2016年10月11日

工場の祭典ロス…

14761547590681.jpg

何なんだ、この喪失感は!?

本当に大勢の方々に足をお運びいただいた“燕三条工場の祭典”が幕を閉じ、再び日常が訪れたここ一両日…

行く前から楽しみにしていた旅行が終わってしまったような、楽しかった夏休みが終わって2学期のつまらない授業が始まってしまったような、あのブルーな感じ…

非日常性が濃縮された4日間だったからこそ、この喪失感が凄まじい…

でも、それだけ、“燕三条工場の祭典”が成功し、多くの方々の心に強烈に刺さったということなのかもしれませんね。

14761547125130.jpg

三条市長としては今後、この“燕三条工場の祭典”の成果報告を待たなくてはなりません。

これまで何度も申し上げているとおり、“燕三条工場の祭典”の成果は来場者数の多寡ではなく、どれだけ面白い、驚愕するような、或いはほのぼのとする、そして何よりも、ものづくりに愛のあるストーリーの1つひとつをどれだけ拾い束ねることができるかどうかに懸かっております。

特に今年は、このイベントのためだけに南アフリカから来た2人組のような、外国ネタがほしいところっ!

集まり次第、皆様にも紹介しますねっ!

14761547936792.jpg

いずれにしても、皆様方のお蔭で、何とか最後まで“燕三条工場の祭典”らしく、このイベントを終えることができました。

では…

来年再び工場の扉が開くそのときまでっ!

さようならっ!(何か閉会イベントがほしいな…来場者も気軽に集えるような…来年の実行委員会の皆さん、ちょっと考えましょう!)

14761548217883.jpg

(写真は野崎忠五郎商店さんの工場の扉が開いた様子。こういうドデカ系も涎が出ましたなっ!)
posted by 国定勇人 at 12:02| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする