2016年11月18日

モノ消費からコト消費へ

14794432611580.jpg

では、燕三条製品をどのように成都、重慶で売っていけばいいのか…

これはもう既に解が出ているような気がしております。

先述したとおり、中国人の価値観、嗜好、消費性向は日進月歩の勢いで変化してきております。

具体的には、モノ消費からコト消費へ、急速に舵を切り始めております(少なくとも、私達が入り込むべき高付加価値市場においては…)。

そして、このモノ消費からコト消費へという転換は…

今まさに我々が低価格競争から脱却すべく模索している方向感と軌を一にしているものではありませんかっ!

つまり、中国の(高付加価値型)消費市場の消費性向は完全に日本に追い付いているのです(正直申し上げれば、抜かれつつあるかも…)。

14792714790900.jpg

さて…

再び舞台を先述の成都イトーヨーカ堂さんに移したいと思います(ちなみに、イトーヨーカ堂さんは成都で7店舗運営されております)。

ここが成都イトーヨーカ堂さんの真骨頂だと思っているのですが、成都住民の消費性向がモノ消費からコト消費へと大きく舵を切っていることを敏感に捉え、既に3階フロアの一角を大改修っ!

東京に本社のあるABCcookingStudioさんを中心に据え、その隣にちゃっかりと包丁メーカのヘンケルスが居座り、消費の流れを生み出しております(ヘンケルスの売り場自身も毎日午後、随時ワークショップを実施しているそうなので余計に相乗効果が期待されます)。

これは見事ですね。

実際に伺ってみると、客足、売上げとも、我々の想像をはるかに上回る実績を既に積み上げておりました。

しかし、これは…

我々がちょうど来年、ABCcookingStudioさんとシンガポールで企画しようとしていたものとクリソツ…(クリソツ自身が古いかっ!)

でも、これが万国共通の流れであることを確信することのできた一幕でしたっ!(負け惜しみっ!)

詳細は避けますが、こんな感じで(もちろん大事なプラスアルファがあるのですが、それはもう暫くの企業秘密ということで…)、これから中国市場に再挑戦していきたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 14:38| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする