2016年04月28日

下田郷移住計画、加速中!

14617996023660.jpg

八十里越を挟んで自然首都・只見に向き合っているのは、三条市の下田郷。

この下田郷を舞台に複層的な移住計画を展開しているのですが、そうしたプロジェクトの1つがまたも立ち上がりました。

その名も滞在型職業訓練施設“しただ塾”。

まぁ言ってみれば、移住先進地である徳島県にある神山町の完全パクリでありますが、大変ありがたいことに、プレ開講にも関わらず、横浜市から2名の将来有望な若者が飛び込んできてくれましたっ!

本当にありがたいですねっ!

昨年度から受け入れを開始した地域起こし協力隊久松農園さんと組んでの新規就農プロジェクト、そして、今回の“しただ塾”と、急速に形を整えつつあります。

これに加え、かれらの当面の出口であるNPO法人ソーシャルファーム三条の立ち上げ、バイオマス発電所の建設と、“なりわい”の整備も少しずつ進んでおりますし、もう少ししたら、もっとどデカいプロジェクトをご報告できるかもしれません。

自然首都・只見と同様、下田郷の行く末にも注視していただけると幸いです。

14617997214621.jpg

さて、この“しただ塾”の特別講義ということで、この塾の場となる旧荒沢小学校の教室でお話をさせていただいたのですが、さすがに、小学校の机と椅子に座っている大人を前にお話しするのは違和感がありすぎっ!

でも、いい経験となりましたっ!
posted by 国定勇人 at 13:20| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする