2017年02月21日

来たれ、素直で肉食な技術系!

IMG_9868.JPG

先日、パネリストとして登壇させていただいた“インフラメンテナンス連携シンポジウムin新潟”。

自分としてはインフラ周りで何も特徴的な取組などしていないと思っていたので、どれだけ来場者に満足いただける内容を話すことができたのか疑問ではありましたが、包括的民間委託やインフラツーリズムなどは周囲からはなかなか珍しい取組だったようで、シンポジウム終了後も意外にも多くの参加者からお声を掛けていただけたので、何とかギリギリ役目を果たせたのではないかと思っております。

それにしても、予想外に大勢の来場者でした…

肝心のシンポジウムの中身については、新潟日報さんで3月に記事化されるとのことでしたので、ご関心の方はお目通しいただければ幸いです。

IMG_9869.JPG

さて…

このシンポジウムの楽屋トークで、たまたま技術系職員の採用となり、三条市がお蔭様で事務系は競争率が県内自治体(県庁を含む)の中でもダントツでトップである反面、技術系は僅か数人しか受験していただけないという厳しい現実を思わず愚痴ってしまいました…

そこで浮かんだのは、技術系人材は、新潟県内の国、県、市町村のいずれもが厳しいことはもとより、民間もその確保が大変難しいという厳しい現実…

技術系については、特に新卒人材については、今でも中央志向なのだそうです…

でも、そこで提案されたのが中途採用を積極的に行うべしっ!というもの。

技術系人材は、一定のノウハウを手に入れた段階で、新たな挑戦に立ち向かう傾向があるというのですっ!

それは、まさに我々が発足するところの肉食系そのものではありませんかっ!

というわけで…

まだ募集要項は固めておりませんが、“来たれ、素直で肉食な技術系!”。

私たちも中途採用市場に投網を入れていきますっ!
posted by 国定勇人 at 16:11| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする