2018年06月14日

人はなぜ逃げないのか?

IMG_5349.JPG

先日、東京で開催された水害サミット

今回は、水害サミットで論じられる主要テーマの1つ“人はなぜ逃げないのか?”を再び取り上げようということで、この分野における研究者、そして実践者として、この方の右に出る方はいない、というか残念ながら、この方以外には誰一人いない、東京大学の片田特任教授をお招きして講演を仰ぎ、その上で、討論を行いました。

結論から申し上げますと、片田教授のお話、そして各参加首長からの発言のいずれも、非常に示唆に富む話ばかりで、あっという間の3時間半となりました。

とりわけ印象に残ったのは、片田教授の次のお話。

“自分の命は自分で守る”という意識が徹底している(裏を返せば、行政依存度が極度に低い)アメリカを襲ったハリケーンへの対応で、州政府が避難勧告の対象とした人数の2倍以上となる数百万人が避難をしてしまい、逆に大混乱が生じた事例。

そして、“カストロは偉大だ”と熱狂的なカストロ信奉の延長で、行政に対する絶対的な信頼が市民に根付いている(結果として、行政依存度が極度に高い)キューバで、避難勧告対象エリアの住民が必ず100%避難するという事例。

このいずれにも共通しているのは、“人は逃げる”という意外な現実…

では、我が国ではどうして逃げないのか…

我が国の防災対策は、どちらの国のケースを志向していくべきなのか…

残念ながら、答えが見つかったわけではありませんが、“人はなぜ逃げないのか?”という避けて通れないテーマに向き合う際の新たな視座を与えていただいたと実感しております。

皆さんは、こうした事象をどのように捉え、どのように我が国に援用したらいいとお考えでしょうか?
posted by 国定勇人 at 13:34| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする