2017年08月28日

将棋の世界でも!

IMG_2394.JPG

今秋、三条で初めて竜王戦が開催されることはお伝えしているとおりなのですが、このご縁をいただくこととなった将棋の駒を製作している竹風駒の大竹さんご兄弟の解説と実演に触れる機会が先日ありました。

将棋を嗜んでおられる方であればご存知かと思いますが、将棋の駒は天童ということでは必ずしもないらしく、三条で長年に亘って駒製作に携わっている竹風駒もプロ棋士から一目を置かれている存在のようです。

IMG_2396.JPG

残念ながら、伝統ある竹風駒も大竹さんご兄弟の代で長い歴史に幕を閉じるとのこと。

個人的にも、行政的にも、極めて残念ですし、何とか後継者が生み出されやすい環境をと思っているのですが、駒の材料の選定から加工までに少なくとも5年を要すること、材の選定から乾燥技術、切削技術、彫刻技術、漆の盛付け技術に至るまで様々な技術が求められることを鑑みれば、大竹さんの思いも分からない訳ではありません。

いずれにしても、とっておきの凄技を目にしていただく機会を大竹さんの協力を仰ぎながら何とか作っていきたいと思っておりますので、楽しみにしていて下さいませ!
posted by 国定勇人 at 12:03| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする