2016年04月08日

結局、人の繋がりが全て。

IMG_8176.JPG

これまでシリーズ化して(!?)、“ステージえんがわ”“三条スパイス研究所”の話題を続けてまいりましたが、結局のところ、人の繋がりが全てなのですよね。

特に、これらの舞台装置のきっかけとなったスマートウェルネス三条の本質を捉えれば捉えるほど、この政策を実現させるのに不可欠な、“1人でも多くの方々の気持ちに訴え、1人でも多くの方々に共感していただき、1人でも多くの方々の助けを借り、1人でも多くの方々の気持ちを動かし、1人でも多くの方々の行動変容を実現する”、という壮大な歯車を回す(回し始める)には、ほかでもない1人ひとりの力に頼るほかないことに気付かされたのですよね。

ですから、“ステージえんがわ”や“三条スパイス研究所”に関するプロジェクトには、ハード整備はもちろんのこと、この舞台の演目となる大小様々なソフトに至るまで、従来の政策以上に本当に多くの方々の手助けが必要でしたし、その手助けの“量”“ボリューム”(敢えて“質”とは申し上げません)の多寡がプロジェクトの成否を分けるものであることを意識して進めて来なければなりませんでした。

幸い、これまで、本当に数多くの“気持ちいい”人々に恵まれ、スタートを切ることができました。

そういう意味では、本プロジェクトの本質であるスマートウェルネスシティ的観点からも、その幕開けは申し分なく順調だったと思います。

でも、全てはここから始まります。

“ステージえんがわ”“三条スパイス研究所”が人々の気持ちの拠りどころであり続けることができるように、本プロジェクトに携わっていただいている全ての皆さんとともに、頑張っていきたいと思います。

さぁ、図らずも(!?)、巻き込まれてしまった皆さんっ!

そういうわけでありますっ!

ここは覚悟を決めて、“明るく、楽しく、元気よく”気長に進んでいきましょうっ!
posted by 国定勇人 at 14:02| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする