2016年04月22日

【不連続シリーズ】うんめもん探訪

14612978826961.jpg

全く別の話題を書こうと思っていたのですが、三条近辺のらーめんに関して個人的に大変ショッキングな告白を受けたので、急遽予定を変更し、愛するらーめんに敬意を表して、らーめんに関する話題にしたいと思います(皆さまからしてみたら、どうでもいい事情説明で申し訳ございません…しかし、いつか触れたいと思いますが、燕三条地域界隈のらーめん好きな方々からすると、相当ショッキングな話だと思います…)。

今回、生涯初めて足を踏み入れた青森県ですが、青森といえば、何と言ってもリンゴっ!ではなく、津軽らーめんであります。

津軽らーめんといえば、今流行の煮干しをふんだんに使ったスープが特徴で、その源流と言ってもいいのではないでしょうか…

そんな津軽らーめんですが、更に、濃厚系とあっさり系に大別されます。

というわけで、その二大系統を弘前市内でそれぞれ味わってきました!

まずは、濃厚系の雄“たかはし中華そば”さん。

まぁ、見るからに濃厚なのですが、表面に浮いているのは背脂ではなく、煮干しっ!

しかも、近年東京で流行している濃厚煮干しとは一線を画して、そこまで荒々しくないので、見た目とは裏腹にスッキリとした味わいです。

東京の濃厚煮干しはエグミでさえ前面に出すくらいなことを考えると、今となっては万人受けする味と言ってもいいでしょう。

14612978434170.jpg

翌日に訪れたのは“まる鐡二代目”さん。

あっさり系を出すお店のようなので訪れました。

訪れた時刻は14時過ぎだというのに、満席っ!

これは弘前市内でも相当な人気店なのでしょうね。

で、出てきた一杯がこちら。

スープの表面に一切の脂が浮いていないクリアなスープ。

香りも上品な煮干が漂い、全体的に優しい味に仕上がっています。

津軽らーめん、美味しいですなぁ…

なんで、この津軽らーめんがアレンジされない形で東京を始めとする他県に流れ出ないのかが不思議でなりません。

燕三条には煮干しをベースにした背脂らーめんもありますし、変なアレンジを加えていないお店が新潟に上陸したら、かなり人気が出ると思うのですがっ!
posted by 国定勇人 at 13:39| 新潟 🌁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする