2016年06月23日

高校生って、こんな感じ?

IMG_8164.JPG

今朝、米国ワシントン州のレスリング選抜の高校生が県央工業高校レスリング部の高校生と親善試合するため来条されるということで、表敬訪問を受けました。

レスリングの州選抜選手だけあって、しかもアメリカ人なのでどれだけゴツイ若者が来るのだろうか…と、内心戦々恐々としていたのですが、実際に会ってみると、確かに筋肉は逞しいものの、ゴツイっ!という印象からはほど遠く、日本人の高校生と同じかどうか…というくらいの感じでした。

実際、握手してみても、手の大きさは私の方がむしろ大きいくらいで、しかも柔らかいっ!

でも、レスリングはしなやかさも求められる競技なので、筋肉の質も柔らかくないといけないのかもしれません。

IMG_8167.JPG

加えて驚いたのが、みんなとっても素直な好青年だったということ。

彼らが私との面談で唯一望んだことは“2ショットで一緒に写真を撮りたい!”というものっ!

こんなオッサンと写真を撮っても何の記念にもならないと思うのですが、それでも、それを望んでくれることは本当に嬉しいっ!

もちろん、喜んで応じました。

で、驚いたことの極めつけが、写真アプリを駆使して、彼らと私の顔を犬や猫風にしたり、或いはお互いの顔をチェンジしたりして、楽しんでいることっ!

だって、オッサンと高校生とはいえレスリングをしている、そうは言ってもゴツイ、しかも男子選手の2ショットですよっ!

自分の高校生のときって、こんなに無邪気だったかなぁ…

あっ!

これ、懐疑的に書いているのでもなく、批判的に書いているのではありませんよ。

このギャップが微笑ましかったし、嬉しかったのです。

ワシントン州だから高校生も擦れていないのかな?

久々に素直な好青年を見た感じがしました。

今の日本の高校生もこんな感じなのかな?

近いうちに、意識的に男子高校生に接触してみたいと思います。
posted by 国定勇人 at 12:43| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする