2017年09月13日

鍛冶で繋がる

IMG_2448.JPG

皆さんは、田部長右衛門家をご存知ですか?

室町時代から栄えた出雲の地方豪族(歴史的には、こういう表現で宜しいのではと思い、勝手ながらこのように表現させていただきました)であります。

私自身、浅学菲才の故、どれほど精通しているわけでもありませんが、かつては“たたら製鉄”(もののけ姫の世界ですね)という、技術、資材、人材を組織化しなければ成立したなかった一大事業を束ね率いた名家であり、その組織力を以って、その後数百年間、営々と続く栄光の歴史の中で、様々な産業を育てながら、出雲の繁栄に寄与してきました。

もちろん、三条との関係では、その主幹産業である“たたら製鉄”を通じて長らく繋がっており、その流れを汲む(と思われる)安来鋼は今でも三条の金属加工産業を中心とする産業界と密接な関係を有しているほどであります(ここはまだ諸説あるようですが、三条市に程近い出雲崎港も、恐らく玉鋼など出雲との交易における越後側の陸揚げ港だったのではという話を以前伺ったことがあります)。

ただ、この田部長右衛門家が他の歴史上の名家と一線を画しているのは、今でもなお、島根県の政財界に大きな影響力を誇示する(もちろん当の本人達は言わないのだと思いますが…)、我が国全体を眺めても極めて稀な“過去から途絶えることなく”“繁栄を維持したまま”“現代を生きる”名家なのです(私の知識では全く伝わらないと思いますので、こちらこちらこちらをご覧くださいませ)。

そして…

大変光栄なことに、先日、その田部長右衛門家の25代当主(もちろん長右衛門さん)が私の執務室を訪ねて下さったのでありますっ!

先日の徳川宗家の徳川家広さんといい、本当に恵まれております。

お互い時間がない中での面会となりましたが、鍛冶を通じて出雲との新たな展開が期待できる実りある会談となりました。

次の次のたたら製鉄再現の場には、三条市内の鍛冶関係者と一緒に訪問させていただき、その際にお話させていていただいた幾つかのプロジェクトを前に動かしていきたいと思います。



仲介していただいた、やはり奈良の老舗“中川政七商店”の社長で先日13代を襲名された中川政七さん、ありがとうございましたっ!

また、楽しい仕事を始めましょうね!
posted by 国定勇人 at 11:48| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする