2016年11月04日

子どもの学校から大人の学校へ

14782306663900.jpg

2年前、長い歴史に幕を閉じた荒沢小学校。

毎日聞こえていた子ども達の声はなくなりましたが、声のトーンを変えながら(!?)、再び活気を取り戻しつつあります。

その主人公となる声の主は、若者と青年、そして気持ちと情熱が若者の皆さんっ!!!

地域起こし協力隊の活動拠点として、その活動範囲はアメーバの如く増殖中っ!

例えば、“サッカー合宿を誘致するんだっ!”と夢を語っていた彼ら彼女らは、僅か1年でその夢を現実化してしまい、その後陸続として参加してくる地域起こし協力隊には、ついに元Jリーガーまでが参加するまでにっ!

そして、今回、滞在型職業訓練施設“しただ塾”が本開講し、また新たな“若者、ばか者、よそ者”が旧荒沢小学校校舎に加わることとなりました。

それにしても、彼らのバイタリティ、創造力、実現力、地域を巻き込む力はハンパないっ!

地域起こし協力隊制度を導入した当時(当時といってもまだ2年目っ!)には、全く想像していなかった事象が化学反応のように起こり続けている現実を目の当たりにし、自分の想像力の欠如を恥ずかしく思うとともに、彼らの活躍ぶりを本当に誇りに思います。

しただ塾受講生の皆さんっ!

これからの厳しい冬を経験しながらの4ヶ月が始まりますが、多くの仲間、地域の皆さんに思いっきり甘えて楽しく過ごしてくださいっ!

下田郷は、皆さんの不安を必ず溶かし、受け入れ、離すことはないでしょうっ!
posted by 国定勇人 at 12:57| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする