2016年09月21日

もはや神技

14744321575852.jpg

今日は、“燕三条工場の祭典”実行委員長と一緒に社会科見学。

世界で認められている道心斎正行の玄翁鍛冶工房です。

14744322037473.jpg

まぁ、とにかく圧倒されます。

ものを生み出すエネルギーとはこれほどまでに神々しいものなのかと…

古来日本人の技への追求心はかくも神懸かっていたものかと…

それを今日見ることのできる奇跡がいかに貴重で荘厳なものであるのかと…

具体的に説明することの陳腐さをこれほどまでに感じることはありません。

14744319500340.jpg

日本の技の極致は“神業”と表現されますが、この何世代にも亘る日本人のたゆまぬ努力と探究心の結晶を体得した神のような領域は言葉では決して伝わらない…五感で感じるしかないのです。

ありがたいことに、神の手、神の感覚を持つ正行さんから、“燕三条工場の祭典”への参加を受諾いただきました。

今年は間に合わないかもしれませんが、来年には必ず…

この神々しい世界を是非体感してみてくださいませ。

14744321050251.jpg

もちろん、“燕三条工場の祭典”は今年も開催いたしますっ!

今年の“燕三条工場の祭典”は、“耕場の祭典”“購場の祭典”という2大スピンオフ企画付きっ!

これまでご覧になった方も、まだ足を踏み入れたことのない方も、是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 13:52| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする