2016年01月15日

思えば遠くへ来たものだ…

14528358937772.jpg

子ども記者の話題の際に少し触れましたが、今年も、三連休の真ん中に、消防出初式を挙行しました。

消防出初式も、ここ数年で、市役所前での消防車両パレード、五十嵐川での一斉放水訓練、消防本部での消火訓練及び記念式典という4点セットが確立されましたが、その定着に伴い、とりわけ消防本部での消火訓練を見学される市民の皆さんの数が目に見える形で増えてきているように思います。

暖冬とはいえ、三条の冬ですから、それ相応に寒いわけですが、それでも多くの方々に足を運んでいただけることは大変ありがたいことですし、消防職団員の励みにもなります。

本当にありがとうございます。

14528358009371.jpg

さて…

多くの皆さまに足を運んでいただいた消防本部でありますが、昨年の出初式にはなかった施設がお目見えしております。

それが訓練塔。

消防職員が日々消火訓練、救助訓練をする施設で、高層建物と低層建物を想定した2つの施設から構成されております。

従来、三条市の訓練塔は、鉄パイプで組み立てたような貧弱なものだったのですが、“これではなかなか日々の訓練が行き届かない”という担当部局からの要望を受けて、昨年度一新したものであります。

一新したせいかどうかは分かりませんが、第二産業道路から普段訓練に励んでいる消防職員の姿を見ていると、以前の訓練塔時代以上に溌剌としているように見えるのですから、不思議なものですよね…

14528357566270.jpg

考えてみれば、この消防本部も市長就任以来8年で少しずつではありますが、徐々に充実してきたように思います。

大型消防車両の格納庫、訓練場兼駐車場の舗装化…

そもそもの消防車両の充実…

毎年毎年の予算ではなかなか変化が見えづらいかもしれませんが、比較的長い時間軸で比べてみると、随分と変化していることに気付きます。

ただ今、来年度予算編成真っ只中でありますが、短期的に物事を捉えるのではなく、中長期的観点から俯瞰した上でのあるべき姿を引き続き、模索したいと思います。
posted by 国定勇人 at 15:27| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする