2018年03月16日

ブレイクスルーをいかにせむ…

IMG_4585.JPG

先日、ステージえんがわで行われた“観光地域づくりにおける食の未来シンポジウム”。

ゲストとして王理恵さんをお招きしたということもあってか、平日の夜にも関わらず、本当に多くの方々にお集まりいただきました(関連記事はこちら)。

シンポジウムでは、フードツーリズムを中心に話が進められ、王さんからは“燕三条畑の朝カフェなど、既に先駆的に取り組んでいたのが驚きだ”とのお褒めのお言葉を頂戴したのですが、実はこの褒め言葉が危険を孕んでいるのだと思うのですよね…

と申し上げるのも、少なくとも、“燕三条畑の朝カフェ”は対外的にこの地域の食と農の素晴らしさを知っていただく“魅せる化”系の取組にも関わらず、この褒め言葉は、我々の想いとは裏腹に、殆ど全国の、少なくともニッチでディープなファンにさえも浸透していないということを図らずも露呈してしまっているからであります(王さん曰く、この取組は日本フードツーリズム協会では話題になっているとのことでしたが、少なくとも、顧客には届いていないというところが実態なのだと思います)。

これでは、自分達の農産物はイチバンという“オラが村自慢”と、外形的には大差ないものとなってしまい、それはそれで、頑張っているが故に、悔しくて悔しくて仕方ありません…

少なくとも、ニッチでディープなファン層に、どうやって“燕三条畑の朝カフェ”を始めとする僕たちの取組を届けることができるのか…

そろそろ真剣に検討しなければならない段階に来ていると思いました。
posted by 国定勇人 at 10:17| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする