2017年09月01日

豊富な三条人脈

IMG_2412.JPG

昨日、医療法人社団京和会の梅田和徳理事長さんと奥様の王理恵さんと東京の“燕三条イタリアンレストランbit”で会食しました。

世間的には、“世界の王貞治”の娘さんとして見られがちなのかもしれませんが、日本野菜ソムリエ協会の理事として活躍されており、野菜大好きな(!!!)私としては大好物な分野っ!

と冗談はさておき、フードツーリズムの観点から何か新しい展開ができるかも…と夢が膨らむ話のきっかけを生み出すことができました。

でも、これもそれも、ご主人の梅田先生が三条市ご出身で、“故郷三条のために何かできれば!”という強いを持っていただいていればこそ、今回のご縁ができた訳であり、梅田先生とその情熱に心から感謝申し上げます。

それにしても、ご夫妻の、特に梅田先生の三条愛は凄かった!

溢れ出る三条愛が目で確認できるのではないか?と思うほどで、終始圧倒されっぱなしでした。

こうした力強い援軍の助けをいただきながら、少しでもまちを前進できればなぁと思っております!
posted by 国定勇人 at 12:28| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月31日

秋の声?

IMG_2405.JPG

今日もまた、弾丸日帰り上京。

既に、帰路に着いております…

ところで、一気に涼しくなりましたね。

子どもの頃は、6月が梅雨、9月は秋の声だったので、“こんな感じだったかなぁ…”と懐かしく感じております…

さて、今日は、19時から栄庁舎教育センターで、さとちんとふれあいトーク。

是非とも、さとちんに会いに足をお運び下さいませ!


写真は、先週末開催された、しただふるさと祭りに合わせて行われた雨生の大蛇祭の様子。

今年も、荘厳な雰囲気の中、執り行われました。

このお祭りが終わると、我々も秋モードに突入!

各種イベントの本番に邁進してまいります!
posted by 国定勇人 at 15:56| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月30日

千客万来

IMG_2409.JPG

♪♪私的生日快楽〜♪♪
♪♪Happy Birthday to me〜♪♪

というわけで、もはや全く嬉しくもありませんが、一応誕生日を迎えましたので、ご報告申し上げます。

閑話休題。

一昨日から今日にかけて、シンガポールのABC Cooking(料理教室)の先生の先生方、バイヤーさん、メディアの方々に燕三条地域にお越しいただき、私たちのものづくりを体感いただき、共感を覚えていただく熱烈歓待ツアーを実施中です(本取組を全面的にサポートいただいているJETROさんには、心から感謝申し上げます!)。

この取組を通じて、シンガポールのエンドユーザに向けて、燕三条地域の製品群の認知度、ブランド力が向上すればいいなぁと心底期待しておりますし、昨日の嵐渓荘さんでのレセプションでの反応を伺っていると、半ば成功できたのではないかと確信に至っている次第であります。

さて、燕三条地域のシンガポール事務所(共同運営ですがあるのですっ!)の駐在員情報によると、ここ数年、シンガポールの百貨店等で取り扱われている燕三条製品のアイテム数が急増しているとのこと(でも、こうしたリサーチを丁寧に粘り強くしていただいていることに、事務所設置の意義を感じますし、駐在員のK氏の並々ならぬ努力に敬意を禁じ得ません)。

これもまた、風が変わりつつあるな…と予感させる朗報です。

こうした機会を逃すことなく、引き続き、シンガポールも攻めて行きたいと思います!
posted by 国定勇人 at 14:13| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月29日

休校・休園措置は講じません。

北朝鮮の発射による市内小中学校、保育所の休校、休園措置は行いません。
通常通りですので、宜しくお願い申し上げます(まだ始業式が執り行われていない学校はもちろん夏休みのままですので、念のため…)
posted by 国定勇人 at 07:16| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月28日

将棋の世界でも!

IMG_2394.JPG

今秋、三条で初めて竜王戦が開催されることはお伝えしているとおりなのですが、このご縁をいただくこととなった将棋の駒を製作している竹風駒の大竹さんご兄弟の解説と実演に触れる機会が先日ありました。

将棋を嗜んでおられる方であればご存知かと思いますが、将棋の駒は天童ということでは必ずしもないらしく、三条で長年に亘って駒製作に携わっている竹風駒もプロ棋士から一目を置かれている存在のようです。

IMG_2396.JPG

残念ながら、伝統ある竹風駒も大竹さんご兄弟の代で長い歴史に幕を閉じるとのこと。

個人的にも、行政的にも、極めて残念ですし、何とか後継者が生み出されやすい環境をと思っているのですが、駒の材料の選定から加工までに少なくとも5年を要すること、材の選定から乾燥技術、切削技術、彫刻技術、漆の盛付け技術に至るまで様々な技術が求められることを鑑みれば、大竹さんの思いも分からない訳ではありません。

いずれにしても、とっておきの凄技を目にしていただく機会を大竹さんの協力を仰ぎながら何とか作っていきたいと思っておりますので、楽しみにしていて下さいませ!
posted by 国定勇人 at 12:03| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

工場食堂

_DIV9575.jpg

燕三条工場の祭典”の世界観、香りの一部を感じ取っていただき、本場の“燕三条工場の祭典”に誘い、私たちのものづくりのディープなファンになっていただく…

このアプローチを私たちはとても重要視していて、そのための試行錯誤を現在もなお繰り返しております。

そして現在…

そんな試行錯誤が東京の虎ノ門で展開されております。

_D_25475.jpg

そうです。

旅する新虎マーケット”での出展がそれに当たります。

物販、飲食、そしてワークショップ…

その1つひとつに手応えを感じております。

この出展ですが、9月末まで。

是非、“燕三条工場の祭典”の世界観、香りを味わいにお越しくださいませっ!

_DIV9212.jpg

そういえば…

隠す話でもなさそうなので告白しますが、先日のPRイベントの後、“燕三条工場の祭典”前実行委員長を交えて雑談していたら、コーヒー周りの(金属製の)国内製器具の大半(肌感覚では8割近く!)が燕三条地域製なのだそうっ!(OEMを含めて…)

それをお披露目できる機会を今年の“燕三条工場の祭典”でできないか、検討しているのだそうで…

このデータが本物ならば、“燕三条工場の祭典”とは独立したピンで展開できるコンテンツになると思います!

まぁ今年はスピンオフ企画ということで“燕三条香場(or珈場)の祭典”でもいいかもしれませんが…
posted by 国定勇人 at 14:50| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

これは快挙でしょ!

14_永塚製作所1.jpg

昨日は日帰り東京出張だったのですが、4本の仕事(!!!)のうちの最初の1本が東京国際フォーラムで開催された“よい仕事おこしフェア”における“燕三条工場の祭典”のPRトークセッション(お招きいただいた城南信用金庫さん、そして間を取り持っていただいた三条信用金庫さんに、心から感謝申し上げます)。

その場でも申し上げたのですが、“燕三条工場の祭典”がまたまた国際的な評価を頂いてしまったのです!

図1.jpg

それは…

ドイツの関係機関が主催する国際的なデザイン賞の1つである“Red Dot Design Award2017”のコミュニケーションデザイン部門で10倍以上の競争を勝ち残り、見事賞を獲得したこと!(関連公式記事はこちら

02_ブース賑わい.JPG

自分達の取組は世界レベルで評価されるべきものといういささかの自負心はありましたけれども(結果が出てからですから何とでも言えます(笑))、やはりこうした世界レベルの賞の受賞は嬉しいものです。

と同時に、ここまで質感が評価された以上、今年の“燕三条工場の祭典”はより磨きをかけていかなければなりません!

と煽るだけ煽ったところで、武田実行委員長に丸投げしたいと思います。

今年の“燕三条工場の祭典”も、乞うご期待っ!
posted by 国定勇人 at 13:48| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ものづくりDNAを次世代へ

IMG_2357.JPG

今年も開催しました“キッザニアマイスターフェスティバルin三条”(関連記事はこちら)。

年を経るに連れ、設定コースも参加人数も着実に増加していることが何よりです。

当初は“燕三条工場の祭典”が子供たちにものづくりDNAを受け継いでもらう格好の機会だと捉えておりましたが、@“燕三条工場の祭典”自体が大人向け(しかも、ディープなものづくりファン向け)に限定した仕掛けとなっていたこと、A子ども達にはやはり“見る”という要素だけではなく“やってみる”という要素が不可欠であること(この傾向はコト消費が志向される現在では大人向けにも当てはまる事象です)、がネックとなり、こうした独立した仕掛けを興すこととしました。

そういう意味では、地方貢献や社会貢献の必要性を感じられていたキッザニアを運営されているKCJグループさんの思いと、ものづくりのDNAを何とか次世代に伝えたい私どもの意向が絶妙なタイミングで合致した、それ自体途方もない付加価値を生み出した自画自賛できる事業だと思っております(ご決断頂いた住谷社長さんには心から感謝しております)。

IMG_2373.JPG

それにしても、ありがたいのが三條新聞さん。

参加企業のお立場から、あれだけの紙面を割いて本件を記事にしていただけることがどれだけの波及効果を生んでいることか…

東京の地から協力していただいているパートナーさんからも理解していただきたいところですよね!

IMG_5297.jpg

私どもも少しでもお手伝いできないものかと、今年も“子ども議会”を開催させていただきました。

今年の質問もまた例年以上に磨きのかかったものばかりで防戦一方でしたが、子ども達にしてみると、学校給食など“実りある成果”も得られて、議会という存在の重要性を体感していただけたのではないかと思っております。

いずれにしても、この素晴らしいDNAの伝承策を来年以降も粛々と継続していきたいと思います。

IMG_2371.JPG

ところで…

子ども達の体験の様子を覗きに三条鍛冶道場に行ったら、和釘作り体験の大人の方がっ!

館長に話を伺ってみると、最近、体験希望者が急増しているそうで、ありがたい限りです。

三条に対する風がフォローの風へと明らかに変わりつつあることを実感する今日この頃です。
posted by 国定勇人 at 11:59| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

窮屈な世の中になりました…

IMG_2085.JPG

夏休みに滞在していた喜如嘉集落のあちらこちらにあるポスターがこちら。

個人的には琴線に触れ、また沖縄独特のゆったりした空気を感じ取れる見事なキャッチコピーだと思うのですが、たぶん、これを現在のこの瞬間から作りこもうとすると、様々な配慮からボツネタになりそうな予感がしますよね。

う〜ん…

窮屈な世の中になりましたね…
posted by 国定勇人 at 16:38| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やんごとなきお方と…

IMG_2381.JPG

ブログにアップしようかどうか迷ったのですが、御裁可を頂きましたので…

この週末、やんごとなきお方の尊顔を仰ぐ機会を頂戴しました。

その方とは、徳川家広さん

苗字からお察しのとおり、徳川宗家(かつての将軍家ですよね)19代目の方でいらっしゃいます。

直接お話させていただいた結果、まだ確定的ではありませんが、鍛冶技術継承の関係で三条にお越しいただくことにご同意をいただいたほか、これに纏わる新規プロジェクトも立ち上がる目処が立ったように感じました。

元を辿れば、三条市内の一部は(江戸時代の一時期)天領であったわけですから、全く無縁というわけではありません。

徳川さんとの対面を実現していただいたシステム・インテグレーション株式会社の多喜社長のご好意に感謝申し上げつつ、本件の深掘りを探っていきたいと思います。



それにしても、天皇皇后両陛下の休息の場に立ち会わさせていただいたときにも感じたのですが、やんごとなきお方が持っておられる品位、品格、威厳といったようなものには、本当に圧倒されます。

先祖が貴族でも武士でもない私のようなものにとっては、しみじみそれを感ぜずにはいられません。

世が世なら、お姿さえ拝むことはできないのですから…

こういう感覚を持てるというのは、悠久の歴史を有しているからこそのことなのでしょうね。
posted by 国定勇人 at 10:44| 新潟 ☔| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする