2016年06月09日

まぐろどんぶり瀬川といえば…

14654417858593.jpg

先ほどご紹介した店は“まぐろどんぶり瀬川”なのですが、このお店って、改めて調べてみると、かつて交差点のところにあったお店が移転したみたいなのですね。

何でこんなことを書いたかというと、この漬けマグロ丼を食べたときに、昔食べたような気がしたなぁ…と思ったからなのです。

これで合点が行きました。

というのも、昔ドイツ人(!!!)に連れられて(朝、叩き起こされて)、何度か食べに来たことがあったのです。

大学時代、1年間、中国に留学した私は、その分卒業年次も遅れてしまい、帰国後は寂しいキャンパスライフを送っていたのですが、そのときの唯一の大学の友人がドイツから留学できていたクリスチャンという男で、いつもつるんでいました。

彼は、ディープなエリアが大好きで、門前仲町のオヤジしかいかないような居酒屋とか、この朝しか営業していないマグロの店とかに私を連れ回しては、“日本人は何でこんなスゴイお店に注目せずに、ヨーロッパを真似たようなところばかりに行くんだ!?”とぼやいていたのであります。

果たして、時代は巡って、こうしたお店が評価される時を迎えました。

今の状況を彼はどう感じているのでしょうか?

でも、それを聞く術を持ち合わせておりません…

彼の結婚の仲人(!?)もしたのですが、奥さんとドイツに帰国してから、音信不通になってしまったものですから…

きっと、故郷のケルンでバリバリ働いているのでしょうね。

とまぁ、少しばかり感傷的になったので、ブログを更新してみました…
posted by 国定勇人 at 17:36| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする