2018年07月20日

伝えることの難しさ

IMG_5626.JPG

“燕三条地域は一般的には地方都市の1つに過ぎないかもしれないが、ものづくりの観点で改めて眺めれば、世界レベルでの先進都市である”

これは先日、とあるパネルディスカッションでご一緒させていただいた燕市内のとある有名な産業人のお言葉です。

こうした言葉に、少なくとも私は、共感を覚え、心が震え、誇りと勇気が沸き起こり、それが即ち、次への原動力となります。

そして、これこそ(そうした気持ちの変遷と新たなる行動変容)が、私たちのまちに持続可能性をもたらす最も重要な要素の最小単位であるというのが、私の最近の仮説でありまして、この心の震えに始まる一連の化学変化をいかに多面的に重層的に起こさせるのかが私自身の目下最大の責務の1つであると考えるようになりました。

そんなわけで、高校生に向けた“このまちの強みは何か?”を中心にできるだけ分かりやすく紐解いたプレゼン資料を作成し、市内高校生に向けた説法を開始しました。

それだけではなく、同じ資料を用いながら、市民の皆様に、どころか、小中学生にも、地道な布教活動(!?)を開始したところです。

写真は、先日行われた大島学園(大島中学校、須頃小学校、大島小学校)の児童生徒向けの講演を終えた後のワークショップの様子なのですが、随分熱心に自分達のまちの将来を語り合っていたのが印象的でした。

と、ここまで書くと、この布教活動も順風満帆に見えるのですが、実際のところはそうでもなく…

先日、某高校での講演を終え、“寝る生徒も殆どいなくて、頷きながら聞いてくれる生徒もいたし、反応は悪くなかったな…”と自己評価しながら意気揚々と戻ってきたのですが、後日、奥様ネットワークを通じて、私の話を聞いた生徒の1人が家に帰ってくるなり、“いやぁ、さすが市長だ。話の内容が難しすぎて、さっぱり分からなかった。ああいう難しい話ができる市長は、やっぱスゲーや”と呟いたと聞いてしまうと、さすがにショックでショックで…

少なくとも、中学生には分かるように作り込んだつもりなんだけどな…

全ての方々に、少なくとも自分から見たこの地域の風景を伝えるだけのことがこんなにも難しいとは…

でも、始めはこんなものです。

改良に改良を重ねて、全ての皆さんの琴線に触れることができるような布教活動(!?)に発展させていきます!
posted by 国定勇人 at 10:11| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする