2017年04月24日

グダグダの極致…

IMG_0479.JPG

富永草野病院で先週土曜日に行われたロビーコンサートには、本当に大勢の皆様にお集まりいただき、本当にありがとうございました。

聞くところによると、会場に入りきれず、ガラス越しに聴いておられた方々も大勢いらっしゃったようで、恐縮に感じると同時に、ただただ感謝申し上げるばかりでございます。

皆様には、チェロとピアノの奏でる優雅なひと時を満喫できたのではないかと思っております、私の余興時間以外は…

私としては、ほんの箸休めの余興のつもりで、出演を安請合いしてしまったのですが、正直なところ、あそこまでグダグダになるとは想像だにしておりませんでした…(直前に、緊張のあまり師匠と“敵前逃亡しましょうか?”と謀議していたのですが、あのときそれを実行すれば良かったな…)

それでも最後までお付き合いいただき、お耳を汚し不快な思いまでさせてしまったのに拍手までしていただいた皆様がまさに仏のように感じました。

そして、このような恥ずかしい姿を晒す私を必死になってサポートしていただいた師匠にも心から感謝申し上げたいと思います。

“こいつはこんなんで良く人前で演奏できるな?”と哀れみのお気持ちを含めて全てのご来場いただいた方々に思われているのは百も承知なのですが、自分でもああなるとは予想も付きませんでしたので…(まさに地獄の2分半でした…)

本当に、穴があったら入りたい…

音楽を舐めてはいけませんっ!(子供たちも大人の皆さんもよく発表会で演じきれるなぁと痛切に感じました…)

折角の素晴らしい場を汚してしまったことを寛容のお気持ちで受け止めていただければ幸いです。

それにしても、ジャイアンって凄いな。僕があのときジャイアンだったら、あれだけグダグダの演奏を終えても、多くのお客様の前で歌えて意気揚々と気持ちよく今を過ごしているのでしょうから…

写真は、家内の書いたケンオードットコムさんのパーティの様子。いつになったら、佐藤さんに近づけるようになるのだろうか…(って、あれだけグダグダでも、ギターを続けるのか!?って言わないでくださいね…)
posted by 国定勇人 at 12:09| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする