2017年07月04日

このままの峠を越えればいいのですが…

IMG_1543.JPG

本日午前2時過ぎに再び、避難準備・高齢者等避難開始を発令しました(個人的には、これまでの“避難準備情報”の方が“発令する”との関係でギリギリ日本語として成立していた気がするのですが(現在の呼称では既に意味が繋がらない)…でも、避難準備情報制度を導入していた当時、違和感を同様に、これも直に慣れてくるのでしょうね…)。

真夜中での発令は初めてのことでもあり、心情としては躊躇する自分がいたことは否めない事実ですが、“水害サミット”の“災害時にトップがなすべきこと”に背中を押され、決断しました。

真夜中のサイレンやエリアメールにビックリし、不快な思いをされたり、“大袈裟な…”と思われたりした方も多くいらっしゃったと思いますが、昨日の避難準備・高齢者等避難開始の発令後、幾つかの場所で土砂崩れが発生していたことを考えると、ある程度やむを得ない措置であったのではないか…と受け止めていただければ幸いです。

この後、降雨はしばらく小康状態を続けますが、山沿いの土砂は確実に水分含有量が増え続けております。

山沿いにお住まいの方々におかれましては、今しばらく警戒を続けていただければと存じます。

というわけで、私どもも、今しばらく、この体制を維持し続けたいと思います(それにしても、消防団の皆様の連日の活動には、本当に頭が下がります。皆様のお蔭で、三条の安全が守られているのだなぁ…と、つくづく感じます。災害対応体制がしばらく継続しますが、引き続き宜しくお願いします。それから…連日、徹夜体制で従事している職員の皆さんにも、感謝申し上げます)。
posted by 国定勇人 at 06:08| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする