2016年12月09日

秋田を味わい尽くす

14812524411560.jpg

さて…

折角の1泊2日の秋田お忍び視察(!?)の旅なのですから、元(!?)も取らなければなりませんっ!

というわけで、ありとあらゆる機会を捉えて、色々な秋田の名物料理を食べ続けました。

IMG_9371.JPG

稲庭うどん、比内地鶏の親子丼、きりたんぽ鍋、しょっつる鍋、ハタハタ寿司(なれずしの一種)…

ここに書き記した秋田の名物料理の数々…

全部食べ尽くしましたっ!

もちろん、稲庭うどんであれば佐藤養助商店の総本店(支店で食べました)、きりたんぽ鍋であれば秋田北部、比内地鶏であれば専門店などなど今回実現できなかったことも多く、欲を言えばキリがないのですが、それでも十分に美味しかった!

でも、横手焼きそばとか、まだまだ食べていないローカルグルメがあるからな…

また、行こうっ!

秋田、最高っ!
posted by 国定勇人 at 12:24| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

ついつい頭をよぎる…

IMG_9400.JPG

議会審議がようやく終了…

これから明日の勉強会…

でも、頭の中は食べ物のこと…

お腹空いた…
posted by 国定勇人 at 16:51| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Yahoo!検索大賞2016にまさかの…!?

ph_award.png

ワイドショーとかでも取り上げられていた“Yahoo!検索大賞2016”。

流行語大賞と同様、“ふ〜ん”と受け流していた私でありましたが、昨晩届いた闇のルート(!?)からの情報にビックリ!!!

なんと、私どもにとっても重要なメディアであり、拙ブログでも時折リンクさせていただいている地元ニュースサイト“ケンオードットコム”さんがローカルカテゴリーの新潟県部門賞を受賞されたのですっ!

すごいっ!

何といっても、東京都部門賞が小池都知事なのですから、都知事と同格っ!!!

CgLGxIlxwzD37zhrP9KDPgqQs_4pt9thbEpELGW5Na__Or4lAH8CRgQ6Zc2BEp.jpg

実際、ケンオードットコムさんの記事は大変重宝しております。

国内出張はもとより、海外出張の際にも、Yahoo!ニュース同様、欠かさずチェックしているのがケンオードットコムさんの記事であることは、ここだけの秘密であります…

ところで、ここで敢えてYahoo!ニュースと書きましたが、大手新聞のニュースサイトは使いづらいですよね…

会員登録をしていても、数本の記事を読んでしまうと、いちいちログインしていかなければならないのが面倒くさい…(そうじゃないやり方もあるのかな!?ICT弱者なもので、お許しくださいませ…)

もちろんボランティアではない以上、何らかの形で顧客管理をする必要性は分かるのですが、他の一般サイトやアプリがそうでなくなっている今、もう少し工夫が必要だと思うのは私だけでしょうか…

いずれにしても、こうした点についても、ケンオードットコムさんは記事も閲覧しやすくて最高っ!

これからも頑張って、旬な話題を提供し続けてくださいませっ!

(写真はケンオードットコム関係者が写っているのをきよ里さんのブログから無断借用しました…きよ里さん、ゴメンネ。で…誰がケンオードットコム関係者ですかって?それは今後の取材活動に差し障りが出ますから…ご勘弁をっ!偶然、ボカシにもなりましたし…)
posted by 国定勇人 at 12:44| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

思い込みを振り払えっ!(余話)

14810912215480.jpg

お忍び視察をした週末、折角秋田に遠征したのだから…と、田沢湖まで足を伸ばしました。

ところで、田沢湖といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?

私は何と言っても湖面に浮かぶ女性の像です。

教科書にも掲載されていて、自分の中では、阿寒湖といえばマリモに並ぶほどの強烈な記憶として田沢湖の女性の像が脳裏に刻まれておりました。

折角なので、その女性の像を見てみたいっ!とクルマを走らせてみたのですが…

拍子抜けするほどの小ささっ!

この思い込みとのギャップは、シンガポールのマーライオン並みでありますっ!

写真でしか見たことのない女性像(たつこ像と呼ぶらしいのですが…)ですが、あれだけ教科書を通じて脳裏に刻み込まれていたものがこんなに小さいだなんて…

やはり、思い入れは禁物ですねっ!

ちなみに、湖の水は怖くなるくらいに透明でした…(この辺りは教科書情報どおりで安心しましたが…)
posted by 国定勇人 at 16:23| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

思い込みを振り払えっ!

14810793658200.jpg

現在、旧体育文化センターと旧総合体育館の解体後に建設を予定しているスポーツと文化の新たな複合施設について検討が進んでいるところですが、先般開催された検討委員会において事務局より、施設機能の基本的コンセプトとして“重ね使い”を提案させていただきました。

この“重ね使い”とは、従来の施設運用において陥りがちであった“スポーツエリアはスポーツのもの”“文化エリアは文化のもの”(更に申し上げれば、例えばスポーツの中にも柔道や卓球などの競技ごとに、文化の中にも音楽や美術といった分野ごとに物理的空間的境界が存在します)という画一的、硬直的な考えを見直し、それぞれに展開されるソフト事業(スポーツ大会や美術展など)の規模によってエリア運用を柔軟にしていこうというものです。

この“重ね使い”の基本的コンセプトそのものは私自身も当初から志向してきたことから、もちろん異議を唱えるものではありません。大賛成です。

その上で…

この“重ね使い”のコンセプトを施設設計に落とし込むに当たり、若干の懸念事項が頭をよぎったのも事実でありました。

その最たるものが“大ホール(音楽や舞台などに使う、いわゆる文化ホール)”に対する考え方…

“重ね使い”のコンセプトを貫き通そうとすると、客席は可動型にして必要に応じて“大ホール”全体をフラット化、理想的には、“大ホール”以外の施設空間を含めて複合施設全体をフラット化することが求められます。

くどいようですが、その考え方そのものに異論があるわけではないのですが、初めて“大ホール”客席の可動型の導入についての協議を受けた際、私の頭をよぎったのは、“それでは音響など大ホールに本来求められる根本的機能が損なわれ本末転倒になるのではないか…”というものでした。

少なくとも、私の乏しい発想力では、例えば燕三条地場産業振興センターの多目的ホールのように、全体構成が簡易な椅子と足場に板を敷いただけの典型的な仮設型構造を思い浮かべ、本末転倒への懸念が払拭されないわけであります。

そこで、実際の導入事例を担当部局に聞いてみたところ返ってきた答えが“例えば、由利本荘市にあります”とのこと…

そうとなれば、行くしかないっ!

百聞は一見に如かずでしょ!

というわけで、偶然公務が入っていなかった土日を使って行って来ましたよ、秋田県にある由利本荘市までっ!

調べてみると、偶然、日曜日に地元のクラッシック演奏家(ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、クラリネット、そしてフルート!)がコンサートを開く(何故か最後は合唱!)ということが判明したので、家族を引き連れてのお忍び偵察ですっ!

14810791963250.jpg

お邪魔した“由利本荘市文化交流館カダーレ”は図書館との複合施設になっており、館内に直線状の巨大空間を生み出し、マルシェなどを展開する意図があったことから、大ホールについて客席可動型を導入したようであります。

で、さっそく大ホールに入ってみると、実に立派なホールとなっております。

14810792547030.jpg

でも上から眺めるだけでは、可動型も固定型も違いが分からない…

というわけで、下から覗いてみたのがこちら…

ん!?

これって、本当に可動型?

一見、どこが可動型なのかが分からない仕様となっております。

14810793068201.jpg

でも、よく見ると、確かに溝があるのが分かります(2枚上の写真でいえば、白線のところが可動と固定の境目のようです)。

ここが実際に伸縮していくのですね。

で、実際にコンサートを聞いてみたのですが、素人の私には全く分からないし、心地よく快適に音を楽しむことができました。

この施設のパンフレットを見ても、客席も吟味して製作され、音響は相当念入りにシミュレーションを重ねてきたことが窺えます。

う〜ん。

百聞は一見に如かずとはいえ、ここまで思い込みと現実とが乖離していただなんて…

自分の想像力の乏しさを恥じ入るばかりです…

以前、職員が作成した理事者協議資料の表紙に掲げてあった“思い込みを振り払えっ!”という言葉を久々に思い起こしました。

こうして私自身の懸念は振り払われましたが、更に念には念を入れ、それでも生じているであろう計画と現実とのギャップなどを由利本荘市さんなどの先進事例の地から聞き取り、より良いものを目指していきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 12:56| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

市町村の地方創生担当の皆様へ

IMG_9403.JPG

昨日は日帰り東京出張。

2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合”の打合せが主たる目的でありました。

この首長連合ですが、お蔭様で、この1年間で150以上の市町村から新たに加入いただき、450を超える市町村さんにご加入をいただいている大所帯となりました。

本当にありがとうございます。

ご加入いただいた皆様には、@1つの市町村では決して組むことのできないパートナー(例えば名だたる大企業群)と手を携え、A1つの市町村ではどんなに頑張ってもブレイクスルーできない“情報の壁”を乗り越え、B皆様の誇りにしているその地域資源を国内はおろか広く海外の皆様の耳目にも届かせ、C願わくば、その地域資源のファンになっていただく仕掛けを確実に、廉価に、しかも複数ご提供していくことをお誓い申し上げたいと思います。

その上で…

今ほど、“ご加入いただいた皆様には”と申し上げたところでありますが、上述の仕掛けを享受していただくためには、一般市町村であれば年額10万円の年会費をお支払いいただく正会員になっていただく必要があります。

必ずや年額10万円を上回る効果を(できればはるかに上回る効果を)この4年間に得られる仕掛けの数々を用意しているところでもありますので、来年度予算編成に当たって御一考いただければと思います。

以上、事務連絡でございましたっ!

(オリパラ首長連合のことがまた1つ記事になりました。こちらからご一読いただければ幸いです。)
posted by 国定勇人 at 15:18| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三条の名店“福楽”、公式発表。

IMG_9404.JPG

今月は間隙を縫って、三条の名店“福楽”さんに何度でも出撃しようと心に決めていたのですが、早くも今日その好機が訪れました。

これはもう行くしかありませんっ!

というのも、市議会本会議の大綱質疑、一般質問のための勉強会終了後雑談をしていると、某部長が“日曜日に福楽に行ったら30分近く並んだ”という衝撃的な情報を提供してくれたからです。

果たして私達が乗り込むと、その後も続々とお客さんが来店し、あっという間に行列が…

これは相当覚悟が必要です…

マスターに“市長、いつものでいい?”と聞かれ、心が揺れたのですが、ここは初志貫徹、最初から頼もうと決めていた期間限定のねぎらぁめんをオーダーすることとしました。

うんっ!

このらぁめんも至極の味わいっ!

最高でございます…

IMG_9407.JPG

ところで、

先回は気付かなかったのですが、レジ横にこんな張り紙がありました。

なるほど、来年からは店名も変わるのですねっ!

でも、私は通い続けますよ。

今日も、マスター、そして来年からのマスターに約束したのですからっ!

というわけで…

皆様も是非っ!



今ほど、午後の勉強会が終わり、お昼食べに行った“福楽”さんの話題を持ち出して雑談をしていたら、某部長から衝撃の告白がっ!

なんと、昨年惜しまれつつ閉店した味方屋さんが復活したらしいっ!

しかも、オヤジさん本人がっ!

実に嬉しいニュースです。今度確かめにいかないと…
posted by 国定勇人 at 12:47| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

千客万来

IMG_9362.JPG

お蔭様で全国各地からの議会視察が相次いでおり、お迎えをする立場の副議長さんは連日視察対応が続いているそうです。

他方、まだまだ首長さん本人が三条市に視察や勉強に来られることは少なく、寂しい思いをしております…

そんな中、先週は、相次いで首長さんが三条市に来られるという異常事態(!?)が出立しました。

一組目は、香川県の坂出市長さん。

なんと、農産物のトップセールスに大軍団を率いて、三条市にお越しいただきました。

市内スーパーで、積極的に販売促進活動を展開されていたそうです。

IMG_9368.JPG

そして二組目が茨城県境町長さん。

近隣の市町村の議会の皆様、職員の皆様と一緒に、私達の水害対応、防災対策について、勉強に来られました。

非常に意欲的な町長さんですので、昨年の関東豪雨からの復旧、復興を確実に遂げていただけるものと確信しておりますが、その道のりを今度は学びたいと思います。
posted by 国定勇人 at 12:07| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

福楽のカウントダウン、始まる…

IMG_9369.JPG

これまで伸ばしに伸ばしてきた、三条の名店“福楽”さんの秘密を暴露しますっ!(数ヶ月前から、マスターには“別に言って構わない”と仰っていただいたのですが、ついついもったいぶってしまいました…)

今月末を以って、マスターご夫婦が引退されます…

働き始めて50年…

この節目で勇退されることを決められたそうです…

非常に残念ですが、鬼平犯科帳と同様、最高の状態の時にケジメを付けるというのも男の生き方なのかもしれません。

来年以降も若い世代へバトンタッチされ、“福楽”自体は存続しますが(もちろん私は通い続けるつもりです!)、今の味を脳裏に刻み込みたい方はこの1ヶ月がチャンスですっ!

頑張って通いましょう!

ちなみに…

既に多くの方々がご存知のようで、これまでにない盛況ぶりですので、覚悟を決めて向かってください!
posted by 国定勇人 at 12:41| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

これも小水力発電!

14804944325610.jpg

皆さんにとって、小水力発電のイメージってどんなものですか?

私にとっての小水力発電のイメージは、以前ご紹介した吉ヶ平山荘に設置されている発電設備くらいの規模感です。

ですが…

今日稼動を開始した三条地域水道用水供給企業団の導水管を利用したこちらの設備も小水力発電なんですって!

ちなみに、この施設は50kWなのですが、世界基準では10,000kW、我が国でも1,000kWまでが小水力発電と呼ぶそうですので、定義が広すぎますよねっ!

いずれにしても、この設備で売電しまくって、企業団の経営安定の一助に繋げてまいります。
posted by 国定勇人 at 17:38| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶景かなっ!

14804839939780.jpg

本日の下田郷、絶景なりっ!

三条地域水道用水供給企業団の浄水場からの景色ですっ!

なぜ、企業団浄水場にいるのかですって?

それは、また後ほど…
posted by 国定勇人 at 14:33| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

中国の新幹線事情

14803905251754.jpg

鉄道好きの私としては、この話題に触れないわけにはいきません。

ズバリ“中国の新幹線事情〜自分の見た世界から〜”。

仰々しく書き始めましたが、何て言うことはありません。単なる体験談です…

14803904015022.jpg

中国は、新幹線だけでなく在来線もセキュリティが厳重で、地下鉄さえも、荷物チェックと身体チェックがあるほどです。

特に、新幹線と在来線の駅は日本のそれとは大違い。

日本人のイメージに近いのは、空港のそれに近い感じです。

14803903643781.jpg

しかも、駅構内(切符売り場を除く)に入るのは、日本の空港で言えば、手荷物検査からの制限エリアに入るのと同じで、空港と同様のセキュリティチェックを受けなければなりません(切符はもちろん、身分証の確認までもっ!(感覚としては国際線並み))。

その後、コンコースに進むのですが、時間が来るまではホームに入ることはできません。

この点も、飛行機の搭乗手続きと同じですね。

ただ驚きなのが、中国人が端然と座り、整然と並ぶことっ!20年前の中国を知っている私としては、全く別の国の人間を見る思いです。

14803904752793.jpg

今の中国の新幹線事情は数年前とも異なります。

数年前はまだまだ遅延が常態化していたように感じますが、今はそのようなことなど全くありません。

しかも、“地球の歩き方”の記事更新が追いつかないほどのスピードで新幹線網が急速に広がっております。

14803903268290.jpg

ちなみに、中国の新幹線には2種類あって、最高速度300キロのG(高速動車組)系列と最高速度200キロのD(動車組)系列との分かれているのですが、日本で言うグランクラス、グリーン車、そして指定席(自由席はありません)が完備され、室内環境も快適そのもの。

新幹線を地中に埋めていたあの頃は、既に遠い昔のことなのかもしれません…
posted by 国定勇人 at 14:40| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いつも抱いている気持ちを発露してみる

14803828417870.jpg

先日参加した“smart wellness city首長研究会”において、“ステージえんがわ”を中心としたスマートウェルネス三条に関する取組をプレゼンさせていただいたのですが、その後のナイトサイエンス(首長研究会という名の下の「久野“スパルタ”学校」では、信じられないくらいの詰め込み授業の後の懇親会をこのように呼びます)の際、一緒に参加している首長さんから、“あのプレゼンの資料は市長自ら作成しているのですか?”と聞かれました。

質問の趣旨がよく分からなかったので、“私にはああいうプレゼン資料を作る能力はありません。職員が作ってくれていますが、何か不都合なことでもありましたか?”と正直に答えてみると…

“いやぁ〜、三条市のプレゼン資料が他を圧倒して素晴らしかったものでっ!あれだけ簡潔明瞭かつ訴求力のある資料を作れるということは、この政策の全体像を咀嚼し、理解していて、その上で、今後進むべき方向性を意識しているということですよっ!その全てを理解している職員がいらっしゃるというのは実に羨ましい限りです”と、聞いている私が思わず赤面してしまうほどのお褒めの言葉をいただきました。

これは嬉しいなぁ…

褒めていただいたので調子に乗りますが(!!!)、私もつくづく、当市職員はよく頑張っていると思います。

組織全体で意識を共有し、阿吽の呼吸で一致団結して事に当たるのが理想であると常々思っているのですが、その理想にはまだまだ遠く及ばないものの、それでも職員の皆さんはよく頑張って下さっていると思います。

あまり露骨に褒めてしまうと、その時点で歩みが止まってしまうため、これ以上は申し上げませんが、これは常日頃から胸に抱いていることであります。

それが私個人の主観的な評価ではなく、こうして他の首長さんから評価されたということが本当に嬉しいっ!

14799578593971.jpg

職員が頑張っているといえば、こんな事例も…

南相馬市に出向している当市職員が、自ら企画し、国からお金を調達し、“みなみそうま就職ナビ”というものを開設しました(スマホ向けなので、パソコンからは開かないかもしれません…)。

あれだけの巨大な災害後の復興期ですから、ただでさえ与えられた任務を遂行するだけでも、限られた出向期間、いっぱいいっぱいになりそうなものを自ら企画するばかりか、財源調達までして、南相馬のために貢献するだなんてっ!

これは正直嬉しかったな…

差し支えなければ、皆様も、この力作をご覧下さいませっ!
posted by 国定勇人 at 10:54| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

この年にして初体験…

14803021891491.jpg

先週のことになるのですが、日本デザイン振興会さんが主催する“Design@Communities Award2017”の審査に臨むため、東京ミッドタウンに行ってまいりました。

何故ならば…

同賞の審査委員に選ばれてしまったからですっ!

自分の人生でまさか自分が審査委員に選ばれ、審査に臨む日が来るなんてっ!

こうした貴重な機会を与えてくださった日本デザイン振興会さんに感謝するとともに、全く畑違いの仕事を安請け合いしてしまった自分の不明を恥じるばかりです…

でも、お請けした以上は、地方自治の観点から責任を持って、誰に対しても説明可能な形で選考しなければなりません。

他の審査委員さんと一緒になって熟慮、熟議を重ねました。

最初はどうなることか、選考しきるところまで至るのか不安でしたが、自分以外のメンバーに支えられ、地方自治にとって私自身が大切だと思っているポイントを評価基準に据えつつ、満足のいく選考を終えることができました。

何歳になっても初体験、初挑戦は大事ですねっ!

本当に貴重な体験となりました。

で、その結果でありますが…

日本デザイン振興会さんの発表をお待ちくださいませっ!

14803021527010.jpg

ちなみに、まだ11月だというのに、六本木は既にクリスマス色に彩られております。

気が早いですな…
posted by 国定勇人 at 12:42| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

運命の分かれ道

14800499013160.jpg

双葉食堂さんのある南相馬市小高区は、今年7月に避難指示が解除され、街の中にも人の匂いが漂うようになってきました(双葉食堂さんは、その象徴的存在といってもいいでしょう)。

でも、小高区のさらに南にある(つまり福島第一原発により近くなる)浪江町や双葉町は未だ帰還困難区域等に設定されており、写真にあるように、物理的に侵入を排除する状況が続いております。

14800499473451.jpg

バリケードから眺める街の様子は、数年前の小高区の姿そのもの…

依然として、平成23年3月11日でその時を止めたままとなっております。

14800500327830.jpg

でも、これらの街にも未来は必ずやってきます。

小高区の現在の姿がそれを何よりも雄弁に語ってくれております。

写真は、南相馬市鹿島区の奇跡の一本松。

こちらの運命もどうなるのか分からないようですが、全てがいい方向に向かうことを祈るばかりですし、祈るだけでなく、私達として果たすべき使命を継続して果たしていくことをここに改めて誓いたいと思います。
posted by 国定勇人 at 14:19| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幸せの一杯

14799683110450.jpg

今回の浜通り訪問でどうしても行きたかったところ…

それは、紆余曲折を経て、東日本大震災が発生するまで営業していた場所で見事営業再開した“双葉食堂”さん。

不死鳥の如く甦った名店の味を確かめたくて、そして三条に長く避難されていた店主の豊田さんのお元気な様子をこの目で確かめたくて、お邪魔してきました。

IMG_9359.JPG

11時から開店なのですが、10時半過ぎにはお客さんを店内に誘導してラーメンまで提供するという豊田さんのお人柄がそのまま滲み出るサービスっぷり!

11時には既に店内が満席となるのですが、そうなると今度はご自宅の居間に案内を始める始末っ!

どこまで心が広いのでしょうかっ!

さて…

双葉食堂さん訪問に当たっては、三条市関係者だけが守らなければならないローカルルールがあります。

それは“食べて支払いを終えるまでは、自分が三条市関係者であるということをお店の方々に決して悟られてはいけない”ということっ!

何故ならば、三条市関係者であるとバレた瞬間、決して御代を受け取ってくれなくなるからです。

というわけで、顔を俯いたまま入店し、注文するという態度の悪い客にならざるを得なかったのですが、それでも、同行していただいた三条に避難された皆さんと一緒にお世話役として来られた南相馬市の職員さんがまさかの顔バレ…

そして、やはり頑なに…と相成りました…

本当に恐縮でございます。

とても美味しかったです。ご馳走になりました。

でも、豊田さんを始め皆さんがお元気そうで何よりっ!

これからもご活躍してくださいね。
posted by 国定勇人 at 12:29| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

運命のイタズラ

14799578168120.jpg

一昨日の福島沖の地震と当該地震発生に伴う津波警報の発令はビックリしましたね。

私の携帯も朝から警戒音が鳴り響き、嫌な予感がしたのですが、結果としては大きな被害もなく、ひと安堵しております。

そんな一昨日でしたが、偶然、私も、相馬市、南相馬市をお邪魔していたのですっ!

尤も、私が相馬市役所に到着した時刻には既に津波注意報も解除されていたのですが、災害対応の余韻はまだまだ漂っておりました。

14799578593971.jpg

そんな中、それぞれの市に訪問して感じたのは、さすがに災害対応に慣れていらっしゃるということ。

5年前の教訓がしっかりと生かされ、水の流れのような自然さで対応が続いていたことに感服いたしました。

今回の訪問は、それぞれの市に派遣している職員の激励が目的だったのですが、この日の対応も、彼らにとって、そして三条市にとって、いい経験になったと思います。

さて…

職員への激励とは別に、どうしてもお邪魔したいところがあったのですが、それについてはまた今度っ!
posted by 国定勇人 at 12:36| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月22日

井の中の蛙大海を知らず

14797757538072.jpg

今、相馬、南相馬に向かっているのですが、今朝の地震による津波警報が発令されていて、被害が出ていないか心配しております。

様子を見て、臨機応変に対応してまいりたいと思います。

さて、そろそろ中国訪問の主筋話の幕を閉じようと思います。

最後は、私を含む日本人に対する警鐘です。

今回の中国訪問は当市地域経済アドバイザーを務めていただいている青山社中の朝比奈代表の仲介により、伊藤忠香港の池添会長をご紹介いただき、その池添会長のお力添えで、成都イトーヨーカ堂の三枝社長さんの御引き合わせをいただくというわらしべ長者的行脚だったわけでありますが、今回の訪中を通じて感じたのは、日本が何週も周回遅れをしているということ。

14797756276300.jpg

池添さんも、三枝さんも、その点を憂い、“それならば自分達だけでも”と獅子奮迅の活躍をされております。

まず、日本人の認識が決定的に欠如しているのは、いつまでも中国を投資市場、生産市場としか捉えていないということ。

そんな時代は、もう10数年以上前に終わっております。

中国は既に巨大な消費市場として捉えるべきです。

しかも、今の中国人の消費感覚は、我々日本人を遥かに凌駕しております。今回紹介しませんでしたが、紙おむつの生産工場を視察しましたが、彼らは既に、紙おむつにさえICTを連動させ、赤ちゃんの排尿を探知させるだけでなく、赤ちゃんやお年寄りの尿を通じた健康チェックを日々行うレベルにまで、発展させております(これが大学とか企業の技術開発チームの研究レベルに留まっていない、商品化寸前のところまでいっているのがスゴイ…)。つまり、それほどまでに、彼らの感覚は成熟しているのです。

更に、我々日本人はいつまで経っても、“中国の成長市場は沿海部。内陸部はまだまだ”と捉え続けております。

でも考えてみてください。

四川省と重慶市だけで日本の人口に匹敵するのですよっ!

重慶市1つだけで、ヨーロッパ1国の人口に匹敵するのですよっ!

しかも、消費意欲旺盛な分厚い購買層が存在しているのです。

今回、成都、重慶に行ってビックリしました。

ヨーロッパのブランドは軒並み進出し、韓国の家電メーカはもちろん進出しています。先に触れたとおり、スターバックスの多店舗展開の凄まじさと来たらっ!

それに引き換え、我々日本勢は…

今回、JETRO成都と重慶総領事館にお邪魔しましたが、都道府県、市町村、そして企業に至るまで、新たな日本人のミッションを持っての訪問は殆どないとのこと…

しかも、これは何となくの肌感覚でありますが、そうした支援機関でさえ、今でも成果指標が投資案件の多寡に終始しているのが、今の日本の周回遅れを象徴しているような気がいたします(誤解であるといいのですが…)。

でも、私たちはラッキーです。

中国の本質を見抜いている稀有な人物である池添さんと三枝さんから生レクチャーを受けることができたのですからっ!(彼らがいかに中国の本質を見抜いているかは、今の伊藤忠の中国での確固たるステータス(日本の商社で群を抜いて一番)、今の成都イトーヨーカ堂の成都での圧倒的なパフォーマンスが何よりも証明してくれております)

いずれにしても、この市場は有望です。世界からみれば周回遅れかもしれませんが、あれだけ巨大なマーケットであれば、燕三条が入り込む余地は無限といっていいほどに広がっております。

これからどうしていくのか…

少し考えを巡らせたいと思います。

14797756847681.jpg

こちらは日本の北京大使館のご厚意で面会することのできた四川省対外友好協会の会長さん。

お忙しい中、宴席まで用意していただき、本当にありがとうございましたっ!
posted by 国定勇人 at 10:24| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

奇跡の“つんく”

IMG_9354.JPG

昨日に引き続き、今日も東京に向かっております…

どういうわけか、新幹線が激混みで、棚に上げたカバンに入っているパソコンが取り出せないため、スマホから短めの話題を…

先日、今冬の降雪期に向け、合同除雪機械出動式を行ったのですが、その時に“奇跡”が起こりました!

除雪機械のオペレータさんに旭保育所の園児さんから鍵の引き渡しのセレモニーがあったのですが、ふと子供達を見ると、なぜか“つんく”の文字が…

“なんで、つんくなんだろう…”と首を捻っていたのですが、その後の子供達のパフォーマンスで氷解しました。

“がんばってください”の“っ”と“ん”と“く”だったのですね!

みんな、ありがとうっ!
posted by 国定勇人 at 12:10| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

ガイドブックには決して載らない名店

14795610339640.jpg

今日は、日本鍛冶学会、文団協さんとのふれあいトークと、なかなか充実の一日でした。

この高揚感の勢いで、中国ネタをぶち込みますっ!

14795611088041.jpg

重慶の地元の方のご紹介で伺ったお店がこちら“九村烤脳花”。

超満員でございます。

その後、重慶の皆さんに“あの店に行きましたよ!”とお話しすると、“こいつらは適当にあしらえない…”と、いい意味で警戒感たっぷりな反応に一変します。

このお店…

豚の脳みそを食べさせる地元の名店で、ほぼ間違いなく外国人は足を運ぶことはありませんが、この店の名前を告げると、“こいつは単なる観光客ではない…”と相手にプレッシャーを与えること必至でありますっ!

14795611540072.jpg

ちなみに、ここのお店の辛さは本当にハンパないっ!

辛さについては、地元重慶の方々を軽々と凌駕し続けてきた当市議長が、ここのウサギの頭を食べて、“口に消火器を入れて消したい”と初めて弱音を吐いたほどの激烈さっ!

重慶に訪れる皆さん、絶対にこのお店に行くべしですっ!

地球の歩き方にも載せる価値ありのディープなお店ですよっ!
posted by 国定勇人 at 22:30| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

モノ消費からコト消費へ

14794432611580.jpg

では、燕三条製品をどのように成都、重慶で売っていけばいいのか…

これはもう既に解が出ているような気がしております。

先述したとおり、中国人の価値観、嗜好、消費性向は日進月歩の勢いで変化してきております。

具体的には、モノ消費からコト消費へ、急速に舵を切り始めております(少なくとも、私達が入り込むべき高付加価値市場においては…)。

そして、このモノ消費からコト消費へという転換は…

今まさに我々が低価格競争から脱却すべく模索している方向感と軌を一にしているものではありませんかっ!

つまり、中国の(高付加価値型)消費市場の消費性向は完全に日本に追い付いているのです(正直申し上げれば、抜かれつつあるかも…)。

14792714790900.jpg

さて…

再び舞台を先述の成都イトーヨーカ堂さんに移したいと思います(ちなみに、イトーヨーカ堂さんは成都で7店舗運営されております)。

ここが成都イトーヨーカ堂さんの真骨頂だと思っているのですが、成都住民の消費性向がモノ消費からコト消費へと大きく舵を切っていることを敏感に捉え、既に3階フロアの一角を大改修っ!

東京に本社のあるABCcookingStudioさんを中心に据え、その隣にちゃっかりと包丁メーカのヘンケルスが居座り、消費の流れを生み出しております(ヘンケルスの売り場自身も毎日午後、随時ワークショップを実施しているそうなので余計に相乗効果が期待されます)。

これは見事ですね。

実際に伺ってみると、客足、売上げとも、我々の想像をはるかに上回る実績を既に積み上げておりました。

しかし、これは…

我々がちょうど来年、ABCcookingStudioさんとシンガポールで企画しようとしていたものとクリソツ…(クリソツ自身が古いかっ!)

でも、これが万国共通の流れであることを確信することのできた一幕でしたっ!(負け惜しみっ!)

詳細は避けますが、こんな感じで(もちろん大事なプラスアルファがあるのですが、それはもう暫くの企業秘密ということで…)、これから中国市場に再挑戦していきたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 14:38| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

燕三条の勇名がここまで轟いたかっ!

14794401022431.jpg

中国人が“爆買い”をする理由がもう1つあると思われます。

その理由とは、残念ながら、中国人が自分達自身の市場を信じられないということ…

これは滞在中複数の方から伺った話なのですが(逆に言えば断定的なことは申し上げられないのですが)、いわゆるブランド直営店で扱っている商品でさえ、色々な“噂話”が飛び交い、敬遠するというのだから驚き…

ですから、本物を求めて、日本にまで足を運んでしまうということなのですね(尤も、それだけ日本市場が中国人に信用されているということの証左でもあるのですがねっ!)。

14794400423090.jpg

ちなみに、少し話が逸れますが、それを考えると、今回ご紹介いただいたイトーヨーカ堂成都さんの信用力は異次元級のものがあるということがよく分かります。

私達のためにわざわざ自らご案内いただいた三枝社長さんからは、“イトーヨーカ堂成都は進出以来19年間、商品1つたりとも偽物を売ったことがないという強烈な自負心がある”“それが成都の人々にも受け入れられ、信頼されて、お蔭様で今の地位を築き上げることができた”という言葉を頂いたのですが、“イトーヨーカ堂に並んでいる商品は裏切らない”という成都市民の信頼感は本当に定着していると思いますし、その集客力が他を圧倒していることは肌で感じることができました(ちなみに、イトーヨーカ堂のステータスは日本のそれとは異なりいわゆるデパート的存在となっているのが興味深いところです)。

14794401537520.jpg

更に言葉を継げば、イトーヨーカ堂に並んでいる商品価格は基本的には強気一辺倒です。

野菜や肉など生鮮食品も、日本の価格の2倍から3倍は普通ですし、日本製品でなくとも子供用品も日本の数倍は軽くしますが、それでも中国人は買って行きます。

彼らの価格に対する価値観よりも“イトーヨーカ堂は裏切らない”という信頼感が軽く凌駕していることの何よりの証なのでしょう(ちなみに、お邪魔したのは朝一番でしたが、現地のお客さんが我々一行を避けたため写真では伝わりにくいかもしれませんが、どのフロアも朝からお客さんで本当にいっぱいなのです!)。

14794402128351.jpg

さて、話を本題に戻しますと、中国で本物を探すことがいかに難しいのかを実感したことがあったので、そのご紹介をしたいと思いますが、その前に、その本題導入への枕話を少しだけ…

今、中国人の価値観は日進月歩の勢いでどんどん変化しています。

派手な色が大好きだった中国人が決して手を出すことがなかったシンプルなデザインの無印良品がここ数年空前絶後のヒットとなっているのもその一例です。

この辺の消費志向の変化については次の機会に譲りたいと思いますが、そうした流れの延長線上として成都で流行っている本屋がこちら。

TSUTAYA代官山のように、本を売るだけでなくライフスタイル全体を売るような空間デザインが成都でも受け入れられております。

14794402812792.jpg

さて、本題です。

そんなスタイリッシュな店内を巡っていると、ライフスタイル提案型製品コーナーの一角に“燕三条”の文字があるではありませんかっ!

成都の街で、“燕三条”に出会うなんてっ!

これほど嬉しいことはありませんっ!

この高ぶる気持ちを抑え切れずに、そこに陳列していた製品群に手を伸ばしてみると…

本物と断言できる製品もあるにはあるのですが、中には“これって本当に燕三条産の製品?”との疑いを払拭しきれないものが少なからず…

“燕三条”が成都で真似されるだけのポジションを獲得しているとまずは肯定的に捉えなければなりませんが、でもそれだけ中国市場で本物を疑いもなく入手するというのはそれだけ至難の業だということであります。

ただ、くどいようですが、こうした事象(つまり、燕三条がブランドとしてのポジションを獲得しつつあるという事象と、燕三条製品が本物であると疑うことなく購買することのできる環境にないという事象)は、私達にとっては、またとない追い風でありますっ!

では、この絶好な機会に、どのように販売していくのか…

それは次の機会に譲りたいと思います。
posted by 国定勇人 at 12:41| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

正宗川菜

14792925524851.jpg

中国出張に係る主旋律(“中国人が爆買いする理由”の続き)を書き綴っていきたいと思っているのですが、予算編成前の政策立案協議時期に突入してしまい、なかなか時間が取れません…

でも、時間が流れて主旋律以外の小ネタが流れていくのも悔しいので、余事を少々…

14792926743352.jpg

タイトルは“正真正銘の四川料理”という意味の中国語です。

成都と重慶では“味が全く違う!”と、それぞれの住民は言い張ってやまないのですが、正直なところ、私達外国人は(そして恐らく、彼ら以外の中国人もまた…)両者の違いは分からないまま、その強烈な個性に圧倒され続けます。

14792927235323.jpg

その個性の源泉は、とにかく“麻(山椒の痺れるような辛さ)”と“辡(唐辛子のいわゆる辛さ)”の2つの味の相乗効果っ!

これが、朝昼晩問わず常に出てくるのですから、やはり本場の四川料理はスゴイっ!

14792928678284.jpg

でも、ご安心(!?)くださいませ…

日本人でもすぐに慣れ、どころか病み付きになっていきます。

例えば、写真には載せておりませんが、重慶名物の“重慶火鍋”は、鍋そのものは“麻”と“辡”が強烈に効いているのですが、その鍋に投じた具材を口に運ぶ前に、食べ手それぞれの目の前に置かれた小碗に並々と注がれた胡麻油に具材を潜らしてから食べるので(!!!)、その油にコーティングされてしまい、実際にはさほどの辛さを感じることはありません。

14792924733770.jpg

写真は、麻婆豆腐の元祖“陳麻婆豆腐”の本店の麻婆豆腐なのですが、これとて油の海に麻婆豆腐が泳いでいる状態なので、日本で食べる山椒入りの麻婆豆腐よりも口当たりはむしろ優しいかもっ!

まぁ、そうであれば、辛さも油も控えめに…と感じてしまうわけでもありませんが、とにかく病み付きになります。

14792929218095.jpg

使われる食材も豊富です。

この写真は兎の肉。

IMG_9317.JPG

そして、こちらは田螺(これだけ色は赤くなく、辛そうに見えないかもしれませんが、山椒の粒がこれでもかっ!というくらいに入っていて、卒倒しそうなくらいに辛いです…)。

これ以外にも、兎の頭、豚の脳みそ(これはいずれ機会があったらご紹介)、豚の血を固めたもの、蛙、蛇などなどを堪能してきました。

いずれも非常好吃!(大変美味しい!)

なかなか日本では食べたくても食べることのできないものだらけですが、思い切り堪能できましたっ!
posted by 国定勇人 at 18:52| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

別着急!

IMG_9184.JPG

恐ろしく時間に余裕がありません…

でも、早めに中国ネタを終わらせたいとも思っています。

IMG_9104.JPG

表題は中国語で“焦らないで!”という意味です。

自分に言い聞かせる言葉のようですねっ!

写真は成都の武侯祠と重慶のスーパー。

今昔の中国を表していますよね!
posted by 国定勇人 at 12:11| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

中国人が爆買いする理由

14792715126571.jpg

一時期、“爆買い”という言葉が流行りましたよね。

中国人は何故大量にあれだけの日本製品を旅行中に買い求めるのか…

正直なところ、その根本的な要因について深く考えることもなく、その事象をこれまで奇異な目線で捉えてまきた自分がいました。

でも、今回の訪中で初めて、“爆買い”に至る根本的な要因に触れ、彼らの行動を理解できたような気がしております。

そして同時に、彼らの“爆買い”の行動に至る要因を知ることで、今こそ日本製品を中国市場に売り出す絶好の機会であるということを確信することができました。

14792715498352.jpg

ということで、彼らが“爆買い”に至る根本的な要因について解説したいと思います。

彼らが“爆買い”に至る根本的な要因…

その最も大きなものの1つに、“外国製品の価格の圧倒的な高さ”と“中国人独特の価格に対する価値観”が挙げられると思います。

今回の訪中で感じたのは、外国製品(或いは品質に対して一定の評価を得ている製品)の価格の圧倒的な高さです。

その物価水準たるや、日本の2倍から10倍(!!!)といったところでしょうか…

分かりやすく例えると、ユニクロやスターバックスが日本の価格の2倍、象印やタイガーの炊飯ジャーに至っては10倍は下らないですし、それが最早驚くことがないほど、とにかく高いっ!(日本とほぼ同じ値段で頑張っているのは、一風堂のラーメンくらいでしょうか…)

少なくとも、私だったら、今の私の給与水準でも絶対に買わない!

まして云わんや、中国の所得水準であればをや!といったところです(あくまで公式ベースですが、重慶や成都の1人当たりの可処分所得はおよそ7,8万円程度(あくまで公式ベースですが…))。

これを考えたら、日本に10万円で観光に来ても、価格差2倍の製品を10万円分買い物(爆買い)をすれば、旅行代が完全にチャラになることがご想像いただけると思いますし、私自身は少なくとも納得するだけの合理的理由を見出すことができました。

14792714790900.jpg

しかしっ!

ここから先が中国の面白いところでありまして…

中国人はそれでも現地で買うのです(もちろん日本に旅行に来れば、爆買いをしますが…)。

コーヒー一杯1,000円もするスターバックスは日本以上に至るところで営業しておりますし(1つのモールに2つ以上のスタバは当たり前…)、その全てが満員御礼の連続です。

日本の価格の倍はする“無印良品”も今や中国人の心を完全に捉え、とにかく売れまくります。

この“高くても買う”という行動が理解できない私は、中国人や現地の日本人にこの謎を聞きまくりました。

その結果何となく感じ取ることができたのは、“少なくと中国人の価格に対する価値観は、日本人とは全く異なる”ということです。

そして、そのベースにあるのは、あえて意地悪な表現を取れば“見栄っぱり”が価格を凌駕するという価値観にあるように思えます。

この点について書き始めるとまた長くなってしまいますので、いずれの機会に譲りたいと思いますが、結果としては結論から申し上げれば、外国製品(というよりは品質に対して一定の評価を得ている製品、或いは信頼されている製品)に対してはどれだけの価格を付けても売れるということ。

場合によっては、高く値を付ければ付けるだけ売れるということ。

この点、我々燕三条製品が打って出る合理的理由が中国の消費市場には眠っているということだけはハッキリしていると思います。

さて…

中国人が爆買いする理由は実はもう1つあって、そしてそこから派生する事象の1つにも燕三条製品を売り出す合理的な理由が眠っているのですが、それについてはいずれまた…
posted by 国定勇人 at 17:38| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

我回来了!

securedownload.jpg

ようやく中国から戻ってまいりました。

さすがに疲れが溜まっていることは否めません…

でも、様々な収穫がありました。

他方で、日本が取り残されていく焦燥感も覚えた1週間でありました。

また近いうちに書き綴ってみたいと思います。
posted by 国定勇人 at 21:00| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

味道好極了!

14791382350870.jpg

公務の合間の最大の楽しみは、何と言っても食事!

明日は、というか今日は朝5時集合なので、簡単に紹介します。

成都、重慶とも、麻(山椒由来の痺れるような辛さ)と、辛(唐辛子由来のいわゆる辛さ)では、ダントツに有名な場所で、朝から写真のような担々麺(写真は成都の担々麺よりも麻辛さが3割強い重慶小面)を朝から食べます…

私も郷に入れば郷に従えっ!とばかりに食べまくりましたが、これが本当に美味しいのですっ!

さて…

早く寝ないと…

というわけで晩安(おやすみ)!
posted by 国定勇人 at 01:10| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月14日

ラストスパート

14790511091730.jpg

中国訪問も最終版に入ってきました。

それにしても、中国の変化の度合いはハンパないっ!

今の中国を訪れたことのない日本人全ての想像を上回る状況が今の中国にはあります。

詳細は帰国後っ!

ということで、写真は、恐らく多くの日本人がいまだに想像しているであろう典型的な中国のイメージを載せておきます。

過去を知っている私としては、こうした光景にノスタルジーを感じるのですが、都市部においてはいつまで見られることやら…
posted by 国定勇人 at 09:53| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月09日

超然とした美しさ

14784940769430.jpg

ようやく成都に到着しました。

飛行機の遅延も相俟って、ホテルに到着したのが現地時間の午前3時半。

日本時間では午前4時半になりますので、実に21時間の移動時間の果てに辿り着いたことになります。

さすがに疲れた…

さて、そんな疲労感をぶっ飛ばすためにも、楽しい話題をっ!

先日、ミスユニバース新潟代表に見事選ばれた三条市出身の駒形さんの表敬訪問を受けました。

まずは、上の写真をご覧くださいっ!

二人とも、美しさが超絶しておりますよね。

背は私の方が何とか勝っていますが、顔の大きさから身体のバランスに至るまで、ここまで差が出ると、卑屈になる余裕もありません…

さて、ミスユニバース日本大会は来年7月に開催されるとのこと。

是非とも、それまで更に美を追求していただき、次のステージを掴み取っていただきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 08:15| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月08日

燕三条、銀座へ

14785599659542.jpg

今日から1週間、中国に行ってきます。

それまでに書かなければならないと思っていた、既に1ヶ月半余り寝かせてしまっているネタを書き綴ってから旅立とうと思います。

それは、“燕三条イタリアンレストランbit”さんの銀座進出のお話。

これだけを聞くと、“単なるレストランが銀座に店を構えたっていうだけの話でしょ?”と思われる方も多少はいらっしゃるかもしれませんが、さにあらず…

ここのレストランの凄みは、食材やカトラリー、内装など、考えられるあらゆる物を燕三条産に拘り抜くだけでなく、それを上手に、しかも確実に、そして心地良く、来店されるお客様に知識欲を刺激する形で伝えるというサービス面での稀有な技を従業員一同が持ち合わせているというところっ!

物は調達すれば何とかなりますが、サービスはそうはいきません。

だから、私は、燕三条の橋頭堡として、bitさんに勝る存在はないと思っております。

14785599938153.jpg

そんなbitさんの銀座進出祝いに数多くの燕三条関係者が駆け付けたほか、県内テレビ局も2社取材してくださいました。

これも、bitさんが持つ社会的役割を敏感に嗅ぎ取ったからのことでしょう。

今回、私たち燕三条地場産業振興センターは、この橋頭堡として打ってつけなbitさんの銀座進出に合わせ、燕三条のコンタクトポイントとして利用できないかと秋山オーナーと相談してまいりました。

秋山さんの答えはもちろんイエスっ!

さすが、男アキヤマっ!侍でありますなっ!

というわけで、東京の皆さん!bitさんに行けば、燕三条の情報をも併せて入手することができますっ!

是非足を運んでみてくださいませっ!

14785599007500.jpg
14785599375901.jpg

ちなみに…

この金型凄くないですか?

燕三条の誇る金型屋“MGNET”さんの技が凝縮した逸品です。

埋まっている状態では肉眼でも“燕三条”の文字が見えないほどの精密さっ!

ゾクゾクしますっ!

これもまた、bitさんで見られますので、レッツらゴー!

ちなみに、bitさん以外にも、スノーピークさん玉川堂さんも銀座に進出します。燕三条の躍進はハンパないっす!
posted by 国定勇人 at 08:19| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

何とか、大役を果たす…

ドットコムから借用1.jpg

随分と時間が経過してしまいましたが、先月、ジャイアント馬場さんの奥様、元子夫人をお招きし、名誉市民の贈呈式を執り行わせていただきました(関連記事はこちら)。

贈呈式の開始から懇談終了までの時間はわずか30分余り…

ですが、私には、優に2時間は経過したのではないかと思えるくらいに、気の張り詰めた時間となりました。

何せ、1万人を軽く超す市民、ファンの皆様の気持ちを背負っての面談なのですから…

そして、スーパーヒーロー、ジャイアント馬場さんの名誉にも関わることなのですから…

そんな中、元子夫人の“馬場さんもきっと喜んでいられると思います”の一言に、どれだけ救われた想いがしたことか…

でも、救われる想いを噛み締めているだけではいけませんっ!

これから、ジャイアント馬場さんの功績をいかに次世代にしっかりと引き継いでいけるか…

それが我々のこれから果たさなければならない務めでありますっ!

皆様方のご協力を引き続きお願い申し上げますっ!

IMG_8997.JPG

ところで…

同日、栄体育館におきまして、人生初のプロレス生観戦を致しました。

流石に、迫力がありますなぁ…

でも、それを遠目に温かく見守っておられた元子夫人の優しい眼差しも忘れることができません…
posted by 国定勇人 at 13:41| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

子どもの学校から大人の学校へ

14782306663900.jpg

2年前、長い歴史に幕を閉じた荒沢小学校。

毎日聞こえていた子ども達の声はなくなりましたが、声のトーンを変えながら(!?)、再び活気を取り戻しつつあります。

その主人公となる声の主は、若者と青年、そして気持ちと情熱が若者の皆さんっ!!!

地域起こし協力隊の活動拠点として、その活動範囲はアメーバの如く増殖中っ!

例えば、“サッカー合宿を誘致するんだっ!”と夢を語っていた彼ら彼女らは、僅か1年でその夢を現実化してしまい、その後陸続として参加してくる地域起こし協力隊には、ついに元Jリーガーまでが参加するまでにっ!

そして、今回、滞在型職業訓練施設“しただ塾”が本開講し、また新たな“若者、ばか者、よそ者”が旧荒沢小学校校舎に加わることとなりました。

それにしても、彼らのバイタリティ、創造力、実現力、地域を巻き込む力はハンパないっ!

地域起こし協力隊制度を導入した当時(当時といってもまだ2年目っ!)には、全く想像していなかった事象が化学反応のように起こり続けている現実を目の当たりにし、自分の想像力の欠如を恥ずかしく思うとともに、彼らの活躍ぶりを本当に誇りに思います。

しただ塾受講生の皆さんっ!

これからの厳しい冬を経験しながらの4ヶ月が始まりますが、多くの仲間、地域の皆さんに思いっきり甘えて楽しく過ごしてくださいっ!

下田郷は、皆さんの不安を必ず溶かし、受け入れ、離すことはないでしょうっ!
posted by 国定勇人 at 12:57| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月02日

これが1つの理想形かも…

14780582252521.jpg

これまでも何度も申し上げてきているところですが、私達のまちで造られる消費者向けの最終製品系は“低価格競争からの脱却”が至上命題であります。

私達の最終製品系に係る政策群には、この“低価格競争からの脱却”が貫かれております(代表的なところは“燕三条工場の祭典”ですよね!)。

そして、この至上命題は、売り先の市場が国内であろうと国外であろうと、変わることはありません。どころか、中国を始めとする“低価格競争”について比較優位国とガチンコ勝負をしなければならない国外市場においては、この至上命題をより意識しなければなりません。

そういう意味では、先日開催されたJETRO新潟さんが手掛けられた海外バイヤーとのマッチングはある意味理想形なのかもしれません。

普通マッチングの場で想定されるのは“見本市”形式…

取引を希望する企業関係者が一堂に会する中、これもまた新たな取引を希望する企業関係者がその会場をグルグル廻り、商談を行っていくというものです。

これはこれで悪くはないのですが、“低価格競争”とは真逆の路線を走る製品群の取引をするには不向きな面もあります。

何故ならば、“何故この製品は(同製品の相場観と比較して)著しく高いのか”を納得しなければ買い手は付かず、徹底的に標準化されたブースでは納得いただくに足る環境を作り上げるのは極めて難しいからです。

やはり納得を得るためには、現場に触れることに如くはないし、現場の空気を共有した中で比較的まとまった時間を掛けて説明していくことに如くはないのです。

そういう意味では、まず世界10ヶ国において、“低価格競争”志向ではないバイヤーさんを選び抜き、その上で、それぞれのバイヤーに事前に詳しい企業情報、製品情報を与え、興味を持っていただいた企業に個別にアレンジして出向いていただき、個別商談を繰り広げていただくという、今回のJETROさんの方式は、まさに理想形です(もちろん、個別に日程を組み立てていかなければならないので、その労力たるや並大抵のものではありませんが…)。

この形は、本当にいいかも…

来年以降もこの方式を狙っていきたいと思います(JETROさん、宜しくお願いします!)。

14780581856370.jpg

さて、そうは言っても、今回のマッチングミッションを全員で共有する場も必要ではありません。

それが公式レセプション。

この公式レセプションで料理を担当されたのが、これもまた紹介が遅れ続けておりますが、銀座に出店を果たしたばかりの“燕三条イタリアンレストランbit”さん。

そのbitさんに、“日本料理をアレンジして出してくれっ!”と無茶苦茶なオーダーをしたのですが、見事に応えてくださいました。

とても美味しかったです!

それにしても…

早く銀座の話題に触れないとですね…
posted by 国定勇人 at 12:42| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

腹が減っては…

IMG_9007.JPG

三条商工会議所の正副会頭が今日で一斉交代となります。

斎藤前会頭を始めとする皆様、大変お世話になりました。

そして、兼古新会頭を始めとする新執行部の皆様、これから宜しくお願い申し上げます。

本日、新旧会頭さんの挨拶をいただいた(いただく)わけですが、この話もいずれしなければなりません。

また、先ほどはJETROの新潟所長さんと色々な打合せをさせていただいたのですが、先週開催された素敵なマッチングイベントのこともいずれご紹介しなければなりません。

でも、先ほども申し上げたとおり、書き込む余裕が残念ながらないのです。

という言い訳を書く暇があれば、1つひとつネタを上げていけばいいのでありますが…

それぞれ溜め込んだネタを書き終えるには30分は必要なので、上手くいきません…

というわけで、書き込んだ以上、何か写真を載せないと座りが悪いので、京都出張したときに立ち寄った“新福菜館”の中華そばだけを載せておきます。

腹が減っては戦はできませんからねっ!
posted by 国定勇人 at 12:32| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一向に改善の兆しなし…

14779593075140.jpg

以前から申し渡されていたので覚悟をしていたのですが、ブログを更新する時間が全くないっ!

出張の皺寄せ&来年度施策の玉出し協議が重なり、マラソンハイになるようなスケジュールが組まれておりまして…

でも、何とか来週からの中国出張までには、ストック分を吐き出さなければ…

というわけで、どうでもいいJR飯田線で撮った写真を掲載しておきます…
posted by 国定勇人 at 09:18| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

振り返れば奴がいる!?

IMG_9077.JPG

時間がない…

そんなときには、インパクトのある写真を!

さとちんと仲良く番組収録しておりますっ!
posted by 国定勇人 at 12:04| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月28日

災害対策本部の始め方

14776256269020.jpg

昨日開催された“避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドラインに関する検討会”にお招きをいただき、三条市の災害時要援護者対策を中心にお話をさせていただく機会を頂戴しました。

その後、各委員さんから各般に亘る課題について熱い議論が交わされたわけでありますが、どれもこれも重要すぎて、胸が苦しくなるほど…

そんな中、私たち公助の世界に身を置く者が一番心掛けなければならない災害対策本部が機能不全に陥らないこと、この重要なテーマについても、議論が及びました。

でも、これとて、経験をしなければ、積極的に頭を巡らさなければ、決して克服することのできないものであります。

但し、絶望する必要も、悲観する必要もありません。

肝要なのは、我々被災経験のある市町村が丁寧かつ分かりやすく“災害対策本部の始め方”を編纂し、それを幸いなことに未だ被災経験のない市町村の、できれば首長さんのところに押しかける形でも出向き、共に実践してみるということなのだと、仮にそれが間に合わない場合は、災害が進行している過程で、被災経験のある市町村の災害チームが押しかけ的に災害対策本部に赴きアドバイスをするということなのだと思います。

そのためにも、“水害サミット”の知見基盤は有用だと思いますし、その上で、この“水害サミット”がどこの馬の骨かを保障する国等のお墨付きがシステム化されると鬼に金棒だと思うのですよね。

ちなみに、写真に映っているボックスは、先日飯田市さんにお邪魔したときに、災害対策本部室に置かれていたもので、AEDのようにこのボックスを開けて、一枚一枚に書かれている任務を遂行していくと、全く事前の研修を受けていない人でも、一通りの災害対策本部の立上げが可能になるというスグレモノです。

こういう1つひとつの実践的なアイディアの積重ねが、災害時には特に許されないヒューマンエラーを取り除くことに有効なのですよね。

こうしたことも含めて、災害対策は本当に勉強勉強の連続であります。
posted by 国定勇人 at 12:59| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月27日

元祖高遠そば

14775573886291.jpg

夕方の新幹線に飛び乗り、19時から始まる内閣府の研究会に出席すべく、東京へ向かっています。

ちなみに、21時の研究会終了後は、再び新幹線に飛び乗り、三条へ戻るという大変慈愛に満ちたスケジューリングとなっております…

さて…

このまま埋もれるのもどうかと思い、少しだけ書き込みます。

皆さんは、“高遠そば”の存在をご存知ですか?

私たちにとって、“高遠そば”といえば、会津のお蕎麦でネギ一本で食べるアレを想像します。

が、あの“高遠そば”は、初代会津藩主である保科正之公が信州高遠城主だったときに大好物だった蕎麦を移封の際に持っていたのが起源だそうで、そういう意味では、先日お邪魔した伊那市高遠町の蕎麦が元祖ということになります。

折角お邪魔したので、高遠そばをいただいたのですが、これもまた美味っ!

流石に信州ですね。

securedownload.jpg

ちなみに、高遠そばはそもそも我が国蕎麦の発祥の地だそうで、今では5週連続の蕎麦祭りが開催されております。

5週連続というところに、強い自負心を感じますよねっ!

まだまだ、この蕎麦祭りはド真ん中ですので、立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
posted by 国定勇人 at 17:54| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

燕三条&TOKYO

14775408994671.jpg

いやぁ、殺人的なスケジュールが続いております…

そんな状況ですから短めな話題がいいと思っているのですが、今日、明日と二日間しか開催されない一大イベントがありますので、そのご紹介を…

今日、明日と二日間、日本海側最大級の見本市“燕三条ものづくりメッセ”が開催されております。

14775409682263.jpg

午前中、少しだけ覗いて来たのですが、3回目となる今回は過去2回の開催に比べて、お客様の数が比較にならないほど多いっ!というのが正直な印象です。

14775408435860.jpg

で…

今回、様々な仕掛けをご用意させていただいているのですが、その中でも最大級のものの1つが東京都さんとのコラボ企画。

東京都さんと東京商工会議所さんが一団となって、“燕三条ものづくりメッセ”に出展してくださいました。

これを東京都さん目線で紐解くと、“ALL JAPAN&TOKYOプロジェクト”の初プロジェクトが今回のコラボ企画となります。

ですから、陣ぶれも超豪華。東京都さんの本プロジェクトに賭ける想いがひしひしと伝わってきます。

&TOKYOプロジェクトの行く末を若干気にはしていたのですが、この情熱を事務局の皆さんがお持ちでいらっしゃる以上、心配はないでしょう!

14775409298132.jpg

何はともあれ、熱気溢れるスタートを切った“燕三条ものづくりメッセ”です。

仕事の種を見つけるためにも、是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 13:51| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月24日

ご当地グルメは中年男の敵っ!

IMG_9042.JPG

怒涛の一週間が終わりました。

今週の県外出張といえば、木曜日の内閣府検討会のゲストスピーカとしてお招きいただく瞬間芸的な日帰り東京出張のみっ!

というわけで、書きたいことがテンコ盛りなのですが、出張の皺寄せが怒涛の如く集中するという、いつもの原則が…

結果、いつもの如く、ショートネタで逃げ切りますっ!

各地域を訪ねると必ず出会うのが、ご当地グルメ。

しかも、ほぼ確実に、長い歴史の中で根付いた“本物の”ご当地グルメに巡り合います。

そして、巡り合えば当然口にしたい…というのが人の常でありまして…

そうした欲求に素直に従っていると、ブクブクと太っていきます…

というわけで、恐らく、ただ今体重マックスのブヨブヨ状態っ!

また走らないとまずいな…

ちなみに、写真は、名古屋メシの代表格、味噌見込みうどん。

“山本屋総本家”のものだったと思います。

ちゃんとお昼ご飯が講演会場で用意されているのですが、ご当地名古屋を訪問した以上、足を運ばないと失礼でしょっ!

というわけで、気持ちとは裏腹に、更に体重を増加させる道をひた走っております…
posted by 国定勇人 at 12:43| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月22日

南信州を訪問中

securedownload.jpg

実は今、飯田市と伊那市を訪れています。

この辺は三遠南信地方と呼ばれているそうで、既に県の概念がないっ!

写真は飯田市長さんと…

ご報告はまた改めてっ!
posted by 国定勇人 at 09:24| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月21日

君は、三代夫婦を知っているか?

14770085069541.jpg

皆さんは“三代夫婦”という言葉をご存知ですか?

親・子・孫の三代が揃っている夫婦を指す言葉です。

こうした言葉が存在するということは、その言葉が存在するだけの必要性があるということでありまして、橋の渡り初めなど、おめでたい儀式に欠かせないのがこの“三代夫婦”であります。

ちなみに、この三代夫婦による渡り初めを調べてみると、江戸時代には既に見受けられているようで、三代夫婦そのものが珍しくおめでたいこと、夫婦が三世代に亘って繋がっているように橋も永続的であってほしい、という願掛けが込められているようです。

と…

こんな偉そうに書いておりますが、私自身はといえば、市長になって経験するまで、この我が国の伝統が受け継がれたおめでたい儀式の存在を知りませんでした…

14770084397430.jpg

というわけで、先日の永田新橋の開通式で、市長就任後3回目となる三代夫婦の渡り初めに立ち会うことができました。

14770083389390.jpg

見事な秋晴れの下行われた貴重な儀式は、晴れやかな中にも、どこか厳かな雰囲気が漂い、でもまた、それを多くの参加者の笑顔が優しく包み込むという、積み重ねてきた我が国の伝統だからこそ漂う重層的な複雑に交錯した特別な“何か”が全体を覆っておりました。

それにしても、三代夫婦としての大役を見事に果たされた目黒家の皆様、大変お疲れ様でしたっ!

14770085969103.jpg

それにしても、橋の開通式だけで、私はこれまで何回臨んだのでしょうか?

三代夫婦が見つからなかったものも含めると、就任後10年で記憶にあるだけで少なくとも6回は臨んでおります…

この数の多さは専ら二度にわたる水害に起因をしております。

それが原因なだけに、復旧にご尽力をいただいた全ての方々に感謝申し上げるのはもちろんのこと、二度とこうした災害を起こさない、或いは万が一の災害が発生したときに被害を最小限に食い止めることができるよう、平常時から備えを行ってはならないと、晴れの舞台で決意を新たにするわけであります…(昨日は名古屋で水害の講演をさせていただいたのですが、これもまた大水害を立て続けに2度被った市長の務めだと思い、精一杯お話をしてまいりました)

14770085528762.jpg

さて…

これだけの開通式を行った大半の橋の欄干には、不肖私の書いた文字が刻まれております…

今回もまた…

自分としては、これが精一杯なのですが、橋を通る全ての方々の目を汚してしまっているかと思うと、本当に恥ずかしくなります…

と言いながら、写真に収めている自分もどうかと思いますが…

せっかくですので、ご笑覧下さいませっ!
posted by 国定勇人 at 09:37| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月20日

不思議な感覚…

14769249336660.jpg

今日はこれから名古屋で水害関係の講演…

しっかりと依頼された役割を果たしたいと思います。

さて…

昨日まで京都だったのですが、京都といえば「◎◎条」…

当然、「三条」もあります。

通りに由来する三条は、橋の名前や駅の名前に始まり、河原町三条付近の飲食店は軒並み“三条”“三条”“三条”っ!!!

実に、不思議な気分に包まれます…

そういえば、こんな三条だらけの京都に、どうやら燕三条系ラーメンが進出した模様です。

こちらのラーメン本に掲載されておりましたっ!

京都の人は、このチャレンジをどのように受け止めるのでしょうね?

いつか取材してみたいと思います…
posted by 国定勇人 at 10:04| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月18日

西へ東へ

14765338796690.jpg

昨日は日帰り上京。

今日、明日は京都。

明後日は名古屋。

一旦夜だけ三条に戻って、その翌日と翌々日が長野県の飯田市と伊那市。

それぞれの案件は、講演であったり、パネリスト参加であったり、総会主宰であったり、視察であったりと、多岐に渡っていますが、自業自得とはいえ、さすがに詰め込み過ぎましたな…

でも、張り切って打ち込みますっ!

さて…

昨日と今日の仕事のメインである“2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合”の取組がNHKさんに紹介されました。よろしければ、こちらをどうぞっ!

14767496932460.jpg

さて、三条にもようやく秋の匂いがほんのりと漂い始めました。

これからの季節は、下田郷が最高っ!

是非是非お立ち寄り下さいませっ!
posted by 国定勇人 at 10:15| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月17日

県知事選の結果を受けて

皆様方もご案内のとおり、今回の県知事選において米山さんが当選をされました。

民主主義の根幹そのものである選挙を通じての県民のご判断が下されましたので、しっかりと重く受け止める所存です。

これまでの間、支えてくださった多くの皆様方に、心からの感謝を申し上げたいと思います。

本当にありがとうございました。
posted by 国定勇人 at 09:39| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月14日

私は、森たみお候補を応援します。

14764354452350.jpg

新潟県知事選の投票日も間近に迫ってまいりました。

私は、徹頭徹尾、森たみお候補を応援しています。

森候補を応援する理由を思いっきり簡潔に申し上げれば、“実行力”“実現力”を有している候補者は森候補だけである、ということ。

今回の選挙は言うまでもありませんが、県知事を選ぶものです。

県知事は、人事権や予算編成権を始めとする執行権の行使という重い責任を伴うポストです。

ここが議決権を有する複数の議員を選ぶ議員選挙とは決定的に違うところで、知事という椅子に就いたその瞬間から、県政運営に関する全てを当選したその人がたった一人で担わなければなりません。

もちろん、その判断基準は、選挙を通じて有権者との間で交わされた公約になるのですが、この公約を実現するための導線の長短を言えば、議員よりも首長の方が圧倒的に短いということです。

では、知事という椅子を得られれば全て公約を果たせるのかというと、答えはノー。

まず、地方自治は二元代表制ですから、知事だけで全てを決めることはできません。丁々発止の議論は繰り返しながらも、議会に納得していただかなければ、1円たりとも予算を執行することはできません。

加えて、新潟県を始めとする私たち地方公共団体は財源も完全に独り立ちできない財政構造となっておりますので、議会にそもそも提案する予算を編成する段階から既に、国や民間、近隣県や県内市町村からの支援、協力、連携を仰がなければなりません。

そのために不可欠なのは、ズバリ“人脈”。

これは、人が社会で生きていく以上不可欠であるのと同時に、この人脈の豊富さが、適宜適切な政策を生み出させ、政策実現の仲間を増やし、政策に深みや広がりを与える原動力そのものになる、と、市長を10年やってみて痛切に思い知らされます。

この“人脈”の豊かさ、それらを通じた調整力こそが知事に求められる“実行力”“実現力”であると同じ首長として皆様に断言できます。

今の新潟は、“よし。知事になったから、これから人脈を広げていくぞ!”と悠長に構えていられるほどの時間的余裕は残念ながらありません。

ありとあらゆる分野で即戦力が求められております。

ある意味、公約は誰もが自由に言うことができますが、この“実行力”“実現力”は過去の蓄積抜きに、一朝一夕に手に入れることはできません。

私は、この1つだけでも、森たみお候補を新潟県知事に就任させる十二分な価値があると思っております。

最後に原発に関して一言。

当時長岡市長だった森たみお候補は、福島第一原発事故の後、私達県内30市町村長に声を掛け、原子力災害に対する研究をする場を設けました。恐らく、あの場が設けられなければ、私達三条市は、未だに原子力災害について、広域的な観点で議論をする機会すらいただけなかったでしょう。

そして、1人ひとりの市町村長はか弱い立場かもしれませんが、県内市町村長が30人結集することにより、東京電力をテーブルに就かせ、それまでは、つまり2011年までは、新潟県、柏崎市、刈羽村にしか認められなかった協定について、その一部を他の28の市町村とも締結させることを認めさせ、判を押すところまで漕ぎ着けることに成功しました。

この最大の立役者は、森たみお候補です。

この殆どマスコミで報道されていない事実1つとってみても、森たみお候補の原発に対する厳しい姿勢を単なる口先だけではない、具体的な形として感じ取っていただけるのではないかと思います。

以上、徒然なるままに、森候補に対する思いを書き綴ってみました。

皆様方にも共感していただけると幸甚であります。
posted by 国定勇人 at 18:37| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月12日

燕三条工場の祭典に求められるもの

14762543247650.jpg

少し触れましたが、今年の“燕三条工場の祭典”では、様々なスピンオフ企画、連動型企画が目白押しでありました。

燕三条駅で皆様をお迎えした“燕三条ブランキングアート”は2回目からのパートナーであり、年若い“燕三条工場の祭典”の中では、すっかり古株的存在となりました。

14762543776221.jpg

そんな中、今後の“燕三条工場の祭典”を考える上での座りの良さを感じたのは、昨年オープンした三条ものづくり学校を舞台とした常設型及び特設型の各種ワークショップ、そして中川政七商店さん主催の“大日本市新潟博覧会”でありました。

14758799790251.jpg

とりわけ、“大日本市新潟博覧会”は、来場者の購買意欲を十分に満たすだけの規模、内容を併せ持った“購場の祭典”機能を如何なく果たしていただいただけでなく、開催期間中、数々のトークセッションを次々と繰り出し、来場者の知的好奇心を満たすことにも成功しました(初日の私と中川社長さんの対談は空前絶後の不人気でありまして、さすがに凹みましたが…まぁ、これが正当な評価だと受け止め、私の出番を除いた上で、“成功”と表記させていただくことを大いなる自虐的精神を以ってここに報告させていただきます…(涙))。

やはり、こうした中核的拠点は、来年からも必要なようですな…

というわけで、中川社長、採算度外視で来年も私たちと組みませんか!?

以上、公開プロポーズでしたっ!
posted by 国定勇人 at 16:07| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青田買いの極致

securedownload.jpg

先ほど、岩手国体のカヌースプリント・カナディアンシングル500mで見事優勝した三条市体育協会の當銘選手の表敬訪問を受けました。

元々“1位を取ってきます”と言って国体に臨んだ選手でしたので、快挙を達成したというよりは“ちゃんと結果を残しました”というような大物感が既に漂っています。

となると、私たちの期待はもちろん、4年後の東京五輪に移ってしまうのですが…

“東京五輪は狙えるの?”という質問にも、“このまま精進を続ければ、日本代表にはなれると思いますが、自分としてはメダルを目指したいと思います”と堂々たる宣言っ!

頼もしいぜっ!

君が三条市体育協会でよかったぜっ!

四年後目指して、僕たちも一生懸命盛り立てていきたいと思います。

皆さんも、當銘選手に注目をっ!
posted by 国定勇人 at 13:08| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月11日

縁の下の力持ち*サークルのノリ*愛=燕三条工場の祭典

14761617892992.jpg

それにしても、“燕三条工場の祭典”が開催された4日間至るところでゲリラ的にレセプションが行われたり、スピンオフ企画が行われたりと、正直なところ、誰も全体像を把握していないのではなかろうか…と嬉しくも邪推してしまうくらいに、市内各所から歓喜の花火が打ち上がり続きました。

でも、こんなことが一度に実現できるのも、実行委員会の皆さんはもちろんのこと、“燕三条工場の祭典”のファンとして熱心に、企画、運営、情報発信などなどに携わってくださる、いわゆる縁の下の力持ちの皆さんのお力添えがあってこそのことっ!

普段、そんな縁の下の力持ちの彼ら彼女らは表舞台の影に深く潜行しているのですが、“燕三条工場の祭典”の素晴らしいところは、多くの仲間がそれぞれの仲間を優しく温かくいつも見守っていて、支えあっていることっ!

14761617326420.jpg

そんな根底に流れる思いやりが時折、形になって浮上することがあります。

しかも、大学サークルのようなハチャメチャな形でっ!

私が今回目にしたのは、三条ものづくり学校で行われた初日の公式レセプションでのこと…

私も一介の参加者として楽しんでいたら、“このレセプション会場で、ハッピーバースディのサプライズ企画をするから、市長も歌を歌ってくれないか?”との無茶振り(!?)が…

聞いてみたら、“燕三条工場の祭典”の初回から熱を入れて情報発信に努めてくださっているHOW INC.さんMK女史の誕生日をサプライズで祝っちゃおうとのことでしたっ!

いや〜、盛り上がったし、面白かったな〜!!!

でも、何よりも本人が感動してくれたのが本当に良かったっ!!!

こういうことでしか恩返しできないから、ハッピーバースデイを歌えて、僕がハッピーでした!

14761617497351.jpg

ちなみに…

彼女へのプレゼントは、特別に包装されたインスタントラーメンだったのですが、このインスタントラーメンを運んできた岡持ちが相当有名なフォトグラファーだそうでっ!

話を伺うと、東京での仕事の合間に三条に来たので、岡持ちの格好のまま新幹線に飛び乗り、このサプライズが終わった後、再び岡持ち姿で東京にトンボ帰りするとのことっ!(三条での滞在時間、わずか2時間程度だったのでしょうか…)

どこまで徹底して遊んでいるのかっ!

こういうノリ、大好きですっ!

こうした雰囲気が“燕三条工場の祭典”に無限の可能性を感じさせるのかもしれませんね。

こうした素晴らしい方々に囲まれて、燕三条地域は本当に幸せ者ですっ!
posted by 国定勇人 at 14:20| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

工場の祭典ロス…

14761547590681.jpg

何なんだ、この喪失感は!?

本当に大勢の方々に足をお運びいただいた“燕三条工場の祭典”が幕を閉じ、再び日常が訪れたここ一両日…

行く前から楽しみにしていた旅行が終わってしまったような、楽しかった夏休みが終わって2学期のつまらない授業が始まってしまったような、あのブルーな感じ…

非日常性が濃縮された4日間だったからこそ、この喪失感が凄まじい…

でも、それだけ、“燕三条工場の祭典”が成功し、多くの方々の心に強烈に刺さったということなのかもしれませんね。

14761547125130.jpg

三条市長としては今後、この“燕三条工場の祭典”の成果報告を待たなくてはなりません。

これまで何度も申し上げているとおり、“燕三条工場の祭典”の成果は来場者数の多寡ではなく、どれだけ面白い、驚愕するような、或いはほのぼのとする、そして何よりも、ものづくりに愛のあるストーリーの1つひとつをどれだけ拾い束ねることができるかどうかに懸かっております。

特に今年は、このイベントのためだけに南アフリカから来た2人組のような、外国ネタがほしいところっ!

集まり次第、皆様にも紹介しますねっ!

14761547936792.jpg

いずれにしても、皆様方のお蔭で、何とか最後まで“燕三条工場の祭典”らしく、このイベントを終えることができました。

では…

来年再び工場の扉が開くそのときまでっ!

さようならっ!(何か閉会イベントがほしいな…来場者も気軽に集えるような…来年の実行委員会の皆さん、ちょっと考えましょう!)

14761548217883.jpg

(写真は野崎忠五郎商店さんの工場の扉が開いた様子。こういうドデカ系も涎が出ましたなっ!)
posted by 国定勇人 at 12:02| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月08日

今日のような雨模様はデマンド交通をどうぞっ!

14758952125761.jpg

三条市では、今回の“燕三条工場の祭典”に合わせ、本来であれば運行していない今日、明日の土日2日間も、デマンド交通を特別に運行しておりますっ!

だけでなく、燕三条工場の祭典に参加いただいている工場にアクセスしやすいように、臨時停留所も設置しております(写真はたまたま昨日までのところですが、参加可能な曜日に合わせて臨時停留所を開設しておりますので、今日、明日と開放している工場の臨時停留所はもちろんオープンしております。ご安心を!詳しくはこちら)。

ですので、今日のようなあいにくの天候でも、雨に当たることなく、貴方の行きたい工場に、お手頃なお値段でアクセスできますっ!

14758951672060.jpg

臨時停留所に辿り着いたら、貴方のお目当ての垂涎の空間はすぐそこっ!

関係者一同、お待ち申し上げておりますっ!
posted by 国定勇人 at 12:04| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

燕三条工場の祭典*大日本市新潟博覧会=∞

14758799062080.jpg

燕三条工場の祭典が異次元級の盛り上がりを見せつつ、今日からの後半戦に突入します。

何といっても、三連休の土日ですからねっ!

どこに行こうか決めていない全国各地のものづくりファンの皆さん、ぶらりと燕三条地域へ足をお運びください。

クルマで10時間くらい飛ばしてくるだけの価値は間違いなく、ありますよっ!

しかも、三条側のまんなかでは、昨日の“さんじょうバル街”に続き、“本寺小路あかり物語”も同時開催されているほか、明日には、全国各地の凧の揚げ師が大集結する凧揚げ大会も開催されるなど、もう目が白黒するなんてレベルではないほどのイベントの目白押しっ!

14758799790251.jpg

で…

更には、燕三条工場の祭典のメイン会場では、中川政七商店さんがプロヂュースする大日本市新潟博覧会も行われているのですから、もう燕三条に足を運ばない理由は見つからないでしょっ!

善は急げっ!

燕三条地域へ、レッツラゴー!
posted by 国定勇人 at 08:04| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月06日

燕三条工場の祭典、始まったよ!

14757296680340.jpg

時間がないので、簡潔に…

14757297105301.jpg

待ちに待った“燕三条工場の祭典”が始まりましたっ!

今年の注目ポイントは、外国からのお客様の動向…

既に、南アフリカかたのお客様が見えられているとの情報がっ!

私も2,3廻りましたが、超最高っ!

皆様もお見逃しなくっ!
posted by 国定勇人 at 14:00| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月05日

以心伝心

IMG_8936.JPG

不思議なもので…

大学時代の友人と落ち合うこととなったら…

運命の分岐点にいる友人が現れて…

挙げ句の果てには、中国に赴任していたはずの友人が現れて…

運命の妙を感じた次第…

僕の学生時代、万歳っ!
posted by 国定勇人 at 22:24| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

そこまでやるか!?三條新聞っ!

securedownload.jpg

昨夕、そろそろ退庁しようかな…と思っていると、“燕三条工場の祭典の開催に向け、準備が着々と進んでいるので、ちょっと覗いてみてほしい”という三條新聞の記者さんからの密告(!?)が…

折角なので、お邪魔してみると…

何なんだ、この気合の入れ様はっ!

玄関のピンクのストライプはもとより、2階入口でのご案内、動線に至るまで、初参加とは思えない完成度っ!

14756221348650.jpg

で…

再度ビックリしたのが、このチラシっ!

1枚目の案内図だけでなく、三條新聞仕様でのおもてなしっ!

社長さんを始めとする皆さんは“左下の広告欄が面白いでしょ?”と薦めてくるのですが(これはこれで、究極の自虐ネタ!)、驚愕すべきはその上の記事欄にあるエリアごとの発行部数とシェア率っ!

普通、新聞業界はこの種の数字は絶対に外に出しませんからっ!

それを何度となく社長さんには申し上げているのですが、この日も、“でも、本当のことなんだもの…”と泰然としておられます…

最近時々見る番組に“ぶっちゃけ寺”というものがあるのですが、それを遥かに凌駕するぶっちゃけ度っ!恐れ入ります…

それにしても、ありがたいことです。

“燕三条工場の祭典”は地元の皆様にも楽しんでいただきたい…

できれば、子ども達には特に見ていただきたい…

これが開催当初からの私の希望でした。

そのためには、このまちの皆様に“燕三条工場の祭典”の存在をもっともっと知っていただきたい。

そういう意味でも、今日の三條新聞さんの記事のように、燕三条工場の祭典のことを取り上げていただくことが本当にありがたいことです(今日は新潟日報さんにも取り上げていただきました。本当にありがとうございます)。

さぁ、いよいよ明日から開幕っ!

空前絶後の4日間を大いに楽しんでくださいませっ!(三條新聞さんの製作工程ももちろん自由に覗いていただけます。三條新聞さんにも是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 08:28| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月04日

君はユニークべニューを知ってるか!?

14755656562101.jpg

と偉そうに書きましたが、私も、その言葉を知ったばかりということを前提に書き込んでいきたいと思います。

ユニークベニュー

ここ最近、観光庁が推進している政策の1つのようでして、“歴史的建造物、文化施設や公的空間等で、会議・レセプションを開催することで特別感や地域特性を演出できる会場”を表す言葉のようです。

IMG_8826.JPG

で…

今回、アンテナの非常に高い燕三条デザイン研究会さんがこのユニークベニューの考え方を早速取り入れていただき、三条鍛冶道場で実践してくださいましたっ!

14755655922020.jpg

いや〜、これは意外っ!

いつもの三条鍛冶道場とは異なり、非日常的な空間が創出されるのですよねっ!

このように、日常生活の延長としての懇親会とは異なるため、“この空間では、人の悪口とかのネガティブな情報が飛び交わないっ!”という参加者のご意見に納得であります。

IMG_8830.JPG

この素敵な空間を演出する光と音の仕掛けも相当リーズナブルで、“今度の燕三条工場の祭典で採用しようっ!”という某諏訪田製作所さん(某になっていないっ!)のような即決型の会員さんもいるほどっ!

私も思わず、“本年度中にやります”と宣言してしまいましたが、本気で進めたいと思います。

14755676103740.jpg

今回のケータリングは三条スパイス研究所さんによるものでしたが、こちらのメニュー構成も最高っ!

三条スパイス研究所の位置する“ステージえんがわ”も、ユニークベニューの会場としても面白いかもしれません。

いずれにしても、時代の最先端をいつも貪欲に取り入れようとする燕三条デザイン研究所さんのような気風が私たちのまちを活性化させます。

私たち行政も取り残されないように、必死で喰らい付いていきたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 17:25| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

垣根の低さがご愛顧いただける秘訣!?

IMG_8877.JPG

この週末行われた年間通じて最大規模の“三条マルシェ”ですが、天候にも恵まれ、また皆様方からご贔屓いただいているお蔭で、8万人を超える皆様に足をお運びいただきましたっ!(関連記事はこちら

本当に、本当に、感謝感謝であります…

14755466817470.jpg

また、この10月マルシェは、北は北海道、南は九州に至るまで全国各地から交流出店いただけるのも“売り”になっており、この充実の一途を辿る交流出店の規模もまた、満員御礼の大きな要因ではないかと感じております。

全国各地からの皆様にも、心から感謝申し上げます。

IMG_8874.JPG

さて、私自身、“三条マルシェ”がご愛顧いただけている理由を自己分析してみると、これまでも何度も触れているとおり、三条マルシェ特有の垣根の低さにあるのではないかと感じております。

足をお運びいただく皆様も、出店されている皆様も、同じ笑顔を共有しているというか、売り手と買い手という単純な向かい合った関係にないというか、同じ雰囲気に包まれているというか、とにかく、そんな独特な感じが三条マルシェを支配しているのです。

そして…

今回、こうした空気感を端的に伝えることのできる衝撃的な事件(!?)が起こりましたっ!

お蔭様で今回のマルシェで通算110万人目のお客様を表彰させていただいたのですが、その前に表彰させていただいた100万人目のお客様が…

なんと、今回の三条マルシェでは、出店者側に回っていたのですっ!

これぞ、三条マルシェマジックっ!

三条マルシェを触媒に起こった化学反応そのものでありますっ!

14755468010842.jpg

とはいえ、三条マルシェも進化し続ける努力を怠ってはなりません。

さすがに、7年目を迎えると、否が応にもマンネリ感が漂い始めます…

これをいかに払拭していくのか…

来年が正念場かもしれません。
posted by 国定勇人 at 11:33| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月03日

工場で美意識が共鳴する

securedownload.jpg

いよいよ“燕三条工場の祭典”が間近に迫ってまいりました。

10月開催の大規模“三条マルシェ”と並び(こちらの様子についてはまた改めて…)、燕三条地域最大のビッグイベントの到来ですっ!

本当に、本当に、胸が躍りますっ!

14754869088311.jpg

さて…

それに先立ち、ちょっとフライングしてきちゃいました…

というのも、この週末、ドイツを拠点に世界で活躍されているチェリストの水谷川優子さんと、ポーランドを拠点に世界で活躍されている山本貴志さんが演奏旅行で来条されたので、ジャンルは違えども、同じく世界で評価されている鍛冶職人の技をその目で見ていただこうと、吉兼刃物製作所さん日野浦刃物工房さんにお連れしてきたのでありますっ!

securedownload4.jpg

この企てでありますが…

見事にハマりましたっ!

やっぱり一流は一流を知るのでしょうね。

お二人が鍛冶の世界にあっという間に惹かれていく様子が手に取るように分かるのですっ!

securedownload3.jpg

一昔前、某コーヒーメーカの“違いが分かる男の…”というキャッチコピーがありましたが、まさにあのとおりっ!

そんな場面に居合わすことができ、案内している私まで嬉しくなってしまいました…

14754868693900.jpg

さて、違いが分かる皆さんにも、これから違いが分かることになる皆さんにも、今週木曜日の6日から、燕三条の工場の扉が開かれます。

securedownload2.jpg

JR東日本さんが臨時列車を運行されるほか、三条市のデマンド交通の特別運行、燕三条地域全体のタクシー割引制度など、二次交通もまた、昨年よりも大幅に改善して、皆さま方をお迎えいたします(関連記事はこちら)。

皆さんの、その高まる期待は裏切りませんっ!

今週後半は是非とも燕三条地域にお越しあれっ!
posted by 国定勇人 at 19:08| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月30日

審査の着眼点が嬉しい

14752067086543.jpg

今年オープンした全天候型広場“ステージえんがわ”がグッドデザイン賞を受賞しました(関連記事はこちら)。

受賞いただいたこと、それ自体がありがたいことでありますが、それを上回る喜びはその受賞対象にあります。

今回の私どもの受賞は、“ステージえんがわ”という箱モノに対してではなく、ステージえんがわの“取組”というソフト事業に対して送られました。

14752067367314.jpg

これは、ハードよりもソフトを先行させてきた、より意識してきた私たちにとっては、本当に意義深いこと。

この点に着目いただき、評価いただいたことが何よりも嬉しいっ!

オープン以来半年にして、平日の午前、午後それぞれ何かしらのイベントが行われるようになりました。

人の好みは十人十色。

だから、イベントの種類を千差万別に繰り出す必要があります。

この動きがきっかけとなり、どの方々にも1つくらいは琴線に触れるイベントがある、それをきっかけにステージえんがわに足を運んでいただく、その積み重ねがその人のライフスタイルを変える、その動きが社会化することで、街全体の流れが変わるという広がりに繋がれば…と夢想しながら、敢えて無目的に活動を展開しております。

14752067562775.jpg

こうした私たちの心の動きを見透かしたかのような今回の受賞。

本当に嬉しいですっ!

では、どんなイベントが繰り出されているのか…

来週以降、私の触れたイベントについて、紹介していきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 12:38| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月29日

次の語り部探しを…

14751415202830.jpg

一昨日、BS11の“報道ライブINsideOUT”に出演し、石井国土交通大臣、毎日新聞の松田さんとともに、水害対応について論じてまいりました。

このテーマで私がどれだけ貢献できたのかどうかは視聴者の皆様のご判断に委ねるほかないのですが、自分の能力はさておき、番組終了後、毎日新聞の松田さんとひとしきり話題となったのは、“次の語り部をどうするのか?”というもの…

お蔭さまで、水害サミットをベースに我々サミット参加市町村は毎年毎年知見を積み重ねてきております。

また、この積み重ねてきた知見を多くの市町村に啓蒙するため、豊岡市の中貝市長さん、見附市の久住市長さん、そして不肖私の代表発起人メンバーが全国各地に足を運ばさせていただいております。

お蔭で、私たち3人は、数多くの防災関係者と出会うことができ、或いは全国各地の仲間を得ることができました。

そして、中貝市長さん、久住市長さん、毎日新聞の松田さんのお導きにより、水害サミットも充実の一途を辿っております。

でも…

この順風満帆な体制が未来永劫続くわけではありません。

私たちもいつまでも市長を務めるわけではありません。また、最後の被災から、ある程度の年月が経過して、水害サミットで研鑽を積んでいるとはいえ、近年の災害対応に実体験を持って語り続けることができるのかどうか一抹の不安を抱くことを禁じ得ません。

水害サミットを永続的に存続させ、全国の市町村に情報発信し続けていくためには、次の語り部探しに、そろそろ本腰を入れていかなければなりません。

少なくとも、“そういうことを意識して水害サミットを運営していきましょう”というのが松田さんとの話し合いで得られた共通認識でした。

不幸にも、今年もまた全国各地で水害が多発しました。

被災市町村長は、それぞれの被災地の復旧に責務を有することはもちろんのこと、図らずも得ることとなったその経験を他の市町村や次の世代に語り継ぐ責務をも有していると私は考えます。

どうかどうか、まずは水害サミットに参加いただき、願わくば、私たちの次の水害の語り部になっていただきたい…これが今の率直な想いです。

市町村長様方の勇気ある踏み出しを心から祈念いたします。
posted by 国定勇人 at 21:00| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月28日

我らが風景、リオデビュー!

niigata_1.jpg

オリパラ首長連合の動きも多重化、重層化してきております。

昨日の打合せでのこと…

リオデジャネイロのオリパラに合わせ、ジャパンハウスの一部を間借りして、首長連合会員市町村から提供いただいた“我が街、我が郷の誇れる風景”をショーアップした様子の報告を受けました。

自分達のまちの風景をリオデジャネイロの街でPRすることができたというだけで、実に感慨深いものがあります。

でも…

それ以上に、これら写真の数々をキュレーションしたサイトそのものの仕上がりにもうっとりします…

絶対に期待を裏切りませんから、是非とも、こちらをご覧くださいっ!

ちなみに、上の写真は、しらさぎ森林公園のホタルの舞う様子ですっ!

信じられないっ!
posted by 国定勇人 at 16:33| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二元代表制は機能しているのか?

14750408901511.jpg

昨日の某研究会で、我が国の地方自治の根幹を成す二元代表制が機能しているのかどうかについて、厳しいご指摘をいただきました。

この点については、どのレベルに到達すれば二元代表制が機能していると評価するのか、それによって相当印象が変わると思っているのですが、こればかりは当事者以外の方の評価に委ねるほかないと思っております。

ただ、その上で、当事者として敢えて申し上げれば、マスコミで話題となっているような他の地方議会と比べれば、私は、三条市と三条市議会からなる二元代表制は一定の機能を果たしているのではないかと思っております。

例えば、写真のこれ。

今回の定例会では、平成27年度決算の審議をいただいたわけですが、審議を重ねていく中で、“三条市の介護保険運営が健全以上の実績を上げている中、介護保険料率についてはもっと柔軟に運用することで、少しでも早く被保険者に還元することが可能ではないか”との機運が議会の中で高まり、その結果、今回の決算認定に際し、全会一致で、次期介護保険計画の策定時期を待たず、来年度予算からでも介護保険料率の是正を検討すべき旨の附帯決議をいただくこととなりました。

これはもちろん、出来レースでも何でもなく、まさに議会審議を通じて浮かび上がった事柄なのです。

私は、こうしたことの積み重ねが二元代表制を深化させていくものと確信をしているのですが、当事者以外の見方からすると甘いのでしょうか…

正直、図りかねるところであります…
posted by 国定勇人 at 14:34| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月27日

生放送告知

securedownload2.jpg

今日もまた、東京出張。

既に関東平野を東京に向け驀進中です。

そして今回もまた、オリパラ首長連合の打合せ、霞が関関係者、しかもお歴々の集う某研究会でのプレゼン、関係国会議員への三条案件の説明など、公務がてんこ盛りなわけですが、それに加え、生放送出演が2本っ!

折角なので、正々堂々の告知を行いたいと思いますっ!

まずは、県内向け地上放送。

本日、18時15分過ぎからのBSN県内ニュースで、燕市長さんと一緒に生放送します。お題は、燕三条イタリアンレストランbitさんの銀座初上陸に合わせ、同店内で燕三条の世界観をお伝えするコラボ企画を取り上げていただくもの(これについては改めて、ご報告申し上げたいと思います)。

続いては、BS放送。

本日、21時からのBS11さんの報道番組“報道ライブ21INsideOUT”に、石井国土交通大臣と一緒に、近年度重なる水害についての特集番組に出演します。

ご関心のある方は是非どうぞっ!

securedownload.jpg

燕三条駅も“燕三条工場の祭典”に向け、お迎えの準備が始まったようです(関連記事はこちら)。

こちらも楽しみですねっ!

では、頑張って行ってきます!
posted by 国定勇人 at 10:03| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月26日

「旅する」がいいねっ!

160921_0026.jpg

先週の2日間だけ開催された“旅する新虎マーケット”プレイベントが、雨降りにも関わらず大盛況のうちに終わりました。

どれくらい大盛況だったかというと、今回のテーマが“ドラフトビール”だったのですが、初日にして2日目までのストックが全て完売してしまったほどっ!

2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合”のリーディングプロジェクトであっただけに、まずはホッとしているところであります…

160921_0007.jpg

でも、何よりも良かったのが、他の類似イベントと目されるものとの差別化に自信が付いたこと。

“僕達のプロジェクトは単なる地方物産市に終わらせないっ!”というのが密かに決めていた最低合格ラインだったのですが、これがなかなか難しい…

そんな中、度重なる議論を経て、コンセプトが収斂化され、最終的に“旅する新虎マーケット”という言葉に凝縮されるに至ったのですが、この“旅する”という差別化するべきキーワードがここまで広がりのあるものになるとは、当事者自身気付きませんでしたっ!

160921_0038.jpg

このプレイベントを開くまでは、この新虎通りを舞台に、地方に散りばめられている日本の良さを“旅する”感覚で体感していただいて、できれば実際にそれぞれの地方に“旅する”ところまで辿り着けばハッピーだねっ!と始めたわけですが、旅したのはそれだけではありませんでした。

160921_0089.jpg

まず、主催者側である出店都市同士が旅し合いました。

今回のテーマは“クラフトビール”だったのですが、通常のイベントでは、各地のクラフトビールを並べて、はい終わりっ!だったはず…

でも、ここに各地の誇るビールを飲む陶器やタンブラーという横串しが差されることによって、深みが一層増しました。

つまり、どのクラフトビールと酒器がお互い旅し合うことによって、縦割りだけでは想像もできなかった新たな視点が生まれる可能性が芽生えたのです。

160922_0016.jpg

ビールのおつまみにも広がりが出ました。つまり、会員市町村同士のそれぞれの自慢の農産物がマリアージュし、新たなオードブルが提供できる可能性も広がりが出てきたのですね。

僕達の知らないところで、食材自身も旅していたのです。

160922_0035.jpg

旅は、主催者同士に留まりません。

今回提供した酒器は販売することとしたのですが、これが2日間で2桁単位でお客様の元へと旅立っていきました。

きっと、各ご家庭のテーブルでビールとともに佇んでいることでしょう。

160922_0059.jpg

とにかく、自信が付きましたっ!

これで、来年2月から東京オリパラまでのぶっ通しイベント“旅する新虎マーケット”は間違いなく成功することが約束されましたっ!

テーマも3ヶ月毎に目くるめく変わっていく予定っ!

160922_0054.jpg

この2日間を見逃した方も、大丈夫っ!

来年2月からはぶっ通しですからっ!

乞う、ご期待っ!
posted by 国定勇人 at 13:45| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月25日

麺を成仏させたい…

securedownload.jpg

たぶん、お蔵入りしそうなので…

こちらは、この前の上京の折に立ち寄った九段下の“八咫烏”。

鶏油以外は動物系を全く使っていないので、スッキリした味わいです。

securedownload2.jpg

こちらは、我が市の誇る日帰り温泉施設“いい湯らてい”の地産地消型イタリアンレストラン“GozzoLatte”の新メニュー、三条産鶏卵を使ったカルボナーラ。

マジで絶品です。

特に、こちらは、これから温泉も下田郷もシーズンを迎えますので、是非是非ご賞味あれっ!
posted by 国定勇人 at 16:58| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月24日

このつけまつげ、チョモランマ級!?

securedownload3.jpg

今日から2日間、燕三条地場産業振興センターで“燕三条食の陣・カレー博”が開催されております。

お蔭さまで、オープン直後から大入り満員っ!

食欲の秋に相応しい料理の数々や食に関するワークショップの数々が貴方をお待ちしております。

そして、この方も貴方を…

securedownload2.jpg

それが、この方。さとちんさんですっ!

かねてから気になっているつけまつげの長さですが…

流石に気合が入っているらしく、世界最高峰を誇っているのではないかと思うほどにそびえ立っております。

さとちんさんの登板は今日限りっ!

是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 11:40| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月23日

幸先の良いスタート

14745990142510.jpg

“旅する新虎マーケット”プロジェクトですが、お蔭様で幸先の良いスタートを切ることができました。

詳細は改めてっ!
posted by 国定勇人 at 11:54| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月22日

新虎通りに急げっ!

securedownload.jpg

連チャンの日帰り上京です。

昨日、今日と、東京オリパラ首長連合のリーディングプロジェクト“旅する新虎マーケット”の2日間限定プレイベントが開催されております(関連記事はこちらなど)。

今回のテーマは“クラフトビール”。

天候、気温とも、ビールに最適とは言い難い天気予報ですが、そんなことは構わないっ!

善は急げっ!

虎ノ門ヒルズのある新虎通りへ急げっ!

詳細は後日っ!
posted by 国定勇人 at 09:53| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月21日

もはや神技

14744321575852.jpg

今日は、“燕三条工場の祭典”実行委員長と一緒に社会科見学。

世界で認められている道心斎正行の玄翁鍛冶工房です。

14744322037473.jpg

まぁ、とにかく圧倒されます。

ものを生み出すエネルギーとはこれほどまでに神々しいものなのかと…

古来日本人の技への追求心はかくも神懸かっていたものかと…

それを今日見ることのできる奇跡がいかに貴重で荘厳なものであるのかと…

具体的に説明することの陳腐さをこれほどまでに感じることはありません。

14744319500340.jpg

日本の技の極致は“神業”と表現されますが、この何世代にも亘る日本人のたゆまぬ努力と探究心の結晶を体得した神のような領域は言葉では決して伝わらない…五感で感じるしかないのです。

ありがたいことに、神の手、神の感覚を持つ正行さんから、“燕三条工場の祭典”への参加を受諾いただきました。

今年は間に合わないかもしれませんが、来年には必ず…

この神々しい世界を是非体感してみてくださいませ。

14744321050251.jpg

もちろん、“燕三条工場の祭典”は今年も開催いたしますっ!

今年の“燕三条工場の祭典”は、“耕場の祭典”“購場の祭典”という2大スピンオフ企画付きっ!

これまでご覧になった方も、まだ足を踏み入れたことのない方も、是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 13:52| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月20日

100歳パワー

IMG_8736.JPG

ところで、敬老の日の本題を…

毎年100歳を迎えられた方々のお宅に訪問をさせていただき、お祝いをお渡しさせていただいております。

というのは表向き任務にありまして、100歳を迎えられた方々に1日で一度にお会いできる得難い機会を捉えて、長寿の秘訣を探る密かなミッション(!?)を嬉々として果たしているのでありますっ!

さて…

今年、三条市内で100歳を迎えられた方は26人。

そのうちお邪魔することのできた方は20人でありました。

今年の顕著な傾向は…

まずは、男性が多くいらっしゃったことっ!

訪問した20名中4名でありました。一見少なく感じるこの数値でありますが、これまで男性が皆無だった年が多かったことを思い返すと、この数値は驚異的であり、我々男性陣には希望の光なのでありますっ!

次に、健康な100歳が非常に多かったことっ!

今日の三條新聞にも書かれておりました写真の高橋さん以外のお宅でも、応対に出ていたご主人と延々話し込んでいても一向に100歳の主役が現れず、10分程度の時間が経過して、“よっぽど具合が悪いのかな?”と心配していると、そのご主人が“自分は昭和17年に工兵部隊に配属されまして、ペリリュー島の戦線へ向かい…”と昔のことを語り始め、それでようやく目の前のご主人が100歳のご本人だったことが判明するなど、“そろそろ「本人です」とか分かりやすい目印を掲げてほしい”と冗談を言いたくなるほど、80歳前後の方々と見分けの付かない方々が本当に数多くいらっしゃいました。

しかも嬉しいのが、そのうちの何人かは“さんちゃん健康体操を楽しみにしている”とおっしゃっていただいたことっ!

さんちゃん健康体操”は100歳を迎える方にまでその存在が知られ、取り組まれているのですねっ!市長でいながら、知らなかったことがお恥ずかしい…

それにしても、いつも100歳の方々にお会いすると感じることがあります。

それは、100歳の方とそのご家族がまずは明るい穏やかな雰囲気を持っているということと、100歳を迎えられた方は特に独自のルーティンを持っているということ。

特に前者はつくづく感じます。

この世知辛い世の中、特に政治、行政に身を置くからでしょうか…批判的な風潮、余裕のない風潮が渦巻いている中、この明るい穏やかな雰囲気を醸し出すまでに日々を積み重ねるのは並大抵のことではない気が致します。

何かこう…自分が小学生のとき、田舎のおじいちゃん、おばあちゃんの家に行ったときのような感覚を覚えるのですよね。そして、ふんわりと、でもしっかりとした元気の源を与えてくれるのです。

これは、100歳という特別な境地に至った方のみぞ持つオーラであり、それをサポートし続けたご家族、ご親族に共通する必須能力なのかもしれません。

そんなこんなで、今年もまた、秘密のミッションを成し遂げることができましたっ!

今は100歳以上の方が49名、三条市内で住んでいらっしゃいます。最高齢が105歳ですから、5年後以降は毎年110歳訪問ができるように、私達もスマートウェルネスシティ政策を始め、福祉政策にまい進していきたいと思いますっ!
posted by 国定勇人 at 15:43| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

泉田知事とのラストショット!?

IMG_8736.JPG

また改めて書き込みますが、昨日の敬老の日の100歳のお宅訪問はとってもエキサイティングでしたっ!

写真は、泉田知事と一緒に訪問した高橋ハナエさんでのもの。

これまでの数ヶ月間、県知事選を巡って様々なことがありましたが、こうして100歳もの長寿を迎えられた方の前では、そんなことはとっても小さく感じてしまいます。

もちろん、知事も私も、一緒の気持ちで高橋さんの長寿をお祝いすることができました。もちろん、心からの敬意を込めてっ!

繰り返しになりますが、私が市長に就任してから10年近く、これまで知事との間では様々なことがありましたが、こうしたハレの場で、しかも100歳の長寿を迎えられた方を前にしては後進を歩む者全てがただひたすらその方を敬うほかのない心穏やかな場で、二人での最後の公務を終えることができたことに、ただひたすら感謝申し上げたいと思います。

高橋さんと神さまに感謝申し上げますっ!
posted by 国定勇人 at 10:09| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月16日

選挙は民主主義の根源

14738390715070.jpg

今日開催された臨時市長会。

僅か15分で終了っ!

ですが、この15分が市長会にとっては千金に値する貴重な時間であったことは言うまでもありません。

何故ならば、ここ数ヶ月、様々なことが起こったわけですが、それを乗り越え、再び一枚岩で踏み出す時間となったのですからっ!

IMG_8726.JPG

さて、ここ数日、公務の合間を縫って、森たみお候補予定者或いは候補夫人をお連れして、はたまた完全に格落ちでありますが私自身が候補予定者の代役となって、市内企業を中心に市内各所にお邪魔して、森候補の人柄はもちろん、彼の掲げるビジョンや政策に触れていただきました。

今回、同行させていただき、つくづく感じるのは、“選挙こそ、民主主義の根源であるっ!”ということ。

選挙戦を睨みつつ、改めて現場を巡ってみると、普段の市長としての仕事だけでは得ることのできない様々な気付きの場面に遭遇します。

これは恥ずかしいことではあるのですが、意識すれども、日常の公務の連続の中では、こうした現場に漂う本音を全て感じ取ることはできないのです…(少なくとも、私の能力では…)

ですから、選挙という新たな目線で現場に再び入り込むことはとても重要っ!

この数日は、森たみお候補予定者はもちろんのこと、私にとっても、黄金の数日となりました。

そうそう。

来る県知事選挙には、森たみおを宜しくお願い申し上げます。

(今回の現場廻りで気付いた幾つかについては、後日改めてご紹介したいと思います)
posted by 国定勇人 at 15:33| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【読書感想文】左遷論

102364.jpg

何となく手にした本がこちら、楠木新氏の著書“左遷論”。

市長になってから、直接人事に携わるようになりましたが、俗に言われる“左遷”というのは、この本の副題にあるように“組織の論理、個人の心理”の一言に尽きます。

大事なことは、“左遷”意識は個人の心理から生まれる以上、直接発令(厳密には内示)する者が発令(内示)される側に、“何故そうするのか?”ということをしっかりと伝え、できれば納得できるレベルにまで持っていくことだと思います。

私の場合、課長以上の異動内示と課長補佐への昇格とポスト内示は、私自身が直接行いますが、ここに留意する必要があるのだと改めて感じたところです。

ちなみに…

今ほども書いたとおり、左遷意識は、組織の論理と個人の心理のギャップから生ずるものであり、世に言う左遷というものは基本的には存在しないのではないかと思っています。

少なくとも、自分の経験上は…

本書でも基本的には同様の見解を貫いており、例えば、明治時代の文豪、森鴎外は、軍医監(少将相当)に昇任した上で、第12師団軍医部長として小倉赴任をしているのですが、このことを森鴎外本人は“左遷された”と思っているのですが、その後、陸軍軍医総監(中将相当)に昇進して軍医トップである医務局長に就任しているところからみても、小倉左遷は本人の思い込みにしか過ぎないのですよね…

でも、ここに人事の難しさを感じます。

なかなか面白い本ですので、是非どうぞっ!



こんな読書感想文を書いていたら、大学時代の友人で同じ日に中国留学に旅立ち、その後16年間も北京に滞在し続けた泉京鹿さんから、彼女自身が翻訳された“紫禁城の月”という本が届きました。

プロフィールを見ると、母校フェリス女学院大学の非常勤講師をされているのですねっ!

みんな立派な大人になっているなぁ…

自分も頑張らねばっ!
posted by 国定勇人 at 11:23| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月14日

県知事候補予定者

14738390715070.jpg

三条をより知っていただくため、有意義な時間を過ごしました。

詳細は後日改めて…
posted by 国定勇人 at 16:48| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月13日

強迫観念に駆られるいつもの件

14737562759570.jpg

今日は、記者会見があったり、あんなことやこんなことがあったりで、なかなか忙しい一日を過ごしました。

でも、ブログは更新しなければという強迫観念に駆られ、無理矢理書き込んでおります…

写真は、いつものラーメンネタ。

東京出張の時にお邪魔した新橋の“麺屋7.5Hz”さん。

大阪高井田系の名店です。

随分前に食べたものですが、美味しかった!
posted by 国定勇人 at 17:53| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

潜入取材

14736505097710.jpg

拙ブログで度々登場している“ステージえんがわ”。

今日の一般質問でも取り上げていただきましたが、毎日毎日何かしらの企画モノが行われております。

でも、具体的には一体全体何をしているのか?

そんな皆さんの疑問(!?)にお応えするため、不詳私、潜入取材してきました。

取材してきたのは、三条ものづくり学校でのワークショップと組み合わせた“えんがわワインパーティ×ものづくり”イベント。

私は、諸般の事情のため、ワークショップは遠慮させていただき、ワインパーティからの参加です(「こいつ、ワインを飲みたいだけだろ?」という核心を突いた疑問を持たれた皆様、それ以上突っ込まないでください…)。

14736505770521.jpg

ワインの講師をしていただいたのは、パリでミシュラン1つ星を獲得している日本料理店“あい田”のオーナーシェフ相田さんです。

以前、拙ブログでもご紹介したとおり、相田さんは三条出身で、元いいとも青年隊っ!

そんな不思議な経歴の持ち主ですが(!?)、今ではパリで大活躍をしており、TBS系の人気番組“情熱大陸”にも出演されたことがあります。

で、このイベント第二部“ワインパーティ”の進め方なのですが…

14736506062623.jpg

相田さんがワインの選び方などを解説してくださり…

そのワインに合うおつまみを料理教室“ラ・キュイエール・トモ”を主宰する高橋さんが参加者と一緒につくり…

14736506319134.jpg

あとはひたすら…

14736506528145.jpg

飲む…

14736507164797.jpg

食べる…

14736506744196.jpg

飲む…

飲む…

でも、とても贅沢な時間を過ごすことができました。

あまりに気持ちが良くなって、参加者の何人かを我が家に連れ込み、2次会をしちゃった…

う〜ん…

全く参考にならなかったと思いますが、こんな雰囲気で“ステージえんがわ”の毎日が展開されておりますっ!
posted by 国定勇人 at 12:45| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

昭和47年生まれはチェック柄がお好き!?

securedownload.jpg

ステージえんがわ”を舞台にした地方都市だけが持ちうる贅沢な時間の過ごし方を週明けにでも紹介しようと思っているのですが、写真を整理していると、ノリで撮った写真が出てきたので、折角なのでご紹介を…

追って紹介する予定の“ステージえんがわ”で行われたイベントで偶然同じテーブルとなった写真の3人…

みんな昭和47年生まれです(このうち1人は全国デビューしたことがありますね(ヒントはナイナイ&お見合いっ!))。

で、ですね…

何で一緒に撮ったのかというと…

みんなチェック柄だったのですっ!

偶然にも、昭和47年生まれのオジサンはみんなチェック柄…

果たして、昭和47年生まれはチェック柄好き説は成立するのでしょうか!?



そうそう。

どういうわけか、自分の公務に入っておらず(別公務との兼ね合いで顔を出すのが難しいと判断したのかもしれませんが…)、参加できないのが残念なのですが、地方都市だけが持ちうる贅沢な時間を過ごすことができるイベント“三条楽音祭”が明日開催されます。

自然豊かな環境の中で、しかも手作り感満載の空間の中で、音楽に浸りながら、そして好きなものを食べ、愛するものを飲みながら、ゆったりとした贅沢な時間を過ごす…

そんな素敵なイベントです。

是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 15:38| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月09日

さとちんと始めるぜぃ!

IMG_8114.JPG

ちょっと地元コミュニティFMの話題をば…

燕三条エフエムさんの番組の中に、三条市の行政情報番組“ピックアップさんじょう”というのがあります。

そして、さらにその中に、私が一方的に話し続けるコーナーがあります(というか、ありました…)。

で…

更に申し上げれば、このコーナーが至上稀に見る酷い出来映えでございまして…

言い訳をすれば、ド素人の私に、映像の助けもない音声のみのラジオ番組を託すというのが無理筋なわけでございまして…

ということで、この度、大英断をすることとしましたっ!

助けを求めた相手は、“あの”さとちんさんっ!

そうです。我らが誇る天才パーソナリティでありますっ!

で、どんな番組にリニューアルしたのかということですが…

まぁ、写真から想像してみてくださいませ。

というわけで、新たなコーナー“さとちん参上(三条)!”を宜しくお願い申し上げます。
posted by 国定勇人 at 18:13| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方都市だけが持ちうる贅沢な時間A

IMG_8691.JPG

昨日は、まちの真ん中での地方都市だけが持ちうる贅沢な時間について触れましたが、今度はもっと直球ド真ん中です。

舞台は、下田郷の中でも荘厳な雰囲気に包まれた八木神社。

ここを起点に練り歩く“雨生の大蛇祭”です。

IMG_8709.JPG

毎年参加するたびに、圧倒されるのがこの圧倒的な荘厳さ。

神々はこうしたところに宿るのか(実際に神社なのですが…)と思える神秘に満ちた世界。

自然と神、そして人間との関係をそれこそ自然体で感じさせる、ある意味で贅沢な時間を過ごすことができます。

まぁとにかく、三条に移住して良かった…

そう思える場面が至るところに散りばめられている…それが今の三条です。
posted by 国定勇人 at 12:42| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月08日

依然として好きではありませんが…

14733041356765.jpg

お蔭様で、三条市のふるさと納税が順調です。

これまでも何度か言及したような気がするのですが、私は、税金を弄ぶかのようなふるさと納税制度には反対なのですが、同制度を所管している総務省が止めるそぶりをみせないので…

いかに悪制度なのか範を示すため(!?)、方針を一転し、返礼品たっぷりに舵を切ることとしました。

爾来2年近く…

冒頭にも申し上げたとおり、皮肉にも、お蔭様で順調に推移しております。

さて、写真は、お昼にもご紹介した“三条マルシェ”での1コマ。

このフルーツカービングを三条果樹専門家集団がふるさと納税として出品いただいております。

是非ご覧いただき、お申し込みくださいませっ!
posted by 国定勇人 at 17:01| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地方都市だけが持ちうる贅沢な時間

14733039261650.jpg

先日の“三条マルシェ”。

9月とは思えない猛暑の中ではありましたが、冷房がバッチリ効いている“ステージえんがわ”と“三条鍛冶道場”が会場の中核に位置していたので、随分と助かりました…

14733039862921.jpg

それにしても…

このエリアを会場にした“三条マルシェ”をブラブラしながら、つくづくと“三条市に移住してよかったなぁ…”と思います。

14733040273642.jpg

何というか…

身構える必要がないのですよね…

それでいて、ダサいわけでもない。

身構えない程度のスタイリッシュさに包まれている…

14733040631743.jpg

規模も、自分の存在が存在として認知される程度の絶妙なもので、自分自身が単なる他人に留まらず、何となく、自分も“三条マルシェ”に貢献した感覚を覚える…

それが、出展者側にも、来場者側にも、等しく漂っている…

14733040848894.jpg

これが都会だと、一人の人間では何も貢献できないと端から諦めてしまう規模感とプロ感が支配してしまい、楽しみの余韻が長続きしないし、喜びの深みが増しません…

表現しにくいのですが、都会ならではの疎外感から逃れることができず、少なくとも贅沢な時間を過ごしている感覚に包まれないのですよね…

14733041356765.jpg

“三条マルシェ”には、都会では持ち得ない要素、地方都市だからこそ手にすることのできる要素をことごとく持ち合わせています。

特に、“ステージえんがわ”を中心とする今回の会場では…

これは数値とかで計ることのできないものなのですが、それは直ちに気持ちに直接働きかけていることの証…

だから、しみじみ、“贅沢だなぁ…”と感じることができるのでしょうね。

そんな“三条マルシェ”ですが、次回は10月2日。是非足をお運びくださいませっ!
posted by 国定勇人 at 12:48| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月07日

ついに山が動く。

14732332985611.jpg

たしかに実感はありました。

燕三条工場の祭典”が僅か4年目にして加速度的に知名度を上げてきていることを…

たしかに予兆はありました。

私たちがお願いしなくても、“燕三条工場の祭典”に協力してくれる方々が爆発的に増えていることを…

14732332613360.jpg

でも、JR東日本さんまでがその輪に加わってくれるところまでは想像が付きませんでした。

しかも、その協力の度合いがハンパないっ!

この“大人の休日倶楽部”で特集してくれるだけも大変ありがたいのですが、何と“燕三条工場の祭典”期間中に弥彦線の臨時列車まで運行していただけるのですっ!

その名も“工場の祭典1号”“工場の祭典2号”“工場の祭典4号”

これって凄くないですか?

さらに驚くべきことに、この臨時列車運行のお願いを私どもの方からお願いしている形跡が見当たらないのです…

恥ずかしながら、私などは、この“大人の休日倶楽部”9月号を見て初めて知ったくらいなのですから…

担当職員にも関係方面を当たってもらいましたが、皆さん首を傾げているようで…

ということは…

JR東日本さんが自らの意思で決断をいただいたということではありませんかっ!

これほど、嬉しいことはありませんっ!

JR東日本さんの心を動かすほど、“燕三条工場の祭典”が光る存在となったということなのですからっ!

こうした多くの皆様のご厚意を裏切らないためにも、今までよりももっと楽しめる4日間にしなければなりませんねっ!

さぁ皆さん、10月6日から9日の4日間は、燕三条へレッツゴー!
posted by 国定勇人 at 16:49| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月06日

実学系ものづくり大学実現への第一歩

14731437322570.jpg

奇しくも私の誕生日だった8月30日、三条市実学系ものづくり大学開設検討委員会の第1回会合を開催させていただきました(関連記事はこちらこちら)。

こうした委員会が開催できるということは、少なくとも事務局を預かる私どもの覚悟が固まり、委員の皆様にご審議いただくための構想がある程度固まったということでもあります。

で、その基本的な構想ですが…

まず、誘致ではなく、三条市自らが設置を致します。つまり公立大学法人による運営を志向したいと思います。

この理由は単純。私どもが目指す実学系ものづくり大学は、今の日本に存在する工学系の大学とは一線を画す新しいコンセプトを持った大学(敢えてイメージを申し上げれば、カリキュラムや教える内容は工業高等専門学校に近く、それでも最大の相違は長期のインターン制度など徹底的な実践教育を主眼とする、そんな大学像です)なので、誘致しようにも実績のある大学が存在しないからです。

次に、設置場所ですが、燕三条駅近くに開院が予定されている県央基幹病院の近接地、そして同じく三条市が公設民営での設置を進めている看護系高等教育機関の隣接地です。

この理由は、学生はやはり広域エリアから通学が想定されるため、新幹線と弥彦線が通り、高速のインターがあるという広域的な交通結節点だからです。

最後に、開学スケジュールですが、平成32年4月の開学を目指します。

本当はもっと早いに越したことはないのですが、どうしても農振除外等の手続き、その後の土地区画整理事業に一定の時間がかかってしまうからです。こうした制約下での最短スケジュールで、看護系高等教育機関とともに臨みたいと思います。

さぁ、基本的方向性が固まりましたっ!

でも、ここからが本番。

何故ならば、これまでにない大学を志向するのですからっ!

尤も、あまり心配はしておりません。

それだけの素晴らしい委員さんに就任いただいたのですからっ!

平成32年度まで一気呵成に進めていきたいと思います。
posted by 国定勇人 at 15:55| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月05日

名誉市民ジャイアント馬場さん、誕生。

14730482270341.jpg

本日の三条市議会において、ジャイアント馬場さんが三条市の名誉市民となることが全会一致で決せられました。

ジャイアント馬場さんの生前の歩み、功績について改めて解説することが憚られるほど、その名前は、三条市民はもちろんのこと、日本国民に、そして国内外のプロレスファン全てに轟いております。

ジャイアント馬場さんが亡くなられてから17年…

昨年には十七回忌を終えているこのタイミングでの名誉市民決定に対して、様々な声があるかもしれません。

でも、今年春以来、ジャイアント馬場さんをこよなく愛するファン有志の皆さんが署名活動を始めてから僅か半年にして1万筆を上回るという事実を私たちは真摯に受け止めなければなりません。

没後18年を経過しても、これだけの数の市民、ファンの熱き声がある。

この事実ほど、ジャイアント馬場さんの功績の大きさを表すものはありません。

私ども三条市としても、今回の名誉市民決定を受け、ジャイアント馬場さんの生前の功績を次世代に伝えていくための検討を具体的に進めていかなければなりません。

それが、ジャイアント馬場さんに名誉市民を授ける原動力そのものとなった市民の皆様、ファンの皆様に対する最高のご恩返しであることを信じて…



先日、新潟日報の日報抄で、“「昭和が終わった」。その時代を彩った著名人の死を悼んで、そんな言葉が使われるようになって久しい。最近では、草創期から放送界を支えた大橋巨泉さんらの訃報が続き、女優の中村メイコさんが「これで本当に昭和が終わった」と嘆じていた。1999年、61歳で逝ったこの人の死も、昭和の終焉(しゅうえん)を強く印象づけたのではなかったか。プロレスラーのジャイアント馬場さんを名誉市民に推す議案が5日、出身地の三条市議会に提案される。市民団体が半年ほどかけて集めた約1万人分の署名が市を動かした。挫折を乗り越え、不屈の闘志で大輪を咲かせた。高校を中退してプロ野球巨人に入団。2年目には2軍ながらシーズン2桁勝利をマークし頭角を現す。が、病やけがが重なり、投手を断念。舞台をマウンドからリングへと転じ、どん底からはい上がった。生涯現役を通した。つらいときには、歯を食いしばって闘う自分の姿をよりどころにしてほしい−体力の衰えた晩年に語っている。馬場さんのそんな思いに、ファンも「リングに立ってくれるだけでいい」と惜しみない声援で応えた。国内通算5758試合。「氏の活躍は、昭和40年代から高度経済成長とともに世界の一流国の仲間入りを果たす日本の姿と照らし合わされ」「国民に夢と希望を与え続けた」。市議会に提案される議案に付された事績は、そうたたえる。どれほど昭和が遠くなろうと、その名を決して忘れない。署名に込められた市民の思いがかなうことを祈る”と触れていただきましたが、同様のコラム欄(!?)でも、日本経済新聞の春秋欄では相前後して“マスコミでは、亡くなって久しい作家などに敬称はつけない。歴史的人物の枠に入るわけである。どれくらい過ぎたら「さん」が取れるか微妙だが、せいぜい十数年だろう”との記載がありました。

これは、私だけかもしれませんが、敬称を付けないのは、こうした歴史的人物に加え、自分たちは遠く及ばない英雄的人物にも当てはまるのではないかと内心思っております。しかも、このカテゴリーは現役であっても当てはまるのではないかと思うのです。

例えば、プロ野球で言えば、子どものときから“王っ!王っ!”って叫んでましたけれども、それは心底尊敬の念を持ってのことでしたから…

実は、私にとって、ジャイアント馬場さんも同様です。

私個人にとっては、尊敬の念を込めて、馬場っ!、ジャイアント馬場っ!なのです…

立場柄、これまで同様、今後とも敬称を付けていきますが、本当は心では叫びたいっ!

“馬場っ!名誉市民になったよ!やっぱり凄い人だったんだねっ!”ってね!
posted by 国定勇人 at 13:06| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

We did it !!!

securedownload.jpg

今日の三条マルシェは、本当に暑かったですねっ!

それにも関わらず、足をお運び下さった皆様、そして出店者の皆様、ありがとうございましたっ!

不肖私も、エアギタリスト(!?)として、三条マルシェを満喫してきました。

この大変な日差しと気温の中、私どものステージを見に来てくださった皆さん、本当に本当に感謝ですっ!

中には、私のツイッターを見て、わざわざ見に来てくださった方もいて…

少し恥ずかしくて、遠慮気味に話してしまったのですが、本当は、とても嬉しかったです…

何はともあれ、We got it !!! or...目的達到了!!!

メンバーに最大の愛を送りますっ!(セカンドライフ応援ステーション経由での初ボランティア仕事が、私たちのバンドのビラ配りだったナイスミドルの三条への移住僅か1年余りの方にもっ!)
posted by 国定勇人 at 14:59| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月03日

宇部の思ひ出…

14729051612310.jpg

仕事の話をする前にどうかと思ったのですが…

忘却の彼方へと追いやられるような気がして…

宇部ラーメンです。

これは食べねばっ!と思って、一番人気と思しき店に向かったら、何と解体工事の真っ最中…

しかも、火事が起こったような形跡が…(後で、市長さんに聞いてみると、やはりお盆にボヤが発生したみたいですね…残念…)

というわけで、気を取り直して向かったお店がこちら。“味の三平”さんです。

茶濁濃豚骨こそ、宇部ラーメンの特徴っ!

おにぎりとの組合せも最高っ!

美味しくいただきましたっ!

posted by 国定勇人 at 21:26| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月02日

我がソウルフード、上陸っ!

14728207950590.jpg

僕は、ラーメンが大好きです。

そして、少なからずの方がそのことを認知されております。

でも、そんな方々をしても、僕がラーメンを上回る…例えば、長期の海外滞在を終えて帰国したときに、食べたい!と思うラーメン以外の…食べ物があることをご存知の方は少ないはずです。

そのトップシークレット(!?)ともいうべきラーメンを上回るソウルフードが、中学高校時代の駒場東大前にあった三島のたこ焼きと、大学時代の国立と国分寺にあったスタ丼の店のスタ丼であります(僕たちの大学時代のスタ丼の店はもっとディープでもっと入りにくかったのですが…そういう意味で、当時の流れを汲んでいるのは本当はこちら。でも、広義のスタ丼ということで、従来のスタ丼ファンの皆さま、どうかご理解ください…)。



前置きが長くなりました…

このうちの1つ、スタ丼の店がついに新潟に進出したのですっ!

これは、本当に嬉しい!

何せ、ラーメンには代替のお店があっても、スタ丼にはそれに代わるそれがないのですからっ!

さて、今晩、漸く食べることができました。

うん…

うまいなあ…

僕の青春の味だなぁ…

というわけで、抜群に上手いスタ丼を皆さまも、ご賞味あれっ!



ちなみに、小学校のときの思い出の食べ物は…と思っていたのですが、こちらの大丸焼きしか浮かばない…

大人になってからの僕しか知らない人には信じられないかもしれませんが、昔は甘いものが好きだったのです。

でも、餡子は子供のころから苦手だったから、大丸焼きの皮だけを食べるという…下品な食べ方をしていたのです…

ごめんなさない…
posted by 国定勇人 at 21:51| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ride On TIME

14727918374740.jpg

なかなか忙しいので小ネタを…

僕は飛行機が大好きっ!

あの究極の非日常感と洗練されたカッチョイイ空間が大好きっ!

でも…

最近は、それ以上に心地良さや快適さが勝ってしまうようで、離陸する前に夢の中に入り、着陸の衝撃で現実に戻るという残念なルーティンを繰り返しております…

14727917765100.jpg

そんな中、昨日、一昨日の羽田−山口宇部便は、珍しくフライト時間の半分だけを爆睡タイムに当てるという理想的な時間配分(!?)を実現できました。

で…

飛行中に撮った行き(朝)と帰り(夕)の外の景色がこちらっ!

本当に素晴らしいですっ!

と同時に…

頭の中は、山下達郎さんの“ride On TIME”のヘビーローテーション。

いつから、フライト中の頭の中を彼の歌が支配するようになったのかな!?

キムタクのドラマを見たわけではないのに…

その前は、ずっとスチュワーデス物語の主題歌がお決まりのヘビーローテーションだったのですが…

皆さんは如何ですか?
posted by 国定勇人 at 13:59| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月01日

帰ります!

14727183729200.jpg

宇部市での公務を終え、山口宇部空港から一路羽田へっ!

役員会では、新たな展望が見えてきました!

詳細は改めて!
posted by 国定勇人 at 17:24| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月31日

一路、山口へ。

14725939358140.jpg
今日は、オリパラ首長連合中国四国ブロック会議に出席するため、山口県宇部市へ。

台風一過の青空の下、稲穂が垂れ始めた越後平野を駆け抜け、まずは東京へ向かいます。

ということで…

旅に出ます。探さないで下さい。
posted by 国定勇人 at 06:51| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月30日

青天の霹靂

今日は、私の誕生日っ!

ですが…

こんなことやあんなことが重なって…

不思議な一日となりました。

しかし、こんなことってあるのですね…
posted by 国定勇人 at 18:17| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月29日

何を今更…

14724418948801.jpg

先週金曜日は国道289号線全線の整備促進のための期成同盟会総会のため、東京へ…

本同盟会の会長には、初代が田中角栄元総理、2代目が渡部恒三元衆議院副議長、そして現在が元国土交通省事務次官の佐藤信秋参議院議員を仰いでいるという大変重みのある同盟会なのですが、そうした睨みの効く同盟会のお蔭も手伝って、今回の総会では、唯一の交通不能区間である八十里越の開通時期を巡って、相当程度具体的な踏み込んだ言及がなされ、これまで長らく取り組んできた我々関係者は希望に胸を躍らせているところです。

もとより本事業は、お蔭様で国土交通省様の大変深いご理解の下、精一杯の事業費を投下し続けていただいているところですので、この巡航速度を保ってゴールまで駆け抜けていただきますよう、重ねてお願いを申し上げる次第でございます。

14724418461560.jpg

さて…

この懸案の八十里越に明日、泉田当県知事が来訪されるそうです。

もちろん来訪自体を拒むものではありませんが、包み隠さず申し上げれば、“何を今更!?”というのが正直な気持ちであります…

そもそも、この国道289号線八十里越区間は難工事の連続ということもあって、その大半を国土交通省さんが権限代行という形で直接工事に着手していただいており、新潟、福島両県庁が直接行うべき施工区間はほぼ終わっているというのが現状です。

しかも、この八十里越区間の事業促進を巡っては、私どもは“秘境八十里越体感バス”を運行したり、只見町さんとの交流イベントをしたり、国への直接要望に足を運んだりと、それなりに汗を掻いてきた自負心があるのですが、この間、全くといっていいほど、本県知事の影を感じたことはありません(そもそも、事業進捗の鍵は、現段階では国が全て握っているのですから、それはそれでいいのですが…)。

それが知事選を控えたこの時期に、これまで関心を寄せたこともない、更に申し上げれば、仮に今更関心を寄せたとしても、新潟県自らが大きく関与するものでもないためにさほど貢献する術もない、この事業の視察に来られるのか…

本当に理解に苦しみます…

3期12年間もの長きに亘って県知事を務められて、こうしたパフォーマンスにしか効果をもたらさないパフォーマンスをしなければならないことに失望の念を抱かざるを得ません。

今、三条市を含む県央地域は、県央基幹病院を始めまだまだ、パフォーマンスを行うことそれ自体に効果がある事業、課題が山積しております。

県央基幹病院のような自らが関与しなければならない問題には触れず、八十里越のような他人の土俵ばかりに土足で上がりこむ…それが3期12年も務められた知事が示す姿勢なのでしょうか…

今日の記者会見で、来る県知事選については、改めて森長岡市長を支持する旨を表明しましたが、この件については折に触れ伝えていきたいと思います…

ちなみに…

明日は私の誕生日。

台風を含めて、私の心も穏やかに過ごせる一日にしたいものです…
posted by 国定勇人 at 13:51| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DNAが受け継がれた瞬間

14720256328750.jpg

先日、行われた“キッザニア・マイスターフェスティバルin三条”。

ものづくりのDNAを次の世代にバトンタッチするためにキッザニアさんの協力を仰ぎ創り上げたこのイベントも今年で3回目を数えるまでになりました(関連記事はこちら)。

規模も300名を上回る次代の主役達の参加を数え、それ自体で既に達成感を味わうところでありますが、大切なことは、子どもたちの心にいかに“ものづくりのDNA”を刻み込むか…或いは、仕事の楽しさ、尊さを刻み込むかということ…

この点については、一日の長のあるキッザニアさんのアイディアをただひたすら仰ぎ、“キマフ”という通貨でお仕事の対価であるお給料を貰い、それでお買い物をするという本場キッザニア顔負けの仕掛けを組み込むなど、様々な“子どもが本気になる”工夫を施しているわけでありますが、3回目を数える中で、こうした工夫がようやく自然に子どもたちに伝わるようになったように思います。

14720258986054.jpg

私は、“ものづくりのDNA”を子どもたちの心に刻み込む肝は、いわゆる“なんちゃって感”を出さないことだと思っているのですが、それには、先に触れたキッザニアさんの様々な工夫に加え、やはり現場という圧倒的な本物感が功を奏しているのだと思います。

本物の工場で、本物の製品づくりに参画する…

これを上回る本物感はありません。

14720257995883.jpg

ですから、子どもたちの表情も真剣そのもの。

それは時折子どもたちから発せられる質問の鋭さからもビシビシ伝わってきます。

14720257204171.jpg

この取組、もっと横展開されていいと思うのですよね。

キッザニアを運営しているKCJグループの住谷社長さんによると、ここ数年で少しずつ同種の取組をしている自治体(都道府県や市町村)が増え始めているとのことですが、“ものづくり大国ニッポン”が形骸化しない前に、何とか裾野を広げなければなりませんね。

何せ、こうした取組が目に見える効果を発揮する(つまり、心を打たれた子どもが成長し、例えばものづくり現場に就職する)までに、少なくとも10年という時間を要するわけですから…

14720257615842.jpg

少なくとも、三条市は、お蔭様で“ものづくりのまち”として名実ともに生き残っているどころか、最前線で戦い続けているまちです。

私たちこそが、こうした取組の先鞭を付け、良き広告塔として道を切り拓く。

そんな気概で引き続き臨んでいきたいと思います。

ご協力をいただいた皆様、本当にありがとうございましたっ!
posted by 国定勇人 at 10:51| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月25日

【読書感想文】地方議員の逆襲

9784062883610_w.jpg

すっかりご無沙汰の読書感想文ですが、読書ペースは以前と変わらずなので、ブログ更新できていないストック分が蓄積されているのが現状でございます…

さて、本日ご紹介するのは、舛添前都知事の一連の報道の際にワイドショーに出演し続けていた佐々木信夫さんの著書“地方議員の逆襲”です。

これまでも何度も触れておりますが、我が国の地方自治の根幹は首長と議会からなる二元代表制です。

著者はこの視点に、地方分権の視点を加え、あるべき地方議員像を論じております。

私自身は地方議員ではないので本来は論評できる立場ではないかもしれませんが、少なくともクルマのもう片方の車輪から議員さんを眺めている限りにおいては、かなり真っ当な指摘をされている印象を受けます。

実は地方議員といっても、市町村の規模によって、待遇などが別次元と言っても過言ではないくらい差があるのですが、著者はこうした当然抑えるべき前提条件の違いもしっかりと抑えた上で議論を展開していくので、いわゆる東京目線の“なんちゃって”評論家・学者とは一線を画しており、こうした点からも好感を持って読み進めることができました。

今回の都知事選を巡り、俄かに脚光を浴びることとなった地方議員ですが、いつものテレビ局を始めとするメディアの癖で、全く本質を捉えていない“なんちゃって”情報が飛び交っている中、本当の地方議員像を知りたいと思う方にはおススメしたい良質な一冊だと思います。
posted by 国定勇人 at 10:20| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月24日

今年もやっぱり、ビビリー国定でございます…

IMG_8673.JPG

相変わらずのビビリっぷりを発揮しております。

こんなことで、9月4日の三条マルシェ、大丈夫か!?

ということで…

昨年に引き続き、誰からともなく命名された「マルシェバンド 國定”ビビリー”勇人とHis Friends」は、今年も自分たちの楽しみのためだけに9月マルシェに参加します。

1年以上経過しても、ほとんど技術の進歩が見られない私は音量無限“小”で臨みますので、メンバーはもちろん、皆様にも決して不快な思いはさせませんっ!

お昼だけちょこっとやりますので、安心して冷やかしに来てください。

そうそう。

嵐南小学校の校歌もやりますっ!

校歌が歌える子どもたちっ!

僕たちを助けに来てくださいっ!

宜しくお願いしますっ!
posted by 国定勇人 at 17:14| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どっちが目的?

14719975510682.jpg

子ども議会で“人工芝のサッカー場を三条市にもっ!”との熱き思いを子ども議員から頂戴した翌日、息子のサッカー観戦に、理想的な人工芝サッカー場である長岡市ニュータウン運動公園に行ってまいりました。

何度か足を運んでいるサッカー場ですが、子ども議員からの指摘を受け、改めてこの施設を眺めると、使い勝手のよい素晴らしい施設だなぁ…としみじみ感じるとともに、“この施設を造るのにいくらかかるのだろう…”と思わず溜め息が漏れます…(実際、レストハウス内にあった新聞記事の切り抜きに総事業費が明記されていて、更に溜め息が深くなったのは、内緒ということで…)

14719975184941.jpg

さて…

この運動公園の近くに、素敵なお店がありました。

それがこちら、“Sunny Freinds Cafe”さんです。

14719974709560.jpg

ここのカフェでは、本格的なバーガーが食べられます。

こうしたお店が生活圏内に当たり前のように点在するようになると、東京を始めとする都会に行こうっ!と本当に思わなくなりますよね。

食べ物の影響力は凄まじい…
posted by 国定勇人 at 14:27| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

衝動に駆られ…

14719398330920.jpg

恒例となりつつある極秘練習を終え、帰路についた道すがら、どうしても衝動を抑えきれず入ってしまいました…

大黒亭のカレーそばでございますっ!(直前まで燕三条ラーメン王国の国王陛下と一緒だったから、余計に衝動に駆られたのかもしれませんね…)

やっぱりいいっすね!

でも、やっぱりカレーだけあって発汗作用があるようで、店を出てから家に着くまでの自転車漕ぎは滝のような汗が…

これは新たなダイエットになるかもっ!
posted by 国定勇人 at 17:21| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月19日

子ども議会っ!

IMG_2550.JPG

今日から始まった“キッザニア・マイスターフェスティバルin三条”ですが、今年も350名を超える子どもたちに、ものづくりを中心とした三条の様々な仕事を体験してもらっています。

キッザニアさんと組んだ3回目を数えるこの素晴らしいイベントについてはまた改めて報告したいと思うのですが、この一環として、私たちも幾つかのお仕事を用意いたしました。

そのうちの1つが恒例になっている子ども議会っ!

今年も、我々の予想を上回る16人の三条への思いを強く持った子どもたちに挑戦してもらいました。

まず、エントリーしていただいたその心意気に、敬服したいと思います(何故ならば、自分が小中学生だったらエントリーする勇気も気概も持ち合わせていませんでしたからっ!)。

IMG_2577.JPG

それにしても、子どもたちの洞察力には頭が下がります。

質問の内容が完全に大人顔負けですもの…

現役議員さんも何人か傍聴されておりましたが、恐らく同じ感想を持ったと思います。

これで、三条の将来は安泰ですなっ!

少なくとも、そう心底思える心地よい時間でしたし、建設的な議論の場となりましたっ!
posted by 国定勇人 at 18:51| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無事に投げられたよっ!

IMG_8650.JPG

リオ五輪での日本人選手の活躍は本当に目覚しいですねっ!

レスリングの吉田選手だって、堂々の銀メダルっ!

重圧の中、よくぞ決勝まで勝ち進みました。決勝後のインタビューは思わず貰い泣きをしてしまいましたが、本当に素晴らしい結果だと思います。

さて…

そんな世界の大舞台の前に、自分の狭い世界での話なのですが…

私が市長に就任して以来苦手としている公務が幾つかあります。

その1つが始球式。

子どもの頃はそんなことはなかったと思うのですが、20代、30代と野球ボールを握らずにいると、ここまで酷くなるのか…というくらい、コントロールは儘ならず、飛距離は出ず…

ということで、“あんな始球式でどうしてノーバウンドでしっかり投げられないのだろう?”と無邪気に思っていた市長就任前の自分とは裏腹に、“始球式でノーバウンドで無事ミットにボールが届くだろうか…”と悩んで緊張する自分がいます。

今日は、そんな鬼門の始球式がありました。

舞台となったのが全国中学校軟式野球大会。

オリンピックは経験したことはありませんが、それなりに緊張しました…

で、結果ですが…

何とか、ノーバウンドで、キャッチャーのミットに無事納まりました…

でも、やっぱり苦手だな…
posted by 国定勇人 at 13:32| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月18日

僕の夏休みは終わりましたが…

14715086133600.jpg

僕の夏休みは終わりましたが、だからといって夏が終わったわけではありません(当たり前か…)。

夏らしい夏が続きますよねっ!

8月生まれの僕は夏男だと思っていたのですが、最近、ちょっと夏の暑さが身に堪えるようになってきまして…

夏が好きなだけに、この傾向は宜しくないですな…

でも、この夏らしい光の加減が大好きですっ!

思い切り、夏を満喫するぞっ!
posted by 国定勇人 at 17:26| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする