2017年05月29日

自衛隊は心も癒す

IMG_1027.JPG

先週末、三条市自衛隊父兄会の全面的なご協力を頂いて、海上自衛隊東京音楽隊をお招きし、コンサートを開催しました。

海上自衛隊東京音楽隊といえば、オリンピックや世界陸上など国家レベルのイベントで演奏するほか、海外の公式行事にも招聘され演奏するなど、まさに我が国を代表するブラスバンドであります。

また、東日本大震災発生後においては“海自の歌姫”としてマスコミに取り上げられ献身的な活動を展開された自衛隊初の歌手採用である三宅由佳莉さんが配属されていることでも有名であります。

とまあ、これだけ実力も名声もダントツのバンドの演奏を無料で(自衛隊音楽隊の演奏活動は基本的には無料なのだそうです!)聴けるわけですので、1500席はあっという間に埋まり、抽選を余儀なくされるほどっ!

そんな中、大変恐縮ですが、私は主催者という立場で至福のひと時を過ごすことができました。

アンコールを入れて都合2時間っ!

圧倒されっぱなしの贅沢な2時間となりました。

先ほども申し上げたとおり、あれだけの実力と名声を誇り、国内外で忙しく活動を展開されている海上自衛隊東京音楽隊の招致に向け、事実上汗を掻いていただいた三条市自衛隊父兄会の皆様、自衛隊新潟地方協力本部様同加茂地域事務所の皆様に心から感謝申し上げます。

本当にありがとうございましたっ!



と同時に、時節柄、少し気になったことが…

今回の会場は燕三条地場産業振興センターの多目的ホールだったのですが、このホールは音楽専用ではないので、折角の素晴らしい演奏なのに、やはり音が散っちゃう傾向があるような…

いいバンドなだけに、やはり音は大事ですね。

益々、体育文化新複合施設のホールでの音響の重要性を再認識をしました。

職員一同、この音へのこだわりを十分に持ちながら、設計、建築に臨んでいきたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 10:26| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする