2016年06月14日

この列車、乗らない手はないと思います。

IMG_8170.JPG

“この列車、乗らない手はないと思います。”をタイトルにしましたが、“この列車”とは何か?

そうです。

自分たちのまちを活性化するための具体的なプログラムを満載した列車のことです。

先日開催された“2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合”の総会で(会長という立場なので自画自賛っぽく聞こえると思いますが)、そのように確信しました。

来年2月から(少なくとも)2020年のオリンピック・パラリンピック東京大会開催まで1日も欠かさず開催し、われわれの誇る有形無形の地域資産を次から次へと繰り出す“旅する新虎マーケット”プロジェクト1つ取っただけでも、十分に首長連合の正会員になる価値がありますっ!

それだけではありません。

今回の総会では、我が国の三大経済団体である経団連、日商・東商、経済同友会が一体となって組成された“オリンピック・パラリンピック等経済界協議会”さんから、我々首長連合とタッグを組み、数十にも上るハードプロジェクト、ソフトプロジェクトを少なくとも今後4年間展開させてほしいとの具体的な提案をいただきました。

しかも、世界のトヨタを始め、幹事を構成する我が国を代表する企業各社の役員クラスの皆さまが一堂揃い踏みで自ら出席し、プレゼンするという、熱の入れようを以ってしてです。

もちろん、我々に異論はありません。

このプロジェクトのたった1つに参画するだけでも、正会員になるための年会費を遥かに上回る数十倍、数百倍のベネフィットがあると断言致します。

会長という立場ではなく、一介の首長として、これだけのビッグプロジェクトにただ乗り同然に参画できる首長連合に入らない理由が見当たりません。

しかも、国のバックアップもほぼ保障されておりますしっ!

現在350の市町村長にご加入いただいている本首長連合でありますが、ここまで来たら、あと150くらいの上積みは実現したいですねっ!

多くの市町村長さんの即断即決に期待したいと思いますっ!

IMG_8174.JPG

今ほどご紹介した“旅する新虎マーケット”ですが、その世界観のイメージが沸きやすいように、今年9月下旬に2日間限定で、プレイベントを開催することとしました。

百聞は一見に如かず。

是非とも、その目で確かめてくださいませっ!



それにしても、事務局を東京に移してから、連携組織の応援も得て、動きが飛躍的に加速したように思います。

この事務局に、職員を派遣していただいた菰野町さん、村上市さん、弥彦村さんの英断に、心から感謝したいと思います。それから、陰に陽に支えていただいているM野さんにもっ!
posted by 国定勇人 at 12:42| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする