2017年07月11日

ブースデザインを侮ってはいけない

IMG_1473.JPG

かつては、見本市のブースのデザインとか、さほどに興味はなかったのですよ。

“肝心なのは中身だ。中身で勝負だ!”と真剣に思っていました。

でも…

デザイン“も”、重要な要素だと、つくづく感じるようになりました。

五感のうち視覚が占める割合は8割だとも言いますしね…

IMG_1476.JPG

でも、だからといって、改善を施すためだからといって、デザインそのものを頻繁に改変することも良くないと思います。

やはり、お客様への印象付けを促すためには、ある程度デザインを固定化して、“このデザインはどこどこ”とすぐに認知していただく必要がありますから…

IMG_1475.JPG

なんで、こんなとりとめのないことをクドクド言っているのかというと、各種見本市やイベントに燕三条が出て行くときには、ある程度、デザインの定型化を図る必要があるのではないかと考えているからです。

今私たちが持ち合わせている定型化されたデザインは、燕三条工場の祭典ver.(ピンクとグレーのストライプが基調)、燕三条地場産業振興センターver.(白と緑が基調で、かつオリジナルロゴ付き)、三条商工会議所ver.(黒と赤が基調)なのですが、この基本ラインからはみ出ない方がいいかもしれませんね。

そういう意味では、この機械要素技術展のブースデザインは少し挑戦的過ぎたのかもしれないなぁ…と考えるようになりました。技術力の高さを燕三条地場産業振興センターver.のデザインイメージの範疇でアピールできれば最高だと思うのですが、如何でしょうか?

さて、次の勝負は、来月初旬に行われる中国・成都での販路開拓イベント。

ちょっと作りこみが必要かもしれませんね。
posted by 国定勇人 at 16:39| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

燕三条工場の祭典@旅するワークショップ

IMG_1588.JPG

ものづくりのまちにとって、一人でも多くのお客様に、実際に目で見て触れていただくことが何よりも大切なことです。

でも、それだけでは、なかなか共感を得られないのではないか…

というのが最近の実感です。

とりわけ、低価格競争からの脱却を目指し、“良いものを良い価格で”お買い求めいただき、それだけでなく、このまちのファンになっていただくためには、共感していただくための“何か”が必要なのですね…

IMG_1584.JPG

で、その“何か”なのですが…

まだ、確信を得るに至っているわけではないのですが、“体験”はやはり共感を得やすいイベントなのではないかと考えるようになりました。

IMG_1582.JPG

そこで、“旅する新虎マーケット”でも、やってみよう!

ということになり、やる以上は、人々に認知されようとされまいと、3ヶ月間、毎週末必ずワークショップをやろう!と思いを定め、多くの燕三条地域の皆様のご協力をいただきながら、始めることとしました。

IMG_1561.JPG

で、実際に始めてみたのですが、“駄目で元々”という私の密かな思いとは裏腹に、お蔭様で、どれも満員御礼が続いているようです。

さすがは東京ですね。

皆さん、アンテナが高い。

というわけで、虎ノ門に週末に足を運ばれると、楽しいワークショップが待っていますよ!

ご来場をお待ちしております!(旅するスタンドでは、今週末、笹団子作り体験もできますよ。詳細はこちら
posted by 国定勇人 at 11:31| 新潟 | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月10日

夏バテにはこれっ!

IMG_1607.JPG

今日は、高齢者教室で2時間ほどお話する機会をいただき、中央公民館に足を運んでまいりました。

それにしても、今日は暑い…

昨日も暑く、夜も今シーズン初めて眠れぬ夜を過ごしたわけですが、ついに本格的な夏が始まってしまったのでしょうか…(つい2週間くらいまでは、朝晩はむしろ寒いくらいで毛布を使うほどだったのですが、あっという間の気候の変化ですよね…)

で、これだけの暑さになると、無性に食べたくなるのがこちら。

カレーラーメンです。

“なんで、暑くなるとカレーラーメンを食べたくなるのだろう”とふと思い、調べてみると、カレーは夏バテに効果的だというサイトを幾つか見つけました。身体が自然に欲するのかもしれませんね。

お邪魔したのは、大黒亭松屋小路店さん。

三条カレーラーメン(大黒亭さんでは“カレーそば”)の雄です。

久々に頂きましたが、やはり落ち着きますね。

先ほども申し上げたとおり、いきなりの酷暑にノックアウト寸前だったため、お店の方とも、まともにお話できなかったのですが、本当に美味しくいただきました!

今度お邪魔するときには、冷やし系も美味しそうだったので、そちらを頼むかもしれません。

いずれにしても、おススメですっ!
posted by 国定勇人 at 16:25| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

燕三条工場の祭典@旅するスタンド

IMG_1596.JPG

いよいよ、虎ノ門ヒルズが聳え立つ新虎通りでの私たちの挑戦が始まりました。

オリパラ首長連合の会長として申し上げると、私たちの舞台となる“旅する新虎マーケット”の今回のテーマは、“夏疾風の物語 ローカル線でめぐる越後の祭り”。伝統ある“村上大祭”“長岡花火”から革新的な“大地の芸術祭”“燕三条工場の祭典”に至るまで、飽きの来ない内容で、3ヶ月間、皆様をお迎え申し上げます。

ということなのですが…

漠然とした説明ではアブ蜂状態に陥りますので、三条市長として、燕三条ブースを中心に幾つかに分けて紹介したいと思いますっ!

IMG_1565.JPG

まずは、旅するスタンドから。

旅するスタンドを含めた私たちの地域テーマはもちろん、“燕三条工場の祭典”を味わい尽くすっ!であります。

で、燕三条工場の祭典といえば…

知る人ぞ知る、ピンクとグレーのストライプっ!

もちろん、このカラーコンセプトで虎ノ門を席巻してまいります。

IMG_1568.JPG

旅するスタンドの主たるコンテンツは“食”。

ご案内のとおり、食には、“食文化”という言葉に表されるように、その土地に根付いた食材のみならず、生活、社会などなど土地そのものに関係する様々な要素が複雑に絡み合い、昇華しております。

燕三条地域における食の代表例といえば、やはり“燕三条系背脂らーめん”。

IMG_1575.JPG

ものづくりのまち燕三条では、多くの職人さんが日夜汗を流してものづくりに勤しんでおられます。

生産が間に合わなくなると、出前を頼む習慣が古くから定着しておりました。

出前の王道といえば、らーめん。

このらーめんを何十人という職人さんが一度に注文するのですから、麺が伸びないようにするのも一苦労。

何度もの試行錯誤を重ね、加水率の高い、うどんを見紛うほどの太麺に進化させることで、この問題を解決してきました。

IMG_1573.JPG

また、燕三条といえば、雪国。

湯沢町や津南町ほどではありませんが、それでも冬には必ず雪が降る豪雪地帯です。

そんな中、スープを冷まさずに配達する工夫として生み出されたのが、スープ表面に背脂をチャッチャする技法。

今では、この背脂が私たちの地域のラーメンの代名詞とも言うべき存在となっております。

IMG_1570.JPG

この燕三条系背脂らーめんを3ヶ月間の期間限定、しかも一日50杯限定で、旅するスタンドで味わうことができますっ!

それ以外にも、今年から地域おこし協力隊諸君や地域の皆さんの協力で生産の始まった“五輪峠”、或いはこの地域唯一の酒蔵“福顔酒造”さんのお酒なども味わうことができますっ!

IMG_1577.JPG

雰囲気もまた格別っ!

工場の祭典関連の書籍などにも囲まれながら過ごすことができますので、何となく、燕三条工場の祭典気分が味わえるかもっ!

トイレまでこの仕様ですから、徹底的ですよね…(職員曰く、ドアノブ周りの仕事の細やかさを見てほしいとのことっ!)

IMG_1571.JPG

それにしても、旅するスタンドの調理スタッフの人件費まで全部入って、3ヶ月間300万円弱とは本当にお得っ!

オリパラ首長連合の皆さんっ!

本当におススメですっ!
posted by 国定勇人 at 14:27| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

never give up !!!

IMG_1598.JPG

先日、大学の同級生のささやかな転職祝いをしました。

と何気なく書きましたが…

私の同級生ということは40代半ばのオッサンですよ!

厳密に言えば、彼は一浪しているから、既に45歳。

この年齢で転職というのはなかなか厳しいというのが悲しいかな、今の日本の現実であります…

そういう現状の中、自分の望んだ新たな職を手に入れることができたのは、これまでのキャリアや実力に加え、彼の粘り強さと諦めない気持ちのお蔭なのでしょう。

本当にスゴイと思います。

彼の輝かしい前途を心から祝福したいと思います。
posted by 国定勇人 at 17:14| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【読書感想文】ポピュリズム

610709_l.jpg

しつこいですが、読書感想文(まだまだストックがあるのですが、さすがに飽きが来るので、この辺りで打ち止めしたいと思います)。

さて、今回ご紹介する本は、薬師院仁志氏の“ポピュリズム〜世界を覆いつくす「魔物」の正体〜”。

その内容は、“ポピュリストにとっての敵は現行の間接民主主義そのもの”“ポピュリストは、純粋な政治的ないしは経済的な原理を持たない甚だしい日和見主義者であり、最も耳目を引き、最も扇情的な発言を話し続けることに執心する”“ポピュリストは必然的に独裁を志向せざるを得ない。なぜならば、政策が空虚で主張が一貫しない以上、「人物」を投票の目印にせざるを得ないからである”“「人物」に惹きつける最も一般的な手法が、政敵や反対者に向けた人物攻撃である。それさえ声高に叫び続ければ、現実的な「政策の中身」を言わなくても、対案を出さなくても、人々の不満を焚き付けるのと同時に、自らを何か大きな構想を抱く改革者だと印象付けることができるからだ”といったもので、そのこと自体、私の身近なところにもそうしたタイプの方がいるので、強く頷けるのですが、それ以上に感心したのは、こうした主張を様々な角度から何度も何度も取り上げ、一冊の本に仕上げているという点。

皮肉でも何でもなく、学者さんって、大変な商売なんだなぁ…とつくづく感じたのが、この本の読書感想です。

いずれにしても、“ポピュリストって何だろう?”という点について漠然と感じているところを言語化することに成功しているのは紛れもない事実。

議会人や議会に接する私たちのような人種は、読んでいて損はないと思います(特に、間接性民主主義を堅持することが民主主義を守ることだと感じている数多くの政治家は、ポピュリストの立ち位置を再確認するためにも、読まれると宜しいかと思います)。
posted by 国定勇人 at 16:05| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

【読書感想文】習近平はいったい何を考えているのか〜新・中国の大問題〜

yjimage0PGPZQN5.jpg

元々、一昨日手術を行い、今頃は入院生活を送っている予定でしたので、お蔭様でスケジュール表がスッカスカ!

4月上旬並みの生活を送れております(とは申せ、災害対応であったり、元々代理対応にせざるを得なかった案件を戻したりしているので、完全シャットアウトの入院生活と同じ環境というわけにはいきませんが…)

というわけで、溜まりに溜まった読書感想文を一挙放出っ!

今回ご紹介するのは、元中国大使で伊藤忠商事元会長の丹羽宇一郎氏の“習近平はいったい何を考えているのか〜新・中国の大問題〜”。

昨年の中国訪問時、伊藤忠商事様に大変お世話になったので、購入した一冊であります。

で、率直な感想でありますが、この本の最大の奇妙なところは、タイトルに漂う強烈な中国への批判的メッセージとは裏腹に、世界における中国の存在感を(日本標準ではなく世界標準という意味で)冷静に分析し、日本に対して、“中国の実力を見誤るな”“中国の現状、そして今後を決して過小評価するな”“これからの日本の生きる道は中国を抜きにしては語れない”という、むしろ今の日本人の思考方向に対して強く警鐘を鳴らしているところにあります。

実際、少しでも中国を訪問し、同国の空気を吸うと、連日日本国内で報道されている“中国事情”との著しいギャップに苦しむわけですが、この原因が、いわゆる我が国マスコミ特有の偏向性(世界標準とはかけ離れたという意味での偏向性)によるということが(直接的な言及はないものの)本書を通じて感じることができます。

でも、私は、この感想を通じて、単なるマスコミ批判を展開しようと考えているわけではありません。

むしろ、そうした中国に対する偏向報道“のみ”を受け入れ、安堵する私たち国民一人ひとりに問題があるのだと思います(もちろん、私もその一人です)。

今月末から、再び中国内陸部を訪問しますが、偏見に囚われない内陸部の消費市場の実情と将来可能性を燕三条地域内の企業の皆さんと見届けてまいりたいと思います。

いずれにしても…

偏りの少ない(と私自身は感じる)本書は、特に中国市場を冷静に見極めようとされる皆さんに、おススメですっ!(そういえば、以前、少し同書を紹介しておりましたね。失礼いたしました…)
posted by 国定勇人 at 17:37| 新潟 ☀| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【読書感想文】日本エリートはズレている

t_x400.jpg

久々の読書感想文です。

今回ご紹介するのは、現役外交官の道上尚史氏(出版時は駐ドバイ総領事だったのですが、釜山の前総領事の更迭騒ぎ(!?)に伴い、釜山総領事へ異動となったことが先日報道されていましたね…)の著書“日本エリートはズレている”というもの。

“世界における我が国の存在感が圧倒的に低下しているのに、そして、資源に乏しい我が国の活路は海外との取引なくしては成り立たないのに、当の日本人は未だに90年代までの過去の栄光を引きずり、相対的に低下しているはずの優位性に甘んじ、その結果、プレゼンス低下に対する危機意識が非常に乏しい”

これが本書の本旨なのですが、さすがに現役外交官なだけに、分かりやすい身近な事例を引き合いに出しながらそれらをあぶり出し、危機意識を煽るだけではなく、同時に、世界の他の国々がまさにやっているのと同様、“ガツガツ切り込んでいこうぜっ!”、そしてかつての我が国がそうであったように、“地道に切り込み続ければ今ならまだ間に合うっ!”という勇気をも奮い立たせてくれる良質な一冊だと思います。

私は仕事が内政中心でありますが、それでも、ものづくりのまちという性格上、海外のお仕事も若干させていただいております。

こうした中、たまに海外に行くと、アジア各国の貪欲な進出動向が目に飛び込んでくるだけではなく、例えば中国内陸部に入っても、ヨーロッパ諸国の企業が積極的に進出している中、我が国の匂いが微塵にも感じないことに、マルドメ(まるでドメスティック)な人間の私でさえ、強烈な危機感を覚えます。

他方で、訪問時に海外駐在の日本の方々のお話を伺うと、本書でも指摘されているとおり、全くといっていいほど、地元の人々と交わっていない、しかも、その行為の背景に“我々日本人は特別だ。わざわざ現地の人々と交わる必要もない”という根拠のない優越意識があることに愕然とします(我々自身は短期訪問であるにも関わらず、日本人との会食となると、決まって日本料理という不思議さ…会話の中で、私でも知っている現地でも有名な、でも外国人の少ないマーケットや料理店の名前を出すと、“あそこは現地の人しかいかないから”の一言で終わらせてしまう探究心の乏しさ…私でさえ、こうした経験に出くわすのですから、本書の事例がいかに“特別な”ものではないのかがご理解いただけると思います)(もちろん、こうした方々だけではないということも申し添えます)。

もちろん、こうした驚愕的な状況を改善していくのは“誰か”なのではなく、“我々1人ひとり”であることも肝に銘じなければなりません。

その端緒として、ものづくりのまちの首長として、外国からのお客様がお見えになったとき、或いは我々が外国に訪問するときには、少なくとも公式の挨拶やプレゼンテーションでは英語(或いは中国語)で行うことを心に決めました。

そして、できる限り、海外に足を運び、地元の中小企業の経営者の皆様がこれまで以上に一層、海外の耳目に触れる機会を増やしていこうと覚悟を決めました(これは、我々地方行政に身を置く者としては比較的大きな決断なのです…例えば、地方議員さんが海外に視察に行くと、未だに直ちに非難の声が上がるのが我が国の実態です…もちろん、度を越した渡航費用などは論外ですし、例えば、直近の市長訪問でいえば、成田→南京→成都、重慶→上海→羽田の往復航空費が5万円弱でした)。

とにもかくにも…

今の我が国の世界における座標軸がどこにあるのかを考える上で、良質な一冊だと思います。

おススメですっ!(関連インタビューがありましたので、こちらもどうぞ)
posted by 国定勇人 at 13:42| 新潟 🌁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先遣隊、派遣します。

IMG_3782.JPG

九州地方を中心とした豪雨災害ですが、被害が相当深刻です。

水害サミットとして“災害時にトップがなすべきこと”を僭越ながら送付させていただくとともに、その総力を挙げていつでも応援する準備がある旨をお伝えさせていただきました。

また、それとは別に、三条市として、日頃からお付き合いのある大分県の日田市さんに、先遣隊を派遣し、私たちが勝手連的に支援できることはないかを見極めてまいりたいと思います。

“困ったときはお互い様”

この、人として歩むべき道しるべとも言うべき言葉をしっかりと噛み締めながら、支援をしてまいりたいと思います。
posted by 国定勇人 at 09:48| 新潟 🌁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月05日

【不連続シリーズ】うんめもん探訪

IMG_1599.JPG

いずれ話をしたいと思いますが、本日より、虎ノ門ヒルズ前の道路空間を舞台とした“旅する新虎マーケット”において、燕三条系背脂らーめんの提供を開始しましたっ

企画構想からメニュー化、オペレーションに至るまで、全てを背負っていただいたのが“侍ラーメン”の大将っ!

今日から暫く大将自ら、旅するスタンドで頑張るっ!ということでしたので、側面支援のため(!?)、本日本店の方にお邪魔しました。

こちらは、ねぎらーめん+メンマ、背脂普通です。

侍さん本店では、典型的燕三条系背脂らーめんとは異なり、ねぎは玉ねぎではなく長ネギ、スープもよりまろやかなのでありますが、私はこれがとっても大好きっ!

背脂ももちろん、燕三条系らしく、中油、大油や鬼油から選べますが、この普通が好きっ!

これを食べていると、“燕三条に住んでいて幸せだなぁ…”とつくづく感じてしまいます。

でも、これが、というよりもより典型的な燕三条系に近づけた一杯を虎ノ門で味わえるのですから(9月までの3ヶ月間限定でありますが…)、東京の皆さん、朗報でありますっ!

虎ノ門では数量限定ですので、お昼時に食されることをお勧めします(もちろん、本店の方も宜しくお願い申し上げます。何といっても、“燕三条地域のためなら”という男気だけで、本店の定休日、営業時間を変更してまで、協力していただいたのですからっ!)。
posted by 国定勇人 at 17:19| 新潟 ☁| ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする