2017年04月25日

非直営のメリットを最大限に活かせっ!

IMG_0500.JPG

昨今の公共施設の運営は、いわゆる“指定管理者制度”によるものが主流になっております。

この“指定管理者制度”とは、“公の施設について、民間事業者等が有するノウハウを活用することにより、住民サービスの質の向上を図っていくことで、施設の設置の目的を効果的に達成するため、平成15年9月に設けられたところ”(総務省HP)とされているものなのですが、この制度趣旨にもあるとおり、本来であれば、“民間ノウハウの活用”が“住民サービスの質の向上”に寄与しなければなりません。

ところが、これを特に公共施設の設置者側が意識しないと、民間ノウハウを持たない我々がやるのとあまり変わらないような状況に陥ってしまいます…

もとより、図書館や公民館といった施設そのものから利益を上げることが困難な施設のように、直営と指定管理者による運営との差別化を図ることが難しいケースもあるわけですが、少なくとも施設から利益を上げられる道の駅とか温泉施設とか飲食機能や小売機能を伴う施設といった公共施設では、こうした言い逃れは成り立ちませんし、まずは“言い逃れは成り立たないんだっ!”いうスタンスに立った方が望ましいというのが私の基本的な考え方であります。

更に付言すれば、施設そのものから利益を上げる基本構造があるのであれば、指定管理者側は極力その指定管理料をゼロに持っていくべく努力していくべきだというのが私の考えで(そもそも、指定管理料がゼロのところで、民間経営と比較すれば、指定管理者は設備投資する必要がないのですから投資コストの回収までの利潤を生み出す必要はないですし、仮に投資コスト回収相当分の利潤をも付加的に生み出せば、その分だけ当該企業の収益に貢献するわけですから、かなり合理的な考えかと思うのですが…(もちろん当該公共施設を存在させるだけの理由、つまり資本経済競争下では存置し得ない理由がありますが、それを言うと論点が拡散するのでここでは敢えて触れません…))、現に指定管理者側として私が社長として運営している下田郷開発では、将来的に指定管理料をゼロ(体育館のような福祉機能の管理部分は除く)に持っていくべく毎年度指定管理料を努力を積み重ねながら減じ続けております。

IMG_0493.JPG

と長々と書きましたが、民間ノウハウを活かすのが筋の指定管理者制度でその成果が上がっていない、民間のシビアさで言えば施設そのものから利益が上がるにも関わらず収益も上がらない、そういった施設には改善を促すか、更新時期を捉えて再度コンペにかけるかのいずれの選択をするのが筋というものであります。

そして、指定管理者制度という法形式に拠らずとも、同様の行政との関係性を有する施設、或いはその施設運営者についても、同じ方針を貫いていかなければなりません。

ということで、この4月から幾つかの施設で“泣いて馬謖を斬る”の決断を下しました。

IMG_0492.JPG

本日ご紹介するのは、この4月から指定管理者を変えた“しらさぎ荘”。

施設そのものは新しく素晴らしい施設だったのですが、正直なところ、民間ノウハウを活かしきったとは言い切れず、また改善見通しも立たなかったことから、指定管理者を再公募の結果、関越サービスに切り替えることとしました。

この指定管理者の凄味は新サービスを提供するための施設改修費用を全て自分たちで負担したということ。

私たちは指定管理料を一切変更せず、飲食サービスの提供開始、ハンモック付きの図書空間の創出、客層ごとに合わせた寛ぎ空間への変更などなどを全て自腹を切る形で実現しました(関連記事はこちら)。

IMG_0488.JPG

本日の三條新聞でも、リニューアル後暫くしての“しらさぎ荘”の現況も記事になっていましたが、実際に今のところ、昨年対比で1.5倍から2倍の来場者をいただいている模様で、大きな決断を下した私としては、ホッと胸を撫で下ろしているところです。

是非このまま推移していただいて投資資金を回収していただいた後には、指定管理料の見直しにもご協力いただければと思っております!!!

先ほども触れたとおり、“しらさぎ荘”以外にも大英断を下した施設が他にも幾つかあるのですが、それはまた追って後ほど書き綴ってみたいと思います。
posted by 国定勇人 at 17:33| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケガの功名!?

IMG_0467.JPG

先日のギター演奏へのプレッシャー&グダグダ演奏への意気消沈のお蔭だと前向きに捉えているのですが、今朝久々に体重を計ったら、今年に入ってから最軽量を記録しておりましたっ!

本年記録した最重量との差、実に5kgっ!!!

これを怪我の功名と呼ばずして、何を怪我の功名と呼ぶのか!?

もうしばらくすると、クールビズの季節到来っ!

理想的な目標体重まで、あと2kg。

何とかクールビズ初日までに達成するぞっ!

(写真は全く関係ありませんが、桜満開時の上野公園の様子。そういえば、爆発的に外国人観光客が増えたなぁと感じるのが、最近、東京出張時に東京駅付近をうろうろしていると、ほぼ間違いなく外国人から訊ねられます。スーツ姿なので、英語が堪能だと錯覚するのでしょう…四苦八苦しながら、英語(らしきもの!?)で応戦しております…)
posted by 国定勇人 at 09:49| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

こちらは頑張りますっ!

IMG_0471.JPG

弾き手としてはグダグダの私でありますが…

聴き手としてのこちら、つまり、現在、私どもが建設を予定しているスポーツ・文化・交流の複合施設では、そんな弱音を吐いてはいられませんっ!

ここだけは、限られた財源の中で、脳漿を搾り出していかなければなりません。

まさに、“人事を尽くして天命を待つ”その限界に挑戦し続けなければならなのであります。

IMG_0473.JPG

とは申せ、聴き手としては圧倒的に経験値が足りないのも、これまた事実というわけで…

この度、無理に無理を重ねてお願いしたのがヤマハホールさんチェリストの水谷川優子さん

先日、担当職員と一緒にヤマハホールさんにお邪魔させていただき、どのポイントが大事な要素なのかを知識として解説していただきつつ、実際の演奏を通じて、その知識を体感するという何とも贅沢な体験をさせていただくことができました。

しかし、世界で活躍する水谷川優子さんをこのような形でご協力していただくなんて…

完全に天罰が下りそうです…

こちらのコンサートも公務で行けそうにないですし、どうしたら恩返しできるかしら…
posted by 国定勇人 at 16:57| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グダグダの極致…

IMG_0479.JPG

富永草野病院で先週土曜日に行われたロビーコンサートには、本当に大勢の皆様にお集まりいただき、本当にありがとうございました。

聞くところによると、会場に入りきれず、ガラス越しに聴いておられた方々も大勢いらっしゃったようで、恐縮に感じると同時に、ただただ感謝申し上げるばかりでございます。

皆様には、チェロとピアノの奏でる優雅なひと時を満喫できたのではないかと思っております、私の余興時間以外は…

私としては、ほんの箸休めの余興のつもりで、出演を安請合いしてしまったのですが、正直なところ、あそこまでグダグダになるとは想像だにしておりませんでした…(直前に、緊張のあまり師匠と“敵前逃亡しましょうか?”と謀議していたのですが、あのときそれを実行すれば良かったな…)

それでも最後までお付き合いいただき、お耳を汚し不快な思いまでさせてしまったのに拍手までしていただいた皆様がまさに仏のように感じました。

そして、このような恥ずかしい姿を晒す私を必死になってサポートしていただいた師匠にも心から感謝申し上げたいと思います。

“こいつはこんなんで良く人前で演奏できるな?”と哀れみのお気持ちを含めて全てのご来場いただいた方々に思われているのは百も承知なのですが、自分でもああなるとは予想も付きませんでしたので…(まさに地獄の2分半でした…)

本当に、穴があったら入りたい…

音楽を舐めてはいけませんっ!(子供たちも大人の皆さんもよく発表会で演じきれるなぁと痛切に感じました…)

折角の素晴らしい場を汚してしまったことを寛容のお気持ちで受け止めていただければ幸いです。

それにしても、ジャイアンって凄いな。僕があのときジャイアンだったら、あれだけグダグダの演奏を終えても、多くのお客様の前で歌えて意気揚々と気持ちよく今を過ごしているのでしょうから…

写真は、家内の書いたケンオードットコムさんのパーティの様子。いつになったら、佐藤さんに近づけるようになるのだろうか…(って、あれだけグダグダでも、ギターを続けるのか!?って言わないでくださいね…)
posted by 国定勇人 at 12:09| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

これは凄いな。

IMG_0529.JPG

本年度施政方針には、“住民相互の支え合いによる生活支援体制の構築を進めるため、いきいきサロン等の地域住民の通いの場で醸成された顔の見える関係を、住民相互の支え合いにつなげるとともに、通いの場の新規立上げを支援してまいります”とのくだりがあります。

これはスマートウェルネス三条を進めていくためにも、ステージえんがわを始めとする大々的なパイロット事業だけではなく、まさに歩いて行ける範囲で外出先を設ける必要があると感じていましたし、栄地域を中心に展開していた“通いの場”がまさに外出先として適当であろうと考えたからです。

でも他方で、私自身はこれまで恥ずかしながら、“通いの場”を実際に目にする機会がありませんでした。

これではいけないっ!と意を決し、社会福祉協議会の上石会長が率先して取り組んでいただいている通いの場“ひだまり”に社会科見学をしてまいりました。

IMG_0530.JPG

“ひだまり”の舞台は嵐南学園。第一中学校区小中一体校です。

ここで4つの自治会が月に7回程度の頻度(!!!)で通いの場を開いていただいております。

今日のメニューは、さんちゃん健康体操、合唱、そして文字通りのお茶飲み話。

まず驚いたのは、数十人の参加者全員が開校間もない嵐南小学校の校歌が歌えることっ!

三条市内で嵐南小学校の校歌が歌えるのは嵐南学園の在校生、卒業生(といっても今の高校3年生が一体校の第1期生ですからね)、それにこの通いの場の参加者くらいでしょうっ!

聞くと、年に1回、在校生と一緒に校歌を歌うのだとか…

それにしてもしみじみ取り組んでみて良かったと思うのは、参加された方のお一人の“昨年主人を亡くして、生きる希望を見失っていたときに、この通いの場の存在を知った。毎週、この通いの場に参加することで少し生き甲斐を取り戻したような気がする。本当にありがとう”と声を掛けられたこと。

実際は、私どもが努力しているのではなく、運営されている上石会長を始めとする地域の皆様の地道で着実な努力のお蔭なのです。

それでも、嬉しかったなぁ…

IMG_0531.JPG

ただ課題もちらほら…

後姿でお分かりのとおり、参加者のほぼ全員が女性ということ…

将棋サークルは男性ばかりなので、一面だけを見ると道を誤りますが、もう少し男性と女性が自然社会の比率に近づけると、もっと自然なのかもしれませんね。

いずれにしても、勉強になりましたっ!
posted by 国定勇人 at 15:26| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

スパ研*しらさぎ荘=意外と良い相性

IMG_0505.JPG

“いい湯らてい”と並び、市内にもう1つある日帰り温泉施設“しらさぎ荘”が先般リニューアルオープンしました(関連記事はこちら)。

この件については、また改めて書き綴ってみようと思っているのですが、先般ご紹介した“三条スパイス研究所”が意外なところに(!?)増殖していたので、嬉しさのあまりのご報告を…

開館後10年を経てのリニューアルオープンの式典の日。

新たに導入された図書スペースや飲食ブースを覗いてみると、今回新たな指定管理者となっていただいた関越サービスさんの他にスパ件メンバーがいるではありませんかっ!?

気になってので聞いてみると、どうやら図書スペースと飲食ブースはスパ研とのコラボらしい…

IMG_0508.JPG

そうか…

この著しく生まれ変わった感は、スパ研から漂ってくる香りだったのか…(香りといってもスパイスではなく、世界観です…)

でも、素晴らしいパートナーを関越サービスさんは見つけられましたね。

これは、“いい湯らてい”もうかうかしてられませぬぞっ!

お互い切磋琢磨しながら頑張っていきましょう!
posted by 国定勇人 at 15:38| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

県と市町村との新たな関係

IMG_0525.JPG

私たちの目線から見た昨年の県知事選の動機は、“これ以上、県と市町村との信頼関係(プラス県と国、県と他県との信頼関係)が崩壊すれば、県全体の将来性に深刻な影響を与えることとなる”ということでした。

そういう意味では、県知事選の結果如何を問わず、“県と市町村との信頼関係をいかに回復していくのか(より正確に申し上げれば、信頼関係がほぼ瓦解していた以上、「いかに構築していくのか」の方が正確かもしれません)”ということは、最優先事項として取り組まなければならないことでした。

そんな中、私たちも自分たちのこうした危機意識を知事に直接吐露し、信頼関係の構築に不可欠なコミュニケーションの場、協議の場の設置の必要性について、これまでの間、訴え続けてきたのですが、米山県政スタートして僅か半年にして、県と市町村の協議の場を設けることができました。

こうした場を設置できたのは、県知事選における様々な思いの交錯を乗り越え、受け止めていただいた米山県知事によるところが非常に大きいと思っております。

さて、これも驚くべきことですが、我々が渇望してきた今回のようなコミュニケーションの場でありますが、県知事と県内市町村長が一堂に会する場というのは、少なくとも私が市長に就任して以来10年余りの間、一度も行われたことがありませんでした。

こうした場がもう少し早く設けられていれば、現在の新潟県の姿はもっと違う形になっていたのではないかとの思いを払拭しきることはできませんが、過去を振り返っても始まりません。

今回の協議時間は全体で2時間。

5つのテーマに限定した意見交換となりましたが、初回にして、ここまで熱く、ここまで深く、ここまで建設的に、お互いがありのままの意見を交し合えるとは正直想像できませんでした。

自由な議論の場を確保するため原則非公開で行われたこともあり、あまり具体的な内容について言及はできませんが、幾つかの大事な中長期的課題について具体的な検討に入ることが確認できただけでも、成果としては十分及第点をいただけるのではないかと思います。

県と市町村がそれぞれ果たすべき役割を認識し合い、お互いで共有された認識の下、それぞれが自ら果たすべき役割を実践する…この当たり前のことがようやくできるようになったことに胸を撫で下ろすとともに、これを続けていけば、新潟県は再びあるべき地位を取りに行くことができることを確認することができた、そんな一日となりました。
posted by 国定勇人 at 12:51| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

素直に向き合えば…

IMG_0518.JPG

昨日、新たに着任された駐新潟中華人民共和国総領事館の孫総領事の表敬訪問を受けました。

その後、市内企業の幾つかもご視察いただき、実りのある来訪であったと感じております。

ところで…

改めて、日本の中国に対するイメージ戦略を嘆かわしく思うのですよね。

これはマスコミ内部の何人かからも伺ったことがあるのですが、中国に関する日本における報道はネガティブな印象操作が目立ちますし、それを意識しないと、読者や視聴者の反応が良くないそうなのです。

例えば、これも改めてご紹介できればと思っているのですが、元伊藤忠商事会長で駐中国大使も経験された丹羽宇一郎さんの中国の現況を分析し、今後を占う極めて良質で、あまりバイアスがかからず、却って偏向報道のきらいがある我が国の対中国報道に対して批判的に書かれているのに、何故かタイトルが“習近平はいったい何を考えているのか”…

こうでも書かないと、売れないのでしょうかね…

こうしたイメージ戦略は、私たちに決して利を与えないように思えてならないのです。

中国は、もはや世界が無視することのできない経済大国となりました。そして、資源がなく、貿易を通じてのみ持続可能な構造を持ち得ない我が国にとっては、中国との関係構築の重要性は他国よりも遥かに高く、今後益々その比重は増していかざるを得ません。

しかるに、こうしたある種の印象操作が必要以上に中国への警戒感を助長させ、これだけ地理的優位性を持ちながら、中国国内のマーケットでは欧州を始めとする諸外国に劣後しかねない状況となっております。

三条市は、燕三条地域は、こうした状況をむしろ奇貨として(むしろ国内ライバルがいないわけですから…)、巨大に成長した中国の消費市場を狙いに行けているわけですが、日本人としての良心はやはり複雑であります…

もう少し、現実を見据えた正しい情報発信がなされ、真のライバルである諸外国と中国市場で競争し合える日が一日も早く訪れることを願っています。

(昨日の“たぎ”について、色々アドバイスをいただきました。本当にありがとうございました。そのうち、なるほどと思ったこちらのサイトをご紹介いたします)
posted by 国定勇人 at 11:38| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

君は“たじ”を知っているか!?

IMG_0513.JPG

昨日、とある料理屋さん(と言っても写真で分かりますよね!?衆楽館さんです)で談笑していたときのこと。

聞き慣れない言葉が飛び込んできました。

それが“たじ”。

少なくとも、私は初めて聞く名前でした。

お店の方のご好意で、その“たじ”なるものを持ってきて下さったのですが、私の乏しい語彙では、これは“岡持ち”と呼ぶのではないかと…

IMG_0514.JPG

“もしかしたら、方言なのではないか?”となったのですが、誰も確信が持てず…

その場での有力な説は“岡持ちは蓋が垂直方向に付いていてスライドさせるもの。たじは蓋が水平方向に付いていてまさに蓋をするように使うもの”というものだったのですが、先ほど気になって調べてみると、どうも定かではない…

どころか、“たじ”の検索だけでは上手く引っ掛からない…

というわけで、謎は深まるばかり…

この“たじ”“岡持ち”論争に終止符を打てる方はいらっしゃいませんか!?
posted by 国定勇人 at 17:18| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スパ研、danchuデビュー

IMG_0521.JPG

僕はほとんど雑誌を読みません。

でも、学生時代から、この雑誌にはちょくちょく手を伸ばしていました。

その名は“danchu”。

様々な大人の事情により、本当は美味しくもないのにさぞかし美味しいように記事を書くのがスタンダードと思しき雑誌界の中では、異彩を放っているのがこの雑誌。

料理に愛があって、それが記事から滲み出てくる…

紹介されるお店は絶対に裏切らない…

などなど、全幅の信頼を寄せることのできる稀有な媒体であります。

IMG_0522.JPG

そんな“danchu”に、ステージえんがわの一角を占める三条スパイス研究所が取り上げられました。

しかも、8ページにわたって!!!

こんな奇跡など、ありますかっ!!!

これまでも、それこそ異色の活動を続けてきた三条スパイス研究所でありますが、ここまで突き抜けるとはっ!

公共施設が、しかも一介の地方都市の公共施設が、danchuに、しかも8ページにもわたって取り上げられることは前代未聞ですし、おそらく空前絶後の珍事(!?)でしょう。

書き出しの“新潟県の真ん中に位置する三条市。高齢化が進む町を前に、市は考えた。何とかして高齢者を元気にできないものかと。2016年3月。市の中心部に美しき公共施設が完成。その中に東京の有名なスパイス料理店の手を借りて、飲食店をつくった。高齢者が集まることを願いながら。こう書くと、失敗しそうな雰囲気がぷんぷん漂うけれど、三条市の試みはいい感じ”といったところに、danchuの愛情を感じますでしょ?

是非とも、ご覧あれっ!!!
posted by 国定勇人 at 12:11| 新潟 🌁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする