2017年04月05日

求めるものは一緒だね!

IMG_0340.JPG

引き続き、オリパラ首長連合の取組の紹介を…

皆さんは、“オリンピック・パラリンピック等経済界協議会”という我々同様なが〜い名称の団体をご存知ですか?

この協議会は、名前が我々と似ているのと同じように活動目的や内容も酷似しており、個々の企業としてではなく企業群として社会貢献を通じて2020年の東京オリパラの機運を盛り立てていこうという団体で、注目すべきはその参加企業っ!

経団連、経済同友会、日商・東商が基本的には加盟…

って、日本の大企業は全て網羅されているではありませんかっ!(会長がトヨタ自動車の豊田社長であることからも納得ではありますが…)

でも、平たくいえば、行政版の我々首長連合に対して、企業版の経済界協議会ということで、云わば対等の関係っ!ということで、昨年度から徐々に連携を深めてまいりました。

IMG_0345.JPG

そんな中、連携の見える化第一弾と云うべき取組が汐留のビル群の一角を借りて、先月末展開された“汐留・新橋 企業合同物産展NIPPON市(温泉・日本酒編)”というイベント。

これは、取組の企画立案、運営は経済界協議会が、その取組に装填すべき具体的なコンテンツの提供は我々首長連合が行うという、典型的な“餅は餅屋”の、理想的なWIN−WIN関係の下に実現できた云わばモデルケースともいうべきチャレンジでした。

IMG_0350.JPG

個人的には、終業時間後でなければ人出が少ないのではないのか…と多少心配していたのですが、ご覧のとおりの人で溢れ返っておりました。

ちなみに、終業時間後は通り抜けができないほどの混雑ぶりだったようです…

やはり、温泉(瀬波温泉、伊豆長岡温泉から源泉を搬送した足湯)とお酒(村上市さん、今治市さん、伊豆の国市さん、呉市さん、気仙沼市さん、姫路市さん、佐久市さんの自慢の逸品)、そしてゆるキャラは全国共通のキラーコンテンツなのですね。

IMG_0353.JPG

経済界協議会さんとは今後とも二人三脚で、オリパラの機運情勢、地域活性化のアブハチを両方獲りに行きたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 11:03| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする