2016年04月21日

ダムツーリズムを考える会、発足。

14612065039711.jpg

というわけで、“ダムツーリズムを考える会”発足記念シンポジウムに参加するため、青森県にある西目屋村さんにお邪魔してまいりました。

西目屋村さんといえば、世界遺産として登録された白神山地のお膝元として有名なのですが、他方で、これまで長年活躍してきた目屋ダムの更新&機能強化を図る目的で建設を進めてきた津軽ダムをも、白神山地に並ぶ観光資源に育てていこうということで、関村長さんが“ダムツーリズム”を推進されております。

と、ここまでであれば、それぞれの市町村の独自政策という枠組みで終わってしまうところなのですが、ここから先が関村長さんの慧眼が光るところでありまして、“他のダムツーリズムを行っている市町村との情報共有と連携を図っていこう”と、そのプラットフォーム作りに着手されたのであります。

14612064449630.jpg

で…

たまたま昨年度から、“笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー”を取り組み始めた三条市にもお声掛けをいただき、“ダムツーリズムを考える会”の仲間に入れさせていただき、発足記念シンポジウムに参加したというわけであります(関村長さん、私に加え、横手市の高橋市長さんの3人という堂々たる布陣での発足でありますがっ!)。

14612065930933.jpg

しかし、“ダムツーリズム”のシンポジウムに、これだけの方々が参加されるとはっ!

500名を超える方々に、足をお運びいただくとは…

比較することが間違っているとは思いますが、会場となった西目屋村さんの人口が1,500名であることを考えても、この規模の大きさを実感していただけると思います。

もちろん関村長さんの働き掛けによるところが大きいとは思いますが、それでも動員だけでは集まらない規模だと思います。

“ダムツーリズム”に寄せる期待の大きさの表れでもあるのでしょうね。

本当に、本当に、驚きであります(ちなみに、わざわざ三条からも足をお運びいただきた方がいらっしゃったのですから、それもまた驚きでありましたっ!)。

IMG_8207.JPG

驚きついでといえば…

この世に、“ダムマニア”“ダムライター”という肩書きがあったのですねっ!

う〜ん、深すぎる…

でも、おかげさまで、これまで探り当てることのできたかった“ダムマニア”、しかもその中心的存在である宮島咲さんという大金脈に辿り着くことができました。

これで(宮島さんからのアドバイスを拝聴し、実行することで)、今年のツアーのお客様の層が更に深くなるかもっ!

というわけで、今年の“笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー”も、乞うご期待っ!(“秘境八十里越体感バス”ともども、宜しくお願い申し上げます)

14612065506712.jpg

(ちなみに、この津軽ダムの放流は、100年に一度の確率で訪れるかどうかの貴重なものなのだそうです。尤も、これが実際に使われるというのは、水害発生の可能性が飛躍的に高まっていることを直ちに意味するので、避けなければならないのですが、平和な日和での放流は圧巻ですっ!)
posted by 国定勇人 at 11:55| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする