2017年09月11日

君はダムツーリズムを知っているか!?

IMG_2465.JPG

皆さん、ダムツーリズムをご存知ですか?

ダムツーリズムとは、ダムという巨大な社会インフラを観光を通じて、ダム機能というダムが本来果たす直接的な効果以外のところでも、地域の付加価値づくりに活用しようっ!ということもので、全国各地で少しずつ始まっている新しい観光のカタチの1つです。

私たち三条市も、インフラツーリズム(ダムツーリズムもこの中に含まれます)の一環として、笠堀ダムの堰堤嵩上げ工事期間中限定ツアー“笠堀ダム特別見学と大谷ダム探訪ツアー”を一昨年から始めているのですが、こうしたダムツーリズム取組の機運を少しでも盛り立てようと、“ダムツーリズムを考える首長の会”が昨年発足致しました。

現在、そのメンバーは少数精鋭の3名っ!

でも、気概だけは一騎当千っ!

というわけで、今年は、同志である高橋市長さんの秋田県横手市さんを会場としてシンポジウムを開催し、この週末、同じくメンバーである青森県西目屋村長さん、そしてスペシャルゲストとして横手市さんの上流域に位置する東成瀬村長さんとともに、事例発表&パネルディスカッションに臨んでまいりましたっ!

各事例発表の中で驚いたのが、本年度から始めた西目屋村さんの水陸両用バスの人気ぶりっ!

生憎の渇水で運行の一部を中止せざるを得なくなったそうなのですが、そのキャンセル数が7,000人だそうです。もちろん、村長さんは“申し訳ない…”と頭を下げていらっしゃいましたが、そもそもそれだけの応募があったことに驚きです。

今回のパネルディスカッションでは、元オフコースのドラマーだった大間ジローさんにも加わっていただいたのですが、大自然を背景とするダムを舞台とする環境と音楽との融合の可能性など、将来に繋がる有意義なディスカッションができたと思っております。

ダムツーリズムを始めとするインフラツーリズムには、まだまだ伸びしろがあるっ!というのが私の持論です。もっとメンバーを増やして、全国の事例を貪欲に吸収していきたいと思います(個人的には、沖縄県やんばる三村で盛んなダム湖プラスその直上流に位置する源流域を舞台とするカヌー&川遊び体験に可能性を感じているのですが、この国頭村、大宜味村、東村の各村長さんに加入していただけないかな!?と思っているのですが、如何でしょうか…)。



私は中学生のとき、オフコースのファンでした。

それなので、大間ジローさんにお会いできたことは光栄でしたし、ご本人を目の前に相当緊張したのですが、そうした思いをいかに伝えても、ご本人にはなかなか信じてもらえず…

でも、恐れ多くて写真1つお願いできなかったところに、私の言っていたことが本当であったことを感じていただければと思います…(だからといって、高橋市長さん、関村長さんとの3ショットが恐れ多くないというわけでもありませんが…(嘘)ちなみに、このかまくらは本物ですっ!通年マイナス10℃に設定されていて、暑さしのぎには打ってつけ!)

個人的にも、貴重な体験となりましたっ!
posted by 国定勇人 at 12:46| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする