2018年07月31日

君たちが未来を切り拓くのだっ!

IMG_5993.JPG

国道289号線八十里越の早期開通を祈念して、7年前から実施している只見高校生による自転車での全線(新潟市〜いわき市)走破ツアー。

今年も猛暑の中、ママチャリで(!!!)三条に来てくれました。

今回のお出迎えで最も印象に残ったのが、私の挨拶での一コマ。

“三条市民10万人を代表して、皆さんのご来訪を心から…”と挨拶し始めた途端、最前列でダルそうにいた女の子が目を丸くして、“じゅ、じゅうまん!?”と呟いたのです。

その反応、最高ですっ!

あの表情から、驚きと憧れと好奇心が交錯して一気に溢れかえった様子が窺えます。

若いときには、こうした鮮烈な覚醒が大切なんですよっ!

人口4千人の、そしてクルマで行くことのできる周囲の町の全てが同程度の只見町に住んでいる彼女が“10万”という単位に驚きを覚えるのはごくごく自然なことですし、八十里越の開通後に一変するであろう自分の生活に想いを馳せ、夢を思い描く…何と、素晴らしいことではありませんかっ!

あと数年で、あなたの夢は叶いますっ!

というか、あなたの夢が叶うように、私たち大人が全力を尽くします。

今日は、只見町さんと合同の期成同盟会総会。

彼女の表情の変化に感化されて、新鮮な気持ちで臨みたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 11:16| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする