2017年05月23日

小路の魅力

IMG_0829.JPG

ドキドキの英語プレゼンを終えて、三条に戻ってまいりました。

このときの様子は改めてご報告することとして、ギター披露&英語プレゼンという今年上半期最大の“できることならば避けて通りたい”苦行(!?)をその成否は別として終えることができました…

さて…

そんな脱力感満載の今日(もちろん仕事はしっかりとしております…)、撮り貯めた写真を眺めていると、GW前後から全くと言っていいほど、その関係のブログを更新していないことに気づきました…

ということで、遅ればせながらの更新をし始めたいと思います…

まずは、GW最終日に開催された三条マルシェ

IMG_0836.JPG

天候にも恵まれ、これまで同様、大勢のお客様から足をお運びいただきました(関連記事はこちら)。

県央工業高校からの参加も含め、これまで同様、関係者の熱意と努力による手作り感が共感を呼び続けているのだなぁと改めて感じたところでありますが、でも三条マルシェは“これまで同様、何も変わらず”継続しているのではないということを強調しなければなりません。

IMG_0843.JPG

今回、一見何も変わらないように思われがちな三条マルシェなのですが、実はこれまでにない大きなチャレンジがあります。

それは、“商店街だけでなく小路を含めた「面」に会場を広げた”ということ。

これまでも何度か申し上げてきているとおり、三条のまんなかの際立った特徴の1つに“小路”があります。

網の目のように張り巡らされた小路の数々…

これこそが私たちの都市空間のアイデンティティと言っても過言ではありません。

今回、刷新された実行委員会のメンバーは、このまちが持つ圧倒的な強みともいうべき“小路”に着目し、これを自然な形で回遊していただくような仕掛けを随所に用意してくださいました。

このさりげなさはさすがですね。

先回の市長選の初日に触れさせていただいた“春木屋理論(変わらぬために変わるという荻窪の老舗ラーメン店のモットー)”を地で行く姿なだけに、余計共感を覚えました。

次回の三条マルシェは、今年最大級のマルシェだそうですっ!

こちらも、ご期待くださいませ。
posted by 国定勇人 at 11:17| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする