2016年01月09日

正月の思ひ出

14523085063076.jpg

正月早々、不覚にも体調を崩してしまい、今日は終日、自宅療養であります…

そんなわけで、布団の中から、ブログ更新を…

大変申し訳ございませんが、私の暇つぶしに、しばしお付き合いくださいませ…

今日のネタは、この三連休を越してしまうと、完全に旧聞に属してしまう実家での初詣にしようと思います。

向かう先は、江ノ島。日本三大弁財天の1つ、江島神社がある初詣の人気スポットでもあります。

まずは、実家から徒歩にて湘南モノレールの最寄り駅、湘南町屋へ。

この駅に辿り着くまで、何度も何度も、こうした美しい富士山を眺める場所があるので、長い道のりも苦になりません(ご存知の方も多くいらっしゃると思いますが、鎌倉は、バス以外の公共交通機関は極めて貧弱で(だからこそ、閑静な住宅街が維持できているのですが…)、この最寄り駅までも歩くこと20分はかかります)。

14523083929533.jpg

湘南モノレールに乗ることわずか10分ほどで、終着駅の湘南江ノ島に到着します。

江ノ島へは徒歩で渡ります(歩道に掲示されていた江戸の浮世絵を見ると、浮世絵によっては砂洲が江ノ島と繋がっていて、そこを人々が行き交っている様子も描かれているのですね。繋がっていない浮世絵があるので、昔から汐の干満によって、人々が行き交っていたのでしょうか…)。

14523084775095.jpg

砂洲の真ん中からも、見事な富士山を拝むことができます。

これだけでも江ノ島に来た甲斐があるというものです。

14523083191931.jpg

江ノ島の名物といえば、海の幸をその場で食べられること。

寺泊の海のアメ横と同じですよね。

14523083529992.jpg

全てが江ノ島価格なので、なかなか手が出ませんが、大浅利をいただきました。

でも…

こうした外来種が主力商品になっていることに、複雑な思いを正直抱いてしまいます…

14523084432824.jpg

そして、行きついた頂上からの眺望は絶景そのもの。

“今年もいい年になるぞっ!”と心底思わせてくれるクリアな景色が広がります。

14523113669260.jpg

でも…

正月の江ノ島の最大のネックは、参拝客があまりにも多く、その参拝客を受け入れる道路インフラがあまりも貧弱であるということ。

江ノ島に入るには、江島神社に参拝するためには、すべからくこの狭い参道を経なければなりません。

ということで、こんな状態に…

わずか200メートルを抜けるのに、何十分もかかります…

これがなければ、おススメできるのですがね…

ということで、初詣のお裾分けでした。
posted by 国定勇人 at 13:21| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする