2017年06月14日

東京五輪*下田郷=¥2020?

IMG_1183.JPG

下田地域で活動している地域おこし協力隊を始めとするソーシャルファーム三条チームがまたまたユニークな試みを始めましたっ!(関連記事はこちら

事業の骨格は“地元下田産のサツマイモを使った芋焼酎をつくる”という至ってシンプルなものなのですが、ここで終わらないのがソーシャルファーム三条の底力っ!

私は、彼らの活動の底流にある基本コンセプトが“多くの仲間を巻き込んで(社会的な)何かに貢献する”と勝手に捉えているのですが、今回のプロジェクトもこの王道から外れることなく、まずはプロジェクトの資金調達段階から仲間を集うべく、クラウドファンディングの手法を取り入れました。

資金調達後、彼らが仕掛けたのはネーミング。

彼らは、新たに生み出される芋焼酎の名前を“五輪峠”としました。

実は、この“五輪峠”というのがネーミングの妙だと思っていて、私は少なくとも、このネーミングを聞いたとき、“ん?何で「五輪峠」?他に地名がたくさんあるのに、なんでわざわざこの地名を選んだの?”と違和感を覚えました。というのも、下田郷に“五輪峠”という地名が実際にあって、我々三条に、とりわけ下田郷に住まう人々にとっては、“数多ある地名の1つ”に過ぎないからです。

でも、三条以外の方々にしてみると、“五輪峠”というネーミングで連想するものは全く違うと思います。

そうです。“五輪峠=五輪=オリンピック”と自然に繋がるのです。

この地名に着目するとは、さすが地域おこし協力隊っ!外の目を活かす役割を見事に果たしてくれています(他方、私も不肖移住者の一人なのですが、この連想に繋がりませんでした…嬉しいやら、寂しいやら…)

でも、彼らの仕掛けはもちろんネーミングだけには留まりません。

価格を2020円(!!!)に設定し、このうちの一部をパラリンピックの支援に役立てるというのですっ!!!

これで、本プロジェクトにおいても、彼らの王道が見事に完成ですっ!

今シーズンの製造は、お蔭様でほぼ完売しましたが、来シーズンからも引き続き、パラリンピック支援を含めてご愛顧いただければと思います(本プロジェクトメンバーが私を表敬訪問して下さった記事はこちら。こちらもお目通しいただければ幸いです)。
posted by 国定勇人 at 12:29| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする