2018年11月06日

陰に陽に…

IMG_7995.JPG

もはや何も特別な出来事でもなくなっているので、拙ブログでもあまり書かなくなっておりますが、かなりの頻度で上京しております。

では、上京して何をしているのか?と言えば…

例えば、先週の上京では、午前中に国会議員会館の各関係国会議員を回り、午後は、経済産業省、外務省、国土交通省を訪問して諸々の仕事をこなす、という感じです。

IMG_7994.jpg

ただ、自画自賛と自己反省の双方の気持ちを込めて申し上げれば、この“諸々の仕事”をどのように組み込んでいくのかが大事であります。

例えば、今回の経済産業省の訪問では、表向きの仕事は“2020年東京オリンピック・パラリンピックを活用した地域活性化推進首長連合”のセミナーにおける主催者挨拶だったのですが(このセミナーは、インバウンド、五輪への地元農産物の活用に向けたノウハウ、ホストタウンの始め方など、内容そのものは充実していて、本当に勉強になるものばかり。地方ブロック単位で開催しますので、会員市町村の皆様は是非ともご参加下さいませ。絶対に損はさせません!)、同省内で同時にこなしてきた、私でなければ果たすことのできない三条市に旨味をもたらす仕込みの(ここでは書けない)仕事をいかにしてくるのかというのが大切であり、私を頻度高く東京に出張させる意義なのだろうと思っております。

IMG_7996.JPG

そういう意味では、ここでは書けないことをこなせばこなすほど、組み込めば組み込むほど、出張の成果があったというべきでありまして、それ故に、あまり東京出張のことを書けないのかもしれません…

こうした目線に立てば、経済産業省の表向きの仕事を除けば全て、ここでは書けない内容のことばかりだったので、このときの東京出張の収穫は大きかったのかもしれませんね!

ということで、今日も午後、東京出張に行ってきます。
posted by 国定勇人 at 10:00| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

我らの味方は三条発祥

IMG_8065.JPG

全国で働くお父さん、お母さん(どちらかといえば、お父さんですかね…)の胃袋を支えていると言っても過言ではない(いや、やはり過言ですね…)とんかつチェーン“かつや”。

本当に全国を席巻しておりますね!(関連記事はこちら

そんな我ら庶民の味方“かつや”のルーツが三条市にあることは皆さんご存知ですか?(以前、拙ブログでも少し触れたような気がしますが…)

そのルーツとは…

ホームセンター大手の上場企業の“アークランドサカモト”さん。

本日ちょうど本社にお邪魔したので、その後に敬意を表して訪問してきましたよっ!“かつや三条店”にっ!

まぁ、安定の味と価格であります。

これは同業他社は脅威でしょうな…

必ず、次回来店時の100円割引券も貰えますし…(個人的には、この割引券とは別に、来来亭のポイントがついにあと1ポイントで1ヶ月間並ラーメン無料パスをゲットするところまで到達したので、それをいつ行使すべきなのか迷いに迷っているところでありますが…)

これからもお世話になりますっ!
posted by 国定勇人 at 17:13| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創業の壁を乗り越えろっ!

IMG_8044.JPG

文化の日に開催された今年最後の“三条マルシェ”。

晴天にも恵まれ、本当に大勢のお客様に足をお運びいただきましたっ!(関連記事はこちら

IMG_8040.JPG

これだけでもありがたいことですが、三条マルシェの持つ力はこれだけに留まるものではありませんっ!

何といっても、化学反応の触媒たる役割が“三条マルシェ”の真骨頂っ!

この触媒としての役割を最大化するため、企画制作会社などには一切関与させず、全てを有志の皆さんとゼロから作り上げております。

出店するハードルも、他地域のどのイベントよりも圧倒的に低いっ!

実際、たまたま来場者○○万人目となった三条マルシェの来場者が、数年後の三条マルシェには出展者側に回っているほどっ!(これ実話です!)

更には出展者が実際の恒久店舗を開店し、創業者になるケースも片手では収まらないっ!

こんな好循環を更に高めていくため、私たち行政も指を咥えているだけではありません。

例えば、創業塾ポンテキア

高い創業率はおろか、圧倒的に低い廃業率で全国水準を遥かに抜きん出ているこの創業塾も、三条マルシェでのチャレンジ出店が相当程度このパフォーマンスを生み出すことに貢献しているのかもしれません。

実際、今年の塾生も確かな手応えを感じている様子でしたしっ!

そんなこんなで、究極の三方良し路線をひた走る“三条マルシェ”ですっ!

来年も引き続きご愛顧いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。
posted by 国定勇人 at 12:47| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月02日

政策自慢合戦

IMG_8007.JPG

十日町市さん、見附市さん、そして当市の3市対抗?の政策自慢合戦。

合戦と言っても順位を決めるのではなく、お互いの政策を知り合って、自らの施策反映へのヒントにしたり、普段はなかなか褒められる機会のない我々がせめて内輪では正々堂々と褒めあおうという趣旨で始めたのがこの取組。

今年ではや8年となります。

しかし、つくづく勉強になりますし、良い刺激を受けます。

こうしたプレゼンを国はもとより(コーディネータとして内閣官房まち・ひと・しごと創生本部からご出席いただいておりますが、それ以外にもという意味です)、県の職員には特に見ていただくべきだと思います。

もちろん、県がやっている政策の自慢が聞ける場があれば、私たちも馳せ参じますので…

何はともあれ、今回の政策自慢合戦に参画された職員の皆様、お疲れ様でした!そして、ありがとうございました!

また、会場準備等ご尽力を頂きました十日町市の皆様に心より感謝を申し上げます。
posted by 国定勇人 at 12:44| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

【読書感想文】ポピュリズムとは何か

102410.jpg

二日連続の読書感想文です…

今回ご紹介するのは、今、世界を席巻しつつあるポピュリズムについて論じた“ポピュリズムとは何か”というもの。

結論から申し上げると、読み応えのある一冊です。

これまで同種の本を読んできましたが、少なくとも私にとって“ポピュリズムとは何か”ということについて、ここまで腹に落ちる、説得力のある本はありませんでした。

この本の読みやすいところは、論理的本質的結論を第1章で伝え切り、第1章で述べたその結論をいかにして得るに至ったのかを歴史的に地理的に紐解いていっている点にあります。

また、既存のデモクラシー(≒間接性民主主義)とポピュリズムとの関係を明快に論じているところは、ここ数年のモヤモヤを晴らしてくれたと感じるほど清清しい。

まぁとにかく、おススメの一冊ですっ!
posted by 国定勇人 at 13:08| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

【読書感想文】地元経済を創りなおす〜分析・診断・対策〜

41mFB-foaSL__SX307_BO1,204,203,200_.jpg

書き綴る優先順位が劣後するのが読書感想文でありまして、ネタ切れのタイミングを狙っているのですが、なかなかそんなタイミングが訪れることのなく、気が付けば、どんな内容だったのかが記憶の彼方に…ということに…

ということで、久々の読書感想文です。

今回ご紹介するのは、枝廣淳子氏の“地元経済を創りなおす”という一冊。

思い切り要約すると、本書は、地元経済の現状を“見える化”し、地域経済の“濡れ穴”をふさぐ取組を重ねていこう!というのが主題となっております。

その掲げる旗印、意気込みは大いに評価したいと思うのですが、読み進めていくと…

う〜ん、様々なケーススタディを提供していただいて、それはそれで勉強になるのですが…

現実に直面しながら市政を預かっている立場からすると、いささか現実離れしているというか、労多くして…になりはしないかというか、あまり琴線に触れるようなことが少なくて…

個人的な見解ですので、お許しをいただきたいと思いますが…

敢えて申し上げれば、本書の処方箋が活きる地域というのは、比較的閉鎖的な経済モデルを有する地域なのかもしれませんね。

ただ、ロンドン出張の際、時間に余裕があれば、同書に紹介されているトットネスを覗いてみたいな!と心惹かれる事例も同書ではふんだんに紹介されておりますので、思考のヒントを得るという意味でも読む価値のある一冊だと思います。
posted by 国定勇人 at 12:34| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月26日

深化する三条鍛冶道場

IMG_7943.JPG

三条鍛冶道場がリニューアルしてからゆっくり眺めていないと思い立ち、秋晴れの爽やかな昼過ぎにお邪魔してきました。

“公共施設でも、頑張ればこんな値段で生まれ変わるのね”と妙に自信が付くほどの低廉な予算で仕上げた新たな空間は、今の私たちが求める洗練されたデザインを身に纏った見事なものに生まれ変わっておりました。コスパ最高っす!

IMG_7947.JPG

これはこれで十分満足する内容だったのですが、それ以上に満足したのが来場者。

私がアポなし突撃をした先ほどは、サンフランシスコからとハワイからの海外からのお客様がっ!

ハワイからのお客様は鍛冶体験に夢中だったので、意を決してサンフランシスコからのお客様に伺ってみると、現地で建築工務店を営んでいらっしゃっている方のようで、祖父が新潟にルーツがあることも手伝って、老朽化した大工道具の更新を念頭に入れつつの訪問なのだそう…(少なくとも、拙い私の英語理解力の範疇においては、そのように解釈しました…)

“陳列されていた全ての製品が欲しいっ!”と嬉しいお言葉をいただきました。

いつの間にか、こうした海外からのお客様も日常的に足を運んでいただけるような施設に成長を遂げていたのですね。

IMG_7948.JPG

もう1つの驚きが世界を席巻する我が国の某トップメーカーの技術陣が研修として鍛冶道場を訪れていたことっ!

同社の許可をいただくことを忘れてしまったので、具体的なことを書けないのが残念なのですが、伝統技術の対極に位置する現代技術の塊のような製品を生み出しているメーカが三条鍛冶道場を研修先として選んでいることに驚きを禁じえませんでした。

どころか、その本当に大切な工程の中で、伝統技術の粋を集めた田齋さんの鑿(ノミ)が使われているだなんてっ!

初めて知りました…

IMG_7951.JPG

改めて、僕たちはスゴイまちに生活しているのですよね。

自信と誇りが今まで以上に満ち溢れてきましたっ!

皆さまも三条鍛冶道場へ是非どうぞっ!
posted by 国定勇人 at 14:50| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三人寄れば文殊の知恵

IMG_7928.JPG

燕三条ものづくりメッセ”を巡っていると、色んな“なるほどっ!”に巡り合えます。

何故、とあるキットの総重量を2トン以下に抑えようと必死になっているのか?などなど、その答えを聞くと、“なるほどっ!”とハッとさせられたり、“なるほど…”と唸ったり…

駆け足で廻るつもりだった会場視察も、気付けば、あっという間の2時間となるほどですっ!

ただ、素人の私では、この面白さを翻訳してお伝えできる能力もないので、同じ出展ブースで見つけたエンドユーザ向け製品の話題を…

IMG_7927.JPG

まずは、鉛筆削り。

“今さら鉛筆削り?”と思う勿れっ!

包丁工房タダフサのパン切り包丁に初めて触れてみたときと同様の衝撃を覚えましたっ!

私は正直不器用なのですが、こんな私でも、気持ち良く鉛筆が削れるのですよっ!

最終的には、完全に本末転倒となってしまって、あまりにも気持ち良くて鉛筆を最後まで削りたくなってしまうほど…

まさに、タダフサさんのパン切り包丁を初めて手にしたときと、或いは永塚製作所のマジップを初めて手にしたときと同じ衝動です…

美大や芸大の学生さんや芸術家、或いはデザイナーの間で絶対に流行りそうな逸品ですよね。

IMG_7932.JPG

続いては山登り用のケトル。

注ぎ口の部分など、使わないときは反って邪魔になるようなところが着脱可能になっている上に、デザインも美しい仕上がりになっています。

私は山登りをしませんが、山登りが本業の(!?)経済部長は、驚きの値段を聞いても“それくらいの値段で済むのですか?”と欲しい気持ちが一向に止むことはありませんでした。

IMG_7931.JPG

ところで、このブースで紹介されているこれらの商品の共通軸は、多くのプレイヤーが参画して、それぞれの持ち味を活かしながら商品開発が進められているというところ。

こうした水平連携がものづくりのまちの持続可能性を確固たるものにしていくのだと、改めて気付かされましたが、この点についての考察はまた改めて…

ということで、本日が最終日の“燕三条ものづくりメッセ”。

皆さんも、物見遊山がてら如何ですか?
posted by 国定勇人 at 09:34| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

燕三条ものづくりメッセ、始まる。

IMG_7917.JPG

昨日より3日間、“燕三条ものづくりメッセ”が開催されております(関連記事はこちら)。

燕三条工場の祭典”がエンドユーザ向けであれば、“燕三条ものづくりメッセ”は企業さん向け。

ですので、我々のようなド素人にはハードルが高いかも…

IMG_7922.JPG

と思っていたのですが、各ブースで説明を伺っていると、“なるほど!”と思わず唸ってしまうトリビア情報満載で存外楽しいっ!

IMG_7933.JPG

具体的には…

追って書き綴ってみたいと思いますっ!

まずは大盛況の中開催しているという状況だけお裾分けしました!
posted by 国定勇人 at 12:18| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

対照的な2杯

IMG_7883.JPG

そうです。

らーめんの話題です。

1杯目は“麺処清水”さんの塩煮干そば。

“おススメです!”とお店から太鼓判を押していただいただけのことはあり、とっても美味しいっ!

それにしても、麺線も美しく、見るからに美味しそうな一杯ですよね。

IMG_7915.JPG

続いて、“らーめん処潤”さんのもやしそば。

対照的に暴力的な風貌をしたらーめんですよね。

もちろん美味しいのですが、ボリュームも多く食べるのに一苦労します。

でも、この2杯を食べてみて思ったのです。

糖質制限的にはどちらも同じか、むしろ潤さんの暴力的ならーめんの方が糖質が少ないのかも、と…

こちらのもやしそばですが、もやしだけでなく賽の目状のチャーシューがゴロゴロ入っていて、この両者が支配的で、実は麺の量はさほどでもないというか、むしろ少ないくらいなのです。

ですので、糖質制限ダイエットの方にはむしろ味方なのかもっ!

まぁ、あくまで私見ですので、保証はできませんが…
posted by 国定勇人 at 17:18| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする