2016年04月11日

スピンオフ企画@三条マルシェ

14603353117791.jpg

昨日は、私の市政報告会に、大勢の皆さまから足をお運びいただきました。

田んぼ仕事、集落行事、各団体のイベントなどなどが重なり、これまでの市政報告会でも群を抜いて“その日はちょうど予定が…”“その日は集落の寄合いに顔を出さなければいけなくて…”との連絡をいただいていたので、ご来場いただける方々の数だけに限っては、ある程度覚悟をしていたのですが、蓋を開けてみますと、会場いっぱいの皆さまから足をお運びいただきました。

本当に、本当に、ありがとうございます。

日程を差し繰りいただき、ご来場いただいた皆様のエールを胸に、そのご期待を裏切ることのないよう、引き続き、精一杯市政発展のために尽くしてまいりますので、宜しくお願い申し上げます。

14603353480552.jpg

さて、そんな様々に重なった行事の1つに、本年度最初となる“三条マルシェ”がありました。

こちらの方は、私の市政報告会とは異なり、蓋を開けてみるまでは分からないという頼りない状況とは異なり、昨年までと同様、本当に多くの皆さまに足をお運びいただいておりました。

ここまで来ると、堂々たる風格さえ感じますよね。

14603353773933.jpg

それでも、胡坐を掻いた瞬間、お客様には見透かされ、あっという間に求心力を失ってしまうのは世の常であります。

そのためには、原点を見失うことなく、それでも、その原点が紡ぎ出した世界観に奥行き、広がりを与えるような新たな挑戦をし続けなければなりません。

そうした宿命から、三条マルシェといえども逃れることはできないのです。

でも、昨日の三条マルシェを眺める限りでは、そうした心配も杞憂だったのかもしれません。

14603354026014.jpg

その安心材料とはなったのが例えばこちら。

いつも三条マルシェの会場として提供いただいている東別院さんが企画した“お坊さんと巡る7つの謎ツアー”です。

まぁ、言ってみれば、三条マルシェに便乗したスピンオフ企画ですなっ!(笑)

14603354299155.jpg

で…

興味本位で参加してみたのですが、実に面白かった!

14603354807307.jpg

あまり書いてしまいますとネタバレしてしまいますので、中身そのものは控えなければなりませんが、このツアー全体から醸し出される雰囲気が何ともいいのですっ!

お坊さんらしくないようで、お坊さんらしいような解説であったり…

手慣れていない、素人的な感じに見えて、実は相当練られている構成であったり…

朴訥さを全面に出しているような印象を与えつつ、実は笑いを狙いに行っているコンビネーションだったり…

14603355335989.jpg

それでもなお、トリビア感満載で、知的好奇心も満たされるコンテンツであったり…

14603355054888.jpg

更に申し上げれば、これらをトータルで評すれば、“何となくマルシェっぽい!”のですよね。

こうした感想を抱かせるまでに持っていくのがスゴイっ!

14603355546800.jpg

もちろん、“ただでは転ばない”三条マルシェの精神もまた、このツアーは持っておりました。

このツアーの最後に辿り着いたのは、宋偏流のお茶会だったのであります…

スゴイな、御坊さまっ!

この精神に、脱帽であります…

14603354553926.jpg

(写真は本堂から眺めた本寺小路。実は、この何気ない光景にも、トリビアがあるのですが、分かりましか?知りたい方は、次回開催されるであろうツアーにご参加くださいませっ!)
posted by 国定勇人 at 12:31| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする