2016年04月19日

牛タン発祥の地

14610235005780.jpg

青森への経由地は仙台。

仙台も5年前、東日本大震災で大きな被害を受けた地ですが、パッと見では“ここであの大震災があったのか”と思うくらいの日常の世界が広がっておりました。

今回の熊本地震で被災した各地域も何とか力を結集して、この仙台のような日常を取り戻していただきたいと思います。

私たちも、その前段の前段に当たる避難生活への支援を逐次展開しているところですが、昨日も申し上げましたとおり、改めて纏めて書き記したいと思います。

さて…

仙台といえば、牛タン。

折角、仙台で牛タンを食べるのだから…というわけで、牛タン発祥の地“味太助”に向かいました。

メニューに“1.5人前(4切れ)”とあり、“少なっ!”と思っていたのですが、他の牛タン店とは異なり、1切れのサイズが圧倒的に大きかったのですね!

それとこれもこだわりなのでしょうか、他の牛タン店では普通に提供されているとろろがない…

テールスープととろろと麦飯が牛タンには付くものと思い込んでいる私には、若干物足りなさを感じましたが、発祥の店が“出さない!”と言っているのですから、それを尊重しようではありませんか。

ということで、当然の完食であります。

本当に美味しかった!

(ただ単に牛タンが食べたかっただけですが、“これも震災復興支援だ”と自分に言い聞かせ、食べるという行為に無理矢理意味を持たせようとする自分がイヤになります…)という心の呟きは敢えて披露せずに(!!!)、皆さんも仙台に立ち寄ったときには、牛タンを是非っ!
posted by 国定勇人 at 09:16| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする