2016年05月16日

まちの風情を如何にせむ…

14633687727770.jpg

昨日は、三条祭り。

日程が土日に重なったこともあって、大勢の方々が楽しまれました(関連記事はこちら)。

我が家の前も、“これほどまでに通過するかっ!”というくらいの自転車の車列が途切れることがありませんでした。

さて、写真は、その1週間前に開催された“三条マルシェ”の様子。

昨日と同様、こちらも天候に恵まれ、本当に多くの皆さまに足をお運びいただきました(関連記事はこちら)。

14633686523360.jpg

そんな中で、嬉しかったのがこちら。

そうっ!

落書きです。

そういうエリアを作ったのですが、子ども達が夢中になって描いているのを見ていると、何だかホッコリとした気持ちになります。

思い返せば、若い頃…

私も、神保町や三崎町、西神田界隈で、道路に白墨で何やら書いてはゲームをしていました。

14633688103671.jpg

そうした道路を始めとする都市空間と日常生活が完全に一致していた時代に完全に戻ることはできませんが、その努力をし続けていくことが、街を維持していくことなのだと思います。

三条市も、ようやくその萌芽が見えるようになってきましたが、まだまだ道半ば…

より一層精進していきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 12:35| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする