2018年10月01日

満足最大化のサイズ感

IMG_7609.JPG

まだまだ予断を許さない地域もあるとは存じますが、三条市においては台風の影響が峠を越え、何とか乗り切れたのかなぁ…と胸を撫で下ろしているところです。

とはいえ、台風シーズンはまだまだど真ん中…

引き続き、気を引き締めてまいりたいと考えております。

閑話休題。

そんな台風が三条に到来する前の“嵐の静けさ”の昨日のお昼頃、妻と娘が“ステージえんがわで「何か」やっているみたいだから行ってくる!”と出掛けていきました。

どうやら“えんがわオープンカフェ”の開催日だったそうなのですが、台風前に遠出ができないということも影響しているからなのでしょうか、大きすぎない、でも手作り感としては最大限の会場には、来場者が途切れることなく訪れ、大いなる賑わいを見せていたようで、そうした雰囲気にも引きづられ、“すごく楽しかった!”と満足して帰ってきました。

IMG_7608.JPG

考えてみれば、10万都市の三条市では、“三条マルシェ”のような大掛かりなイベントを日常的に開催することはできないのですが、でもそれは怪我の功名なのかもしれません…

これは、私個人の感覚なのかもしれませんが、いつも人で溢れかえっているような空間ばかりでは疲れ果ててしまい、“ほどよい”賑わい空間を求めてしまうもの…

そういう意味では、適度なサイズ感を追求することは良いことなのかもしれません。

IMG_7605.JPG

適度なサイズ感といえば、今月3日まで開催されている我が国の誇る紙塑人形作家いらっしゃる鶴巻三郎先生の記念展(関連記事はこちら)もまさにそれに当たると思います。

手頃なサイズ感ゆえ、先生の息女でいらっしゃる鶴巻さんのレイアウトセンスも如何なく発揮され、質の高い記念展が実現できているのだと思います(当たり前かもしれませんが、人形ゆえに360度全ての角度から鑑賞することができるようにとの配慮から施されたレイアウトは、正直なところ、目から鱗で、本当に楽しむことができました)。

既に800名近くのご来場をいただいている同記念展ですが、是非とも、適度なサイズ感での贅沢なひとときを過ごしてみては如何でしょうか?
posted by 国定勇人 at 11:44| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする