2016年10月11日

縁の下の力持ち*サークルのノリ*愛=燕三条工場の祭典

14761617892992.jpg

それにしても、“燕三条工場の祭典”が開催された4日間至るところでゲリラ的にレセプションが行われたり、スピンオフ企画が行われたりと、正直なところ、誰も全体像を把握していないのではなかろうか…と嬉しくも邪推してしまうくらいに、市内各所から歓喜の花火が打ち上がり続きました。

でも、こんなことが一度に実現できるのも、実行委員会の皆さんはもちろんのこと、“燕三条工場の祭典”のファンとして熱心に、企画、運営、情報発信などなどに携わってくださる、いわゆる縁の下の力持ちの皆さんのお力添えがあってこそのことっ!

普段、そんな縁の下の力持ちの彼ら彼女らは表舞台の影に深く潜行しているのですが、“燕三条工場の祭典”の素晴らしいところは、多くの仲間がそれぞれの仲間を優しく温かくいつも見守っていて、支えあっていることっ!

14761617326420.jpg

そんな根底に流れる思いやりが時折、形になって浮上することがあります。

しかも、大学サークルのようなハチャメチャな形でっ!

私が今回目にしたのは、三条ものづくり学校で行われた初日の公式レセプションでのこと…

私も一介の参加者として楽しんでいたら、“このレセプション会場で、ハッピーバースディのサプライズ企画をするから、市長も歌を歌ってくれないか?”との無茶振り(!?)が…

聞いてみたら、“燕三条工場の祭典”の初回から熱を入れて情報発信に努めてくださっているHOW INC.さんMK女史の誕生日をサプライズで祝っちゃおうとのことでしたっ!

いや〜、盛り上がったし、面白かったな〜!!!

でも、何よりも本人が感動してくれたのが本当に良かったっ!!!

こういうことでしか恩返しできないから、ハッピーバースデイを歌えて、僕がハッピーでした!

14761617497351.jpg

ちなみに…

彼女へのプレゼントは、特別に包装されたインスタントラーメンだったのですが、このインスタントラーメンを運んできた岡持ちが相当有名なフォトグラファーだそうでっ!

話を伺うと、東京での仕事の合間に三条に来たので、岡持ちの格好のまま新幹線に飛び乗り、このサプライズが終わった後、再び岡持ち姿で東京にトンボ帰りするとのことっ!(三条での滞在時間、わずか2時間程度だったのでしょうか…)

どこまで徹底して遊んでいるのかっ!

こういうノリ、大好きですっ!

こうした雰囲気が“燕三条工場の祭典”に無限の可能性を感じさせるのかもしれませんね。

こうした素晴らしい方々に囲まれて、燕三条地域は本当に幸せ者ですっ!
posted by 国定勇人 at 14:20| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする