2017年11月02日

下田郷といえば…

IMG_3061.JPG

先日、八十里越の向こう側である只見町で行われた両地域商工会共催の八十里越交流事業の資料の中にあった、先般福島民報にスクープされた(!?)八十里越開通見通しに関する記事を改めて拝読したとき、“時空を超えて再び両地域は繋がるのだなぁ…”と感慨深い気持ちになりました。

あと10年、あと10年と言われて半世紀強…

記事の正確性は置いておくとしても、ようやく開通が現実の視野に入ってきたことを実感することができました。

100年近い時空を超えて再び繋がる両地域がいかにスムーズに、かつてのような広く深い関係を構築していくのか…

今を生きる私たちの責務であります。

行政サイドとしても、既に立ち上がった両市町のプラットフォームを軸に、現実的な検討を深めてまいりたいと思います。

ところで、来年は戊辰150年という大きな節目を迎えます。

過去を振り返り、新しきを知る絶好のチャンスでもあります。

この点でも、私たちに何ができるのか…深掘りしていきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 15:10| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする