには変わりませんからっ!(しかも、お店側もそこは十分に心得ており、むしろ、そうした一元さんによって経営が支えられていることを認識している節さえあるようですので、重ねてご安心のほどを!)
posted by 国定勇人 at 18:52| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする